江南市議会議員/社民党全国連合常任幹事 山としひろ「パワフル日記」

37歳 人にやさしい政治 未来への責任!
子どもから高齢者まで、ずっと江南市で大丈夫と言える「生活都市」へ

名鉄江南駅前で街頭演説~議会報告 共謀罪 森友問題~

2017年03月30日 | Weblog

 3月27日(月) 29日(水) 名鉄江南駅前(西口)で街頭演説

 

 早朝、名鉄江南駅前(西口)で街頭演説を行いました。演説の要旨は以下の通りです。ご意見・ご要望がありましたら、お聞かせください。どうぞよろしくお願いします。

<議会報告>

○江南市の「新年度予算」が成立したが、市債発行額が前年度の倍近く上り、増加傾向にある。必要な投資は否定しないが、借金は抑制的であるべきだ。

○補助金・負担金を聖域なく見直すべきだ。

○新年度を迎えるにあたって、経済的に困窮した家庭は、制服や学用品を購入するおカネの工面に困っている。子どもの貧困対策として、就学援助制度の入学準備金(新入学児童・生徒学用品費)を年度内に前倒しで支給できるように改めるべきだ。

 

<共謀罪>

○安倍政権は「共謀罪」と「森友学園」で暴走と迷走を極めている。

○「共謀罪」は「テロ等準備罪」に名称が変わり、犯罪の構成要件として「準備行為」が追加された。しかし、「被害が発生していなくても犯罪になる」という危険な本質は全く変わらない。

○「組織的犯罪集団」に該当するかを判断するのは捜査当局であり、恣意的に拡大解釈されると、市民運動や労働運動が弾圧される危険性がある。

○一般市民が日常的に監視される社会は、イギリスの作家ジョージ・オーウェルの「1984年」で描かれる暗黒社会そのものだ。


<森友問題>

○籠池氏は、偽証罪に問われることがある「証人喚問」の場で発言した。かたや、安部昭恵さんはFacebookで発言するなどしている。土俵が全く違う。野党4党で昭恵さんや官僚など8人の証人喚問を強く求めていく。

○問題の発端は公文書の管理・保存ができていなかったことにある。都合の悪い情報を隠す体質が如実にあらわれている。行政運営の透明性の確保や事後の検証に耐えられる公文書管理のあり方を確立すべきだ。この問題は自治体にとっても対岸の火事ではない。

○国民の汗の結晶である国有財産を不当に値引きしたことは断じて許せない。財務省は税制を担う主務官庁であり、納税者の税に対する不信感を増幅させるものである。社民党は安倍政権と徹底的に闘う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月28日(火)のつぶやき | トップ | 3月29日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事