自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

2月の定例会

2017-02-22 14:26:42 | Weblog
堂々川ホタルの2017年2月の定例会は
ゴミを捨てやすい場の整備と生物多様性の場作りを目的とした。
ゴミが沢山ある場所3ヶ所を重点的に整備とゴミ拾いをした。

国分寺の紅白梅を見ながら





春が来たことを確認し会員11人は堂々川へ集まる。

ゴミを多く捨てられる所は
①道の脇が藪化して見えにくい所
②すでにゴミが捨ててある所
③障害物があり、上流のゴミが滞る所
④道の脇が広くなって駐停車出来る所
⑤橋の付近(橋の上から川めがけて捨てる)

①と⑤がかぶる橋の付近


しばらくぶりの草刈り


1番砂留の下方本流③に相当する所


草刈り


①②がかぶる場所の川の中




④堂々公園入り口付近 なぜか煙草の吸殻が多い




③6番砂留の下方
この場はホタルが沢山飛んだ所
カワニナの放流も兼ねてゴミ拾い


19日のカワニナ放流数は約12000匹


拾ったゴミは45㍑袋に3つと空缶約15個
その中に酒類が6缶&パック


このケースは特にひどい


定例会の早朝か前日の夜、スピードを出し過ぎたのか道脇に乗り上げ
処理済みの車があったことが分かる


道脇のアスファルトが壊れている
又道横の草むらに轍の跡

ラジエーターから流れ出した不凍液


定例会の日現金を収得した。
交流のある駐在さんにメールしたら今日は出張中につき
神辺交番か本署へ持参して欲しいとの返事。

交番へ届けた。
交番の担当は留守、本署へ電話したら今現場対応中
しばらく待ってもらえないか云われる。
隣の本屋さんに行くと言って時間をつぶす。
何と本屋さんまで迎えに来てもらえた。対応がよい!
収得現金手続きの際、別の警官に酒・アルコール類の空き缶の話をし
パトカーを時々・頻繁に堂々川を通るようにお願いしたら
聞いているのかいないのか返事はない。多分このときは耳が遠くなったのだろう。
次に事故の話しをしたら愛想はあるが動きはない。

そして拾得物の手続きが終わると
お礼金が5%~20%貰えるがどうするかと聞かれ
仕組みを詳しく教えてもらった。
県に寄付か引き取り手がない場合、当方のものになると。
金額が金額故に何処かへ寄付すると言ったら災害団体なら
一度当方が引き取り、寄付して欲しいと。

ホタルが引き取ることにした。?千円の20%ゲット?
「とらぬ狸の皮算用」

先日も掲載したニホンアカガエルの卵5腹以上
卵を産みに来ている親も発見


距離2m

産んでから時間が経っていない卵


お金を稼ぐのも、自然を守るのも楽ではない。
後何年もできるものではないから、
ゴミも警察対応も今しばらく我慢が必要か。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

春が来る

2017-02-15 18:03:28 | Weblog
最近のお天気と気温は三寒四温というには少し外れるが
周りの自然を眺めると春がかなり近づいていることがわかる。


朝起きたら雪か霜か見分けのつかない雪が見えた

高気圧が近づいたが寒気は残り
入道雲が元気よく天空へ登る


寒いのは変わりがないがお日様が顔を出せば暖かい。
咲いている花もちらほら






冬から春にかけて咲く花


水仙

ハーブ


人面の花も咲いている



もう少し暖かくなったら咲こうと準備する沈丁花





紅白そろい踏み春を待つ。

最近一休みしていた原木シイタケも首を持ち上げ雨を待つ。



毎年変わらない冬から春へ移動する季節の彩り

はえー話がこの寒いのに
蠅が手をする足をする




間違って葉が見えたぼけにのとげにでも当たったのかな!



はっハ、ぼけた蠅さんだね。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のホタル

2017-02-12 17:07:28 | Weblog
毎年寒いときに川へ入り生き物の調査をしている。
2月8日天気予報は冬型、寒くて雨か雪と予報

ここ数年当たるも八卦のカマキリの卵のある高さで雪の積雪予想を
していたが当たらないような気がしてやめている。
それが2月8日雨の確率の高い雲が出たのでカメラを構えた。
カマキリの卵それも地上3mも越えている。
この暖かいのに雪が多いとはあてにしないで放置した。





それが鳥取や広島県北部は30年ぶりとか!
カマキリさん信用しなくてすみません!

堂々川では川津桜の蕾はまだ色ずいただけ、咲くのは先のよう。


10月櫻が数輪咲いている。


先日から堂々川に入り生き物調査をしている。
広島県準絶滅危惧種のニホンアカガエルの卵の確認
毎年2月初旬に卵を産む。


オスがメスの来るのを待つ


メスがやってくると交尾して産卵





例年とほぼ同じ数。卵塊が50を超えているから300前後

長く水の中にいると長靴という文明の利器でも足先が冷たくなる。



一昨年の工事ミスからセメントが流れ出した問題以来姿を消していた
ヘビトンボの幼虫も1匹見つかった。

調査目的のホタルの幼虫は今回も見つからなかった。

福山市の100周年記念事業
次の100年に伝えたい、残したい福山の誇り



福山市から福の山百選 部門「宝」堂々川のホタルの
認定証はいただいたが
会員の年齢は高くなってくる。ホタルは少ない。


対岸から見る堂々川はちっとも変わらないのに

捨てられるごみは減ったのに



どうすりゃいいのか!
又ホタルを蘇らせるために10年前ビオトープを作ったが同じことを
しないといけないのか。
それともどこかの団体のようにホタルの幼虫を
1匹400円出して購入するか?

ホタルと環境のコンサルをしているのにどうするか悩んでいる。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

はーと

2017-02-09 10:53:30 | Weblog
えーと今年の干支は鳥だった。
間を伸ばして最近の鳥を見た。
メジロの曲芸最近よく見る光景だ。


逆光の朝

撮影を急ぎぼけたかな


そのメジロ


ウメに止まってきちがいに


エナガ・シジュウガラもウメを見る





この鳥達はきちがい(木違い)ではない

最近の百舌、人を見れば近づいてくる


そんな男の独り言
だまって聞けば面白いものまね


キジバトが我が庭に住みついた。


ジロリ
人の恋を邪魔するな


鳩のハートはもう春模様



今度はメスが見てはだめと目で合図。
オスはやっぱり気が大きい。羽根の中に首を入れていた。
ハトの文字をハートとのばしてみたが春はまだきぬ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

国府と遺跡と蝶

2017-02-06 18:14:51 | Weblog
2月に入って何をしたのかわからないが忙しい。
エー日記を見ればなるほどやっちもないことを沢山している。

例えば在所の年表作りで手掛かりを訪ねたり、自然を訪ねたり
少し遠方の国府シンポジウムを覗いてみたり、遠音近音を聞いている。

その一、年表作り 神辺歴史民俗資料館を尋ね、作った年表誤差を確認。


近郊の砂留位置を確認

砂留何と言っても堂々川
やっぱり日本一

御領遺跡の遺跡場所を見る


日本でも有数の御領遺跡(佐賀県吉野ヶ里遺跡の4倍)もある。
対面の山には870基もの古墳があった。


堂々川から岡山県境までが御領遺跡


その山にある古墳、県も市もお金がないから発掘調査は後回し、
少なくても我が地には「御領の古代ロマンを蘇らせる会」があり
ボランティア活動を続けて整備を続けている。
が強がり云ってもお金は無い。
足長前方後円墳




現状神辺では唯一の前方後円墳を整備


午後、私以外は別の前方後円分の整備をしたらしい。

お昼から府中市の国府シンポジウムへ参加した。
すでに満席近い、300数十人




写真を撮るなと肩を叩かれ、市を上げてPRしているはずなのに
肝っ玉のちいさい主催者?可愛そうに!

しかし、この発表をした地域のTVキャスターが格好良かったから
ついパチリ。許可を得ていないから顔とスタイルは載せられない。
(ここで良心が顔を出す)


面白い発想をしていた


なるほど、こじつけられるもんだ。
光源氏のモデル=藤原実方
筆の三蹟と云われた=藤原行政
はたまた出てきた
紫式部のひいおじいちゃんときた
藤原文範

いくら国史跡が出てきてこの地が西の都と云っても少しやり過ぎだ。

まだこの地が国府跡と決まったわけではないのに国府跡に登録!
ならば神辺はどうした。
多分お金がなくて、発掘を途中で辞めたのだ。

ここだけの話、今我が作の年表にこの程度のいたづらならいくらでも書ける。
要するに証拠がない。一度発表すると嘘が独り歩きしかねない。


しかし良いシンポジウムだった。
昨年9月私たちが開催したシンポは少しだけ勝っているかな・・・。

堂々川では4日の日、春にも負けない気温と青空
テングチョウがあちこちで飛んでいた。






ウーン、やっぱり天狗になっていたかな。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

大学生来訪

2017-01-30 18:44:42 | Weblog
全国砂留シンポジウムを開催して以来堂々川のレベルは上がって来ている。
例えば今日の記事
備後地域の2つの公立大学の学生さんが堂々川を学びの場に選んでくれた。

O大学の学生さんは卒業論文を書く準備のため堂々川を選び観光協会に依頼され
そこから事務局へ要望が来た。

忙しいけれどこのような要望は最優先で案内役をOKした。


O大学3年生
婆様たちがやきもちを焼くのもわかる
スタイルは良い


意地悪婆様が毎日この場でミ―テングをしている。
私たち同好会が椅子や机代わりを作り、提供しているのに悪口を云う。
若い女だから案内をOKしたのだろう。私らにはめったに相手してくれないのに!

