北海道 「北の国から」美瑛 

ペンショントレーディングポスト
公式ブログ北海道美瑛 自然が大好きで料理が得意な「べんさん」のライフスタイルを紹介

富良野岳BC「鉾岩ルンゼ」

2017年03月20日 21時03分35秒 | 北海道外遊びクラブ

三日目になりました 札幌からの遠征組と満足な登攀が出来ず 少しフラストレーションがたまっています今日は富良野岳「鉾岩シュート」を滑りに行く計画です 朝7:30にバアーデンの駐車場に到着 本当はもうすこし遅くても良いのですが何せ最近はスキーヤーが多いので 場所取り合戦ですので早めに到着 此処で時間待ちです。。

ルートはヌッカシフラヌイ川を渡り取り付きますG尾根方面に沢山のトレースが着いています 尾根を少し回ったところが北尾根の末端ですこの場所が解らなくてもベベルイの出会いまで行って北尾根に登る事が可能です、

北尾根の稜線は所々クラストが有ります時間をかけてゆっくり登ります鉾岩の下がクラストが激しく登れなくなりますこの辺りで左の大きなバーンにトラバースをした方が楽だと思います スノーシューなら簡単に直登が出来ると思いますトラバースは降雪後は雪崩の危険が有りますもし足もとからなだれたら 行動は中止ですルンゼの中でなだれが出たら逃げる所は当然有りません。

ルンゼの上部を登っていきます鉾岩の下の辺りで平らなところを探してセットアップ平らな場所が無ければシャベルでバケツを掘ってくださいその方が安心してセットアップが出来ます、

ルンゼの上部は20度ぐらいの快適な斜面です 喉の所は一番の急斜面なので自分の技量で滑る事が肝心ですね、止まる場合は沢の真ん中で止まらず必ずサイドに止まってください 此の斜面は雪崩が出たこともあります確認済みです。。

喉は 下部に有るため安心ですね転倒しても止まりますまー今回は真っ直ぐに滑らずずらしながら下降しました、喉の出口は北斜面で日陰なのか雪は良かったです。

ヌッカシフラヌイ川の最後の堰堤のそばでお昼ご飯です「シーハイル」

 真ん中の滝のように見える所がルンゼの出口です

 核心部に入る直前です

 この斜面では有りません右手の岩場の有るルンゼです「此処は下部に行くと崖に鳴っています」よほどの人ではないと?

 

 セットアップ中

 

 

 北尾根よりG尾根を望む

 こんな感じです。。

 現場までのルートですスプリットボードだとクランポンが無いと登りづらいと思います。

    参加者 さいちゃん、Kさん、べんさん 天気晴れ 気温寒くは有りません暖かいです、降雪無し

 

 

『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上ホロ北西稜1710mから... | トップ | 薪小屋の修理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL