気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

山梨県:夜明けの三ツ峠山(H26.1/13)レポ

2014年01月15日 | 山歩き

【写真:三ツ峠山山頂】

*****************************

2014年1月13日(月)
天気;晴れ
Member.2人(トシちゃん、sanae)

標高:三ツ峠山 1785.2m
登山口:金ヶ窪沢P 1294m
標高差 491.2m  

【コ ー ス】(~は歩、休憩時間含む) 
金ヶ窪沢P5:10出発~三ツ峠山荘~三ツ峠山山頂6:50-7:57~
三ツ峠山荘8:10-9:03~途中小休止10:10-40~金ヶ窪沢P11:00頃

所要時間約6時間(休憩時間含む)


以前この駐車場から登ろうとして行ったことがありました。
気づかぬままに通過してしまい再び戻るとき既に夕暮れ時で
迷子になった外人さん(カナダ人)を車に乗せ、
富士山駅(旧富士吉田駅)近くのホテルまで送ることになりました。
結局その時は三ツ峠山を止め、別の山にしたのでした。
(詳細はコチラの最後に書いてあります:2012.7/15

そんなことがあり、登山口が未確認だったため、
前日写ば写ばの栗林先生から詳しい情報を伺って助かりました。

天下茶屋で夜景を撮った後、この登山口に来た時は当然真っ暗。
上の小屋の車でしょうか、数台停まっていましたが他には無し。
トイレ情報もありがたかったです(電気がつき、水洗で使用可)。

途中の道路に凍結箇所がかなりあり、私は助手席ですが、
四駆のスタッドレスでも緊張しました。

下るときはチェーンをつけようかと話していたくらいですが、
結局使わずに下りました。


早めに眠り、起床は4時、出発は5時にします。
星空も眺めたかったのですが・・・
栗林先生ならば3時には出発ということでしたが
我ら根性がありません^^;

そして4時起床。
私達が起きて間もなく出発した男性がいました。
私達の出発は予定より10分遅れで5時10分。
轍の跡を行くよりは登山道沿いに進みます。

暗い中私が先に行き、はぐれないよう時々振り返って
ヘッデンを確認しながら進みます。

途中でまたもやトシちゃんがペースの遅いのを気にして
「日の出が間に合いそうもないから先行って」と。

登り道はもう間違えることもないだろうと、
自分のペースで進むことにします。

途中で白々と明るくなってきた空を見上げると、
駐車場では見えていた星空がすっかり消えてがっかり。
やっぱりもっと早くに出発しないと駄目ですよね^^;

三ツ峠山荘に着くと先行していた男性が
そこで三脚とカメラをセットしていました。
ベストポジションです。

私もここにしようかと一瞬迷いましたが
日の出は山頂で迎えたい・・まだ間に合うかもと
先に進むことにしました。

山頂で間に合いました。
ザックをおろし、富士山を撮っている間にも
東の山沿いがオレンジ色に染まってきています。

風は強くはありませんが空気が冷たくて、
ジッとしていると寒いのでホットココアを飲みながら
待ちます・・・美味しかった~♪

そしてご来光




その頃トシちゃんは三ツ峠山荘に到着して
先行の男性の隣で撮っていたようです。

(canon PowerShot A-1100 トシちゃん撮影)

ところが一眼の設定(あるいはレンズの加減?)ミスなのか
どうにも色合いが不自然でして・・・
この日も暗めで殆どがボツ・・・

山頂より

(Nikon coolpix p500)

山頂でホシガラス? アオジ(テントミータカさんありがとうございます)


御巣鷹山


奥には八ヶ岳などですが、雲がかかっています。


眼下に四季楽園や三ツ峠山荘。
歩いてきた道です。
奥には南アルプスもかすかに。


改めて山頂から富士山


なかなか来ないトシちゃんを待って、
歩いてきた方向を見ているとようやく姿が見えてきました。

山頂貸切でしたが一人だけ山頂でゆっくりすることなく、
目の前を通り抜けて行った人がいました。
みつとうげ駅に向かった人なのでしょう。

私が山頂に着いて約1時間後にトシちゃん到着です。


待ちくたびれた私、早く下りようということで


トシちゃんの山頂滞在は10分もありませんでした(^^ゞ


展望地で山頂を振り返ったところ。
鉄塔やパネルだらけです。


南アルプス一望


展望のいい三ツ峠山荘へ


既に先行者は下山され、ここでも貸切。
パンと温かい飲み物で朝食。
陽があたって暖かく、1時間ほどのんびりしました。




木無山へ




あちこちに富士山の展望場




存分に楽しんで下山。
木の間越しに南アルプスを眺めながら。








眺めながら下っていたら尾根をひとつ間違えたようです。
トラバースでルート修正です(^^ゞ


無事に戻って一休み(^^ゞ




この頃になって、ポツポツ登ってくる人とすれ違いました。
私たちはこの後一気に下り駐車場には11時ごろだったでしょうか。


車は増え、これから登る人もいました。
明るい中で見ても駐車場はそれほど広くなく、
積雪の中、山小屋の車が置いてあることもあって
ほんの数台のスペースです。
少し下の分岐にも数台置けますが、積雪で
スペースはやはり狭められていました。



