気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

山梨:三ツ峠山(2014.6/29)レポ

2014年07月01日 | 山歩き
【写真:朝までふり続いた後の青空】

今日から7月。あっという間に今年も半分が過ぎてしまいました。
本当に時のたつのが早い!早い!

幼子の成長は早くて楽しみですが、私たちはいつまでも元気でいられる保証はないですから、
その時間を大事にしないと!と、切に思います。

でもそう思いつつ毎日無駄に時間を過ごしているのが現実です^^;
いや、無駄ではないのかもしれませんが、もっと有意義に過ごせないものかと反省しきり^^;


さて、前日の大楠山下山後、行先は確定していませんでした。
予報の良さそうな山梨か長野方面へ一先ず向かい、いくつかの候補をあげます。

そのたびに「そこは行ったばかり」とか「その花は見たばかり」とか、
「去年も行ったじゃん、見たじゃん」とことごとくトシちゃんに却下されます^^;

また行きたいんだけどな、また見たいんだけどな・・と思いつつ
天気やトシちゃんの体の具合を考えて、数々ある行きたい山、見たい花を
あらかじめいくつかリストアップしていたのですが、
いつもこうしたダメ出しの結果、結局三ツ峠山となりました。

朝までふっていた雨でしたが出発する7時半ごろには上がって青空に。


それこそこの三ツ峠山は今年1月3月にも来ていますからこれで3回目。
ここはもう「また?」と言われても仕方ありません(^^ゞ
でもどちらも積雪期ですからこのお花の見られる時期は今年初めてです。

こあじさいが咲きだしました。


これは何?


空気はひんやりと、木の間からは明るい陽が射し込んで気持ちの良い朝でした。





可愛いキノコ、ベニテングタケ(野口さんより教えていただきました。毒キノコ)



膝をついて写真を撮ったりするので、雨上がりでしたから合羽着用のままでした。


ぎんりょうそう(銀竜草)


朝まで雨でしたからいつもより登る人は少なかったかもしれません。


お蔭で静かな登山道でした。


エゴノキ(野茉莉) ・・・終盤でしたが可愛い花です。久しぶりに見ました♪


ちょっと可哀そうなクジャクシダ、これも美しい羊歯です。


稜線に出ると富士山は雲で隠れたり現れたり。


これもまた美しい富士でした。


あやめと富士山。見えたら絵になるのですが残念。


三ツ峠山山頂方面


雨上がりでしたが早くも岩が渇いている所では
クライミングの声が響いていました。

今では見ているだけでも足がすくみます^^;

今は写真を撮るのが楽しみ(^^♪


でもなかなかきれいに撮れない^^;

サラサドウダン(更紗灯台)





おおばぎぼうし(大葉偽宝珠) 別名とうぎぼうし(薹擬宝珠)、ウルイ


山荘前からの富士山も真っ白い雲に包まれ、


御坂山塊黒岳の彼方、南アルプスも雲の中でした。


シロバナフウリンツツジ









すっかり晴れて。


稜線の木陰は涼しく気持ちよかったですよ~(^^♪



ベニバナツクバネウツギ(紅花衝羽根空木)



ムラサキツリガネツツジ(紫釣鐘躑躅)





ムラサキツリガネツツジはウラジロヨウラク(裏白瓔珞)の変種だそうですが、
こちらは白っぽいからウラジロヨウラクになるのでしょうか?
よくわかりません^^;




やぐるまそう(矢車草)



久しぶりに三つの山頂を巡ってきましたが、開運山山頂もまた富士山の姿は雲の中。


30分ほど休憩しましたが諦めて下山しました。

ヤマツツジは終盤





サラサドウダン


御坂山塊、黒岳。立派な稜線です。


下って四季楽園側のトイレは水洗できれいでした。
冬季は凍結するため使えません。



キバナウツギ(黄花空木)













なわしろいちご(苗代苺)



コゴメウツギ(小米空木)





コバノガマズミ(小葉の鎌酸実)



途中、夕方にもまた雨が降りそうという情報をいただきましたが
後は下るだけ。



のんびりと広い道を下りていきました。



河口湖大橋を渡るころも富士山は雲の中。


このまま帰路につきますが、まだ山梨を走っている頃土砂降りの雨に。

梅雨の晴れ間に運よく気持ちの良い山歩きが出来てラッキーでした。




 その他のお花の写真は次に続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横須賀:大楠山の花(2014.6/... | トップ | 山梨:三ツ峠山の花(2014.6/... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。