自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

雪の堂々川

2017-01-15 21:24:58 | Weblog
雪はよい良い帰りが怖い、ようやく昨年並みの冬がやってきた。
本日の報告はただ単なる報告と貴重な自然の生き物の記録を掲載する。

1月15日本年3回目の更新、
朝起きたら雪だった。ここ数年、雪の朝は堂々川へ行くことに決めている。
ヌキィ(暖かい=備後弁)朝が続いていたから、布団から出るのがつらい。
長靴を履いて雪降る屋外へ。
我が家の裏道は近世山陽道。この道のつきあたりは明治までの庄屋さんの家


門と塀は文化財候補
それでも菅から維持支援がないから壊すそうだ


北へ100m行けば山すそ、凍った池を右に見て
国分寺参道






本日はこの現場は通った証拠の証
ここから50mも行くと登録有形文化財の堂々川の砂留群


1番砂防堰堤
すでに砂留機能は無い
それでも草を取り整備している


2番、3番、4番と上流へ歩き、ヒガンバナを植える場所の確認をする。








1番砂留から6番砂留間約1kmをヒガンバナロード
又の名をヒガンバナの里として全国レベルで名前を売る企画を考えている。


6番砂留

見落とすことが多い堂々公園
雪をかぶったサザンカの美しさ


忘れていた。堂々川でロケーションが最高の鳶ケ迫砂留



雪が舞う堂々川の風景を紹介した。

ここからは堂々川の環境
自然を尋ねる人の本業を紹介する。

日本赤ガエル。今頃水の中の小石(恋し)の下で
身体を婚色に変えて冬眠から一時覚めて、恋いカエルを待っている。

雪の朝、若いカップル
変わった行動をする。大筋からは変わって脱線記事だが


まさか、カエルはここまではしないだろう

記事にする方もする方だがほほえましい光景だ


本題に帰って

そして、することをしたら又冬眠する。
本日発見3匹!


日本赤ガエル


ドンコとヌマエビ



ヌマエビ



エビが多いと紹介すると魚釣りをする人が餌として取りに来るから場所は公園内だが秘密。

最後、本日出あった鳥
メジロ、ホオジロ、ツグミ、ヒヨドリ、ルリビタキ
どれも証拠になるような写真は撮れない。

撮れたのはジョウビタキだけ。



とり逃がしたのだが運よく影を残して飛びたった。

今年のホタルを占う意味で川の中を探したが1昨年の工事ミスが
まだ回復しておらず、幼虫は1匹たりとも、見つからなかった。

10年前のビトトープ作りを改めてやり直さないと
ホタルの復活はむずかしそうだ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

トリ年

2017-01-07 20:59:16 | Weblog
年の初めの撮り日記、5日、6日、7日の鳥。
3年前の今頃ヒレンジャクが大挙してやって来て、取り残した柿をあっという間に食べた。

今年も柿の実が豊富、鳥がやってきた。


お尻が赤くなく白 ムクドリかな


雀も群れていたが、チュンは今日はパス。
遠くの山頂でカラスが100羽近く群れており、その場に急ぐカラスもいる。


カメラを取りに行って帰ると数は半減

そのカラスが里へ下りてきて柿を食う


近くの柿の実はすべて無くなった。
今年のヒレンジャク来訪をあきらめた瞬間である。
6日の夕方年賀状を持って郵便局へ
夕日と鴨の綺麗を見て7日の鳥撮りを池に決めた。




7日、日曜日と勘違いして井笠鉄道500円コインデーが始まる駅へ行く。
8日と間違えた。ちょうど良い昨日の続きを実施した。


ミコアイサ?


ダイサギもいる。




喉まで出た名前、結局声にならない



オオバン

鴨の種類は多い、名前思い出せないもどかしさ


この鳥はわかる。


目が白い


うっふん  糞


鵜のねぐら
今年も松の木が枯れるだろう


黄色いサクランボならお色気もあるが黒がうっふんは気持ちが悪い。
その時カワセミが飛んだ。
残念証拠がない。
今年の運勢ついているかついていないか!
神っているのは昨年の事!
今年は自分から変えて行く。
髪形を右流れから左流れに変えて心機一転、頑張ると誓うのだった。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

新鬼伝説「ゴントハチ」

2017-01-03 21:38:30 | Weblog
昨年10月9日に「全国砂留シンポジウム」を開催したことはすでに10月13日にUP済みである。
その鬼伝説の発症の地へ元旦でお天気も良いので訪ねた。
そこには初日の出を見た人が2組残っていた。

話は変わって
昨年のシンポジウムは堂々川の登録有形文化財の砂留を世に出し、地域に安心安全を提供している
文化財を知ってもらい、守って貰う人の発掘で開催したものであるが想像通り地域は無反応な気がした。
その話はさておいて、このシンポは一部、二部、三部構成で、一部は国会議員、県会議員、福山市のセレモニー
二部では民話「ごんとはち」のDVD放映と小学生の堂々川の事例発表。
この民話が砂留に関しての歴史を10分にまとめたもので、1000枚作り現在販売中。


10分にまとめた紙芝居風で備後弁を
使った鬼の喧嘩などのドラマである


阿娜の湖と呼ばれた時代、つまり縄文・弥生時代以前に海進が止まり
広島県一の平野・・・神辺平野が現れ、日本武尊が熊襲征伐からの帰り
日本書紀が言う、悪ぶる神を退治した時からこの物語は始まり


悪い鬼は武尊の捉えられ古墳に封じ込められる


鬼の住んでいたと言う権現山


右端の山

対岸の八龍山


実はこの物語は江戸時代から御領(神辺町竹尋・御野)の住民が語り継いできた民話
調べてみたら[西備名区」なる江戸時代に書かれた歴史書がはじめのようである。
その後昭和に2回は登場人物や鬼が使ったツールが変わっている。
1994年神辺商工会青年部が作った全国鬼伝説サミットではゴントハチに犬と猿がついた物語になり、
投げ合ったものが大岩と栗さすがに商工会、井原線御領駅に大きな看板を立てている。


石を投げる

ゴンが投げた石の山、現八丈岩


その前身は未来社が掲載している日本の民話、これにはモロギ(ネズミサシ)と大岩の投げ合い
その前がノイバラ(ボテの木)と大岩
今回私が採用したのはボテと大岩の投げあい、
それと古墳に封じ込めて1000年後、江戸時代の土砂災害が多発し、一揆が起こった時代に
鬼達が反省して人間の前に現れ、恩返しに一晩で砂留を築くのである。




六番砂留

その基礎部
良く見ると古墳の石に見える



シンポジウムで放映


DVDは鬼が石を投げ合った証として現八丈岩山、(元八龍山又は大師山)の石群
八丈岩の足跡を見る。









思いもかけぬ暖かい元旦
皆様良いお正月を迎えられたことと思います。
本年も引き続いてよろしくお願いいたします。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花

2016-12-29 21:58:08 | Weblog
今年のトリを撮る日がきた。
昔の歌に「曇りガラスを・・赤く咲いても冬の花・・」とヒットした曲があった。


サザンカ   の宿


12月27日堂々川の今年最後のゴミ拾いをした。
相変わらず、たばこの吸い殻をトップに御三家のペットボトル、弁当の空容器は健在。


堂々川のリバーマークと呼ばれる砂留


砂留も今年1年ご苦労さん、来訪者800人は越えただろう・・
(シンポジウムでは人気のない文化財等と不用意な発言をしました。
お許しください。800人・・。嘘ではないです。(嘘のときは3と8がよく出てくる)

猪被害はまだ続いている。


ヒガンバナの葉の緑が綺麗
この綺麗を猪が掘り起こす

魚網を置いて杭で止めた


試験的に設置しているが杭を打たないと荒されている。

ヒガンバナ近くに


川原撫子が咲いている


冬なのに花が咲いている。なぜなぜこれ如何に!
暖かい日が続いたからだろう。きっと!

12月に花が?探してみた。


蝋梅

水仙


今年は例年より2週間以上早いと思える。
当方ようやく黒豆を収穫して乾かしている。
お正月には間に合いそうにない。半乾きなら煮ると皺ができる。
年をとると皺ができる。だから人には送くれない。


いつまでも葉が青いから収穫が遅れた


黒労したのに間にあわないとは!待っていた人もいただろうに!
お天とう様には勝てませんでした。

言いわけをしているはしではすでに「正月とんど」が田んぼの中に現れた。



季節も人間もぼけたのか。
いえいえ、明日からさむかなりそう。


ぼけの花


赤く咲いてもぼけの花。
貴方明日が見えますか?

