田舎人の徒然日記

1948年式男の書きなぐり

暖かくなれば

2017-02-23 | 日々の暮し

サクランボの芽、膨らむ(画像クリックで拡大)

 庭のサクランボの芽が膨らんでいる。
 以前、孫の楽しみのためにと冗談で植えたものだが、今年、1月、孫娘が誕生したので、この木にも現実性がでてきた。
 もっともあと4年はアメリカ生活(孫が)だが爺ちゃんになれただけで嬉しい。

 暖かくなれば、畑作業、地域活動等々、頑張るぞい!
 ハナ(女犬・もう歳はとらない)、見といてくれ!


こいつは新入りの日向水木(ヒュウガミズキ)(画像クリックで拡大)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腹パンパン | トップ | ようやくフキノトウ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよ春です! (dogdali)
2017-02-25 18:08:44
元気を回復されて良かったです。
ハナちゃんも空から見ているし、アメリカのお孫さんはすぐ大きくなって可愛くなります。
私の孫もこの頃、英語をきいているらしく、アポーApple,リンゴと言っています。アメリカのお孫さんと英語で会話も「夢でなく、お二人もアポーを始めるのも脳活性にいいかもしれません。頑張れ!
Re “dogdali” さん (おじさん001)
2017-02-25 23:28:41
“アポー”は笑いましたよ。
なるほどなあ!とも。
孫娘もアメリカにいるのだから英語と関西弁を喋ったら、、、などと想像すると、これまた笑いがこみ上げてきます。
そうなるとこちらも英会話をなどと考えますが、、、今更などと自信なく、、、です。
考えます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の暮し」カテゴリの最新記事