打楽器は楽しい!オモロイ!ホンマやで。

打楽器奏者山本毅が、打楽器について、音楽について、その他いろいろ順不同で語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月29日 京芸オケのコンサート 広上淳一指揮で豪華プログラム

2014年06月04日 21時55分21秒 | コンサート
京芸オケ コンサートのお知らせ!

6月29日(日) 京都コンサートホールにて京芸オケのコンサートがあります。

「京都ライオンズクラブ創立60周年記念チャリティーコンサート」


いつもなら定期演奏会の時期ですが、今年は京都ライオンズクラブがスポンサーになって下さり、チャリティーコンサートとなりました。

チケット代は1000円と格安で、指揮者に客員教授広上淳一さんを迎えての「火の鳥」、「新世界」、「京都の韻」と豪華プログラムをお楽しみいただけます。

チケットの売り上げは全額社会福祉活動に寄付されます。

低料金で、いい音楽を聴いて、京芸を応援して、そして社会貢献にもなるという一石三鳥のコンサート、ぜひぜひのご来聴を!

ご家族、ご友人、お知り合いの方々にもご紹介下さり、ぜひご一緒にお出かけ下さいませ!

14時00分開演

http://www.kcua.ac.jp/event/20140629_kyoto-lionsclub/
http://www.kcua.ac.jp/wp-content/uploads/78bbd146e8dac57069aaf706dc0ca881.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッスンで

2014年05月16日 09時01分12秒 | 音楽全般
レッスンで

先生が「何て言われたか?」ってことも大切なんだろうけど、「なぜ先生はそう言わはったんやろ?」ってことの方が百倍大切なんすよ。

「そこは右手から弾きなさい。」・・・・「ハイ、先生」・・・・じゃなくって、「なぜ先生は右手から弾いたほうがいいと思ったんだろう?」って考えて、もし謎のままなら質問するわけ。

「本当かな?」って、考えてみることも大切。

真理ってのは、君がたった今とか、三日前くらいに思いついた疑問や反論くらいでぐらつくわけはないので、疑ったり、検証してみることによって、理解度が飛躍的に高まるんだわ。

「そこは右手から弾きなさい」・・・・「本当かな?左手からも弾いてみようか?ああ、やはり右手から弾いたほうがいいなあ・・・・。でも、なぜだろう? オレは右利きだったんだ。そうだったんだぁ(爆)」ってわけよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月13日(木) 兵士の物語

2014年02月10日 23時59分28秒 | コンサート
木曜日、2月13日、京都コンサートホール「ムラタホール」でストラヴィンスキー「兵士の物語」を演奏する。

兵士、もう何回目になるかなあ・・・?

演奏するたびにいい曲だと思うね。

最後に悪魔が勝ち誇るってショッキングな内容なんだけど、まさに聖書のエペソ人への手紙にある、「悪魔の策略に対して立ち向かう」ための注意書きのような作品で、敬虔なクリスチャンであったストラヴィンスキーが実によく聖書を知っていたということが感じとれる。

以前この曲を演奏したとき、聴いていた同僚のヴィオラ奏者M・N女史が「なんか、聖書読んでるみたいだったぁ!」と驚いていたのを思い出す。
ストラヴィンスキーによる「霊的戦い指南書」って感じかな。なんせ、台本作家にストラヴィンスキーが口述筆記で原作を伝えたって経緯があるらしいから。

まだ、チケットけっこうあるみたいなので、皆様ぜひご来聴を!

http://www.kcua.ac.jp/event/20140213_professor-concert/

後半は呉先生を中心に金管アンサンブル
「京芸の金管」 今注目を集めているらしい。これも聴きもの!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

京都芸大打楽器アンサンブルコンサート 12月11日 18:30

2013年11月27日 12時57分32秒 | コンサート
12月11日、18時30分より 京都芸大講堂にて
入場無料

是非のご来聴を!



http://www.kcua.ac.jp/event/20131211_percussion-ensemble-concert/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月21日に向けて

2013年11月06日 18時37分10秒 | コンサート
11月21日のコンサートに向けて、リハーサルにも個人練習にもますます熱く励んでいる。

「イエスは常にわが喜び」って曲も演奏するんだけど、本当にいい曲だなあって思う。
「主よ、人の望みの喜びよ」って呼ばれているあの有名な曲。

でも、演奏はものすごくムツカシイ・・・・。

一見譜面は非常に簡単だし3分ほどの短い曲なので、時々学生たちからやりたいって相談を受けることがある。
「いつ本番?」て尋ねると2週間後とか返事が返ってきたりする。
そんな時はにっこり微笑みつつ思いとどまらせるようにしている。

