気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

秩父:四阿屋山(2014.3/22)レポ

2014年03月24日 | 山歩き

【福寿草:四阿屋山の福寿草園】

*****************************

2014年3月22日(土)
天気;晴れ

Member.2人(トシちゃん、sanae)

標高:四阿屋山(あずまやさん) 771.6m
登山口:道の駅両神温泉薬師の湯 310m  
標高差:461.6m


【コ ー ス】(~は歩、休憩時間含む) 
道の駅両神温泉薬師の湯出発8:20~福寿草園~
両神神社奥社~四阿屋山10:23-50~(つつじ新道)~
大堤登山口12:00
(この後節分草園へ)

所要時間約3時間40分(休憩時間含む)



久しぶりの四阿屋山へ。
振り返ってみれば前回行ったのはもう12年前のこと。

今年はその時より2週間ほど遅いですが、
先月の関東の大雪で
スプリングエフェメラルのお花たちは遅咲き。

予定では先週行こうと思っていたのですが
急遽山梨の山に行ったため一週遅れとなりました。

それでも福寿草はまだ見ごろでしたし、
節分草は除雪してようやくこの週末に
園内有料開園となったそうです。


まずは四阿屋山へ。
道の駅両神温泉薬師の湯に車を置いて行きました。


8時20分に出発。


道の駅の前のR367を左折し、
薬師堂と両神神社を回り込んで左へ登って行きます。





見覚えのある看板。


ここから前回と違う右の稜線コースを行こうか迷いましたが
福寿草園を通りたいので前回と同じコースへ
(緑線は今回入れていったルート。赤線は今回のトラック)

(トラックは四阿屋山を下山して節分草園まで。
ルートはつつじ新道を避けて行くつもりでしたが
結局つつじ新道を通りました^^;)



まだこんなに雪が残っていて
上はどうかな?と思いましたが


軽アイゼンは持っているのでそのまま上へ。
でも全く必要ありませんでした。




一旦林道へ。ここまで車で来れます。
ここからピストンまたは遊歩道周回だったら
ここに駐車も良いのですが、
そのまま節分草園に下りてしまうと、
戻るときにまた登り返しが大変です。


面白い枝


根の張った杉林


大勢の人が歩いていると思いきや
全く人に出会いません。




福寿草園へ


途中に見えた武甲山。


福寿草園。
数が減ったような気もしますが
きれいに咲いていました。


この辺りではもう完全に雪は消えていましたが
大雪のあと、雪を押しのけて咲く様子も
見られたのでしょうか?










花の写真はコンデジ、一眼取り混ぜてアップです(^^ゞ

今回私の一眼はマクロレンズを使用ですが、
まだヘタッピーなのでコンデジとの差が
分からないかもしれませんね^^;


前に来た時は賑やかだった福寿草園ですが
誰にも出会わず一回りして先へ。
振り返ると武甲山




再び杉林の中を歩いて奥社へ。




奥社から先は鎖場があるので
注意書きが。


カメラをザックにしまえば良かったと思いました^^;
岩に当てないよう気をつけて行きます。


この辺りで下山者3,4人程とすれ違いました。




稜線に出れば4、5分で山頂。




山頂に到着。


目の前には両神山


山頂の先のベンチで休憩しましたが
ちょっと気づきにくい場所かもしれません。


葉が出てくると展望が良くなさそうですが
木の間からは武甲山も見えます。

山頂に着いた時は先着のご夫婦一組でしたが
下りる時、狭い山頂はいっぱいでした^^;


山頂を後に


同ルート下山はすれ違いが大変だろうからと、
トシちゃんの意見で今回もつつじ新道へ^^;


このコースはあまり行きたくなかったのですが^^;




こちらも展望良く休憩に良さそう


目の前に武甲山




秩父の広がる山並みを眺めて


ここからがスリリングなコースに^^;


鎖場の連続です




気をつけて行けば大丈夫ですが、
12年前の記憶が鮮明な
この最後のほぼ垂直な岩場が心配でした^^;


何とか下りられてホッ!

もう大丈夫と陽射しに輝く
きれいな竹林を進むと


大雪の影響でしょうか、
今度は杉の倒木で登山道が不鮮明に。


その下には雪もまだ少し残っています。


目印は全く見つかりませんでしたが
林道まではあと少しの距離。
地図とGPSでも確認して進んでいくと
ようやく標識がありました。


ここを登って行くのも大変そうです。


この杉の倒木で覆われた道なき道を踏み越えて
やっとしっかりした登山道へ♪


この時のくしゃみは誰かが噂している?
なんて思うくらいのかわいいものでしたが、
翌日帰る頃にはもう大変!

クシャミ鼻水と目の痒みで涙目(T_T)

ここ数年収まっていた花粉症が
再発してしまったようです(涙)

この時はまだそうとは思わず、
無事下山してこの後節分草園へ
向かったのでした。




大堤の登山口には健脚向きと書かれていますが
鎖場など慣れた人向きかもしれません。


小さなお子さん連れには向きません。

そのうちに整備されるかもしれませんが、
今回は登山道が荒れていたのでご注意ください。


節分草園に続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スノーシューで根子岳 | トップ | 秩父:節分草園(2014.3/22)... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。