山坊師の独り言

暇潰しの雑事、など、など、得にも益にもならず、
幸ももたらしませんが、( `・ω・´)ノ 、ヨロシクーです。

連休初日、青の洞門

2017-04-29 17:26:53 | 風景
テレビニュースが、ゴールデンウィークとあおるので人並みに日帰りで出掛けました。
行き先は、誰もがほぼ好きな一万円札の肖像画諭吉さんの故郷中津市耶馬溪の青の洞門。
ご存知の方は、ご存知のとおり作家菊池寛の短編小説[恩讐の彼方に]の禅海和尚の切り開いた洞門です。

まずは、第一の洞門。今は、横を道路が作られてます。



説明文のとおり、明かりとりの窓穴。

ノミと槌で岩をくり貫くので、石碑のとおり灯りが無いと奉仕仕事はできません。暗いので写りが悪い。

第一の洞門を通り過ぎて振り返って!

洞門の横の道路は、狭いので洞門入口の信号機で交互通行になってます。

鎖の先は川の流れで一歩踏み出すとずぶ濡れです。

この洞を掘った禅海和尚の掘削風景想像石像も置いてます。

青の洞門はこれくらいで、次は、洞門の下流のすぐ近くにこんな橋があります。

表示看板のとおりなので、説明は不要でしょう。



この橋の説明文





この橋を渡って駐車場に戻り、今度は花に癒して頂きました。




この地の学校、会社、各種団体の方々が、村おこしと地方創成を、この小さな薄い青色の花びらに託しているのでしょう。
田一面をこの色で染めようとしてます。
あっ!写真が消えてたので絵は、無し!!!
なので、これでお・し・ま・い。







ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« 根株[犀龍] | トップ | 連休二日目は、ウォーキング »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。