ようやくなんか手の内に入り始めて心安らかに演奏できることが多くなってきたのは、やはり取り組み始めて一年くらい経ってからかなあ・・・・。もう何年もこの曲を演奏し続けているけど。

でも、演奏するたびにやはりムツカシイと思うわ。でも、でも、メチャいい曲やなあ~。

http://www.kcua.ac.jp/event/251121marimba_ensemble/

http://www.barocksaal.com/concert_schedule/concert20131121.html
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

11月21日(木) アンサンブルフィリアのコンサート

2013年11月02日 21時56分51秒 | コンサート
11月21日、バロックザールでのコンサートにむけて、猛練習中。
いやはや、むつかしいのなんのって・・・・。

しかし、どの曲もとてつもなくいい曲だ。

そして、新調バスマリンバの低音はミステリアスに魅力的。

乞う、ご来聴!

http://www.kcua.ac.jp/event/251121marimba_ensemble/

http://www.barocksaal.com/concert_schedule/concert20131121.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メソード変更 その後のその後

2013年09月04日 21時08分41秒 | テクニック
手の痛みも消え、新しいメソードに慣れてきてしばらくたった。
ある日演奏中にいつの間にか以前のメソードに戻っていることに気づいた。

自分を観察していると、ほとんど無意識に旧メソードと新メソードを場面場面で切り替えながら使い分けているみたいだ。

これは Good だね!

目的に到達するための手段、道具はたくさんあるに越したことはない。

はっきり言えることは、これが理想のメソードってのはない。
どんなメソードでも長所と短所がある。

だから、

たくさん何種類も持ってるほうがいい。

出刃包丁でふぐ刺しは切れないし、切れたとしてもおいしくはないと思うな。
反対に刺身包丁で骨付きリブ肉は切れない。

食いしん坊のたとえだなあ・・・・・。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

メソード変更 その後

2013年04月16日 14時45分39秒 | テクニック
親指を痛めて奏法の一時変更を余儀なくされていたが、どうやら一時ではなくずっとこの新メソッドで行くことになりそうだ。

すでに痛みはないが、20年近く慣れ親しんだ今までのメソッドは戻ってこない。
戻そうとしても手のほうがイヤイヤを主張してくる。

とはいえ、新採用のメソッドはだいぶ慣れてきた。このメソッドも思いのほかGood。

練習のたびに上達するのが実感できるのが楽しい。
なんやら学生時代に戻ったみたいな気分が味わえているこの頃。

楽器との対話、マレットとの対話、そして手との対話、大切やと思う。手の意見もちゃんと聞いてあげなきゃね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイスブックに

2013年04月04日 21時02分13秒 | よもやま話
最近ずっと更新していなかった。
見に来てくださった皆様、ごめんなさい。

というのは、フェイスブックを始めてから、その発言の手軽さ、容易さのゆえに、ほとんどの情報発信をフェイスブックでするようになった。
ブログにも載せないとと思ってはいたが、ついつい先延ばしにしていた。

というわけで、今日エイヤ!っと一念発起、今までの発言をこちらにも転載した。

フェイスブックを見てくださってた方にとっては古い情報。さらっとスルーしてくだされ。
悪しからず・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェルデンクライスを始めて何年?

2013年03月27日 20時40分36秒 | よもやま話
フェルデンクライスのレッスンを始めてそろそろ2年たつのかな?
それとも3年?よくは覚えてない。

はじめは藤井里佳先生に、今は長男に習っている。

フェルデンクライスの効能

その1 音がよくなった。

その2 演奏が楽になった。

その3 腰痛よ、さようなら!だ。もちろん、長時間のデスクワークなどで時々痛むことはあるが、フェルデンクライスを数分やればあっという間に「腰痛よ、さようなら!」だ。肩こりも消え去るらしいが、ぼくはもともと肩こらないので判らない。

とりあえず参加することに意義あり!という感じで極めて不熱心に行ける時だけ行ってるんだけど、それでもこれだけの結果が出るのが不思議。

今週も月曜日にレッスンを受けて、今日もまだ気持ちよいのが続いている。

これ、何年か後には大ブレイクかも。・・・・と思うのだが、受講生の数はあまり増えない。今週は6人だった。

おかげで濃い時間を過ごせたが・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリップテープ

2013年03月26日 20時43分23秒 | スティック マレットとか・・・
年だなと実感する時がある。

数年前からタンバリンの指ロールができない。
20代30代のころは、いつでも引っかかったけど、今はいつもつるつる・・・・。
毎回スポンジに含ませた水をつけてロールしている。

さらに追い討ち、このところ、マレットが滑るようになってきた。
指先にまったく潤いがなく乾ききっているためだ。

それで、テニスのグリップテープを巻いてみた。
これが、すこぶる調子がいい。

KPIの1本99円という安いものだけどとてもいい。

これ二本でマレット3組巻ける。

http://item.rakuten.co.jp/kpi/kpi100sp-10/

ただ、問題もある。
摩擦係数が高いので、調子に乗って長時間さらい続けると、指に水ぶくれが・・・・・できてしまったぁ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オケマンの心得?

2013年03月12日 20時47分11秒 | よもやま話
友人のマリンバ奏者K氏、打楽器奏者H氏と久しぶりに食事に・・・・。
美味しい食事と酒だったぁ!

話していて、オケの打楽器奏者って、自分が音出してない時とか、出番でない曲の時、弦や管の同僚たちの奏でている音楽にどれだけ真摯に耳を傾け続けているか否かで、ん年後に大きな差が付くんちゃうやろかというふうに思った。

第一、今音出してない同僚がまさに今やってる自分の演奏に全く無関心だったら誰だってちょっと悲しいよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指揮者は演奏家?

2013年03月09日 20時49分10秒 | 音楽全般
よく、カラヤンの演奏とか、バーンスタインの演奏とか言うけど、指揮は演奏と言えるのだろうか? 演奏しているのはオーケストラであって、指揮者は一音も発しない。
指揮者が発しているのは直接には合図であって、さらに言うなら影響力とか霊感とか(時には恐怖感とか威圧感とか〈やだねぇ・・・〉)であって、音ではないよね。
もともと指揮者ってのは、アンサンブルが大きくなってきて、もう誰かが合図してくれないと無理という状況になり、本当は演奏したいのだけどやむを得ず楽器を脇において、みんなのために犠牲になって手を振って合図を出すことに徹する人が出てきたのではないだろうか?
ま、みんなのために犠牲になってくれているのだから、指揮者のギャラが高いのは当然かな?
ぼくも時々必要にせまられて指揮をすることがあるが、太鼓か指揮かと聞かれたら1000%太鼓を選ぶなあ。

指揮者になりたいと思ってくれる人って、貴重な存在かも・・・・。
指揮者になりたい若者たちにエールを送ろう!

なわけで、指揮者に一番必要な資質は奉仕者精神。しもべ意識ではないだろうか?

実は注目している日本人の若者が数人いる。順調に育ってくれたらきっとすばらしい指揮者になるだろう。名前は言わない。けど、すごく期待できる世代。ちょっとわくわくする状況やわん。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奏法変更を余儀なくされ

2013年02月18日 20時52分05秒 | テクニック
もうかれこれ一ヶ月以上前になると思うけど、左手の親指を突き指してティンパニの奏法変更を余儀なくされた。以前の奏法だと親指に振動が伝わりすぎてフォルテで演奏するのが痛くて仕方ない。ついついかばって演奏してしまい、左手がどんどんアホになってくるので、痛みのない奏法に切り替えた。

この奏法は身体に優しく、マレットコントロールも容易でいい奏法なのだが、ぼくは音色が気に入らなく採用していなかったんだ。

ところが、今回「やむなく」この奏法に取り組んでみると、以前気になっていた音色が結構好きになってきていることに気づいた。

というより、以前は出せない音色が出せるようになっていて、それがけっこういけてるやん・・・・・てわけ。

これも、フェルデンクライスに取り組んできた成果かもしれない。

というわけで、今晩8時からのフェルデンクライスレッスン受講が楽しみだ。

ところで、フェルデンクライス、以前お世話になっていた藤井先生の教室から新しい教室に移った。

実は、長男依生が藤井先生の薫陶を受けてフェルデンクライス教師になって京都・桂に教室を開いたのだ。

子供から何かを習うってのも妙な気分だけど・・・・・、
教え方は悪くないと思うな。
長男は一応音楽家のはしくれなので、音楽家に向いたレッスン内容となるよう心がけてくれている。
身内のことでなんだが・・・・けっこう推薦に値するのではないだろうか。

ところで、突き指の方は治りかけるとまた同じところを突き指して・・・・・てのをすでに3回やってしまい、いっこうに治りそうにない。
先日のいずみシンフォニエッタの時も、痛いのをがまんしながら演奏していたが、早く癒されるよう本腰を入れて祈らねばっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーボールを

2013年01月29日 20時53分30秒 | スティック マレットとか・・・
明日から、いずみシンフォニエッタの練習が始まる。

今回のコンサートのためにいろんな種類のスーパーボールを全部で420個買った。
連日連夜スーパーボールを選んで、串を刺したり、ピンを刺したり、鋸でひいたり・・・・・

でも、こんなかでステージに登るSBはよくて数個。スゲエ倍率や。

打楽器奏者の仕事はなんやらよくわからん・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加