自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

カスミサンショウウオ

2017-03-27 21:10:56 | Weblog
3月27日お昼から晴れていても急に雨になるから注意とお天気予報の美人が云う。
ヒガンバナの球根を掘らなければならない事情の人に貰いに出かけた帰りの車の中。
大きな音がして空から水と2~3mmの氷の塊が落ちてきた。


黒い雲が近づき5分もしないうちにあられが落ちてきた
雹ではない


昨日の夕日、雨が降りそうな気味の悪い夕日





つい先日もおなじ雲と夕日を見た気がする。確か翌日は雨だった。
今は自然予報よりコンピューター予報の方が正確である。

3月も終わり近い、広島県東部、海から10kmの山の中の自然
姫こぶしが咲き、ぼけの花が正常に咲いている。
つまりぼけた花ではなく限りなくビュウティフル花色であった。
ぼけていたらこれだけの美は見せてくれないはず。





春の花に惑わされて
本日のメインテーマ「カスミサンショウウオ」忘れてはいけない。

このサンショウウオは絶滅危惧Ⅱ類の両生類である。
昨年は我が地でも数を減らせており心配した。

この絶滅危惧種の両生類を守ろうと堂々川ホタル同好会の有志が
一昨年カスミサンショウウオのビオトープ作りを計画、実行した。
他の場所から幼生を移設した。

春になり、湧水がある水たまりや流れのゆるい渓流に
オスが先に来てメスを待つシーンが見られる時期なので確認に来て見た。


水がある沼状の場所
しばらく放置していたら砂堰が切れて水が少ない


その場に網を入れて引き上げると


水がない中帰って来てくれていた


副会長に電話して応援依頼、二人で超小型の花崗岩砂防堰堤を築いた。




上流の沼からこの葉を集めて周囲にばらまいた。


葉に中に潜っていく


それから水の少ないビオトープの中の泥の中へ入り見失った。



絶滅危惧種でも条件が合えば生息することが確認できた。
これで堂々川ホタル同好会はまた貴重な実績を作った。

ある人はユウだろう。何が面白いのだ。
白くはない。カスミは黒っぽい。今回はホタルの勝ち!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰です

2017-03-21 14:07:14 | Weblog
前回から11日ぶりの更新です。
その間いろいろありましたが先週3日間は東京へ
孫の卒業式2校に参加しました。お涙頂戴の卒業式はパス!
17日卒業式を滞りなく見届けて都内平河町へ

見るもの、見たものみな新鮮、やっぱり花の都の東京だった。
東京をヨイショしても小池知事は忙しいから別に返事はない。
福山市長からは返事を戴けるがやっぱりねー、そうだろねー


この川、大井川だったか
富士川だったかこれも東京へ行った証拠


折角の東京、ただでは帰れない。


全国治水砂防協会
ただいま工事中


理事長殿をお訪ねし、福山市が今募集しているオンリーワン募集についてお願した。
福山市では日本一またはそれに準じるものを認定するらしいので問い合わせがあったら
堂々川の砂留や福山市の神辺の砂留が日本最古の建築物である証明して欲しいと!
事実、日本最古は間違いないから何処かの森がつく小学校のようなことはない。

もう一つ、理事長殿に神辺の民話ゴントハチのDVDを訪問土産に差し上げた。
この物語は日本武尊が日本書紀によれば悪神(オ二)を退治し、千年古墳に封じ込め
千年後に改心して、古墳を出たら世の中は干ばつ、土砂災害、一揆が多発の時代
オ二たちが昔の恩返しとして1晩で砂留を築いた話である。
作者はホタル同好会の人であるが面白い。もし見たい方はコメントに!

理事長が云われるには砂防会館図書館に置いて閲覧できるようにしようと。




大喜びして帰途についたのです。


この時間帯は福山に止まるのぞみがないので新神戸で九州新幹線さくらに乗換て
帰ってきた。約4時間。

そして19日、朝8時にはホタル同好会の3月定例会。

今回から災害保険をかけての作業とした。


川の中に流木、これを取り除き


平家ボタルを飛ばすためと不法投棄をなくす為の環境作りで川の中の整備
おまけとし見通しを悪くする木の伐採もした。






整備しているとルリビタキがご挨拶



平家ボタルの幼虫の住処は
今、日本赤ガエルのオタマジャクシが一杯


一方ではゴミの不法投棄をなくすための作業、今回は参加者が少なく
目標は達成できないがゴミだけは拾った。





想像以上のゴミ、雑誌が多かった。
ここ2カ月のゴミ拾い量は8年前に戻った。
対策を本気で考えなくては!

4番砂留脇では猪が交通事故死?
もうカラスがやって来て食べている。
よく見ると内臓はナイゾウ。
夜のうちに狐か狸がやってきたのだろうか。
この西側の谷の名は『狸ケ原』



食事中のカラスにどいてもらいけもの道付近に埋めて成仏を祈った。
仲間に「堂々川は来てはいけない所とPRするように」
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

日本最古を

2017-03-10 16:39:16 | Weblog
時計を見ると時間がある。
堂々川の隣の川の砂留会長さんに電話して時間の有無を聞く。
OKの返事を貰い、尋ねる途中に鴨類発見。


まだミコアイサがいた


行きがけの駄賃としてパチリ
JR福塩が線路を渡る。珍しくはないがこれも1枚。




今日も目的は日本最古の砂留探し
広島県が平成9年発刊の本を頼りに
東中条という神辺町構成の北の集落。
明治時代には銀行も女学校もあったらしいが。


今信川


調査は今回で4回目である。
この地で小部砂留を聞いても誰も知らない。
18人目ぐらいの人が「オベ」ジァーニャワー「コベ」よ。
そこの校長先生宅に行き聞いてみたらええ!
先生88才、確かにその先の山に砂留があると教えてもらった。

山に入る前の白樺林の中に砂留がある。


石の割り方綺麗 大正時代か?


50mほど登ると藪の中に石崖が見える。
砂留だ。


鎌をとり出し笹を切る



砂留だ


福山藩で1番古いと言われても考えてから返事をしなくては!

この上にも砂留がある。


身体が痛むから代ってもらい

すでに崩落が激しい


なんとかしないと、気は焦るが!
今日はこのあたりでちょうど時間となりました。

用事がある人を送って行き、今度は公民館へ


地図の意味が分かる図


2枚目の地図に目指す砂留がある



地図には砂留は無いが小部の小字(コアザ)は記載がある。

引き継いで作業か、県・市へ連絡して
ハイそれまでよにするか。
しかし長い年月、この下方の矢神社と生活する人の安全を守った
砂留をそのままにはできない。
『だから止めておけと言ったのに』注意してくれた人感謝。
とんでもないかもネギになった。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

春の息吹

2017-03-06 17:20:31 | Weblog
弥生3月春心、花芽も膨らみ、人の気持ちもおおらかに
そんな気がする今日この頃。

あるボランティア団体が堂々川周辺の山の管理を定期的に行ってくれている。
古墳の話など1時間ほどの講演を依頼された。
座る場所も電気も何もない山の頂上。
無い知恵を頭を叩いて考えた。
そうだテーマを二つにして場所を移動して話せばよい。良い考えだ。
30分を2本なら立っても聞いてもらえると古墳と観光地を作るボランティアを
パワーポイントで作りA41枚裏表を2枚作った。


