山坊師の独り言

暇潰しの雑事、など、など、得にも益にもならず、
幸ももたらしませんが、( `・ω・´)ノ 、ヨロシクーです。

敦盛

2017-03-06 13:05:08 | 色鉛筆絵
今日は、その昔、源平合戦の一ノ谷で熊谷直実に
討ち取られた平家の無官大夫敦盛です。
菊池契月の敦盛を見て真似しました。
今この絵は、京都市美術館が所蔵のようです。

右手にしている笛は、小枝(さえだ)と言う笛で、
敦盛は笛の名手だったらしい。
私は笛の音を聴いたことが無いので文献参考。

この絵からは、平家の若武者とは感じられないけど、
こうした人ほど、その時になると潔い者になるか!

織田信長の人間五十年化天のうちを比ぶれば・・・は、
この敦盛の幸若舞の演目のひとつ。

敦盛と直実の遠い昔の源平合戦の一場面ですが、
例えそれが作られたものでも、その時の場景を
思い描くと敦盛の心意気と直実の心情が、少し
理解できるような気がする。
そんな思いは、生意気かな!?


『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 風景画 | トップ | 散歩道の桜風景 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。