田舎人の徒然日記

1948年型男の独言
思い違いや物忘れ、引き連れながら今日を行く
 

後輩草刈り機を買う

2016-08-24 | 家庭菜園

手前が26CCエンジンの新入り。先輩を馬鹿にしてはいけないぞ

 今使っている草刈り機(刈払機)のギヤボックスのネジが壊れ、違うネジを差し込んで騙していたが、それも面倒なので新しいのを購入した。
 エンジンの排気量を今より3CCアップして26CC。
 たかが3CCだが、チップソーの口径が255mmになる(今230mm)。
 この差が大きいのではないかと期待する。

 刈払機を持って店から出てきたら見知らぬ爺ちゃんが話しかけてきた。
 「その機械、オレも買ったが軽くていいぞー、昨日も草、刈ったんや!」
 小生、今まで見知らぬ男女に声をかけられることが多い。
 人畜無害の安全な阿呆に見えるのだろう(風貌に威厳がないということ。何とかせねば)。

 家で試運転するぞと言うと熱中症になったらいけないので止めとけと言われた。
 今日は止めたが、動くかどうかは早く確認しなければ返品できないし・・・。

 で、先代の機械は、元気に動くので畑周りの小さな草刈り作業に同伴させる予定。
 そんな簡単に廃棄はしない、エンジン壊れるまで使うから別れは未だ先の話。
 それに、今月、プラグを新品に交換してやったことだしなぁ。
 一緒に疲れてきたと思うと愛着というものが生まれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あかん

2016-08-23 | 家庭菜園

熱暑のなか、これだけするのもヒーヒーだ

 草だらけの畑の一部を平らにして秋に向けての野菜配置をと出動。
 機械なしで鍬だけで対処。
 暑い~!
 横の家の塀の影にカマキリのように身を寄せて暑さをしのぐ。
 その繰り返しで作業続く。

 やがて差し入れを手に、カミサン登場。
 コンビニのナイロン袋に濡れたタオル、冷やしたお茶とコーヒー、おまけに塩水。
 「ギンギンに冷えた缶ビールは無いのか」
 「あほか!」

 小さな畑でも楽しみだから、我が思う今年の設計実現に向かって頑張るぞ。
 ゴーヤを採って帰ったのが今日の成果である。
 数日、それを食わねばならぬが、、、人生は忍耐だ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

この暑さ、台風もご乱心か

2016-08-22 | 日々の暮し

大丈夫か?!

 朝から台風9号のニュースだらけだ。
 台風といえば、沖縄を通り九州若しくは四国に上陸し近畿を通過して日本海(特に若狭湾)に抜けるのが普通だった。
 秋口になると台風は我が地域に来るものと覚悟している。


台風接近ルートに変化あり?

 が、9号は関東に上陸(その前の奴は東日本近くを通って北海道で温帯低気圧に)。
 何かルートが変ではないか。
 偏西風に押されてそのルートになったのかどうかは、素人には分からない。
 海水温の問題があるのかも知れぬ。

 台風の関東上陸は11年ぶりと言っていた。
 台風直撃経験の少ない関東では、何かにつけて風雨に弱いのではないかと心配する。
 今後は北海道への影響であるが、被害の少ないことを。


頭上にムクドリの一団

 夕方外に出たら電線にムクドリが並んでいた。
 久しぶりに見る団体さんだ。
 フンを落とすなよ・・・、などと思いながらその下を歩いて無事帰宅した。


フンを落とさんでくれよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外反母趾

2016-08-21 | 日々の暮し

左足(向かって右)の親指根元の骨が出っ張っている
  
 お父さん、左の足、外反母趾と思うけど痛くないか?、とカミサンに言われ続けてウン十年。
 痛くも痒くも何もない。
 ただ、革靴の内側が膨らんでくるが、、、無視。
 治療したらと言われるが、不便を感じないので、その気起こらず。
 これからもも、このままだろう。

