北海道 「北の国から」美瑛 

ペンショントレーディングポスト
公式ブログ北海道美瑛 自然が大好きで料理が得意な「べんさん」のライフスタイルを紹介

手作りスキー&ボードMade in EZO 1~4

2017年07月13日 23時10分06秒 | HandmadeSKI&Snowboardハンドメイドスキー

 昨年から考えていたことですが 今年から手作りスキーの連載が始まります ネットで検索をすると色々なハンドメイドスキー ボードが有ります アメリカが多いのですが 僕も作ってみようと思いました そんなには難しくは無いと思います。Handmade SKI&Snowboard

ステップ6エッジの取り付け FRPの制作

 エッジとPtexの合わせは確実に行ってください上手く取り付けたら 瞬間接着剤で止めます

  こんな感じになりました この後はFRP加工です

 ガラスクロスとガラスマットの加工 滑降面は2プライ 上は1プライですマットは滑降面のコアの部分に加工マットはPtexの面に加工 ガラスマット「ガラス繊維を固めて有ります」ガラスクロス「ガラス繊維を織り上げています」

   ここからの作業はカメラで取ることが出来ません 一日おいて明日は薄利です

ステップ5Ptexの切り出

Ptexの切り出し

 必要な取り出し用具

 これが難しいですね。

 やっと 切り出しました、左右を決めておきます。

 クロステープをスキーのコアの廻りに巻き付けます「強度アップ」

 二枚目は45度に傾けます クロスし斜め方向には強度は有りません 引っ張ると伸びていきます。

 

ステップ4 プレス型を作る

2X4の材料で作りますこれが一番です

 ジグソーで切り出しました 僕の持っているジグソーではこのサイズが限界、

   

サンダーが有れば便利なのですが僕は持っていません、多少でこぼこでもかまいません手加工ではこれが限度です 

    

こんな感じになります 接着は木工用ボンドです プレスの圧力はジャッキです

 

ステップ3 アールを付ける

お湯に付けて曲げますネットで検索をすると色々出てきます アイロンが良いみたいです こつは無理をしないこと何度でもトライ

 エッジをおいてみました、

 

ステップ2  心材の切り出し

まずはスキーのデザインです今回は初めてなので今家に有る板を参考にしました、板の材料はこれも家に有った杉板です、

 カンナをかけました なるべく平らにしたいです同じ長さにカット

 スキーの板らしくなってきました。

 

ステップ1 スキーの構造部品の取り出し

まずは 市販スキーの構造を調べる→簡単な図面→部品をそろえる →完成→テスト こんな流れです

費用は1台目は良く解りませんが 10000円ぐらいの予算

 スキーの構造です滑走面→エッジ→コア中身→FRP→上部面 

  約15㎜

 

  グラス面を剥がすと  メタル が出てきます、

  トーチを使いメタルを取り出す

 

 エッジも取り出しました

 

こんな小屋で仕事をしています スキーは夏の期間しか作ることしか出来ませんなぜならば僕の仕事場は冬は寒過ぎます エポキシが固まりません。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旭川ラーメン みか月 | トップ | 夜カフェ 美瑛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

HandmadeSKI&Snowboardハンドメイドスキー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL