気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

東北3日目: 五葉山(8/12)レポ

2013年08月25日 | 山歩き

【写真:五葉山山頂で】

3日目(8/12) 岩手県(五葉山)~道の駅みやこ

北上山地では早池峰山(1914m)に次ぐ高さだという300名山の五葉山(1341m)へ。
時期的にお花は少なかったのですが、素晴らしい緑の林でした。
ツツジやシャクナゲの時期にもいつか行ってみたくなりますが、
今の時期もまた捨てがたい素敵な山です。


*****************************

2013年8月12日(月)
標高:五葉山 1341m
登山口:約721m
標高差  約620m


Member.2人(トシちゃん、sanae)
天気:晴れ。ただし霞で山頂遠望はきかず。

【コ ー ス】
赤坂峠P(721m)7:40~賽の河原(三合目)8:20-25~
畳石(四合目)8:42-52~石楠花荘10:02-10~日枝神社10:15~
五葉山山頂10:28-30~日の出岩10:37-38~五葉山山頂~
日枝神社10:55-11:35~赤坂峠P13:00着

所要時間約5時間20分(休憩時間含む)


今回歩いたコース
PH(赤線)



登山口赤坂峠へ至る林道は狭い所もあり気を遣いますが、
駐車場は広くトイレは立派で水洗、ペーパー付き。きれいでした。





手前の道の駅種山ヶ原で泊まり朝の移動でしたが
はじめからここにすれば良かったと思いました。
でも食料の調達もしなければならなかったので
これで良しとします(^^ゞ

天気は快晴、気持ちの良い青空が広がっています。


大船渡市と釜石市の境で、釜石市側も道が狭いようです。
登山口には大松コースは現在通行できませんと書かれていましたので
行かれる際には直前情報をご確認ください。

入口の登山者名簿に書き込んでいる間に
トシちゃんはコチラに反応しています^^;


やっぱりね^^;


結局二人とも薪三本ずつ荷上げです。


登山道もきれいに整備され、目安の先ずは一合目。
このあとも順番に丁寧につけられていました。
そういえば山頂の十合目?というのは気づきませんでした^^;



一合目を過ぎると開けたところから鷹生(たこう)ダムが見えました。
人造湖(五葉湖)は五葉山に源を発しています。


歩きやすい登山道。
この時期は暑いので早朝登られるのがおススメです。



賽の河原(三合目)




見える稜線は黒岩コース?



お花はあまり見られませんでした。
時期的に終わってしまったようです。

ママコナ、ウツボグサ
イワオトギリ?、ツリガネニンジン
萩、ヤマハハコ

前方に五葉山の稜線



畳石(四合目)。ベンチなどあり一休み。


何畳分になるのでしょうね?(^^ゞ


畳石の広場から鳥居を潜って行きますが、
ここからが緑の気持ちいい樹林帯が続きます。










ミズナラやダケカンバなど広葉樹の並ぶ素晴らしい樹林帯です。
山肌は緑一色の笹原。緑、緑で癒されます。
登山道は笹の刈り払いもされています。


国有林









通過しますが休憩場所に良さそうな七合目



続いて祠が二つ





八合目で一休み


ここで朝駐車場から先行した父子とすれ違います。
思わず「素晴らしい山ですね~」と声をかけますと、
「上はもっと良いですよ」という返事。
嬉しくなりました♪




この山は6月はつつじ、7月はハクサンシャクナゲが咲くそうですが、
上に行くとなるほどシャクナゲの木がいっぱいでした。



空が見えてくると前方に赤い屋根(しゃくなげ荘)が見えてきました。
九合目。


どの札もこのように木にやさしい結び方で感心しました。



しゃくなげ荘到着。


立派な小屋です。荷上げの薪を置いて二階を覗いてみました。



ビックリするくらいきれいに使われています。
光るほどに磨かれている小屋はそうそう見ません。



トイレも近くにあり、中には入りませんでしたが
入口辺りもきれいでした。


水場も側にあります。しっかりした柄杓も新旧二つずつ。
どなたかが作られたのでしょう。


テント張ったら気持ち良さそう~♪


小屋から日枝神社まであと一息♪





なだらかに伸びている黒岩方面への稜線も気持ち良さそう、
行ってみたくなり、トシちゃんも同じように思ったようですが
「今日は行かないよ」と先手を打ってきます(^^ゞ
もちろん行きませんとも。今回は次なる目的もあるのですから・・
・・・でも行きたくなる稜線だよね、天気もいいし・・・(^^ゞ



日枝神社の前で。
囲いも立派です。


ウィキペディアより、
「五葉山」の名は、阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩、虚空蔵菩薩、愛染明王の五仏を祀る事からとも、
藩政時代に伊達藩にとって重要な山であったことから「御用山」と呼ばれていたことに由来するとも言われている。
(ウィキペディア引用以上)

ということですが、この五仏というのがこの日枝神社に祀られているのでしょうか?
それともあちこちに分散しているのでしょうかね?

今では五葉松になぞらえ五葉山と呼ぶようになったそうです。


日枝神社から山頂まではほぼ平坦。
ルンルンです♪






稜線の高山植物は終わってました。





前方、青空と白い雲が素敵


樹林は国有林ですが、一帯は県立自然公園となっています。



五葉山山頂で


一等三角点です


昭和43年9月30日の建立となっています。
今から45年前。
それにしてもこの崩れ方はやはり二年前の
東北大震災の影響でしょうか?


山頂からは早池峰山や太平洋、リアス式三陸海岸も見られるそうで
楽しみにしていたのですが、
ここも春霞のような感じで遠望はダメ、残念でした。


その先の最標高点、日の出岩の方にも行ってみます。


このような道が続くのかと思ったら
途中からまるで奥秩父を歩いているような雰囲気に・・・






日の出岩


展望が無いので戻ることにしますが
稜線で苔むしたところがあってビックリ。
太平洋岸でも雪が多いのでしょうか
木のオブジェも風情がありました。





日枝神社まで戻ってランチにします。


その前に暑かったのでオールフリーいただきま~す。
プシュッ!!!冷たくしてきたので喉ごし最高でした(^^ゞ



展望はちょっと残念でしたが十分満足して同ルートを下山します。


それなりに登ってくる人とすれ違いましたが、
気温が上がってきていたので大変だったと思います。
今の時期登るなら早朝がおススメです。



私たちが登るときは爽やかな風があって良かったのですが
風がなかったらやはり暑かったかもしれません(^^ゞ


賽の河原(三合目)で最後の休憩。
やはり氷入りの広口テルモスは強い味方です(^^ゞ



途中オニヤンマ



午後1時下山。登山者名簿にその旨書いておきます。



これから登るという方もいましたが
暑くて大変だったかもしれません。


このあと五葉温泉へ。


三陸海岸初の天然温泉だそうです。
2時間500円、10:00~20:00(6~9月は21:00まで)




この後は大船渡へ出て海の幸を戴く予定でしたが
大船渡三陸道路に入ってしまいました。
地震の被害の大きかった大船渡や陸前高田をまわって
ガソリン入れたり食事したりと考えていたのですが
やむなくそのまま釜石へ。

ところがガソリンは入れられたものの
食事は中途半端な時間になったためどこも休憩中。

またしても海鮮物が食べられません。
お店によって違うのかもしれませんが
観光協会のようなところで聞いたら
大体15時には閉まり、17時から夜の営業!

しばらく待つことにしましたが時間がありすぎるので
結局一番近いファミレスへ^^;


もっと明るい時間に通りたかった三陸海岸ですが、
結局夕暮れになってしまいました。

それでも二年前の惨状をこうして目の前に見て、
言葉を無くしました・・・




積み上げられた廃材


壊れたままの防波堤


これでも随分整頓されてきているのが分かりましたが
かつての状態はいかばかりかと、当時のテレビ映像を
思い出してしまいました。


この日は道の駅みやこに泊まることにしました。

この記事に投票する
「オールフリー人気ランキング掲載中。投票をお願いします!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北2日目:その2 平泉中... | トップ | 東北4日目: 三陸海岸へ(8... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良い山が沢山 (カゲヤマ)
2013-08-25 07:52:24
五葉山、雰囲気の良い山ですね。
行って見たくなりました。
今年は7月に岩手山に行ってきましたが、その後
東北は天気が思わしくなかったようで・・・
雨の日が多い今年の夏だったような気がします。
カゲヤマさん (sanae)
2013-08-25 12:07:05
こんにちは♪
五葉山、とても素晴らしい山でした。
お奨めの山ですよ(^^♪

7月は天気が不安定だったのですね。
岩手山は大丈夫でしたか?
私たちも出かける時大雨でどうなるかと思いました。
予報は大きくかわらず天気には恵まれましたが
毎回すっきりした展望でなく、今年の気象状況は
いつもと違うということでした。
片や水不足で大変ですし、降る所は集中して
うまくいかないものですね。
いいですね! (mikko)
2013-08-27 13:19:21
想像以上に素敵な山ですね。
これならツツジや石楠花の季節でなくてもいいですね。
レポで登山道の様子も良く分かったので助かります。
いつか登りに行きま~す!(^-^)ゞ
mikkoさん (sanae)
2013-08-27 21:55:19
そうなんですよ、想像以上でした。
朝の風は爽やかで、ラッキーだったかもしれませんが
まさかこの時期に、こんなに爽快な山歩きができるとは思いませんでした。
危険なところはありませんので、帰省の折にでも楽しんできてくださいね。

近ければ何回でも行きたい山の一つです♪
mikkoさんへ 2 (トシちゃん)
2013-08-27 23:44:46
朝 早かったせいか、適度な風が吹いていたせいか
とても気持ちよく登れた山でした。
お花の時期なら気温ももう少し低いでしょうから・・・。

とても良い山ですよ、mikkoさん達では物足りないかもしれません。
なので登山口右側の「9合目の小屋への薪ボッカ」をお勧めします、
デカザックか括りつける紐をお忘れなく(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。