*************************

このあと再び天下茶屋へ。
お昼をここで食べることにします。

昨夜は夜景で写した富士山
山頂ではきれいでしたが雲がモクモク。


天下茶屋


旧御坂トンネルの手前左には太宰治文学碑があり、
御坂山塊の登山口にもなっています。
H20,12/26にここから黒岳までピストンしていますが
その時は遅くなってしまい、天下茶屋で食べられませんでした。

今回ようやく戴きました。


トシちゃんはお蕎麦


私はほうとう鍋


サザエさん一家も召し上がったようですよ(^_-)


アツアツで体が温まりました♪
お腹も満腹!

この後二階の太宰治記念館へ


ここで三か月滞在したことがあるそうです。
当時とは少し違うのかもしれませんが、
富士山の眺めは一緒ですよね。




太宰治の本といえば『走れメロス』『人間失格』『斜陽』くらいしか
読んでいないかも^^; それも若いころです(^^ゞ


天下茶屋を後にして、早めに帰路につきました。
お蔭で渋滞にあうこともなく、15時前に帰宅できました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡県:天下茶屋からの夜景... | トップ | インフルエンザ »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考になります (のぞむ)
2014-01-16 18:57:55
駐車場から山荘へのルートはジープ道ではないところを通ったのですね。知りませんでした。今度教えてください。
天下茶屋の前は何度も通りましたが、中には入ったことはありませんでした。中の様子がよくわかりました。
のぞむさん (sanae)
2014-01-16 21:32:59
やや右側になります。雪道なのでトレースがありますから今の時期ならすぐに分かると思いますよ。
暗がりだったのでジープ道も歩きましたけど(^^ゞ
天下茶屋、美味しかったですよ~(^^♪
新年の富士、いいですね~~ (テントミータカ)
2014-01-17 14:39:47
 おおっ!寒そうな雪面にアオジがいますね。朝霧高原でも雪原にジョウビタキがいたりするので、富士五湖界隈で越冬する野鳥の耐寒訓練?厳しそうです。みかも山公園でも見かける鳥たちです。
 寒そうな富士山麓、そこで歩かれるトシちゃん&sanaeさん達も、お元気で何より。
 …体調不調ヘナチョコ隊の我らもあやかりたいです。本場のほうとう、生唾ゴックン(笑)。
頑張った~ (みちほ)
2014-01-18 09:55:39
sanaeさん、トシちゃん、先日は楽しい時間ありがとうございました!
レンチャンでの富士見、お疲れ様でした・・・
我が家は今日はご近所さんとの新年会(ウチが幹事)で山は無し(泣)
今朝、偶然にも山梨の旅番組で天下茶屋をみました・・・
いつもスルーしてましたが、ここ昭和9年から営業と言ってましたよ。
こんどは寄ってみよ! 楽しそうっていうか美味しそう!
ほうとうは私、好物なんです(笑)

今年のトイレのカレンダーには三つ峠山からの富士山を飾ったの!
毎日、鑑賞しています!今年はここから夜景&日の出を目標にしよっと・・・
真似っこすけどね~(笑) またの合流、楽しみにしています!!
テントミータカさん (sanae)
2014-01-18 14:29:11
アオジなんですね。
早速修正しました。
ありがとうございます。
ほうとう鍋美味しかったですよ♪
今また食べたい気分、今週末は寝込んでいます^^;
みちほさん (sanae)
2014-01-18 14:36:55
こちらこそありがとうございました。
お蔭で楽しかったですよ~♪
テレビ見たかったな。
今日は新年会なんですね。
楽しんでください。
みちほさんは行かないの?
今週末私は友達と旅行のはずだったのだけど、
当日体調悪く行けませんでした(涙)
インフルエンザですって。
年末に続いて鬼の霍乱続いてますわ(笑)
薬のせいかよく眠っています。
三つ峠山からの富士山いいですよね。
雪が降った後はもっときれいなんだろうな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。