自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

全国砂留シンポジウム

2016-10-13 22:46:20 | Weblog
ブログの更新を15日もやっていない。
やりたいが昼間は各関連団体にお願や自分たちが企画した、手作りのDVD製作の確認修正、
会場の設営や登壇者、来賓の最終確認、シナリオ作り、コーディネーターとの打ち合わせ
パネラーとのやり取り、そして自分がパネラーとしてしゃべる15分の内容の検討
あたり前のことだが24時より早く寝ることは無く、医者に15日間の睡眠薬を貰い飲んでいた。
誰もしらないだろうがまずまずの成功を見たので告白する。
この時点の応援者は副代表3人とその方たちと親しい人だけ、ほとんどの会員は白い眼のような気がした。

この企画、素人集団が初めてする内容なので大成功と言っても良いかもしれない。
多くの人の批評は後から入ってくるはずだ。ここしばらくはヨイショガ多いだろうが!

全国砂留シンポジウムなる全国規模のイベントは福山市市制施行100周年イベントに応募して採択された。
今月は鞆の浦で全国万葉の会や民謡の会も同じような資金で全国大会を開いている。

当方、世間は当初は冷たい反応だったが、
福山市から得た資金に広島県砂防課他名前は出しにくい先生の応援を得て、
だんだん応援してくれる人が増えた。
多分、一民間ボランティアが企画から開催までとり仕切ったのは初めての砂留に関するイベントである。

能書きはさておいて、
「御領の古代ロマンを蘇らせる会」は福山市神辺町御領地区にある全国規模の3つのお宝を
2年かけてPR活動をしているその最終回。なぜ神辺町時代、
福山市になって10年放置しているのだろうか?

振り返ると昨年11月「遺跡と古墳の講演会」や4月ごろか?古墳の講演会を実施している。
今回は神辺文化会館大ホール(満席800余人)を借りて実施。

10月9日朝9時からスタッフ約40名が集まり、展示、受付等の準備とチラシ・カタログを
封筒へ入れる作業、入るあてもないのに800人分を作る。

ロビーに出来上がった古墳の写真225枚を展示。
副代表が3年かけて探し、作りあげたもので、大正末の書物には870余基の
古墳があったと書かれているが
町時代、それを引き継いだ市は予算と人材が無いことから放置、

それを40代の男がここまで探してGPSで位置まで確認して、撮影したものだ。
同じ内容を市が実施したら1千万円ではできない資料と思う。


古墳の写真


この団体を私が企画した団体に入ってもらうにはわけがある。
今はまだ言えないがある助成金の審査が話しにならない結果から入ってもらった。

長くなったが開会宣言を前述の副代表にお願した。




司会は全くの素人の地元市立大学生。
良くOKしてくれたものだが、これには影に井原放送という
ケーブルテレビの役員が応援してくれている。
又昨年講演していただいた準教授が同僚の向井教授を紹介口説いてくださったのも
成功だし、この教授が長野や福井まで出張や主要メンバーを口説いてくださったのが
最大の効果と思う。


ゴントハチのビデオ
彼女たちの力が大きい


式典は小林代議士、松岡県議、榊原市議、知事代理、市長代理の方に祝辞を戴いた。
5人の方には5分以内という時間の制限もお願した。皆さん快く引き受けてくださり、

次の本題
1部では歴史と自然と環境と題してDVD(作者は不詳?、製作はプロ前述の会社)
作曲・歌は地元の女性、が受け持ち、絵は司会の市立大生。
名前が知りたい方はビジネス情報9月20日号を見てください。

続いて西小、中条小、御野小の3つの学校の児童が砂留・環境の発表。
この企画は大当たり、今回のシンポジュウムを成功に導いてくれた殊勲者だ。






第2部は特別講演を駅裏の福山大学の記念館の館長・名誉教授にお願した。
裏には福山大学の副学長の支援があった。同級生はよいものだ。


神辺の遺跡など


来訪者はこの頃がピークで帰り始める人が目立ち始めた。
無料のゴントハチのビデオを手にして!




パネルディスカッションは当方パネラー故会場で撮影はできないのでパス!

