自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

春の息吹

2017-03-06 17:20:31 | Weblog
弥生3月春心、花芽も膨らみ、人の気持ちもおおらかに
そんな気がする今日この頃。

あるボランティア団体が堂々川周辺の山の管理を定期的に行ってくれている。
古墳の話など1時間ほどの講演を依頼された。
座る場所も電気も何もない山の頂上。
無い知恵を頭を叩いて考えた。
そうだテーマを二つにして場所を移動して話せばよい。良い考えだ。
30分を2本なら立っても聞いてもらえると古墳と観光地を作るボランティアを
パワーポイントで作りA41枚裏表を2枚作った。


古墳の上に立つのは講談師(好男子)ではない


これが昔の人のお墓だと言うと驚いて石の上から下りた人がいた。
ここでは古墳の話、奇岩の話。

帰る時道路脇のゴミを拾った。子供たちも参加していたがどんな感想を持っただろうか。





5日の日、近くのボランティア団体からホタルの幼虫調査をするから指導と
手伝いを要請されてその場へ行く。


広島県の天然文化財


よくぞここまで復活させたと感心している。


幼虫が餌のカワニナを食べている


ホタルの幼虫は今の時期、餌を食べるのが少ない仮冬眠期を過ぎ、食欲旺盛だ。


幼虫 伸びれば30mmぐらい


石の下でじっとしている時は20mm前後
5匹の幼虫を確認した。今年も数百の乱舞が見られると思う。

あっちこっちウロウロ忙しい。
他所のシマ(縄張り)を見て自分のところはと思い堂々川へ。

着くとすぐにテングチョウが挨拶にくる。




下流ではコゲラの夫婦に出合った。
ここで10分程道草。




堂々川でも水の中。水はぬるみ春が来たと教えてくれた。
トンボの幼虫が2種、コニヤンマとオニヤンマ、魚は100mmぐらいのドンコ。


コオニヤンマ

ドンコ

ホタル見つけた。でも写真には映っていない
こう云うのをとり逃がしという


楽しく遊ばしてもらった。
皆が帰る頃、つまり夕闇が迫る頃太陽は沈みはじめ、サンピラーがみられた。




雲が邪魔して太い光であった。

春がそこまで来ている。自然の気配で春を感じたここ数日であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月花 | トップ | 日本最古を »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おおらかに… (ディック)
2017-03-06 20:49:54
きょうはあれをやって、これをやり、どこそこに行き…と、最近はなぜか気持ちに焦りがあったように感じます。
「花芽も膨らみ、人の気持ちもおおらかに…」
そうですねぇ。もっとリラックスしなければいけませんね。
肩の力を抜いて自然体でいれば、コゲラにも出会えるかも知れません。ホタルは無理ですけど。
堂々川 (mcnj)
2017-03-06 22:34:10
自然が豊ですね。
ここまで、なされたのですか。
今年の、夏が楽しみですね。


どんこ (和三郎)
2017-03-06 23:17:13
タカアシガニですが
3000円も出せば買えてしまいます
味も値段なりということです
漲る力 (縄文人)
2017-03-07 08:56:08

春の息吹と問われれば?
  蕗の薹、若芽、カエル、水ぬるむ、ホタルの幼虫・・・・!?と人は言う。
   私は、「人間の漲る力」
       古墳の上に立つのは講談師(好男子)
         そしてこれから作業する人たちであろう。
春が来た ()
2017-03-07 15:06:50
春が来た。春が来た。
野にも山にも春が来た~♪
やっと私の所にも春が来ました。
先日は暖かいコメントを有難うございました。
本当の春はまだまだ先のようです。

春の息吹 (kogamo)
2017-03-08 10:59:36
こんにちは。
ボランティア団体の講師活動、お疲れ様でした。
たくさんの方に古墳のお話を知ってもらえてよかったですね。
ゴミを拾った子供さんたちは、大人になって環境にやさしい人になられることでしょう。

生き物が動き始めると、これからホタルの活動が楽しみですね。
こちらは今朝まで10センチの積雪でしたが、昼頃には春の淡雪となって融け出しました。
本格的な春が来るのも間もなくですね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。