気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

東北8日目:鳥海山(8/17)レポ

2013年08月29日 | 山歩き

【写真:祓川駐車場より仰ぎ見る鳥海山】


8日目(8/17) 山形県(鳥海山 100名山)

朝はこのように見えていたのですが・・・

雪渓が予想以上に残っていました。
早朝は凍っているので軽アイゼンがあると安心です。
雪渓が残っていたおかげかお花の種類は驚くほど多く、
もう見られないと思っていたチョウカイフスマも
見ることができました。



*****************************

2013年8月17日(土)
標高:鳥海山 七高山2230m(新山2236mは今回未踏)
登山口: 矢島口(祓川)登山口P 約1212m
標高差  約1018m


Member.2人(トシちゃん、sanae)
天気:晴れのち曇り(山頂はガス)

【コ ー ス】
矢島口(祓川)登山口P(1212m)5:15~祓川ヒュッテ5:17-21~祓川神社5:27~
賽の河原:57~(休憩7:24-33)~鳥海山山頂9:10-53~祓川ヒュッテ12:30~P

所要時間約7時間15分(休憩時間含む)


今回歩いたコース
PH(赤線)



前夜到着の駐車場は朝も空いていましたが
5時ごろには早くもツアーバスが到着で一瞬賑やかになりました。

駐車場は広く、トイレあり。水洗でペーパー付き。


駐車場から望めた山頂を嬉しく仰ぎ見て、
ツアーの出発と微妙な間隔になりそうだと思いつつ歩き出しました。

祓川ヒュッテで登山届を提出。
(その間にツアーのグループは先行)。


登山届の側には残雪情報などが書いてありました。


予定になかった山ですがエアリアマップは持参。
以前来た時に雪渓を歩いたという記憶がなかったので
あまり気にしていなかったのですが、帰宅して確認したら
夏だとばかり思っていたのは誤りで、登ったのは10月の紅葉時期でした。
ありゃりゃ・・・^^;

二年前の夏、象潟コースから登ろうとした時は
登山口から真っ白なガスガス状態で中止。
今回で二回目、14年ぶりになります^^;

正面の山頂や周辺のお花を見ながら竜ヶ原湿原の木道をてくてく。


祓川神社で再びツアーグループに追いつき、
皆さんがお参りしている間に先に進みました。


必ず正式な山のガイドさんがついて、
一番安心できるツアーと聞いている某ツアー会社でしたが、
人気の山とあって人数が多く、グループ分けしているようでした。

ベニバナイチゴ


カラマツソウ(あるいはモミジカラマツ?)


ツアー参加で一緒に歩く自信はないですが(ついていくのが大変そう・・^^;)、
こういう場合少し離れた方が良いと思いながら先に進みます。


賽の河原!1時間もたたないうちに早くも雪渓^^;


まだ6時前で、雪は凍ってツルツル^^;


階段状の風紋をソロリソロリ登って行きました。


ミヤマツボスミレ


チングルマ・・・秋田駒では終わって穂になっていましたが
こちらはまだきれいに咲いてました♪





そしてヒナザクラ!




ヒナザクラの群落に嬉しくなりました。


なんと水芭蕉(咲き残り)


次の雪渓


ここを歩き出したとき、
すぐ後ろから来た二人組の男性の一人が滑り、
雪渓の際(きわ)の水たまりにボチャン!
深くないので足元だけでしたが、思わず焦りました^^;

連れの男性は慣れているようでいろいろアドバイスをしています。

アイゼンは車に積んであるので
持ってくれば良かった・・と思いつつ
登るほどに急になる斜面を慎重に登っていたら
先ほどの男性二人が早くもトラバース気味の右斜面に取り付いてました。

ベテランさんがへっぴり腰の私をみかねたか、
「おかあさん、こっちに登った方が良いよ、滑らないから」と
声をかけてくれます(^^ゞ

ありがとうございました(^^ゞ


それにしても下山の時が心配です^^;
シリセードになるかな?なんて考えながら
イメージトレをしながらの登りでした^^;

雪渓と夏道、交互に歩きながら
アイゼンもまた大変かも・・・。
後方を振り返ってみると、やはり
ツアーは人数が多いため姿が見えなくなりました。
中にはアイゼンの脱着で時間がかかっているのかもしれません。



ダイモンジソウ


ピンクのダイモンジソウ


避難小屋の脇を通過。
といっても少し下がったところにあるようで
ここからは見えませんでした。
内部は未確認です。




また雪渓を渡り、振り返ると小屋が見えました。


登るほどに、谷が深く急流になっている場所から
集まった雪解け水の流れる大きな音がゴォーゴォーと響いてきました。
ここが七ツ釜でしょう。
覗きこむ勇気はありませんでしたが水流が見えます^^;


山頂はまだ遠いね~^^;


新道との分岐。


イワカガミ




アオノツガザクラ


歩き始めて2時間、ようやく最初の一休み。


まだ雪渓は続いていますがだんだん緩やかに。


休んでいる間に二人組が二組ほど先行
私たちも再び歩き出します


斜面が緩やかで歩きやすくなりました。
この時はまだ見えていた山頂ですが(7:35)、
この10分後には山頂にガスがかかり始めてしまいます。




10分後、山頂が隠れてきました。


それにしても何回目の雪渓でしょう!(^^ゞ
涼しいのが嬉しいですが♪


雪渓は終わりこの先は夏道に。


ヨツバシオガマ




9合目、ここからが遠かった!^^;






登山道脇の雪渓の流れる水場で涼んでいるトシちゃんですが、
私はゆっくり先へ。


溢れんばかりのお花畑が続きます。
チョウカイアザミ


ピンク、白、黄、紫・・・など色とりどり


ミヤマホツツジ




イワギキョウ


後ろから登ってくるトシちゃん、
辛うじて見えてます。


終盤のイワブクロ


山頂が見えないままに登ってやっと七高山山頂


ガスガスで視界10mくらいだったでしょうか?


新山も見えないので今回はここまでとし、大休憩。

ミヤマキンバイ


少しでもガスがとれないかと待ちましたが動かず。
そのうちに朝のツアー一陣がやってきて再び賑やかに。
それを潮に私たちは下ります。


初めて登った時は新山も行き、展望があったので
まぁ、いっか!(^^ゞ


嬉しいことにチョウカイフスマも見ることが出来ましたし♪












あとはゆっくりお花見しながら下るだけ。
ガスで展望が無いので新道もやめて同ルートを下ります。

晴れていたら展望も楽しめましたし、
お花ももっと見つけやすかったかもしれませんが
けっこう楽しめました。

ミヤマホツツジ


イワギキョウ


マルバシモツケ


ホソバベンケイソウ


ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)







シラネニンジン?


ヨツバシオガマ


イワオトギリ


イワイチョウ






アオノツガザクラ


新道と合流


小屋が見えてきました。


下りは雪渓の表面が柔らかくなって
歩きやすくなっていました(^^♪


チングルマ


しっかし、こうところは緊張します


こうして見るとゾゾッとしますが^^;


ウゴアザミ


ハクサンシャジン


祓川神社につきました。


トウウチソウ


タチギボウシ


竜ヶ原湿原。祓川ヒュッテはもう目の前


シロバナトウウチソウ


ミズギク


サワギキョウ



竜ヶ原から振り返って。
山頂はやはり隠れてました。


鳥海山、
機会があればいつでも登ってみたい素敵な山です。。



急遽登った山で、思ったより雪渓が残っていてびっくりしました。
おかげでいろいろなお花に出会うこともできました。


温泉は猿倉温泉鳥海荘へ。
お肌すべすべになる温泉でした。
350円。お奨めです。


夜は山形の道の駅庄内みかわにて
呑みながら赤川の花火大会見物♪



ちょっと遠いですけどね(^^ゞ


さて、明日は最後の旅となります(^^ゞ




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北7日目:払田柵跡・角館... | トップ | 東北9日目:羽黒山&山寺(8... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山は春? (わい)
2013-08-30 03:54:12
春山とこれから来る秋が微妙な景色を見せてくれそうですね
雪スゴイ今年は多かったんですね
こっちのコースも (cyu2)
2013-08-30 09:17:35
素敵ですね!いつかリベンジの時はこちらもリストにいれようと思いました。
お花が一杯!チョウカイフスマがこれだ、と解ってありがたいです。
自分が見たときはこれなの?と自信がなかったので(^^;;

それから、久慈まで遠路はるばる来て頂いたのですね、
ありがとうございました、って私の実家じゃないですけど、やっぱり来て頂けると嬉しいものです。
いつも通ってる国道45号の写真を見てsanae隊がここを走ったんだ~とかなんだかとっても嬉しかったです。
「レストハウスうしお」の近く、白井海岸のあたり、覚えていますか?あそこから鵜鳥方面へ折れて行った所がダンナの実家です。
ってわからないですよね、何もないところですから(笑)
日にちが一緒ならまさかの”久慈バッタリ”があったかもしれませんね、残念~(*^_^*)
でもウニ弁当しっかりGET、さすがsanae隊♪
わいさん (sanae)
2013-08-30 18:33:00
はやっ!っとびっくりでした(笑)
ここへ行くならやはり雪なんでしょうね~(^^ゞ
今回の風景、残雪期みたいですよね。
かと思うとお花が夏、秋だし!
春夏秋冬楽しんだ感じです(笑)
例年はどうなんでしょうね?
雪渓が殆ど無くなっている年もあるみたいでいろいろですね。
この冬楽しみでしょう~♪
cyu2さん (sanae)
2013-08-30 20:07:45
cyu2さん達の時は雨でしたよね。
私たちも二年前に象潟から登ろうと、鉾立まで行ったことがあります。朝起きたらガスガスで、それでも登っていく人はいましたが、私たちは断念でした。
車だから動きやすいですが、その車で下るときもガスで前が見えず結構怖かったですよ^^;
なので鉾立の様子は同じだ・・と思いつつ拝見してました。
鉾立小屋があんなに素晴らしいとは知りませんで、車中よりそちらの方が良かったかななんて思ったりして(笑)
cyu2さん達は大変でしたけど、貴重な体験をいっぱいされたと思います。

今回は急だったので、チョットは様子が分かっている(と思っていた)一度歩いた祓川にしたのですが、雪渓の多さにびっくりでした。
上部はガスでがっかりでしたけど、お花は楽しめて良かったですよ。
ここはやはり快晴の時に登りたいですね。

久慈ではcyu2さんに会えるかな~なんて思いながら、キョロキョロしてしまいました(^^ゞ
レポ楽しませていただきました♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。