 早朝、隣の布団でカミサンがウンウン唸っておった。
 足の「こむら返り」だと、、、。
 痛みが去った後、「今日のはきつ~い~」との感想あり。

 老夫婦のつまらぬ足の話でありまする。


シルエット状にになった畑の柿の木
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リレーで銀とは驚いた

2016-08-20 | 日々の暮し

日本、銀メダルをゲット

 オリンピック、400メートルリレーで日本が2位に。
 陸上競技では肉体的なパワーが物を言うので、日本選手の体力では太刀打ちできぬと思っていた。
 が、その思いを覆してくれた。
 身体の小さな日本人に自信を与えてくれた。
 戦後の日本、「経済だけが生きる道」から脱皮しつつあるのかも。


夕暮れの西の空。明日も暑いのだろうな

 今日も暑かったですな。
 午前は地域の防犯講演会に行った。
 空巣、忍び込みや振り込め詐欺などの「特殊サギ」について警察の話を聞いた。
 結論的には鍵はしっかり、甘い話しはない、、町は綺麗にしておくこと、等々の話しがあった。

 午後は、ダラダラ。
 こんだけ熱いとどうにもなりません。
 明日、可能なら畑に草取りに行く予定である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣くなよ・・・、ハナは避難

2016-08-19 | 愛犬ハナ

はなは避難中

 リオ五輪レスリング女子決勝(53キロ級)で吉田沙保里が銀メダル。
 実力があっても一瞬の運のようなものがある。
 泣きながら詫びるが、いかなる世界でも永くチャンピオンであり続けるのは至難のこと。
 その時の、悔しさはあろうが、自分で自分を叱るのは今日だけにしよう。
 よく頑張ったと皆、思ってるよ。

 まあ、それはさておき、暑い。
 今日もハナ(女犬・12才)はエヤコンの効いた部屋に避難。
 外に出るとムッとしている。
 39やら37度やら。
 家電メーカー、嬉しいね。

 大丈夫か日本の気候。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サルスベリの子

2016-08-17 | 日々の暮し

サルスベリの子。2歳

 庭の百日紅の下に小さな芽を発見したのが2年前。
 カミサンが鉢に移植した。
 去年、伸びた枝を切ると、細い枝をどんどん伸ばし、今年はその先に白い花をつた。
 カミサン、大喜び。
 秋には鉢から庭に移すことになった。

 まあ、それだけのことですがね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「好き」の力

2016-08-16 | 日々の暮し

休耕田から飛び出した鳥、多分ケリだろう

 昨日、ご先祖を送り出し「盆」が終わった。
 で、凡人の疑問。
 ご先祖が御帰りになった後の仏壇に残っている位牌は何だ?
 単なる「記念物」か?
 カミサンは毎朝「それ」を拝んでいるのか?
 それなら、偶像崇拝ではないか?
 次の「月参り」の日に住職に聞こう(多分、バカにされるぞい)。

 こういう日は妖怪の世界、水木しげる氏の話。
 御存じ、「ゲゲゲの鬼太郎」生みの親であり、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の夫である。

 氏は次の通り「幸福7ヶ条」を提唱されていたようだ。
  第1条  成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
  第2条  しないではいられないことをし続けなさい。
  第3条  他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし。
  第4条  好きの力を信じる。
  第5条  才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
  第6条  怠け者になりなさい。
  第7条  目に見えない世界を信じる。

 個人的には6と7条が好きだなあ。
 特に6条。

 また、要旨、次のようなお言葉を残されている。
 ◆ 私が幸福だと言われるのは、長生きして、勲章をもらって、エラクなったからではありません。好きな道で60年以上も奮闘して、ついに食いきったからです。ノーベル賞をもらうより、そのことの方が幸せと言えるでしょう。
 ◆ 他人の思惑などに振り回されず、自分のやりたいように生きる。外の世界にいちいち対応せず、自分の世界の流儀でやればいい。
 ◆ 私の職業である漫画家は、売れなければ終わりの冷酷な世界です。なんとか売れるようになった後も、ヒット作を捻り出し、マネーを獲得しないと食っていけない。普通の心臓ではもちません。よほど好きでないと務まりませんよ、ホントに。
 ◆ 我を忘れて没頭できること、本気で夢中になれることなら、どんなにアホなことでもいい。周囲の目や批判を気にして「世間のルール」に合わせようなどとしてはいけない。世間の常識から外れたことをすると、つらい目に遭ったり、恥ずかしい思いをすることもあるだろう。でも、それは甘んじて受ける。忍耐もする。何しろ好きなことをやっているんだから。それが楽しければ、世間との食い違いが起きても慌てず騒がず、ひたすら自分の道を進めていけばいい。ばく進あるのみです。
 ◆ 熱中する能力、いわば「好き」の力ほど、人生を生きていくうえで大事なものはないような気がする。 

 好きなものに「没頭する力」があれば、それ以外のことは辛抱できる。結果は後でわかるので先回りして心配するな、ということであろう。
 超凡人である小生にはそういう割り切れるものがない。
 困ったものだ。


高齢だから無理して歩かなくてもいいのだよ

 毎日ネタもないので今日はそんなところでお茶を濁して逃げまする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

終戦か敗戦か

2016-08-15 | 日々の暮し

終戦記念日の空

 「終戦記念日」だ。
 「戦」では、カミサンの実家で数人が戦死した。
 小生の親父はスマトラから何とか生還した。
 戦死していたら小生は存在しない。

 で、今日の日を「終戦日」というのか「敗戦日」というのか。
 「終戦」なる語は他人事のように感じる。
 「敗戦日」として宣戦布告から敗戦に至った原因を考える方が平和の為に資すると思うのだが。


ハスのかわりに使われる里芋の葉

 御先祖様がお帰りになった。
 墓参りのに帰り、あちこちの畑で里芋の葉を目にして思ったこと。

 子どもの頃、お盆のお供えは「蓮」の葉に乗せていた。
 しかし、「蓮」の栽培が減り、「里芋」の葉を代用するようになった。
 時代は変わる。
 我が家はもっと変わり、普通の皿であった。
 里芋不作につき、すんませんのぅ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お仏壇

2016-08-14 | 日々の暮し

お盆でござる

 お盆だ。
 早くもUターンの混雑がニュースになっている。
 数日前は帰省ラッシュだったのに、、、忙しいことだ。

 今日、ある本を読んでいたら、お仏壇のある家では少年非行の発生率が低い傾向にあると書いてあった。
 幼い頃から、家族(特に母親)が毎日仏壇に向かって手を合わせる姿を目にすることによって、知らず知らずのうちに、世に「畏れ」の心を抱くというのだ。
 自分を超える未知の力を思い自分の精神を規制していくのではと説明していた。
 神仏を信ずるか否かは別として自分より凄いものがあると思うことは自制のためによいことだろう。

 ところで、お仏壇の中では御先祖たちが集まって飲めや歌えの大騒ぎではないだろうな。
 (カラオケやってたら笑うぜ、、、というより、呼んで下され。否、もう少しこの世で働きまする)
 明日で今年のお盆が終わる。
 世は忙しく過ぎて行くと改めて溜息一つ、酒一杯。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草まみれでござんす

2016-08-13 | 家庭菜園

ハナよ、追っかけられるなあ

 夕方、ハナ(女犬・12才)と散歩を兼ねて畑を見に行く。
 これは現実に対する相当な覚悟がいる。

 予想どおり草に飲み込まれていた。
 1ヶ月程前に退治したはずなのにこれだ。
 気力が失せる。

 が、やらねばならぬ!
 刈払機には新品のチップソーをセットしギヤ部分にはグリスを注入、混合油OK。
 残るは体力と外気温である。
 夜はやる気満々、明日朝は止ーめた!かも知れぬが、とりあえず「やる気」のあることを良しとする。