古墳の上に立つのは講談師(好男子)ではない


これが昔の人のお墓だと言うと驚いて石の上から下りた人がいた。
ここでは古墳の話、奇岩の話。

帰る時道路脇のゴミを拾った。子供たちも参加していたがどんな感想を持っただろうか。





5日の日、近くのボランティア団体からホタルの幼虫調査をするから指導と
手伝いを要請されてその場へ行く。


広島県の天然文化財


よくぞここまで復活させたと感心している。


幼虫が餌のカワニナを食べている


ホタルの幼虫は今の時期、餌を食べるのが少ない仮冬眠期を過ぎ、食欲旺盛だ。


幼虫 伸びれば30mmぐらい


石の下でじっとしている時は20mm前後
5匹の幼虫を確認した。今年も数百の乱舞が見られると思う。

あっちこっちウロウロ忙しい。
他所のシマ(縄張り)を見て自分のところはと思い堂々川へ。

着くとすぐにテングチョウが挨拶にくる。




下流ではコゲラの夫婦に出合った。
ここで10分程道草。




堂々川でも水の中。水はぬるみ春が来たと教えてくれた。
トンボの幼虫が2種、コニヤンマとオニヤンマ、魚は100mmぐらいのドンコ。


コオニヤンマ

ドンコ

ホタル見つけた。でも写真には映っていない
こう云うのをとり逃がしという


楽しく遊ばしてもらった。
皆が帰る頃、つまり夕闇が迫る頃太陽は沈みはじめ、サンピラーがみられた。




雲が邪魔して太い光であった。

春がそこまで来ている。自然の気配で春を感じたここ数日であった。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

3月花

2017-03-02 15:27:17 | Weblog
朝から雨、日が出たかと思うとお昼から又パラパラ、今は薄日が差している。
そんな春3月、前々回に続いて春の花黄色を載せてみる。

始まる前にご挨拶
私は2月で「御領の古代ロマンの会」に辞任を申し出で役員会で了承いただきました。
代表を辞任して楽になるかと思ったが!
3年近く応援していただきましたが後継者が見つかり、めでたしめでたしです。
ただ、誰もご苦労さんと言ってくれないのは少しさびしい(笑い)

現実に戻り


今日の空


古代ロマンの思いでを消すために


古墳の丘

御領遺跡 多分ここから出土した土器が
重文になると思う

鬼伝説もDVDが250枚以上残るので引き継ぎ


2月の終わりに一緒に活動した小学校の発表会に参加させてもらった。


プログラム
何と2学期の総合学習では8チームすべてが
堂々川と古墳


良く地域を学んでいた。


10年昔の堂々川のゴミの事も


午前中雨がパラパラの時、(高屋川で夕方みたいに暗くなっていた時)
鳥のバンが川にいた。鴨の内早い仲間は北帰行を始めたのだろう。
大幅に減っていた、でバンは渡り鳥?



用事を済ませた後、黄色い花を追ってみた。
春の初めは黄色が似合うようだ。


クロッカス

フクジュソウ


野にタンポポ、昔を振り返れば薬草教室を1年開いた



その時この根を掘り、キンピラ蒲公英、根を干して粉にしてコーヒーモドキを
作ったりした。アンコールを戴いたが一つ仕事を減したばかり故辞退。


老人大学へ行く年代なのに講師とは
推薦してもらったのはありがたいが!


終わりになるが椿




黄色というには無理があるがまだ捨てるにはおしい人間か。
自分で言うからまだ大丈夫。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2月の定例会

2017-02-22 14:26:42 | Weblog
堂々川ホタルの2017年2月の定例会は
ゴミを捨てやすい場の整備と生物多様性の場作りを目的とした。
ゴミが沢山ある場所3ヶ所を重点的に整備とゴミ拾いをした。

国分寺の紅白梅を見ながら





春が来たことを確認し会員11人は堂々川へ集まる。

ゴミを多く捨てられる所は
①道の脇が藪化して見えにくい所
②すでにゴミが捨ててある所
③障害物があり、上流のゴミが滞る所
④道の脇が広くなって駐停車出来る所
⑤橋の付近(橋の上から川めがけて捨てる)

