気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

福島県:吾妻小富士(5/19)レポ

2013年05月22日 | 山歩き

【写真:吾妻小富士山頂より】


まんてん道を歩き、温泉に入ったあと、「どうする?」とトシちゃん!
帰るモードでいたのですが、
「浄土平の方に行ってみる?」とトシちゃん!
せっかくだから一切経山や東吾妻を眺めていこうかと思ったようです。
「登らないけどさ」と断るのを忘れないトシちゃん・・^^;

でもね、行けばチョット気になるじゃありませんか(^^ゞ

「吾妻小富士に登ってみる?」とsanae
「・・・いいけどさ」とトシちゃん


(^_-)v



*****************************

2013年5月19日
吾妻小富士 1707m
浄土平   1570m 
標高差   137m

Member.2人(トシちゃん、sanae)
天気:曇り

【コ ー ス】(~は歩、休憩時間含む) 
浄土平登山口(1570m)15:05~火口15:13~
吾妻小富士山頂15:33-36~浄土平登山口15:53

所要時間 50分弱(休憩時間含む)


今回歩いたコース
火口を反時計回り



駐車場からはかなりの人が歩いているのが見えてましたから
気楽にオッケーしたようなトシちゃん

いざ行くとなると顔が引きつってます(笑)



曇り空でしたから合羽と水とチョコをザックに入れて
嬉々としているsanae(^^♪



バックに一切経山



なかなかどうして、立派な一座です



土がえぐれて歩きにくい階段


大勢歩かれているのと雪解けのせいでしょう

ヒールやスカートで登っている人も何人かいましたが
さすがに歩きにくかったことでしょう。


10分とかからず火口へ
意外と早いです。




山頂に向かう気のなさそうなトシちゃん^^;

率先して歩き出すと「え”ぇ~~いくのぉ~」とボソリ。


sanae「ここまで来たら、そりゃ行くでしょ(^^♪ 山頂アッチだもん(^^ゞ」

トシちゃん「・・・・何もないよ・・・(ボソリ)」

sanae「行けば山頂標柱あるでしょ、山頂アッチだもん(^^ゞ」



火口迫力あります。



風がやや強かったのでちょっとビビりました^^;

バック東吾妻山



山頂へ



曇りで遠望は靄っていましたが、かすかに見える小さな山塊が
前日歩いたクマガイソウの自生地かな・・・と。



こちらもバックは東吾妻山



山頂に到着



「何も無いじゃん」とトシちゃん(^^ゞ

sanae「ほら、岩の上にそれらしいのがある!」

トシちゃん「ホントだ。。。」


でも風が強かったので、この上に立つことはできませんでした(^_^;)


山頂より火口と東吾妻山



山頂より安達太良山方面



同じく山頂、安達太良山方面、東吾妻山、一切経山のパノラマ



お昼は食べていなかったので板チョコを食べながら下りることに(^^ゞ



一切経山を眺めながら



「登る前は嫌だったけど、やっぱり登ってよかったなぁ~」とトシちゃんでした(^_-)




思えば浄土平には何度も来ているのにこの吾妻小富士は初めてだったかも?^^;


と思って調べてみたら登ってました⇒コチラ1997年

H9.5.3-5(土ー月)前日発 ; Member.計2名

【5月3日】
土湯温泉仁田沼散策6:45-7:30(この後車で移動)
ゴンドラ駅登山口7:45発~安達太良山9:05-20~
鉄山10:00-11:00~峰ノ辻~勢至平分岐11:55~
あだたら渓谷~富士急ホテル1:10

【5月4日】
スキーセンター9:00~グランデコゴンドラ駅9:15~西大巓11:35~
西吾妻小屋12:20~西吾妻山12:50~西吾妻小屋1:10-2:10~
西大巓2:45~グランデコゴンドラ駅3:50~スキーセンター4:05

【5月5日】浄土平8:55~鎌沼~姥ヶ原~東吾妻山11:10-12:30~姥ヶ原1:30~
酸ヶ平避難小屋分岐1:50~酸ヶ平避難小屋1:55~一切経山2:20~
浄土平3:20~吾妻小富士~浄土平



ナニナニ、よく見れば安達太良山、西吾妻山、東吾妻山、一切経山まで!
しかも仁田沼や吾妻小富士も歩いているではありませんか!

今から16年前・・・すごかったねーsanaeさん!・・・もう別人みたいです(笑;
もっともゴンドラ利用でしたけど(^^ゞ




ともかく今回も登れてよかったね~(^^ゞ

のんびり歩いても50分とかからなかったし!(^^♪



土湯峠や湿原、そしてこちらも歩けて充実した1日でした。

吾妻小富士から下り、車を走らせたところでポツポツと雨。
ラッキーでした♪


帰りは途中のPAで少し仮眠しましたが、その日のうちに帰宅できました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島県:まんてん道ハイク(5... | トップ | 檜洞丸で »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1時間かからないのですね。 (るたん)
2013-05-24 07:13:41
お二人は、さくっと登ってしまいますね。
2年前、磐梯山を計画して、浄土平までドライブして、
綺麗な形の山だなと思ったのですが、到着が夕焼けの時間でだめでした。
お鉢巡りもできるなんて、ミニ富士山ですね。
Unknown (くっきー)
2013-05-24 09:06:39
sanaeさんがトシちゃんをだましだまし(笑)、
山頂に連れて行くのが目に見えるようで
読んでて笑ってしまいました!

我が家は吾妻小富士登ってないんです~。
初夏に行ったものだから平日でもすごい人で
あの小富士へつづく大名行列に恐れをなして。。。
観光地だけに結構ヒール靴の人もいますよね。
ワタシもびっくりしました。

こんど行ったときは火口を覗きに登ってみたいと思います♪
るたんさん (トシちゃん)
2013-05-24 09:14:26
>お二人は、さくっと登ってしまいますね。

いえいえ 「さくっと」じゃあないんです、
sanaeにだまされたんです!!
るたんさん (sanae)
2013-05-24 20:01:09
以前一度登っていたのですが、
もう全然覚えていませんでした^^;

歩きながら文字通り富士山や岩手山、後方羊蹄山など思い出してました(^^ゞ
火口のまわりを歩くのってちょっと緊張しますね。
風がありましたから、歩きながらここを落ちた人いるのかな・・なんて思いが頭をよぎりました^^;

観光客に人気のようで登る前はたくさん歩いているのが見えましたが
私たちが登った頃はやや遅かったので少なかったです。静かでお奨めタイムです(^^ゞ

またいつかついでの折にでも。
くっきーさん (sanae)
2013-05-24 20:10:51
いえいえ、だましてないですよ~(^^ゞ

吾妻山塊に登るために浄土平は行くと思うのですが、
意外と小富士の方はスルーしてしまうかもしれませんね。二回目だというのをすっかり忘れてましたけど、
今回歩けてよかったです(^^♪

遅い時間だったので静かで良かったですよ♪
火口は小富士といえども迫力ありました。
トシちゃん (sanae)
2013-05-24 20:12:08


だましてないし・・・(-_-;)
Unknown (mikko)
2013-05-25 16:44:53
コメント欄でバトル勃発!!!(笑)
お仲がよろしいようで…
私はお鉢までは登ったことがあるのですが
山頂まては行ってないのですが、山頂標識がちゃんとあるんですね。
こちらは完全に観光地状態ですよね。
街と同じスタイルの方がたくさんいますね。
でもその観光客に登りで抜かされる私って山のぼら~?
バトル・・・確かに (るたん)
2013-05-26 19:53:53
トシちゃんは、sanae様を名前で呼ばれるんですね。
新鮮でした。そしたら、sanae様の今風なつぶやき・・・。
本当に仲がよろしいようで。
今日は、杓子だったんですね!
私・・・午後から都留の倉見山にいました!
クマガイソウを目指したのですが・・・・
そのルート上には、杓子に行く道もありました、残念
mikkoさん (sanae)
2013-05-27 00:38:33
これって仲がいいんですかね?(^^ゞ
山頂標柱はあるとは言えないですが、あったらしい痕跡は見受けられました。
実際どうなのかよくわかりませんで、ちょっとがっかりでした。
我等はいつも抜かれるばかりです^^;
さすがにヒールの人には大丈夫だと思うけど、
いざ並んだらどうでしょう?不安(笑;
るたんさん (sanae)
2013-05-27 00:44:49
ここは外と同じですからね~
バトルは家の中だけにしたいものです(笑)

今日の杓子は急に決まったのですが、
なんと私たちも倉見山の話をしていたのでした。
そこにるたんさんがいらしたとは!残念、残念!
るたんさんの話しもでていたんですよ。
くしゃみでませんでしたか?(^^ゞ
今度楽しみにしています♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。