田舎人の徒然日記

1948年式男の書きなぐり

朽ちる一輪車の延命

2017-05-17 | 日々の暮し
 貰ったというべきか、拾ったというべきか納屋に保管中の「ロング」一輪車の修繕にかかる。この一輪車、殆ど「死」状態だったが、手を加えればしばらくは使えると思って手に入れた。カミサンは余計なものを持ち込んでと冷ややかだ。
 以下、努力の結果でござんす。
 

前部は腐朽状態なので木で支援

 朽ちた先端部分には畑で使っている支柱を突っ込み、上に棒を置いて針金で固定。針金先端で怪我をしないようテープを巻いておいた。


タイヤを新品に交換

 タイヤはボロボロなのでホームセンターで新品を購入して交換。今は空気不要のタイヤもあるが、跳ね返り(クッション)などを考えて空気を入れるタイヤにした。


亡ハナのハウス屋根を再利用

 荷台部分は格子状に金具があるだけなので物が置けない。で、今年2月に亡くなったハナ(女犬・13才直前)が使っていた「ハウス」の屋根部分を再利用することにする。


電動ドリルで穴を開け針金で台車に固定

 電動ドリルで8個の穴を空け、針金で台車と固定。これで物の置ける部分ができた。さらに、適当な板があったのでこれを手前に追加した。


今後の草刈りはこういう状態で出動

 結局、こういう形になった。
 皆、軽トラに道具を積んで田圃、畑に向かうご時世だが、軽トラのない小生、一輪車に草刈り郷具を乗せてトボトボ道を行く我が姿を皆はどう思うか……明日、天気良ければ試してみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素朴味 | トップ | マイ道具 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有効利用 (ルイコ)
2017-05-17 22:13:04
 知恵が作り上げたマイカーはいい働きをしてくれることでしょう。
 農作業にはこういった使い回しや知恵で仕事する者も活かされると思います。
 明日の出会われた方の反応はきっと「ほ・ほーっ」と良好だと確信します。
Re “ルイコ” さん (おじさん001)
2017-05-18 19:56:48
 今日、草刈機を積んで休耕田へ行きました。途中、台車が傾くと草刈り機が転がり落ちる欠点を発見。紐で固定すると解決しますがストッパーを左右に設置する方が便利ではと考えています。
 試して分かる改良点。廃材利用で対処すべく思案中です。
のどかな光景を想像して・・ (「むにゅむにゅむにゅ・・」)
2017-05-18 22:50:15
一輪車を押しながら美味しい空気をいっぱい吸ってる光景を想像していました。
いいですね。北海道もようやく暖かくなって来ました。ミニミニ家庭菜園も楽しみです。
Re “「むにゅむにゅむにゅ・・」” さん (おじさん001)
2017-05-19 17:51:54
 晴れた空の下、一輪車を押して……気持ち良しです。嫌なことは忘れてますね。
 家庭菜園、見事ではないですか。
 きっと、美味いマイ野菜が食卓を飾ってくれますよ。
 銀ボー、調子はどうですか。
 菜園の「助っ人」、ひょっとして「マルコメ孫」さんですかね?
マルコメ孫です (「むにゅむにゅむにゅ・・」)
2017-05-21 22:49:45
政治の貧弱に心痛めています。青空と田畑がいい空気をくれて忘れさせてくれますね。そうそうマルコメ孫です。9月で21歳・・「むにゅじい・・」はどんどん“じいじ”に・・・銀ボーの目は持病でしょうが点眼続けています。
Re “「むにゅむにゅむにゅ・・」” さん (おじさん001)
2017-05-22 17:58:57
 やはりそうでしたか。
 若者は大きくなりジイは小さくなる……。
 世のならいどおりが良いのでしょう。
 銀ボー、眼だけなら命に差し障ることがないでしょうから、気長に治療ですね。 
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む