お花大好き

京おんなのつれづれ

とうとう大晦日に

2016年12月31日 | Weblog
大晦日になった。
今年も、無事に終えたことを感謝して、来年も良い年で
ありますように!

午前は普段の家事で終わった。
12時から娘は京都での行きつけの美容院へ行った。
ムコ殿は孫を連れて、嵐電とJRの電車を見るために出かけた。
亭主も友達の家へ打ったお蕎麦を届けに行った。

12時から私一人になった♪
里芋や大根など10数種類の野菜の皮をむき、煮物や酢の物
など、簡単なおせちの用意をした。
圧力なべや大小の鍋を使って、2時間半ほどで出来上がった。

孫たちや娘も相次いで帰ってきた。
お茶を飲んで、一休みして凧揚げをしに出かけた。
仁和寺の前のコンビニとガソリンスタンド建設反対運動の起きた
曰くつきの空き地だ。
依頼、空き地のままになっている。

穏やかなお天気でウチの中より暖かくて、外は気持ちよかった。
 
 

                        

タコ揚げは娘の方が上手で、一人で走り回って楽しんでいた。
空のかなたに飛行機もヘリコプターも飛んでいて、いい青空が
広がっていた。

帰宅して、お正月に使う塗りのお椀や重箱を出して空拭きした。
祝い箸の袋の名前は娘に書いてもらった。
手伝ってもらったのはこれだけだった。
いつになったら、頼りにしていいのかな?

夕飯は、亭主の打ったそばで年越しそばを食べた。
娘は紅白歌合戦を見たがるので、孫を早く寝かし付けたい
らしく、焦っていた。

こんなことで、大晦日も慌ただしく終わりそうだ。
除夜の鐘を聞きながらお風呂に入りたいが、それまで起きて
いられるかどうか~~~

   大歳の
   
     暮れ行く雲を

       仰ぎけり

                  西島 麦南
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠すのに追われた | トップ | お正月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL