やまばば日記 「月夜の散歩」

「好奇心は羞恥心より強し」と信じるやまばばの不定期雑記帳です。 
ぼちぼちお付き合いください☆

荒瀬で遊びました☆

2012年04月08日 | 山・川・海

3月31日4月1日の両日、日本初のダム撤去を祝い荒瀬の河原で楽しく過ごそうというイベント「荒瀬で遊ぼう!」が開催されました。

晴天に恵まれ、(主催者の方々の報告によると)延べ1200人程の参加者があったとか・・・

桜の花が満開の会場で、わたしもちょこっとお手伝いしてきました。 諸事情のため、今年は会場内をウロウロする時間が殆どなくて、写真もあんまり撮っていませんが、前夜祭と当日の様子を一部報告します

 

カヌーサポータの皆さんの、前日の打ち合わせの様子です。今年は、20人以上のカヤッカー・ラフト関係の皆さんがプログラムのひとつである「河童レース」のサポートに駆け付けました。 広々とした河原で、和気あいあいと河童ちゃん救出作戦の計画を練ります。

 

「よしよし、そっでヨカ!」 話しは和やかにまとまり、その後、地元の皆さんのおもてなしが嬉しい前夜祭会場へ。 田楽・鮎の塩焼き・しし汁などなど・・・地元の方達の心づくしのおもてなしに、みんな大満足!

 こんな風にかぶりつきます。 福岡・熊本・鹿児島など、遠方から駆けつけたメンバーもいるけど、疲れも吹っ飛ぶ美味しさ!  もてなしていただいた皆さん、本当にありがとうございました

 

実行委員さんはじめ、各方面から駆け付けた皆さんのスピーチが、前夜祭に花を添えました。指名されて、この方もマイクを持ってご挨拶。

ヒソヒソ・・・「あっ、親分が指名された」 ガヤガヤ・・・「恥ずかしがって逃げるバイ」  ワイワイ・・・「あっ、話しよる! あの人も大人になったもんだ」

 

そんなこんなで夜は更けて、美味しくて楽しい前夜祭は笑顔で溢れていました

もちろん、寝た子は起こされます

 

前夜祭解散後も、いつもの仲間は焚き火の周りでまったり。  豪快に魚のカマの焚き火焼き・・・

・・・を頂く前に、風邪がなかなか治らず 「明日の仕事(開会式等の進行)の時に、声が枯れてたら申し訳ない」 と、自分のキャンプ史上初めてといっていいいくらいの早い時間に車に引き揚げたやまばばなのでした。 大人になったわたし。

その後、焚き火の周りでどんな エロ話し よもやま話しが繰り広げられたのか判りませんが、花冷えの中、焚き火の温かさがありがたい夜だったようです。

 

翌日(4月1日)は朝8時からスタッフミーティング。 やはり和やかに話しが進みます。

 

 

カヌーサポーター隊が河童レスキューの準備をしている頃、会場では、イノシシの丸焼が・・・

 

桜を愛でる河童ちゃん。 この子はレースに出場する河童ではなく、家から連れて行ったふわふわ河童です。 カナデのお気に入りなんですが、引っ越し先のお家には連れていかず、カナデが人吉に遊びに来る時のためにこっちで待つことになりました。

        

 

河童レースの進行役の河童のご婦人。ピンクのリボンがお似会い

 

流れてくる河童ちゃんを待ち受けるカヌー隊。

 

ゴールのロープに辿り着いた河童ちゃんは、到着した順番に竹筒の上で待機します。

 

100位までの入賞を逃して、川の上に漂っている河童ちゃん達は、カヌー隊によって救出されます。 ちょっと判りにくいけど、水の上の黄色くて丸いのが河童ちゃんです。

 

スピードレース(?)を勝ち抜いた精鋭の河童ちゃん達 向かって左側手前の河童ちゃんが栄えある1位入賞です  テーブルの上にあるのは豪華商品の数々です

実行委員M君の奥様M子ちゃんと、河童レース表彰式をお手伝いしたやまんたろメンバー 写真には写られてませんが、人吉から、川を愛する市会議員M上さんご夫妻もお手伝いに駆け付けていただき、さすが!の対応に、みんな大助かりでした

 

 

河童レースの後、着替えを済ませてくつろぐレスキュー隊。 心地よい疲れを感じながら、バカ話しをお茶のお伴にまったりとした時間が流れます。

 

 いつの間にか、河童ちゃんにも仲間が増えていました。 流れが戻った川と桜を眺めながら、どんな話しをしてたのかなー?

 

今日の一枚は・・・

George Jackson(ジョージ ジャクソン) の 「Don't Count Me Out: Fame Recprding Vol.1」

ソングライターとしても“絶対”の評価を受けるシンガー、ジョージ・ジャクソンの09 年リリースの70 年代作品集です。ジョージ・ジャクソンは、シンガーとしてよりも作曲家として名声を得たと言われていますが、もちろん唄もすごくいいです。 サザン・ソウル好きにとっては、たまらない一枚ではないでしょうか。

そして、このアルバムの中の曲をYouTube で捜している時に知って大好きになった「If I Could Open Up My Heart」 という曲が収録されている 「In Muscle Shoals」 というアルバムがこれです。ジャケットもいい感じ。79年から82年にかけて録音された楽曲が収録されています。 もちろん、今ではわたしの愛聴盤の一枚です。

「If I Could Open Up My Heart」 いいですよー ↓ 焚き火の前でのゆったりとした時間に聴くのにもお勧めです

http://www.youtube.com/watch?v=Ca7BP4JP7mY

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「荒瀬で遊ぼう!」 で遊ぼう!☆ | トップ | よろしくお願いします☆ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実に渋い!! (mrtasty)
2012-04-09 08:49:23
久しぶりの日記で、
飛びついてみましたよ、、

楽しいイベントの様子、
いきいきとした川の様子が
伝わってきました。


ベアー図でのハグ!!忘れません。
生きてて良かったと思いました。
やまばば (TO mrtastyさん☆)
2012-04-09 21:44:42
ありがとうございます! 
mrtastyさんからの、たくさんの嬉しいお言葉に舞いあがりそうです

ベアーズでお会いできたこと、本当に嬉しかったです

今年の目標だったこまめなブログ更新は、早くも挫折してしまいましたが、mrtastyさんみたいな方がいてくださると、すごく励みになります

またお会い出来る日を楽しみにしています

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。