ロビーでの逸話


福井県から来ていただいた展示
アカタン


文化会館で長く眠っていた壊れた模型
ここの館長さんが市に交渉を何度もされて、所轄以外の
部署から今回の主催者が常日頃の市への貢献度を認めて
修理したと後から聞いた。



そして13日の中国新聞1面コラム「天風録」の記事
「最も人気のない文化財」。「地元から自嘲めいたた嘆きが印象だった」とある。
確か、パネラーの誰かが呟いていた。
神辺町北部に数10基の砂留があるがこの砂留のおかげで地元の田畑は守られ、
広島のような土砂災害が防がれているのにこの地の砂留は堂々川とお隣の深水地区のみが
なんとかボランティア団体が守っているが他の多くは放置、
まさ土の山は何時悪魔になるかはわからない?
最後に駄洒落、
中条地区の砂留、堂々川の隣にある山で熊が出たと全戸にチラシが配られた。
5月の事、くまった話だ。
確かシンポジウムで誰かが言った。
観衆は笑わなかったが後で聞いたらくまった話は嘘らしいが、これも又くまった話だ。

実名を出させて戴いた方々、感謝込めていますのでお許しください。
                              完
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒガンバナ情報7 | トップ | ハザードマップ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
砂留シンポジューム (mcnj)
2016-10-14 08:36:25
大成功の結果でした。
おめでとうございました。

また、張り合いの材料が、増えましたね。
参加者も、増えることでしょう。
Unknown (ハナイカダ)
2016-10-14 09:16:02
盛大な行事、準備から当日、またその後の整理と、大変だったと思いますが、これからの見通しもでき、熊ったことばかりでなくなり、一安心かと思います。

中国新聞の「天風録」にも書いてはありましたが、いやいや、若者にも、また子供たちにも、しっかり継承されていますよね!

でもまだまだ自然を尋ねる人さん、16(4×4)ではなくて、64をかけてご活躍ください。(8×8・・・ハッパ、汗)
砂留シンポジューム (かなこ)
2016-10-14 09:25:40
自然を尋ねる人さんおはようございます。
大盛況で大成功おめでとうございました。
暫くUPがなかったので心配もしましたが多分この準備にお忙しいのでしょうと思いました。

大変な準備でしたね。
中味の濃さが良く解りました。
無事に大会を終えられましたこと安心しました。
お疲れが出ませんように・・・。
お疲れ様でご苦労様でした。

気にはかかっていましたが (uke-en)
2016-10-14 21:56:21
お忙しいのが重々分かっていましたので、更新されな
くても心配も督促もしませんでした。
無事、成功裏に終えられてよかったですね。

記事にある中國新聞の報道は考えさせられますね。

http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=289487&comment_sub_id=0&category_id=143

お身体を休められて、また楽しい記事を読ませてく
ださいね。
おつかれさまでした (和三郎)
2016-10-14 23:30:47
でも、私は砂防堰堤不要論者なのです
文化的価値はみとめますが
そんなものが田畑を守ってきたとは思わない
全国砂留シンポジューム (kogamo)
2016-10-15 18:36:00
先ずは、イベントの大成功おめでとうございます。
開催までのご準備やパネラー役もお疲れ様でした。
3つの学校の児童の協力も、素晴らしいですね。
地域と密着して、学校へ呼びかけて行かれた、これまでの実績と努力のたまものと思います。
これからも、お体にお気をつけて、頑張ってくださいね。
Unknown (ディック)
2016-10-15 19:35:13
長らく更新されていなかったのは、こういう事情でしたか。シンポジウムの開催がどのくらい大変なことだったのか、よくわかりました。
各方面からたくさんの方々の協力があったのは日頃の活動の成果でしょう。
お疲れ様でした。
多方面で活躍 (縄文人)
2016-10-16 10:58:38
全国砂留シンポジューム
開催までの準備は大変でありましょう。
お疲れさんでした。
蛍から始まった、堂々川、彼岸花、砂留、歴史発掘などなど多方面で活躍、頑張ってください。
Unknown (みさと64)
2016-10-17 08:41:17
こんにちは。
全国砂留シンポジウム、お疲れ様でした。
無事に終わって何よりです・・・
全国的なイベントですから、準備段階から色々と大変でしたね。
それでも、大成功だったようで本当によかったです。

uke-enさん(↑)がリンクを貼ってくださった中國新聞の報道、
じっくりと読ませていただきました。
自然さんたちの活動を十分理解しての、嬉しい記事でしたね。
この記事が地域の大勢の人々の目にとまって、
堂々川へ足を運んでくれる人が増えるといいですね♪
砂留の意味や価値やその素晴らしさを感じてただくことはもちろん、
自然さんたちと地域の子供達によって、作られ守られているこの環境に身を置いて、
堂々川の四季を、見て感じていただきたいですね・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。