山 崎 泰(やまざき たい)のデイリーブログ
新宿区のTFS国際税理士法人理事長 山崎 泰が、「心に残る出来事」「忘れられない想い」をホンネで綴る、ズッコケ珍道中!
 



一年間の締めくくり・・・大晦日。   夕方、娘が買物に出かけるというので、送り迎え。 でもなんと、娘の買い物先は、すでに年末年始休み!!! いつもなら、かなりムッとするところだが、 電車で往復したら、もっと無駄な時間だったろうに、と思い直して、 (年末年始は暇なこともあり)あまり腹も立てず?!   それにしても、相変わらず、娘の段取りの悪さ・・・ 行先の店の開 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




退職して5年近くも経つ、昔の女性社員さんに、バースデーメッセージ! iPhoneのカレンダーにupされてくるので、懐かしい気持ちで、メッセージをメール。   しばらくして、こんな返信メッセージが・・・ 覚えていてくださったんですか。有難うございます。 メルマガを拝見して、いつも刺激をいただいています。 家族、親しい友人・・・大切な人の誕生日は、決して忘れないもの。 親、 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




忙しい師走。。。そんなゆとりはないんだぞ!と、怒られてしまうかもしれない。 しかしながら、経済効率・合理化が第一義的に叫ばれる現代社会だからこそ、 会社を支えてくれるのは“ひと”であることだけは、新しい年を迎えるにあたって、肝に銘じておきたいもの!   エレベーターで一緒に乗り合わせると、なぜか思わず居心地が良くて、ふっと話しかけたくなる・・・ 効率重視 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




”スカブラ”は、なくてはならない職業??   石炭から石油にエネルギー資源が変わっていき、炭鉱事業が縮小してくなかで・・・ 経済合理性のみから、まずは“スカブラ”からリストラをした会社は、果たしてどうなったか???   “スカブラ”抜きで、10人だけで炭鉱に入っていくようになると、作業効率が大きく . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「仕事はスカ(好か)ん、いつもブラブラしている」ので、略して“スカブラ”! 筑豊地方の方言でもあり「怠け者」の意味だが・・・どこか憎めない愛着のある響きがあるのも事実。   それこそ。。。九州で炭鉱が盛んだった頃、まさに“あさが来た”を地で行くようだが、 多くの炭鉱夫が昼夜問わず、3交代・24時間体制で、石炭を掘っていた時代。 & . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




“あさが来た”にも出てくる、九州炭鉱事業                            今、NHK朝の連続テレビ小説“あさが来た”が、高視聴率で大きな話題! かくいう我が家も、娘が毎週録画予約した番組を、 息子も含めて一家そろって、毎日欠かさず、楽しみに見続けている。   大同生命や日本女子大学の創設にもかかわった、 明 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、会社の大掃除&仕事納め。。。 そうそう・・・昨夜、娘と閉店間際の書店にかけこんで、 クリスマスカードを買って、今日は忘れずに、社員さん全員に ひとりひとりメッセージを書いて渡さなければ!! そんな意気込みでスタートした、12月25日。   とにかく急がなきゃ!と思い、 朝から仕事、挨拶回り、新年号原稿出稿、大掃除、無呼吸症候群のクリニック年末健診・・・ 等々と、慌 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東京税理士会館で、ほぼ終日、租税教育推進レベルアップ研修会! 土曜日に終日、研修(勉強?)することなど、最近はほとんどないので・・・ 果たして最後まで、ウトウトせずに持ちこたえられるかどうか?!   税理士法が改正され、『租税教育』が正式に税理士会の事業として規定されて、 税理士会としても、『租税教育』に対する力の入れ方が、本格的になってきた。 日本は、(幸か不幸か)納税者の . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




外資系クライアントとのMTG。 来年1月5日に会計データが締められて、1月8日夕刻までに、 (繰延税金試算等を含めた)法人税額、消費税額を算定して、レポートとも併せて提出。。。 年明け早々、かなりタイトな業務を受託。   担当するのは、TFS国際税理士法人・神楽坂オフィスの公認会計士チーム。 外資系企業だけあって、日本の会計基準ではなかなか見られない勘定科目もならぶ。 例え . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )