気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

八ヶ岳:硫黄岳~横岳(7/13-14)レポ 前編

2013年07月16日 | 山歩き

【写真:北沢から赤岳鉱泉へ。山が見えない・・・】


全国的に天気が不安定だった三連休。
行先は直前まで定まらず。
比較的良さそうと判断した八ヶ岳に決めたのは出発直前の木曜から金曜にかけてでした。
八ヶ岳ならばこの時期コマクサ、ウルップソウでしょう!♪
久しぶりにテント担いで行きますか・・・でも担げるかなと不安な思いで出かけたのでしたが、
そこでは思わぬ展開が待っていました


*****************************

2013年7月13-14日(土日)
標高:赤岳鉱泉 2220m・硫黄岳 2760m・横岳 2829m
登山口:美濃戸山荘 1720m
標高差  約1109m


Member.2人(トシちゃん、sanae)
天気:曇り

【コ ー ス】
一日目
登山口赤岳山荘P(1720m)6:00~堰堤広場7:00-30~赤岳鉱泉8:45着

所要時間約2時間45分(休憩時間含む)


二日目
赤岳鉱泉4:35~赤岩の頭6:00~硫黄岳6:25~硫黄岳山荘6:45-7:10~
横岳8:07-17~(途中大休憩)~地蔵の頭10:27~行者小屋11:23-35~
赤岳鉱泉12:08(テント撤収)12:58発~堰堤広場(休憩)~赤岳山荘P14:50

所要時間約10時間15分(休憩時間含む)



前夜出発して赤岳山荘駐車場に到着は夜半過ぎ。
そのまま仮眠して5時起床、準備が整い次第出発とします。

駐車代(一日千円×2)を支払い、準備を済ませて出発は結局6時ごろ。
既に満車ですが、この日下山の人もいるので遅い時間なら入れるようです。



美濃戸山荘前の北沢、南沢分岐



大体南沢から行者小屋を目指すことが多いのですが、
今回は硫黄岳から横岳メインなので久しぶりに北沢から赤岳鉱泉へ。



久々のデカザック、担げるかなと心配しつつ・・・
なんやかやと20キロ^^;

お花を愛でながらゆっくり行きます。
癒されますね~♪


オオヤマフスマ・きのこ・イブキジャコウソウ・キバナノコマノツメ
カラマツソウ(ミヤマカラマツ?)・ミヤマコゴメグサ・シナノオトギリ・?


「そういえば○○さんも赤岳だって。赤岳鉱泉かもよ♪」なんて話をしながら・・



「もしかしたら行者小屋のテン場かもね」

マタタビ


「逢えたら嬉しいね~♪」

こちらも久々に出会ったテガタチドリ(^_-)-☆


のんびり写真を撮りながら歩いて堰堤広場


ここから見える稜線は峰の松目の方向かな?
置いてある車は赤岳鉱泉の関係者のものなのでしょう。
(登山者は赤岳山荘まで)


ここで朝食としましょ!
この時の気温は16.3度。歩くにはちょうど良かったです♪



30分ほどして再び出発



北沢は何年ぶりでしょう?
増水時の尾根道の分岐では地図で確認してしまいました^^;



この北沢を初めて歩いたのはもう20年くらい前。



長男が大学生のころ、一緒に歩いたのですが、
今ではその長男も二人の父親。

マイヅルソウ、ズダヤクシュ


八ヶ岳は季節を変えて、春夏秋冬けっこう歩いてますが
二男の方の孫二人をつれて二泊三日のテント泊も懐かしく思い出します。
行者小屋2泊で往復南沢でしたけどもう5年も前になります。。。。



5年とは思えない年月を感じるのは
孫の成長であり、我等の体力の衰えであり・・・^^;



5年後のことは考えないことにしましょ(^^ゞ




そろそろ稜線が見えてもいいはず?ですが・・・
曇り空。予報より良くないようです。




キバナヤマオダマキ



こうして整備されている沢を何度も交差しながら
関係者の方々には感謝の思いです。



鉱泉だから鉄分で茶色いのでしょう・・



キンポウゲ(ウマノアシガタ)や



グンナイフウロ



頑張って撮ってます(^_^;)




オサバグサ・ギンリョウソウ・ゴゼンタチバナ
ウマノアシガタ・コガネイチゴ・コガネイチゴ・キバナヤマオダマキ
コバノイチヤクソウ・コバノイチヤクソウとマイヅルソウ・ミヤマミミナグサ・ミヤマミミナグサ


思いがけなくオサバグサを見つけビックリしました。
ここにも咲いているのですね。
花が終盤でしたが今年お初です。とても可愛い♪


沢から苔むした八ヶ岳らしい樹林帯へ



赤岳鉱泉に到着。
正面に見えるはずの稜線、大同心・小同心はガスの中



さっそくテント設営(テント場一人千円)



設営し終わった頃ポツポツと雨!(@_@;)
見上げる空は曇り空でテンション下がります(~_~;)
気温も15.4度と朝より下がり、寒いくらい!避暑日和でした♪

設営後硫黄から横岳へと行く予定でしたが取りやめ。
テン場でまったりすることに。




まだ昼前ですが(^^ゞ
いっちゃいますか!(^^♪




なぜにトシちゃんオールフリー?
これからまだ登る気満々?(笑)・・・な訳ないよね(^^ゞ


このあとお昼寝!お蔭で睡眠不足解消です♪

携帯も通じてラッキー。暇つぶしにモブログしたり♪
これが一つのメッセージになっていたのでした(^^ゞ



お昼寝から起きて今度は昼食(笑)
山の上で食べるはずだったのですが^^;


コーヒーフィルターを忘れ、キッチンペーパーで代用でした^^;


食後は雨が止んでいたので近くを散策





ミヤマミミナグサ


テント場は当然良い場所からどんどん埋まっていきました。


この日の小屋泊は230人くらいだったそうです。


混んでいる小屋泊が嫌で、重くてもテント泊の我等ですが、
赤岳鉱泉の個室にいつか泊まってみたいね~と話してました。


まだ早いけど夕飯の用意を始めちゃいましょ♪



ところが途中で雨が降り出し、いきなりの本降り。
急いでテントの中に移動でした(^^ゞ


ウンウン・・・またまた乾杯!
トシちゃんは梅酒です♪
既にお顔が真っ赤っか!

ご飯もちょうどいい加減に炊けました♪
(おいしかったですよ~♪)



ここで炊きあがりの写真を撮ってふと見上げたら、
なんとテントの目の前にYさんの顔が!
(テントの前が通り道だったものですから(^^ゞ)


こんな時どうしてカメラをそちらに向けなかったのかブロガー失格ですが(^^ゞ
驚いてお互い「アァーーーー」と言うばかり!(爆)


ここで「河童さん達もうすぐ来ますよ」と情報を得ます(^^ゞ
ヤッタネ♪

それから首を長くして待ちますが、
我らが早い夕食を済ませた頃、ようやく姿が見えました。

カメラを持ってお出迎えです♪
きぬさん、お久しぶりです。Kさん、初めまして♪





食う寝るさん、河童さん、tochikoさんコンニチワ~
久しぶり過ぎて、もうハグハグしちゃいます(^^♪
(写っていませんが(^^ゞ)



食う寝るさん、ファッション粋ですね~(^_^;)



それにしても河童さん、小屋泊というわりには
ザック大きすぎません?・・・なんとビール20本(だったかな?)持ち上げ(@_@;)
四国の食材もどっさり、もちろん調理器具つき、半端なく平地のキャンプ並みでした^^;



「通行料を払っていけ」「はい、お代官様」・・と言っているかどうか(笑)



モブログをいち早くキャッチしていたYさん



コチラの情報は既に皆さんに伝わっていたようでした(^^ゞ



えっ?通行料ですか?



いえいえ、とんでもない^^;
あとからわざわざtochikoさんが届けてくれた小夏ちゃん(^^ゞ

遠い四国からいらして、お土産まで戴いてしまいました。
これは食べるタイミングが無く、帰宅後自宅で。
マゴタンたちが喜んでムシャムシャ食べてました。
甘くてとても美味しかったですよ。



ということでその夜は皆さんと合流。
四国の鹿肉やら石川のノドグロやイカなど
ご馳走になってしまったのでした。




久々に皆さんと会えてとても楽しかったです♪


翌日は別行動だったのですが・・・


つづく


この記事に投票する
「オールフリー人気ランキング掲載中。投票をお願いします!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横岳を過ぎて | トップ | 八ヶ岳:硫黄岳~横岳(7/13-... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハグハグ(笑) (河童)
2013-07-17 05:01:41
 いや~♪
sanaeさん達にここで会えた事は
本当に嬉しかったですよ!
ありがとうございました。
 BEER20本?鹿肉?
みんなぁに喜んでもらえりゃ
何ちゃあじゃないですよ。
だいたい土佐人は食事は余分に構えるので
みんなでさらえることが出来て
本当に良かったです。
 山の神様に感謝、感謝です(^o^)
八ヶ岳 (小太り親方)
2013-07-17 07:54:37
sanaeさん達は八ヶ岳でしたか。
それも河童さん達とばったりとは、嬉しい驚きですな。
お孫さん達との昔のレポも拝見しました。とっても温かな思い出で、冷房で冷えた心が溶け出しますね。

写真見て、あのテントももう5年以上になるのかと、時間の過ぎ行く早さに改めて驚かされます。
我が家も、そろそろ女将を赤岳デビューさせないと。
ご馳走ですね~ (るたん)
2013-07-17 20:58:30
sanae様、大きなザック、中身はご馳走だったのですね。
それにあれは「丸川鍋」ですか?炊きたてご飯も美味しそう。とてもテント泊、山とは思えないご馳走ですねそれに、楽しい再会の雰囲気が、伝わってきます!
ビール20本\(◎o◎)/! (のぞむ)
2013-07-17 21:10:19
上には上がいらっしゃるのですね。