先日今度はF市立大の大学院生が教授2名と来訪された。


土木関係が専攻のようだ



カンカン石でできた鳴る岩古墳付近の古墳数基やすでに壊されて
駐車場の土留になっている石の音の不思議を聞いて、見てもらった。

山の中に入れば今の時期ルリビタキがよく見られる。


ルリビタキ
綺麗な色が見られた



今旬の八丈岩へ登り、御領遺跡や四国山脈を見てもらった。
先日山陽新聞さんにゴントハチの民話を記事にしてもらった。
図書館や教育関係の人から電話を貰った。
差し上げたらお礼の手紙を貰った。




登る鉄ばしごは明治43年製、本当の鉄、現在福山周辺で作られる伸鉄ではない。

続いて古墳の丘へ行き、素晴らしい眺めを見ているうちに時間切れで帰ることに!

でも私たちのお願も聞いて欲しいと残り時間を10分貰った。
少し下流に砂防堰堤がある。
この堰堤オレンジ色をしている。
ある人に上流に砂鉄を沢山含んでいる花崗岩があり
その鉄が流れ出たのだと教えてもらった。
それをまともに信じて多くの人に話をした。

だが今回の先生曰く
「これは砂鉄ではない。微生物だ」
これを見て!


砂防堰堤の水の流れる所にオレンジの筋

まだよくわからないが、一応納得


枝にとまった「カシラダカ」
わかったような止まり方。
鳥がそう思うのならそれで我が頭(かしら)も右同じにすることにした。


カシラダカ


今まで、間違った説明をした約50名の方
訂正してお詫びします。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

酒屋さん

2017-01-27 18:30:24 | Weblog
寒い冬なのに車で30分も南に行くと菜の花が満開


瀬戸内海の海辺
笠岡という干拓地


今日予報ではすごしやすお天気と聞いていたが
お昼からは雲が出て、パソコンのある部屋は5.1度

寒い時にはお酒がよいと昔から言われているが
最近ではのむ人が少なくなっている。
神辺という今人口4万強の町に4軒の作り酒屋があったが
今では1軒だけになっている。その1軒「天宝一」と云い全国でも有名。
他にも八仙、青葉という酒屋さんもあった。
今日の記事は地元御野学区の歴史年表を書くため、
この酒屋さんをの門をたたいた。


明治元年創業



数年前からこの家ではお酒は作っていない。

説明をして戴いたら何、素晴らしい歴史の作り酒屋。


明治時代広島県第1回の賞状がある
明治33年6月受賞


4回、5回の賞状もあった。


全国の品評会でも賞を貰っている





大正時代には優等と1等
何が違って差がつくのかな?


歴史の1ページを飾るにふさわしい実績を持つ酒造メーカーが
地元にあったのだが時代の波にには勝てなかったようだ。

アー、もったいない。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

前方後円墳 足長

2017-01-23 10:18:22 | Weblog
個人ごとであるが、昭和の時代にあった御野という村の年表作りを始めている。

日本トップレベルの御領遺跡(九州佐賀県の吉野ケ里遺跡の4倍の面積)
この地のどこを掘っても縄文・弥生、古墳時代の土器や遺跡が発掘される。
このような素晴らしい歴史を持つ地の発掘調査が昭和51年が第1次だとは!
その後井原鉄道、国道313号・486号の新設工事に際する調査が行われており
全容がわかり始めた。でも調査するにしても古文書・文献がほとんど見つからない。

先日、足長前方後円墳があると言う地域を訪ね、地元の人に聞いた。
この杉林に古墳があると親父から聞いたと言う人はいたが、その場所はわからないと。

その日の行動を撮った写真で追ってみた。


神辺町平野 高屋川の南の山沿いの道
道祖神(地神=幸神)が並んでいる南の丘陵


場所は現在平野中組集会所の南の戸の山の最下部、小字は足長
この地の古い家の墓地、天保時代の刻印がある。


このお墓がある西の丘陵地


御領の古代ロマンの会の副代表に電話しても目印がないからわからない。


この山だけはわかった


西側にも墓地があり、そこの道を20mほど登り、けもの道を15m進むと
ルリビタキがいた。
おお鳥だ。カメラが追いかけた。






約8m先、近づけばまた先へ逃げる。
逃げる先はすべてどなたかが笹を刈って小道になっている。






追いかける!逃げる!


