江南市議会議員/社民党全国連合常任幹事 山としひろ「パワフル日記」

37歳 人にやさしい政治 未来への責任!
子どもから高齢者まで、ずっと江南市で大丈夫と言える「生活都市」へ

【議会報告】 一般質問 夏休みに学生が勉強できる場所の確保を

2017年07月13日 | Weblog

 江南市議会6月定例会の本会議で一般質問を行いました。その一つのテーマが「夏休みに学生が勉強できる場所の確保を」。

 もうすぐ夏休みを迎えますが、学生にとって勉強する場所の確保は切実な問題です。「自宅でやればいい。自宅が一番落ち着く」と思う方もいらっしゃいますが、「なかなか自宅では勉強がはかどらない」という学生もたくさんいます。

 では、どこで勉強するのがいいでしょうか。「学生の勉強場所」=「図書館」というイメージが強いですが、江南市立図書館は立地が悪く、非常に手狭です。

 そこで、今回、市の中心部に位置する市役所本庁舎、防災センター、消防本部の会議室を、夏休み中に限り開放することを提案しました。当局の答弁は「会議室は慢性的に不足しているので現実的に難しい」と消極的でしたが、私は公民館、児童館、学習等供用施設の学習室などの活用を広報するように求めました。みなさんもぜひご活用ください。


【一般質問】 夏休みに学生が勉強できる場所の確保を

 

質問

 市役所本庁舎、防災センター、消防本部の会議室を夏休み中、学生の勉強場所として開放できないのか。


答弁(総務部長)

 会議室を学習室として使用することは、庁舎管理規則等により、市の事業として実施する場合には可能です。しかし、現在、本庁舎等の会議室は数が少なく慢性的に不足しており、夏休み中の開放は現実的には難しいと考えています。

 なお、これまで学習等供用施設、公民館、児童館に学習室などがあり、利用できることが十分案内されていなかったため、今後、広報やホームページ等への掲載を検討します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【研修参加報告書】 フォー... | トップ | 7月13日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事