長野はすべて山の中

長野周辺の山散策日記 山の風景やランニングのこと
時に自転車や気になる音楽の話しに暫しおつきあいの程を・・

雨の火打山-避暑

2017年07月17日 | スポーツ
16日は久しぶりの山登り
まだ雪が残っているだろう火打山に暑さを逃れて


日陰の山道には雪が残っています



分岐を過ぎます



黒沢岳トラバース道から火打が見えてきました



雨に洗われ草や新緑の緑色がきれいです
キヌガサソウ



サンカヨウ
桜の花に似た花弁 濡れると透明になるようです 乾くとまた白に戻るみたいです




登山道には残雪がうずたかく積もっています




シャクナゲもきれいな花を咲かせています




崩落の危険か一部崖上の登山道が迂回ルートになっていました




山頂着 
何回か訪れていますが山頂で一人きりは初めてです
雨に風 寒いです



焼山も雨の中




妙高も雨の中
上半身を覆うファイントラックのベースレイヤーとヘリテイジのウインドストッパー
汗や雨からの冷えをがっちり守ってくれます
私にとって山には欠かせないギアです
引き換え七分丈パンツはもう少し吟味が必要でした 肌に張り付き冷たく不快です



花を眺めながらゆっくり下りましょう
まだ桜が咲いています




晴れていれば山を写す天狗の庭の沼
今日は雨の波紋が一面に広がっています



ヤマオダマキ




キヌガサソウ




高谷池ヒュッテやテン場もひっそりとしています



振り返り見る火打山
雨にもかかわらず下り途中多くのパーティーにすれ違いました



積雪の重さのためでしょうか 木が裂けています



自然が作り出す美しい紋様



ウツギの花が登山道にせり出して咲いています



黒沢を渡るあたりまで下ってきますと山の冷気はもう感じられません



風も通らない森の中は湿度が高いです




そんな環境が好みなのでしょうギンリョウソウがいたるところに顔を出しています


雨でもそれほど強くなくしっかりとした服装であるならば
太陽にさらされ続けるより遥かに快適な山行なんだと感じました

山頂の寒いくらいの気候
ようやく遅い春を迎えた山は短い夏が足早に訪れようとしている感じでした

やはり山はいいですね




『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台座法師池まで | トップ | アルミ製「アルプス」模型 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。