気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

群馬県:根子岳(2014.3/23)レポ

2014年03月26日 | 山歩き

【根子岳山頂で】

*****************************

2014年3月23日(日)
天気;晴れ

Member.4人(みちほさんご夫妻、トシちゃん、sanae)

標高:根子岳(ねこだけ) 2207m
登山口:菅平牧場 1590m  
標高差:617m


【コ ー ス】(~は歩、休憩時間含む) 
菅平牧場P8:20~東屋9:00~根子岳山頂11:00-12:40~
東屋13:50-55~菅平牧場P14:10

所要時間約5時間50分(休憩時間含む)



菅平牧場の駐車場まで入ることができました。
トイレは閉鎖中。
以上を前夜のうちに確認し、一旦菅平スキー場の
公衆トイレのある駐車場へ移動。
朝改めて菅平牧場の駐車場へ。


集合は8時でしたが少し前に行くと
既にみちほさん夫妻が到着してました。
準備して8時20分出発しま~す(^^♪


振り返れば北アルプス一望ですが残念ながら春霞。
それでも朝のうちは槍ヶ岳など見えていました。

既に数人が登って行き、私たちは最後だったらしく
ずっと貸切状態♪ 真っ新な雪面にはきれいな風紋。


高妻山や火打山、妙高方面は近いだけに
広い牧場の彼方に大きく見えます。


我等は今季初のスノーシューハイクです♪

(photo by Ms.Michiho)

今頃になって今季初というのは珍しいことですが、
この冬は私が体調を壊すことが多く、
また関東の2月の大雪続きで出足も鈍りました。


そんな状態でしたがようやくの雪山で
できたらみちほさんたちとも一緒に歩きたいねと
話していたのが今回実現したのでした。


お蔭でずっと笑いっぱなしでしたよ(^^♪

(photo by Mr.I)

写真も撮ったり撮られたり。

(photo by Ms.Michiho)

打ち合わせした訳ではないのにおソロな二人。
双子みたいです(笑)


こちらも双子みたいな?湯の丸山(左)と烏帽子岳(右)(^^ゞ
北側から見ると当然ながら南から見るのと逆の位置になり、
みちほさん達に教えてもらって今更ながらなるほど~と!^^;


広い雪原をそれぞれ自由に歩いていきました。

(photo by Mr.I)

天気に恵まれましたが
とても風が冷たかった~^^;

(photo by Mr.I)

ずっと登りですけどまだ元気!


冗談言ったりしながらのんびりと。
笑う余裕もありました(笑)

(photo by Ms.Michiho)

ウサギの足跡


我等の足跡(^^ゞ


真っ青な空ですが、
後ろの北アルプスはだんだんと
ぼんやりしてきてしまいました。



途中で一休み。立ち休憩です。





落葉している樹林帯は明るく、
白樺の白い木肌がとってもきれい♪









右から烏帽子岳、湯の丸山、篭ノ登山の山並み。
その更に左に白い浅間山が見えてきます。



服装で区別がつきにくいですが、
こちらはトシちゃん!

(photo by Ms.Michiho)

こちらもトシちゃん!(^^ゞ

(photo by Mr.I)

だんだんときれいな霧氷が!



今回は初め湯の丸山か玉原方面を考えていたのですが
みちほさんたちは冬の根子岳は未登ということで
こちらにしたのでした。



(photo by Mr.I)


気持ちの良い山ですから来て良かったですね~♪


シュカブラもいろいろあってきれいです♪


エビのしっぽもいろいろ!








トシちゃんはエビ反りですか?(^^ゞ

(photo by Ms.Michiho)

思いのほか山頂が遠い・・・^^;


モンスターがお出迎え(^^ゞ

(photo by Mr.I)

振り返って展望を眺めながら
休み休み登って行きますが・・・


一年ぶり?のスノーシューで
早くも筋肉痛…出るのが早い?^^;
足が重かったぁ・・・

(photo by Mr.I)

ズームで浅間山。
春霞でしたが真っ白できれいな様子!


こちらトシちゃん

(photo by Ms.Michiho)

やっと山頂に到着~~♪

(photo by Ms.Michiho)

お先に万歳?(^^ゞ


やっぱ嬉しい山頂集合写真


目の前にはずっと見えていた四阿山
あちらを歩いている人も見えました。


風を避けたところで休憩。

(photo by Mr.I)

登りは冷たかった風でしたが
この辺りは意外にも穏やかでした♪

山頂はスキーの師範級の方々が集まって
楽しそうにはしゃいでました。
若い人だろうと思っていたら会話から
ウチの息子たちくらいの年齢層とのこと!

スキーウエアはカラフルですしネ、
明るく皆若い感じで40代には見えなかったな。


我等より断然若いけれど、
スノーキャット利用で来たのだそうな!
片道3300円と聞いてビックリ(リフトは別料金)。

下りはもちろんスキー。
下りはあっという間でしょうから
「歩いてもう一度登ったら?」なんて言ったら
「無理、無理」と大笑いしてましたっけ(^^ゞ

その彼らと同年輩の息子が学生の頃
「お母さん、山はリフトで登るものだよ」と
笑って言っていたのを思い出しました(笑;


この後は山頂辺りの樹氷見物♪


金曜日に新雪が降ったばかりだそうで、
翌土曜日の昨日はもっときれいな樹氷だったようです。


この日は氷柱が下がってました。
みちほさんから言われて気づきました(^^ゞ



(photo by Mr.I)








(photo by Mr.I)




(photo by Ms.Michiho)


(photo by Mr.I)


(photo by Ms.Michiho)










(photo by Mr.I)







今年も蔵王に行けなかったけれど、
これで満足だね~(笑)
存分に楽しんで同ルートを戻りました。


鱗のようなシュカブラ










途中でヒップソリ


ウチは持ってこなかったので借りました(^^ゞ


そこそこ滑ってましたね(^^ゞ



山頂はあっという間に遠くなりますが、
白い雲が広がってきていました。


下りは楽々ですが、
楽しみながらのんびり下ります♪




途中、スノーキャットの走っているのが見えました。
見たのは初めて(^^ゞ












東屋までくればあと少しですが
ここで休憩。
山頂を見上げて皆満足感いっぱい!





今回はまっすぐ登るだけ、下るだけの
ピストンですが、ガスった時のために
GPSにルートを入れていきました。



下山した後お茶でもという話になったのですが
渋滞を考慮してそのまま帰ることに。

関越で断続的な渋滞はありましたが
途中運転を交代し、夕食を済ませて
帰宅は20時半ごろでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秩父:秩父紅(ムクゲ公園2014... | トップ | 庭の花 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
青空にパウダースノー (小太り親方)
2014-03-27 20:24:46
新雪直後で最高のタイミングだったのですね。
やはり雪遊びには青空が似合います。

申し合わせたような(だったりして?)トシちゃんのペアルックも凄い!
小太り親方さん (sanae)
2014-03-27 22:56:25
そうなんですよ、新雪と青空でラッキーでした♪
冷たい風が顔にビシバシ当たって痛かったですけどね(^^ゞ
ペアルックになってしまって笑っちゃいました(^O^)
楽しそう! (るたん)
2014-03-27 23:35:40
sanaeさん、楽しそうですね~。
こんな雪山だったら、今度ご一緒させてくださいな。
青空と雪原。モンスターみたいな見事な造形!
花のないときは、やはりこんな楽しみですかね。
それにしても、ペアルック。本当は打ち合わせていたりして?
るたんさん (sanae)
2014-03-28 22:18:00
ぜひるたんさんともこうしてご一緒したいです♪
楽しかったですよ。
久しぶりにきれいな雪山でした。
雪の華もまた素敵でした。
ペアは偶然でしたからびっくりしましたよ(笑)
綺麗でしたね。。。 (mikko)
2014-03-28 22:19:52
3月下旬に入ったというのに
樹氷とモンスターが綺麗でしたね~
1日違いはとっても残念でした。

山頂での休憩場所同じだったのでしょうか?
我が家は雪面から顔をだしている岩の所に座ってランチしました。
sanaeさんのこちらのレポで山頂に着く直前のトシちゃんの後姿が写っているお写真に写っている岩かな?

みなさんとっても楽しそう♪
あの景色の中に身を置いたら楽しくなっちゃいますよね~
mikkoさん (sanae)
2014-03-29 17:00:56
ホント、一日違いで残念でした。
mikkoさんのレポを拝見すると、
前日はもっときれいだったようですね(^^♪
休憩場所はこちらがもう少し右側でした。
正面に四阿山を見ながらランチでした(^^ゞ
二人ののんびりハイクが多いですが、
こうして一緒に歩くのも楽しいものです。
もちろんのんびり歩きでネ(^_-)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。