私には見えました。
皆様がよいお年を迎えられる様子が

赤く咲いてもサザンカとぼけの花。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ねこととり

2016-12-27 22:15:56 | Weblog
今の調子だと今年のトリは今日の鳥
そのようにならないように頑張ります。
雨の降る前の日、依頼を受けた内容の答えを持って訪ねた家
当主は留守で留守番がネコ。
このネコが迎えてくれた。




私と同時にカラスも来る


カラスに注目


お互い遠慮

いやいや気になります





シランぷりして


カラスが隙を見せたすきにおそいかかったが失敗。
カラスとねこの物語は終わる。

続く鳥は鴨、50羽は越えている。




望遠に変えて近づく。
鴨は全力で対岸へ向けて逃げる。しかも時々甲高い声で鳴く。





ここでも逃げられる。

罪のないのは我が家の百舌



逃げもせずこちらを見ながら独り言を言っているようだ。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

冬至の日の出

2016-12-21 22:00:04 | Weblog
12月21日昼間が一番短い日。
昨年も冬至の日の出を見に行った。今年も広島県と岡山県の県境で見るため
家を6時30分に出て北東へ向かう。
20日21時のニユースを見て急きょ決めた。
雨の予想で多くの人に声をかけていない。よって参加者3人。
前日濃霧注意報が出ていた。


広島県側の池

神辺平野は濃霧で山の頂上部のみ見える


現地に着いた時は朝日が登り始めていた。


お月さんへ登る道から東を見る


お月さん信仰(冬至の日にかぼちゃ汁を飲めば風邪をひかない)
国境石1も兼ねるこの石の割れ目から太陽が昇る。




昨年は挑戦したが人が多く、1人5秒の繰り返しだった。
今年はカメラx2、ビデオ1で待つ必要は無い。気兼ねなく沢山の写真は撮れた。






去年の冬至から1年、短いようで長い1年だった。
だがカメラ技術はちっとも上達していない。どなたかに指導を受けたのは覚えているが。
この場には国堺石が5つ、それぞれに国堺と刻印がある。




この5個のある位置をGPSで地図上に置けば
Wの形に存在、つまり星座カシオペアと同じに見える。
何時頃、だれが置いたものかは不明だが、もし自然が作ったものであれば
まさにパワースポットだ。少なくても国堺の刻印は明治の頃なされたものだろう?

この地域


おちいし、かねやまと地域


広島県側は神辺町上御領奈良原地区

銀山と書いてかねやまと読む。



この地域、銀を掘り出していた・銀をかねと読まず。
間歩を見てもらう。銀・銅を産出していたからついた名前である。






素晴らしいパワースポットへ案内をしていただいた。
これぞロマンと思った。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

冬が来た

2016-12-16 18:19:28 | Weblog
天気予報を見ると寒くなったり暖かくなったり、まるで気象庁がお天とう様に遊ばれている見たい。
自然を見るとまだ冬ではなさそう。見る視点を変えれば冬。とかくこの世は難しい。
蝶が飛び、カエルまで顔を出す。


皇帝ダリア霜が降りると萎れる
今年は初霜が遅かった


鴨は大量にやって来て、小さな池でも鴨ダンスを踊っている。


ぐるぐる周りの鴨ダンス

電線の鳥はヒレンジャクかと思ったが違った
後20日後かな!


空には寒波が来たと雲が教えてくれる。


入道雲


こんな季節、お昼過ぎ蝶が3種


今時期貴重

たては蝶

どなたかウラギンがぶら下がっているなんてコメントに


本当に椿を剪定していたらぶら下がっていた。

冬がきたら黒豆が気になる。正月には使う予定がある。
田圃の黒豆をハゼに掛けて干す。






草取りをしていないから、農薬を使わないから自然は豊か。




バッタも飛びだしてきた。
草刈り機で刈ると冬眠予定のアマガエルが飛びだして機械の犠牲になる。
「可愛そうになー」と思うが寒くならないうちに作業を終わらないと
風邪をひいたら大変。
というわけでかえるために仕事を急いだ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

12月定例会

2016-12-12 20:44:44 | Weblog
今年最後の堂々川を綺麗にするボランティア活動日。
作業の内容はシイタケ原木伐採(=仕事をさぼり車を止めて煙草の吸い殻等を捨てる場を見えるように!)
砂留の周辺の整備(=木の根が砂留の石を動かすから除去)
川原の草刈り(=川面に光を当てカワニナ貝の餌を増やす)
下流の川の中のゴミ拾いと道路のゴミ拾い(=不法投棄をさせない対策の一つ)
さくらの植栽(=堂々川を四季折々の観光地にする)

それぞれの活動を見てもらう。


本日の参加者15人


定例会参加者、仕事の配分を決める。


この車がゴミを捨てたわけではないが

木を切り対岸から見えるようにするとさぼりは減るはず?


