気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

角間渓谷(長野県)11/3レポ

2013年11月07日 | 山歩き

角間温泉より角間渓谷&鬼ヶ城



2013年11月3日(日)
角間渓谷 標高約1000m
散策 約2時間

Member.2人(トシちゃん、sanae)
天気:晴


紅葉スポットを捜していると角間渓谷がきれいらしい。
角間山の麓だろうと思って地図で確認すると
いつも行く群馬県側でなく、反対の長野県側でした。

そのまま烏帽子か角間にも行けそうですが、
調べていると数年前の台風か悪天候の際土砂崩れがあり
今は通行止めらしい。

最新情報は現地で確認することにし、
行ける所まで行ってみることにしました。


角間温泉の奥に無料駐車場。約10台ほど置けそうです。
遊歩道入口の側でした。


登山ルートはやはり無理なようです。




角間峠方面も烏帽子岳も自己責任でということですが、
コチラから行く人もいるのでしょうか?


当初の予定通り、行ける所まで行ってみましょう。

のんびり支度して8時50分頃出発。
入口にはコース案内も出ています。


時計回りで行きますが、最初はいきなりの階段。




登りきったところが岩屋観音、そしてシシの牢


伝説があるようです。

紅葉はちょうど見ごろ。
陽が射し込んでとてもきれいでした。


反対側には鬼ヶ城。






猿飛岩。真田十勇士の一人、猿飛佐助が技の習得に勤しんだと
伝えられているそうです。たしか角間峠もそうだったかと。




奥に見えてきた山は角間や湯ノ丸山方面でしょうか?


カップルが一組、駐車場で会っていましたが
ここで再び出会い、互いに撮りあって。


見晴台


見晴台から鬼ヶ城が良く見えました。
紅葉もとてもきれいです。












見晴台から林道に下りて先へ。
車は通行止めですが、散策ですのでもう少し行ってみます。


こちらもとても綺麗♪




















































ここで渡渉になります。
水量があり飛び越えるにはチョット猿飛佐助でないと・・・^^;


ここで引き返すことにします。



下流にも渡り易い所はありましたが対岸を見ると踏み跡はなく、
それらしき道筋がかすかにうかがえる程度でした。


ムラサキシキブ



写真を撮りながらのんびりと約2時間ほどの散策でしたが
林道でも出会ったのはご夫婦一組だけ。

紅葉たっぷりの静かな散策を楽しむことが出来て満足でした♪

天気は思ったほどの崩れはないようなので
この後駐車場に戻り、
鬼ヶ城にも行ってみることにします。

続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥志賀林道~秋山郷の紅葉(1... | トップ | 角間渓谷鬼ヶ城(長野県)11/3... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
角間温泉までは・・・・ (izumi)
2013-11-07 10:13:57
四阿山と根子岳に登った帰りに行った事があります。
時間的に遅かったのとなんとなく雰囲気が・・・・そのまま戻って「ふれあいさなだ館」に寄りました。
次の日、反対側から角間山に登りました。

この時から気になっていた角間渓谷です。
メモしておきます。
izumiさん (sanae)
2013-11-07 15:39:55
角間温泉には入りませんでしたか?
私達は入ろうと行ったのですが、既に外来者の時間切れでした。
でも二人ならどうぞと言って戴いたのですが、露天は入れず内湯だけで千円というので止めました^^;
秘湯というので入ってみたかったですが(^^ゞ
翌日反対側から角間山でしたか、私たちの天気次第ではそちら方面考えたのですが、予定通り鼻曲山にしました。

角間渓谷は静かで良かったですよ。
宿泊の人が遊歩道を歩いていたくらいです。
こちら側からは・・・ (インレッド)
2013-11-07 19:47:50
今晩は。
角間峠にはこちらに降りる道が微かにあり、一度は歩い
て見ようかと思って居ましたが、まだ歩いた事がありませ
ん、なかなか面白そうな道ですね、こんどそちら側から歩
いて見ようかなー??。
インレッドさん (sanae)
2013-11-07 22:35:51
こんばんは。
いつも情報戴いています。
ありがとうございます。
角間峠で私もいつも気になっていましたが、
もう廃道のような感じで歩けないのではないかと思っていました。
さすがインレッドさん、チャレンジャーですね。
ぜひぜひ、楽しみにお待ちしています(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。