田舎人の徒然日記

1948年式男の書きなぐり

動く石

2017-04-29 | 日々の暮し

丸い石が石囲みの外にあるではないか(画像クリックで拡大)

 畑の片隅に遺骨を埋めた犬の墓がある。
 向かって左が今年2月に逝ったハナ、右が先代犬クーのものだ。

 畑に行くと、クーの石で囲んだ墓の真ん中に置いている丸い石が囲みの外に出ている。
 元に戻して帰る。
 が、数日後には外に出されている。
 その繰り返しだ。

 「アライグマでも来て動かしてるのか」
 「私や。お腹の真ん中に石置いたら重いやろ」

 動かしてるのはカミサンだった。
 天にいる者に重さはないと思うのだが……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこか空しく感じる今日 | トップ | 天皇賞はキタサンブラックだ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハナが眠る・・ (「むにゅむにゅむにゅ・・」)
2017-05-01 11:12:18
ハナのお墓ですね。静かに眠る場所ですがアライグマがきっとハナやクーと遊びたいとちょっかい掛けているんですね。
Re “「むにゅむにゅむにゅ・・」” さん (おじさん001)
2017-05-01 11:30:24
残念ながら……動かしてるのは“カミサン”でした。
上の石は重たかろうと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の暮し」カテゴリの最新記事