シイタケの原木クヌギを約50本ほど下御領生産森林組合の支援で切る。
そして原木は参加者の欲しいという人に分けた。

1番砂留の整備


西側に椿・百日紅、笹が生えていたが綺麗になった


その隣、昭和40年代、百働会という老人施設があったがその跡地の境界ぎりぎりに
さくらとモミジを植える。


はずれた看板も修理


川原の草刈り


2番砂留の作る川原

半年刈らないと背丈より高くなり刈るのが難しい

3番砂留川原


草を刈ると隠れているものが見えてきた。
道路の東側を走る側溝がここで本流へ入る。
近いうちに修理しないと道路が陥没する恐れあり。
治して欲しいと2回ほど土木常設委員に依頼したが音沙汰なし。
堂々川ホタル同好会に直接依頼できる窓口は無いのが残念である。



5月以来のホタルが管理している堂々川下流の川の中。
マムシを見たから参加者には清掃指示はしなかった。
もう蛇はいないはずと自分で川の中を歩いて確認した。
ネコ砂、布団、バッテリー等が散乱していた。


ネコ砂は道路では2回ほど処理している。同じ人間の仕業と推測。


もう一つ、2カ月に1、2回捨てられる酒パックのからと焼酎の空きプラスチック容器



このケースも同じ人、車か徒歩かはわからないが車なら飲酒運転。

同じ人の違法行為と判断したがこれから先は木を切り風通しを
良くすることを本気で考えなくてはいけないのかなー!

今回の定例会、この後、会費制の慰労・忘年会を行った。
ゴミ問題はイタチごっこ
今年、猪とゴミに悩まされた年だったが
来年はもう少しましな対策を考えることにする。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥・メジロ

2016-12-03 21:38:17 | Weblog
11月終わりの事、冬鳥が餌を求めて里へ来る。
この日は歴史の好きな人たちが御領山にやってきた。
その中の一シーンから始めて行く。


出かけようとしたら大きなシイタケ
記念写真パチリ傘長11cm


お客様は30数人、今日の収穫は発着点の神社
各地にある神社と同じ天王さん




ここの神社が他と多少違うのは王の文字が下まで突き抜けていないことだ。
真偽は不明だが式内社と云われ備後国の最古の神社の一つだ。

ここから先は鳥の話。それも餌を食べている写真集。
枝かぶりもあるがそこのとこらは知らんぷり!

エナガ、メジロ、シジュウガラの30羽ほどの集団がやってきた。


メジロ

メジロの数が目立つ



柿を食べる


少し前の雨の後のメジロ、水も滴る良いメジロ。
でもこのメジロには悲しい結末が来る。




一緒の群れではシジュウカラが虫を食べている



エナガが柿の実を食べるのは初見だ



隣のアメリカハナミズキの木には
ヒヨドリが赤い実を啄ばむ


腰を落ち着けてフォト撮りをすればよいのだろうが
待ち人がまだかと携帯を鳴らす。
鳥がえさを啄ばむシーンは終わりとなる。

ところで12月3日
新聞では鳥インフルエンザが各地で起こり、ニワトリやアヒルの飼育場で
全数殺処分されている。

わが屋でもメジロが横たわっていた。



今年は例年の倍以上が訪ねてくれているがもしかして
インフルエンザにかかっているのだろうか。

検査依頼をすべきだろうが本日役所は休みよって土深く穴を堀り埋めた。
インフルでないことを祈ると同時に皆様も注意をしてください。





コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

雲海の軌跡

2016-11-28 17:11:57 | Weblog
少し前だが11月22日朝8時30分から8時50分頃までの神辺平野御領遺跡付近の雲海
先日ガイドをしていた時ここに出るのは雲海ではない霧の海だと指摘された。
良くわからないが今回の記事は雲海で呼び名を通すことにした。
地名がでてきてよくわからない人も多いでしょう。
そのまま雲(霧)の移り変わりを見てください。
朝8時15分過ぎ霧で前が見えず、ライトを付けて走る車が多いのにきずき
御領山へ急いで車を走らせ、28分頃カメラを構えて撮影


8時28分 太陽はかなり登っていた

8.29 カメラの向け方で霧の濃さが変わる



8.30

8.30


場所を移動して


古墳の丘から

8.37



8.37の1

8.37の2


又場所を変えて硯岩付近から撮影
この霧はどこから発生しているのか


硯岩

8.42

8.44


堂々川が高屋川へ流れ込むあたりが一番西の端
そこから東へカメラを向けるとまだ霧は晴れてはおらず
雲となって東へ流れている


8.51


約30分雲海と遊んだ記録である。

流れる雲の忙しさより、動かぬ山の薄化粧
そんな光景を記事にしてみました。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加