田舎人の徒然日記

1948年式男の書きなぐり

核の挑発

2017-08-10 | 日々の暮し
 北朝鮮がアメリカを威嚇し、トランプ大統領もそれに応じ一気に軍事的緊張が高まっている。
 どちらもよく分からん人物だから暴発もあり得る。
 日本もアメリカ軍基地があるから攻撃対象になる可能性があるわけで他人事ではない。
 (アメリカは紛争が起こっても離れた場所だ・・・などといっていたが、恐ろしいな)

 広島、長崎からの願いを無視し「核」を使った威嚇は許せない。
 何という奴らだ。
 歴史はこのように作られていくのか。
 情けない。


残りは後日

 午前中、畑の草刈りに出動するも暑さで撤退。
 時々風もあったがそれぐらいではとてもとても。
 少しずつ気長にやるしかない。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多数派形成できるのか | トップ | 夏の風物詩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に、頭に来ます。 (verdavojeto)
2017-08-11 09:33:58
私らも巻き添えにならないかと心配です。
Re “verdavojeto” さん (おじさん001)
2017-08-11 17:40:03
 で、しょう。
 当事者外に迷惑かけるのは止めてほしいですが、日本はアメリカの同盟国で基地もありますから、、、。
 トランプ様、金様の本音がどこにあるのか気がかりなところです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の暮し」カテゴリの最新記事