なぜ止まる


ここから先が前方後円墳だよ言っている見たい。


小さな御社がある


そこから北を見ると



素人目にも前方後円墳だ

ルリビタキが連れて来てくれた。
この鳥綺麗なだけではなく道案内もしてくれた。
昆虫にも道案内をする綺麗なハンミョウがいるがこの鳥の存在ありがたかった。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

シイタケ原木作り

2017-01-20 20:56:13 | Weblog
20日大寒の日、時折強い風とパラパラ雨が降る昼前
地元の小学校で下御領生産森林組合の役員やボランティア数人が
シイタケの原木に種駒を打ちこんで、1~2年後のシイタケがはえる
原木栽培の段取りと指導を行った。

小学生52名と先生に指導
子供たちが校庭に来る前に準備をする。


原木約60本を12組に分ける

原木に穴をあけるドリルのチエック
1番怪我の発生が多い工程の為確認をする


子供たちの指導に各班ごとに黄色のジャンパーが1人つくため、服を着替える




種駒


有名メーカーの商品


子供たちを迎え、作業にかかる



まず工程の説明


栽培手順の説明

種駒を打つため穴をあける手順


作業開始


最初は恐る恐るの作業だが
女の子の1人がすぐ慣れ全員がそれを見ならった

駒を打ちこむ


出来上がったら保管する場所へ原木を運ぶ


1昨年植えた木にはシイタケが


このシイタケを給食で食べるそうだ。
シイタケが嫌いな子でも自分たちで作業して出来たシイタケは食べるとか


保管する場所へ運んだ後掃除


数年間シイタケが生えた原木は腐敗する


クワガタがいるので朽ちた木を砕いてみる

マメクワガタの成虫発見


子供たちは大喜び。
多分先生を驚かせたと思う。

最後に校長先生が来られてお礼を言われた。

当然朽ちた木は組合長と事務局長が持ち帰った。
こんな人たちがいる地域は素晴らしいと思った。

今日の記事は堂々川ホタル同好会の行事ではない。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の堂々川

2017-01-15 21:24:58 | Weblog
雪はよい良い帰りが怖い、ようやく昨年並みの冬がやってきた。
本日の報告はただ単なる報告と貴重な自然の生き物の記録を掲載する。

1月15日本年3回目の更新、
朝起きたら雪だった。ここ数年、雪の朝は堂々川へ行くことに決めている。
ヌキィ(暖かい=備後弁)朝が続いていたから、布団から出るのがつらい。
長靴を履いて雪降る屋外へ。
我が家の裏道は近世山陽道。この道のつきあたりは明治までの庄屋さんの家


門と塀は文化財候補
それでも菅から維持支援がないから壊すそうだ


北へ100m行けば山すそ、凍った池を右に見て
国分寺参道






本日はこの現場は通った証拠の証
ここから50mも行くと登録有形文化財の堂々川の砂留群


1番砂防堰堤
すでに砂留機能は無い
それでも草を取り整備している


2番、3番、4番と上流へ歩き、ヒガンバナを植える場所の確認をする。








1番砂留から6番砂留間約1kmをヒガンバナロード
又の名をヒガンバナの里として全国レベルで名前を売る企画を考えている。


6番砂留

見落とすことが多い堂々公園
雪をかぶったサザンカの美しさ


忘れていた。堂々川でロケーションが最高の鳶ケ迫砂留



雪が舞う堂々川の風景を紹介した。

ここからは堂々川の環境
自然を尋ねる人の本業を紹介する。

日本赤ガエル。今頃水の中の小石(恋し)の下で
身体を婚色に変えて冬眠から一時覚めて、恋いカエルを待っている。

雪の朝、若いカップル
変わった行動をする。大筋からは変わって脱線記事だが


まさか、カエルはここまではしないだろう

記事にする方もする方だがほほえましい光景だ


本題に帰って

そして、することをしたら又冬眠する。
本日発見3匹!


日本赤ガエル


ドンコとヌマエビ



ヌマエビ



エビが多いと紹介すると魚釣りをする人が餌として取りに来るから場所は公園内だが秘密。

最後、本日出あった鳥
メジロ、ホオジロ、ツグミ、ヒヨドリ、ルリビタキ
どれも証拠になるような写真は撮れない。

撮れたのはジョウビタキだけ。



とり逃がしたのだが運よく影を残して飛びたった。

今年のホタルを占う意味で川の中を探したが1昨年の工事ミスが
まだ回復しておらず、幼虫は1匹たりとも、見つからなかった。

10年前のビトトープ作りを改めてやり直さないと
ホタルの復活はむずかしそうだ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加