今は食べることないザクロができている

 エヤコンの温度設定をもっと低く!
 これでは明日は期待薄だな。
 なるようになるさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔、昔の

2016-08-12 | 愛犬ハナ

8年前はスラリとしたハナだった

 廃棄前のPCのHDに残っていた8年前のハナ(女犬・今は12才)の写真。
 若いじゃないですか。
 身体もほっそりといい女!
 しかも、運動神経も良く走り回っていた。

 今は、日々、肥えた身体をゴロン
 フェラリアの薬代が上がっていく(量が体重に依存)。
 昔が懐かしいなあ。


運動神経も良く


走り回っていたが、今はゴロリン

 あんたらも考えや・・・同じように歳とってるんやで~、と言われているような。
 大丈夫。
 今のオレは未だ「トド」ではないし、カミサンも「ゾウアザラシ」ではない(近い?)のでカロリー制限両者なし。

 人の心配よりも呼びに行っても気付かずにゴロンは止めてくれ。
 死んでるのでは!とビックリするではないか。
 その方が我ら夫婦の健康に悪いのだよ。

 目標!この暑さを皆で乗り切れ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の日って何じゃろかい

2016-08-11 | 日々の暮し

山の代表格、富士山のTV映像

 カレンダーの今日の日の色が違う。
 現役を退いてから「出勤」ということがないので無頓着だが、異常を察して(大袈裟だ)カミサンに訳を聞いた。
 (退職してから昔のようなに出勤ということはないが、地元の行事もあるので毎朝、カレンダーを見る)

 「山の日」

 何だそれは。
 「「海の日」があるのに「山の日」がないのは山に可哀想となったのではない?」
 「えらく軽い話しやな」
 よし、それなら一層のこと、「月の日、火の日、水の日、木の日、金の日、土の日、日の日」を作り毎日、「今日は火の用心」「水を大事に」「無駄な浪費はしない」「時に月を愛でるゆとりを」などとやればいいのだ。

 記念日も適度な数でないと趣旨や重みが薄れ、軽~いものになると思うのだが。
 ちなみに毎日TVの人が冒頭、「今日は海の日でしたが・・・」などと言い間違って謝罪しておりましたな。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

危険な暑さの日は家で読書

2016-08-10 | 日々の暮し

電子書籍を読む一日

 「危険な暑さ」と表現される日が今日も。
 午前中の買出しを終え午後は家にいるしかない。

 無料でダウンロードした書籍データを、廃棄予定のPCを復帰させて読む。
 (カミサンのネット閲覧の邪魔をしないように・・・いかに配慮しているか?)
 吉川英治作「新書太閤記」10冊分の1冊目を読了した。
 分かっているストーリーでも面白い。

 テキストファイルを縦書きに、ルビも表現してくれるソフトがあるので読みやすい。
 が、、、眼が疲れるのが難点。
 もうどうでもいいやい!で今日が終わる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皇室も悩みありかな

2016-08-09 | 日々の暮し

前天皇からの継承経験、次への継承、年齢、体力を踏まえてお考えになったのだろう

 天皇のおっしゃっていることに納得する。
 これまで国内外のさまざまなことに出席されてきた。
 が、天皇も時間の流れは止められない。
 体力、気力。
 天皇は悩まれる。
 どうするのがいいのか、、、と。

 今日の発言。
 法改正・・・政治介入・・・。
 難しい専門世界は分からんが、今のままでいいのか?

 太平洋戦争に直接的な関わりなく、しかし天皇家として、南洋にも慰霊にも赴かれているのだから、もう「天皇・皇后、のんびり余生を!」でもいいのではないか。
 老人クラブにも入ってよね!なんてね。
 同じ日本国籍人、老人だから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加