①と⑤がかぶる橋の付近


しばらくぶりの草刈り


1番砂留の下方本流③に相当する所


草刈り


①②がかぶる場所の川の中




④堂々公園入り口付近 なぜか煙草の吸殻が多い




③6番砂留の下方
この場はホタルが沢山飛んだ所
カワニナの放流も兼ねてゴミ拾い


19日のカワニナ放流数は約12000匹


拾ったゴミは45㍑袋に3つと空缶約15個
その中に酒類が6缶&パック


このケースは特にひどい


定例会の早朝か前日の夜、スピードを出し過ぎたのか道脇に乗り上げ
処理済みの車があったことが分かる


道脇のアスファルトが壊れている
又道横の草むらに轍の跡

ラジエーターから流れ出した不凍液


定例会の日現金を収得した。
交流のある駐在さんにメールしたら今日は出張中につき
神辺交番か本署へ持参して欲しいとの返事。

交番へ届けた。
交番の担当は留守、本署へ電話したら今現場対応中
しばらく待ってもらえないか云われる。
隣の本屋さんに行くと言って時間をつぶす。
何と本屋さんまで迎えに来てもらえた。対応がよい!
収得現金手続きの際、別の警官に酒・アルコール類の空き缶の話をし
パトカーを時々・頻繁に堂々川を通るようにお願いしたら
聞いているのかいないのか返事はない。多分このときは耳が遠くなったのだろう。
次に事故の話しをしたら愛想はあるが動きはない。

そして拾得物の手続きが終わると
お礼金が5%~20%貰えるがどうするかと聞かれ
仕組みを詳しく教えてもらった。
県に寄付か引き取り手がない場合、当方のものになると。
金額が金額故に何処かへ寄付すると言ったら災害団体なら
一度当方が引き取り、寄付して欲しいと。

ホタルが引き取ることにした。?千円の20%ゲット?
「とらぬ狸の皮算用」

先日も掲載したニホンアカガエルの卵5腹以上
卵を産みに来ている親も発見


距離2m

産んでから時間が経っていない卵


お金を稼ぐのも、自然を守るのも楽ではない。
後何年もできるものではないから、
ゴミも警察対応も今しばらく我慢が必要か。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

春が来る

2017-02-15 18:03:28 | Weblog
最近のお天気と気温は三寒四温というには少し外れるが
周りの自然を眺めると春がかなり近づいていることがわかる。


朝起きたら雪か霜か見分けのつかない雪が見えた

高気圧が近づいたが寒気は残り
入道雲が元気よく天空へ登る


寒いのは変わりがないがお日様が顔を出せば暖かい。
咲いている花もちらほら






冬から春にかけて咲く花


水仙

ハーブ


人面の花も咲いている



もう少し暖かくなったら咲こうと準備する沈丁花





紅白そろい踏み春を待つ。

最近一休みしていた原木シイタケも首を持ち上げ雨を待つ。



毎年変わらない冬から春へ移動する季節の彩り

はえー話がこの寒いのに
蠅が手をする足をする




間違って葉が見えたぼけにのとげにでも当たったのかな!



はっハ、ぼけた蠅さんだね。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のホタル

2017-02-12 17:07:28 | Weblog
毎年寒いときに川へ入り生き物の調査をしている。
2月8日天気予報は冬型、寒くて雨か雪と予報

ここ数年当たるも八卦のカマキリの卵のある高さで雪の積雪予想を
していたが当たらないような気がしてやめている。
それが2月8日雨の確率の高い雲が出たのでカメラを構えた。
カマキリの卵それも地上3mも越えている。
この暖かいのに雪が多いとはあてにしないで放置した。





それが鳥取や広島県北部は30年ぶりとか!
カマキリさん信用しなくてすみません!

堂々川では川津桜の蕾はまだ色ずいただけ、咲くのは先のよう。


10月櫻が数輪咲いている。


先日から堂々川に入り生き物調査をしている。
広島県準絶滅危惧種のニホンアカガエルの卵の確認
毎年2月初旬に卵を産む。


オスがメスの来るのを待つ


メスがやってくると交尾して産卵





例年とほぼ同じ数。卵塊が50を超えているから300前後

長く水の中にいると長靴という文明の利器でも足先が冷たくなる。



一昨年の工事ミスからセメントが流れ出した問題以来姿を消していた
ヘビトンボの幼虫も1匹見つかった。

調査目的のホタルの幼虫は今回も見つからなかった。

福山市の100周年記念事業
次の100年に伝えたい、残したい福山の誇り



福山市から福の山百選 部門「宝」堂々川のホタルの
認定証はいただいたが
会員の年齢は高くなってくる。ホタルは少ない。


対岸から見る堂々川はちっとも変わらないのに

捨てられるごみは減ったのに



どうすりゃいいのか!
又ホタルを蘇らせるために10年前ビオトープを作ったが同じことを
しないといけないのか。
それともどこかの団体のようにホタルの幼虫を
1匹400円出して購入するか?

ホタルと環境のコンサルをしているのにどうするか悩んでいる。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

はーと

2017-02-09 10:53:30 | Weblog
えーと今年の干支は鳥だった。
間を伸ばして最近の鳥を見た。
メジロの曲芸最近よく見る光景だ。


逆光の朝

撮影を急ぎぼけたかな


そのメジロ


ウメに止まってきちがいに


エナガ・シジュウガラもウメを見る





この鳥達はきちがい(木違い)ではない

最近の百舌、人を見れば近づいてくる


そんな男の独り言
だまって聞けば面白いものまね


キジバトが我が庭に住みついた。


ジロリ
人の恋を邪魔するな


鳩のハートはもう春模様



今度はメスが見てはだめと目で合図。
オスはやっぱり気が大きい。羽根の中に首を入れていた。
ハトの文字をハートとのばしてみたが春はまだきぬ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

国府と遺跡と蝶

2017-02-06 18:14:51 | Weblog
2月に入って何をしたのかわからないが忙しい。
エー日記を見ればなるほどやっちもないことを沢山している。

例えば在所の年表作りで手掛かりを訪ねたり、自然を訪ねたり
少し遠方の国府シンポジウムを覗いてみたり、遠音近音を聞いている。

その一、年表作り 神辺歴史民俗資料館を尋ね、作った年表誤差を確認。


近郊の砂留位置を確認

砂留何と言っても堂々川
やっぱり日本一

御領遺跡の遺跡場所を見る


日本でも有数の御領遺跡(佐賀県吉野ヶ里遺跡の4倍)もある。
対面の山には870基もの古墳があった。


堂々川から岡山県境までが御領遺跡


その山にある古墳、県も市もお金がないから発掘調査は後回し、
少なくても我が地には「御領の古代ロマンを蘇らせる会」があり
ボランティア活動を続けて整備を続けている。
が強がり云ってもお金は無い。
足長前方後円墳




現状神辺では唯一の前方後円墳を整備


午後、私以外は別の前方後円分の整備をしたらしい。

お昼から府中市の国府シンポジウムへ参加した。
すでに満席近い、300数十人




写真を撮るなと肩を叩かれ、市を上げてPRしているはずなのに
肝っ玉のちいさい主催者?可愛そうに!

しかし、この発表をした地域のTVキャスターが格好良かったから
ついパチリ。許可を得ていないから顔とスタイルは載せられない。
(ここで良心が顔を出す)


面白い発想をしていた


なるほど、こじつけられるもんだ。
光源氏のモデル=藤原実方
筆の三蹟と云われた=藤原行政
はたまた出てきた
紫式部のひいおじいちゃんときた
藤原文範

いくら国史跡が出てきてこの地が西の都と云っても少しやり過ぎだ。

まだこの地が国府跡と決まったわけではないのに国府跡に登録!
ならば神辺はどうした。
多分お金がなくて、発掘を途中で辞めたのだ。

ここだけの話、今我が作の年表にこの程度のいたづらならいくらでも書ける。
要するに証拠がない。一度発表すると嘘が独り歩きしかねない。


しかし良いシンポジウムだった。
昨年9月私たちが開催したシンポは少しだけ勝っているかな・・・。

堂々川では4日の日、春にも負けない気温と青空
テングチョウがあちこちで飛んでいた。






ウーン、やっぱり天狗になっていたかな。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加