そうそう、石割山ではオールフリーをありがとうございました。
上で飲むと美味しいことは承知していても、根性無しでそこまで担げません(T-T)
Unknown (食う寝るさんだ~す)
2013-07-17 21:58:40
ほんと、お久しぶりにお会い出来て感激でした。
まさかまさかでしたわんw
宴にもお付き合いいただけて楽しい時間でした。
クソ重たいBBQグリルを持ち込んだ甲斐があったってものです(^O^)
天候にも恵まれ、良き思い出の多き山行になりました。
またどこかでお会いできる事を!
河童さん (sanae)
2013-07-18 00:00:06
こちらこそありがとうございました♪
急きょ八ヶ岳になって、遠来のお客様からご馳走になってしまって
いやはや恐れ入りました(^_^;)
聞きしに勝る、山とは思えないグルメにびっくりでした。
何より皆さんと会えたこと嬉しかったですよ。
お初の方も再会の方も楽しい方ばかり、山での出会い、集いは楽しいですね♪
小太り親方さん (sanae)
2013-07-18 00:00:52
もしかしたら親方さんも!と思ったのですが(^^ゞ

女将さんは赤岳まだでしたか?
てっきり行かれているとばかり思ってました。
今度は親方さんとバッタリしたいものです♪

子供や孫との思い出に加えて
こうして楽しい思い出が重なっていくと嬉しいですね♪

そっか、あのテントももう5年以上たっているんですね・・・^^;
るたんさん (sanae)
2013-07-18 00:01:26
急きょテント泊に決まったので、当日有りあわせのバタバタ準備でした^^;
一泊ならば何とかなるかなと思ったのですが、後日の疲れが半端なく参りました(笑)
丸川鍋は二人では多いのですが、やはり美味しいです♪
今度一緒に食べたいですね~(^^♪
のぞむさん (sanae)
2013-07-18 00:01:59
>上には上がいらっしゃるのですね。

強者ぞろいですよ~(笑)

>そうそう、石割山ではオールフリーをありがとうございました。
>上で飲むと美味しいことは承知していても、根性無しでそこまで担げません(T-T)

日帰りですと荷物が少ないので何とか(^^ゞ
オールフリーと本物?とどっちにしようかと思いつつ、
あの時は両方持っていきまして、
運転手さん用ですからのぞむさんに飲んでもらえて良かったです(^^ゞ
食う寝るさんだ~すさん (sanae)
2013-07-18 00:02:44
こちらこそ久々にお目にかかれて嬉しかったですよ~♪
それにしても意表を突くスタイルでビックリでしたわんw(笑)
しかもあのグリルを担がれてましたか、ヒョエ~!!!
お蔭で最高のお味でした。
いいですね~炭焼き、最高です♪
またお願いします・・・また会えるかなぁ~♪
ブログチェックしておかなきゃ・・・ってヲィ(^_-)-☆
楽しい遠征になりました。 (tochiko)
2013-07-18 20:11:33
sanaeさん
トシちゃん
お会い出来てとっても嬉しかったです♪
Yちゃんが駐車場で「トシちゃんの車」って言った時は「ほんとっ?」ってにまにましてしまいました。
長ーい林道歩きも、雨と汗でべちゃべちゃな登りも、上に行けばお会い出来る嬉しさが励ましてくれました。

sanaeさんに教えていただいた花の名前、復習しながら帰ったのにだいぶ忘れていました(汗
でも、写真を見て思い出しました!
四国にはない植物に出会えるのも遠征の楽しみです。
ありがとうございました(*^▽^*)
tochikoさん (sanae)
2013-07-19 14:43:03
お目にかかれて本当にうれしかったですよ~(^^♪
その場でアッと驚かせたい気持ちもあったのですが、
予定が全然わからなかったので、
いつものようにモブログしてみました(^^ゞ

なかなか姿が見えなかったので、もしかしたら行者かなとか、雨で取りやめたかな・・とか半ば諦めていたらYさんの顔が!(笑)

四国という遠い所からわざわざようこそ!
やんちゃな河童さん、ピュアなtochikoさんにまた会えて最高でした。
お初のKさんの猟のおはなし、美味な鹿肉も極上でした。
おかげできぬさんや食う寝るさんにも会えましたしね(^^♪
めったにない、素敵な二日間でした♪
ごちそうになったり、本や小夏ちゃんを戴いたりどうもありがとうございました。
遠来のお客様に申し訳なかったですm(__)m



お花の名は私もすぐ忘れてしまいます^^;
でもボケ防止で頑張ります(笑)

四国は二回行ってますが、
またいつか伺いたいものです(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。