山坊師の独り言

暇潰しの雑事、など、など、得にも益にもならず、
幸ももたらしませんが、( `・ω・´)ノ 、ヨロシクーです。

花一輪

2017-07-13 20:49:40 | 
我が家には、花の一輪も咲いてないので、散歩道の河原に咲く小さな白い花を摘んで一輪挿しに入れました。

道端でよく見かけるこの花の名がわからなかったので、ネット検索。ヒメジョオン(姫女苑)のようです。因みに、この花は外来種でキク科とのこと。そう言えば、花は小さくて可愛いが、日本古来の雑草に比べたら、どこにでも繁茂して品の無さを感じる。
その花を竹の一輪挿に入れ、正面から写した近接写真がこれです。

次に、この一輪挿しを横から見ました。

竹の根は、掘り出して土を落とし洗ってからちょっと細工して一輪挿しにします。
その一輪入れを外して、短冊掛にしてみました。

短冊に絵を描いたため文字が書けなくなってしまった。
喜びの残念、無念。
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 短冊と一輪挿し | トップ | 夏水仙 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。