山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



緊張感の高まりは、対北朝鮮ならぬ対中国 「常に硬軟併せ持ちながら“取引”を重視する、トランプ流の経営スタイル」 という視点の延長線で考えると、今の北朝鮮とのチキンレースも、少しはひもとけるかもしれない。。。   朝鮮半島近海ギリギリまで空母艦隊を集結させて、徹底した強硬策を取り続ける。 北朝鮮が混乱・崩壊することにより、在韓米軍と隣接することになることを . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トランプ政権の東アジア政策 気になるトランプ政権の東アジア政策について・・・   ティラーソン国務長官が、上院外交委員会公聴会での施政方針で、 ロシアやISISよりも中国に対する脅威を先に記していたことに、 トランプ政権の東アジア政策が象徴されると、渡瀬氏は著書で指摘している。   商務長官・国家通商会議・通商代表部・国家安全保障会議・アジア上級部長・駐中国大使・ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




オバマケア・・・ ワシントン主導型の制度が導入され、 広く米国民に財政的負担や社会的負担を強いることは、 財産権の保障に重きを置く共和党保守派の立場からは、 受け入れがたい政策ということになるのだろう。   合衆国への忠誠を果たさない不法移民の排斥・・・ 日本人からみると“そこまでしなくても”と思えるような厳しい対応も、 教条主義的な米国護憲派から . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「共和党保守派」を知らずして“トランプ政権”は理解できない 渡瀬裕哉氏は「共和党保守派」について、このように説明している。   米国は、英国による植民地支配から自由を求めて独立した人々の国であり、 合衆国憲法は、三権分立などの基本な事項を定めた条項と、 自由主義的な諸権利を定めた修正条項によって成り立っている。   共和党保守派とは、憲法に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本人が気づかないうちに・・・米国で起きている大きな地殻変動! トランプ大統領を誕生させた支持層は 「白人・低所得・低学歴・ブルーカラー」等々、 客観的データに基づかない、バイアスのかかった報道が日本で広くなされてしまったのは・・・ 『米国共和党に関する基本的な知識、 とりわけ共和党内で存在感を強めている共和党保守派の重要性が、 日本では十分に認知されていないことにある』と、渡瀬裕哉氏 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トランプ大統領は、今日4月13日のツイッターでも、 挑発的な核・ミサイル開発を繰り返す北朝鮮への圧力強化をめぐり、 「中国がうまく北朝鮮に対処するとの強い自信を持っている」と中国への協力を求める一方で、 「中国ができなければ、米国が同盟国とともにやる!」ともツイッターでつぶやき、 不気味なくらい、その本気度合いが伝わってくる。。。   同日のBS日テレ「深層NEWS」でも、防衛問題に精 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チキンレースの様相をみせる米国vs北朝鮮 4月8日、『米国が米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母群を朝鮮半島近海に航行』との報道以来、 かつてなく米国と北朝鮮との緊張感が高まっている。   米国大統領が代わることで、これほどまでに大きく世界情勢が変わるのか! TPPはじめ、良くも悪くも有言実行の姿勢が伝わってくるトランプ大統領は、果たしてどこまで本気なのだろう . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




少し前の結婚記念日。 気合を入れて、伊勢丹のお気に入りの洋菓子店で、 ”◯△st Aniversary” と書いたプレートを付けて、 意気揚々と帰宅して、いざ記念日の準備。。。   と思いきや、その日は誰も帰って来ないではないか。 息子は、大学のコンパとか。。。 妻と娘は、なんと観劇に行ってしまった。。。 妻と娘が帰ってきたのは、23時過ぎ。 & . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




監事を務める専門学校の入学式。 入学生450名、保護者450名・・・いつもながら、壮観な入学式。 1950年創設の同校は、 『美容を通じて、稀代の英知を築く』を、建学の精神として掲げる。   次代の女性理事長と周囲が期待する、現副理事長の祝辞・・・ 女性の新入生が多いせいだろうか、もっとも学生の関心を集めている。   今年は、スティーブジョブズの話。 点が線に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )