お花大好き

京おんなのつれづれ

子供の日

2017年05月05日 | Weblog
今日は立夏、暦の通りで27度まで上がって夏のような暑さだった。

昨夕から来た小6女児と小3男児はとにかく元気が良くて動き回る。
物静かな長男の子供たちとは正反対で、つい叱ってばかりいて嫌われそうな
ほどだ。

どこかへ行かないとゲームばかりしているので、お弁当を作って広沢の池畔の
宗教施設が今日まで解放なので行ってみた。
2日に行った時は閑散としていたのに、今日は家族連れでにぎわっていた。

日陰の大きなテーブル椅子を確保しておにぎりのお弁当を食べた。
今日は広沢の池に舟が出されているらしく、みんなで乗せてもらった。
暑かったが、池の真ん中辺りまで出ると風が涼しくて揺れもせず、のどかな初夏を
満喫出来た。
もう一艘の舟。


池の中から見るといつも見ている景色も新鮮に見える。
                        

広い庭を歩いているだけではつまらなそうな二人なので、池に出ている観音島まで行って
ザリガニ釣りをしている家族連れを見た。
ここでも、岩をよじ下って?降りようとする男児を「池に落ちても助けられないからやめなさい」
と叱ってばかりいた。
ザリガニは昨日ウチに来る前にどこかで採って遊んだらしいので、今日は見るだけで我慢させた。

帰宅しようとしたら、何も遊んでないと不服そうに言われて、もっと体を使うことを
しないと遊んだ気にならないのかとわかった。
元気な小3男児はどう扱ったらいいのか難しいわ。

帰宅しておやつのゼリーを食べたら里心が付いたらしく帰りたそうだったので、亭主と
送って行くことにしたが、途中の嵐山近くで渋滞に巻き込まれた。
見ると他府県ナンバーの車ばかりとすれ違った。
ようやく抜けて、西京区の大原野の次男宅へ着いた。

着いた途端に男児はすばやく車から降りて居なくなった(笑)
まだ古いが新しく来た軽に乗ったことがないので、今までは亭主が運転しているので
楽だわ。
今の車はボタンを押したらエンジンがかかり、キーは挿さないとか、私は食べず嫌いの
ように乗らないで恐れている。
やさしく教えてくれそうもない亭主だから、一人で練習するしかない。
スイスイ乗れた慣れたフイットが懐かしいわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タケノコ | トップ | ミーテイングへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL