自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

新堂々川の自然

2018-02-19 19:55:14 | Weblog
堂々川の整備や砂留調査をしていたら自然の生き物がざっくざく
13年間もこの川に携わっている。
今年は見ていないと思っている生き物もいた。


ルリビタキの雌
この鳥見たさに川の整備をしているのに
オス(雄)と鳴いてる奴は出てこない


3年も見ていないレンジャク


光線の加減で緋か黄か区別がつかない
でもレンジャクの群れとの出会いは久しぶり


雪の降った日、川の中をのぞくと


ニホンアカガエル


冬眠の途中で目覚めて卵を産み又眠りにつくそうだ
このかえるヤマカガシという蛇が苦手で冬にあえて産卵する


日本赤ガエルの卵


卵のそばの石の下からヘビトンボ


今年は成虫が見られそう


最後は絶滅危惧Ⅱ類のカヤネズミの巣(地域によって異なるらしい)
地上1mほどの蔓葦の茎に葉を丸めて作っている


18日、日曜日の草刈り途中に見つけた


堂々川のPRが最近おろそかになっているので新しい企画を考えている
知っている人はご存じだが新しく冊子を発行する準備を始めた
17日堂々川にドローンを飛ばして空中撮影をした
が春2番の風が吹き途中で中止した


飛んでるの見えますか


18日日曜日、ホタル同好会の今年初の定例会
川原の草刈と水路整備とごみ拾い
(我が年齢の多くは水戸黄門テレビ派、自然は今が自然の稼ぎ時)


川原の中を刈る、ボランティアがやる草刈りではない
葦の根付近には泥水がある。衣服は泥まみれ、副会長ありがとう)

草刈り後の成果


多分こんな仕事ゆえ、会員の参加が少ない


堂々川は花崗岩質で水が運ぶ砂はすぐに堆積する
橋が架けてあるが橋の下は埋もれ、水は橋の上を流れている


これもボランティアの仕事ではないが
ホタルが1番たくさん飛ぶ場所であるから
県には作業をすることだけ報告し、自分たちでやってみた
何とか通水して橋の下を水が通る

定例会の最後はごみ拾い
悪い事例と良い事例


10年前に不法投棄された電線被覆がまだ出てくる
捨てた会社はわかっているが証拠がない。悔しい・・

堂々川を散歩されている親子連れのご婦人


このお二人が堂々川を散歩するときはごみ拾いに協力すると
ありがたいお言葉をいただく。
ごみ袋を渡すともうタバコの吸い殻を拾ってくださる。

堂々川の葦と葦
アシという字は関東でよし、関西ではあしと読む
今日の事例はアシ(葦)からもらって
ごみを拾う人を「よし」、ごみを捨てる人を「あし」といことで
「善し悪し」の言葉の意味がわかった

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

エナガ

2018-02-14 10:49:58 | Weblog
雪の朝(雪国の人は笑うでしょうが!屋根や道路が白くなっている)。
雪積る。備後では降り込みと言って喜ばれる。

梅が一輪一凛ほどの暖かさと言えども寒い朝


笑ってくださいこれが雪の道

この日、市では20台程度の物損があったという


空をミサゴが舞い





いつもの場所でいつものようにキタキチョウが春を待っている。

いつもと違うのはエナガがやけにちかづいてくる。


10羽ほどの群れの1羽が我が前を先導する


記事にして欲しいのか普通は遠ざかるはずがこちら向き






地面に降りるのも少ない鳥が


3m弱まで近づいて、灯篭の前でポーズをとる




しかし、その後は野生に帰り、驚いて逃げたのか
それとも餌を見つけたのか、びっくりポーズをした。



朝から縁起がよいと思っていたらやっぱり良いことがあった。
コンサルの成功事例がまた一つ増えた。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

堂々川を歩く

2018-02-12 15:06:30 | Weblog
生まれも育ちも堂々川下流、しかし時々旅をした事がある。
今回は90分ほどの堂々川自然探索の旅。

今朝(12日)は地面が見えない程度の白い雪景色。
寒い。さすがに起きて、すぐに川へ行くのはつらい。

砂留の雪化粧を撮るために出かけたがすでに道路には雪はない。


定例会ではないのに会員がごみを拾っている


道理で、堂々川の中流域が県でもトップクラスのごみの少ない奇麗な
川沿いと言われた意味が分かる。こんな人がたくさんおられる。

先日、中条小を訪ねたら校長先生が学校の4年生はごみを拾う指示も
教えてもいないのに教室へごみを拾って持ってくる。
時々担任が言っていると。
しかし、担任も担任だ。!
ごみの入っている袋に日付を記して教室に吊るしている。
こんな指導方法もあるのか!
今年も彼岸花の球根を植えさせて欲しいと。(納得し、OKした)

過去は忘れて、本日川近くの杉の木
今年は花粉症で悩む人は多いのではないか。


見ただけでも多い


寒いのに堂々川を散歩する人が多い。


写真を撮っている人を含めて
1時間で6人


いつものキタキチョウが越冬している所へ


最近は同じ場所、つまり動いている可能性は少ない


ホタルの副会長が上流から下ってこられた。
時間がとれるかと聞いたら大丈夫の返事を貰い、狸原へ入る。
この谷は獣道が多いから一人では怖いので応援依頼をした。


笹が茂る川沿いに4ケ所の獣道が見える。


目的はこの谷に砂防堰堤があるので確認のためだ。
江戸時代この付近に3ケ所の砂田があったと古文書に書いてある。


堰堤が見える

先に副会長が進み、平成という文字を確認

谷の周辺の草を刈り近づくと
平成5年の文字を確認


ここにも赤い水が見えた。
冊子を書き始めたので赤い水の事は多少学んだ。
後日詳しく述べるが、カナケ水を鉄バクテリアが分解した結果のようだ。



お昼近くなったので砂防はやめて川の中の生き物を探した。





以前も見つけたが手長エビか!アメリカザリガニか?
爪のある手の形から手長エビのようだが
これは種類が多くまだしばらく、悩みそうだ。


発見堰堤の上に雪 陽がさしていないからか


第1目的の砂留の写真は撮れなかったが
冊子を書くための資料準備は進んでいる。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

早春

2018-02-09 10:01:34 | Weblog
今頃の季節は四季のうちでも一番寒い時期であるが
いたるところで春を感じる。「春が来たどこに来た」の歌みたい。


若くはないが手をつないで歩くお二人
老いらくの恋ではない、二人は若い



猫柳も花芽が白い


あとりだ。アトリを久しぶりに見る。


ここでもアトリの♂♀世界が見えた


裏の八幡神社に鎮座しているももの神様


先祖が明治の終わり頃、寄進したと聞いている桃の神様


これを知ってから世に出したいと思ってPRしていたが、
この度御野小、神辺東中、御野学区まちづくりが連携して
桃姫キヤラクター絵を作り、煎餅まで作った。


連合町内会会長の声掛けで始まり形になり始動
福山市まちづくりや教育委員会などの賞をこの三つの団体が独占した


仕掛けた価値はあり、神辺と岡山桃が同じ明治に開発された同じ人
の発想発明である。つまり岡山桃と神辺桃は同じルーツである。
ちなみにこの和尚さんの実家は我が家の東隣りだった。

昨日(7日)のお昼ごろから冬型が緩み始め、今年のホタル研究を始めた。
ピーク時約1300匹が舞った堂々川、1昨年は約400匹、
昨年は約600匹迄少なくなった原因調査を始めた。

堂々川は花崗岩質の山で、川へ真さ土が流れて堆積したり
土石流を起こす、今でも下流は天井川と呼ばれる。
(天井川=川の底より両岸の家の天井の方が低い)


花崗岩が崩落してま真砂土ができている様子


ホタルが1番よく飛ぶ川原の橋が埋まって、水は橋の上を
流れている。何故なのか?
幼稚園児のような疑問に駆られて調査を始めた。




川を上流へ上ると、以前砂防堰堤が強度不足で修理されていた。
その修理したときの工事が杜撰?でセメントが大量に流れホタルが減った。
当然その時建設業者に抗議し、整備を頼んだが約束は反故
ホタルの減少確認した6月には誰も忘れていた。
その堰堤を疑い観察に!行くが野茨が邪魔する。


この堰堤に行くまでの5m草を刈った


セメントを大量に入れて固めたところはまだ土砂の流失はほとんどないが
少し上流は砂が現在でも流れている。県河川か市河川かは知らないが早速
資料を集めて苦情を申し込まなくては?
だけれどホタルを飛ばす活動は同好会の勝手の仕事ゆえ、
2番砂留川原と川の中を整備した。




誰に言われたわけではないが
ほおってっておけずに拾っている



今月17日にはドローンを飛ばし上空から川の現状を記録に残したい。
整備の途中、相変わらずごみがたくさん出てきた。
この袋はどこのもの。
なーんだ!労損か?
つまり働いた労だけ損、でもカナカナで真実を描くと営業妨害になる。

最後になるが春が近づくとイタヅラが多くなる。
いわゆる木の芽時の精神状態。
堂々公園の自販機が2月8日撤去された。




早春の風は相変わらず冷たいが人の心に春を感じる余裕が出てきた。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

冬美の堂々川

2018-02-04 14:14:21 | Weblog
保育園の評議委員とかで発表会の招待が来た。


福山市トップレベルの保育園
ちなみに我が在所近くにはトップレベルが2園ある


その発表会で桃太郎の劇を見た。
年長さんの劇だが、ある市内中央小学校の3年生出演より上手に見えた。
どおりで入園希望を出しても入れないとうわさが立つはずだ。
その帰り、梅木池(以前コウノトリが来た池)脇を
通っていたら白い鳥を見た。車を止めて降りると同時にミコアイサとばったり、
カメラのシャッターが下りるまでに時間がかかった。


彼もびっくり中央へ向けて泳ぐ


満足して、ホームグランド堂々川へ


先日整備した鳶ケ迫谷の入り口を中国電力さんが木の伐採


この谷の鳶ケ迫砂留が綺麗になっている様子をPR


下流から砂留を見る

近づいてみる

砂留の上から下を見る


地域やお役所からよくやったとのお言葉はないが、作業した人間は満足である。

もう1ケ所、大砂留ともいわれている堂々川最大の砂留
先日九大の教授が来訪され、雄大さと美と手入れの良さに驚かれた。

最近歴史づいているが
この砂留2006年の写真(会を発足させた年)


石組みが見えない6番砂留


昭和51年頃、すでに堂々公園は作られていたが管理する人がいない。


会員が1年かけて整備
その後10数年美を保っていたが


会員の多くが70代になり、マンパワーが不足気味で
作業は遅れ気味、ようやく整備できた。


堂々公園から下流を見る


ホタルがよく飛ぶ場所でもある。


5番砂留


6番~5番の砂留の間
この場150mほどの間がツツジ、ホタルと彼岸花・モミジが綺麗なところ



この川原の東の山へ
下御領生産森林組合さんが遊歩道を作った


多くの人や団体のおかげで堂々川は素晴らしい景観ができている。
とりわけソロプチミストローズ福山、グリーンラインを愛する会殿には感謝している。
この川を今月ドローンを飛ばせて空から撮影することにしている。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

不法投棄の歴史

2018-01-31 21:21:24 | Weblog
堂々川ホタル同好会は2006年4月が設立である。
もうすぐ12年目が終わる。

設立の少し前には軽自動車も捨ててあったという。
おかげで私が講演するテーマ
「不法投棄の川を観光地に変えたボランテァと小学生」
は人気のある講演の題の一つだ。
その不法投棄の川、堂々川を10数年をさかのぼってみる。


発足時の2006年4月22日

2006年4月24日


続いて


2006年8月


始めたばかりだから長い間堆積していたものが出てきたのだ。
断っておくがこれは同好会が集めたもので、福山市に合併したその時
神辺堂々川に視察に来られた部長(後からお礼の電話をして判明)殿が
市民が頑張るのなら市も応援すると言われ、業者が4トントラック2車
処理してくださった後であった。
その後、川の水を利用している水利組合が


2009年に集めたごみ


広島県がホタルばかりがもてるのは困ると川の土手の木を伐採してくださった。
その時我々が川の中や土手から集めた電線の被覆(中の銅は抜き取ってある)


2010年の事である
この不法投棄者、大方の目星はついたが証拠がない


我々会が作業する範囲外にダーサ谷がある。
今回写真が見つからなかったが1つの谷の入り口に
4トン車分が捨ててあり、市役所の方に依頼したら
二つ返事で対応してもらった。
あーあれから10年、
この寒い中、砂留の調査をしており、この谷に入ると


当時のタイヤやプラごみが見えたので
2日間に分けて道脇迄出した


新しいものではゴルフのケースやタイヤチュウブも出てきた。

堂々川ホタル同好会が動かないと10年たってもそのままとは情けない。
昔の人は気が利いていた気がする。

話しは変わって寒い日が続く。


池に氷が張り、厚い氷の上に雪が積もる


堂々川でも雪は降る。


大砂留とも言われる6番砂留も凍る



鳶ケ迫砂留も降る雪でよく見えない



もちろん大砂留も雪でかすむ


この2つの砂留を友好団体の方と整備している。
それが雪がやんでいる1月31日きれいな姿に変わっている。
まるで忍者が呪文をかけたような短時間の変わりよう。

春になり草が伸びないうちに写真愛好家の皆さんや
最近堂々川にも表れている砂留女子の皆さんぜひ見てください。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

寒かった

2018-01-27 10:44:09 | Weblog
寒波が来る前冬鳥のいる池の様子


池中央でミコアイサが泳ぎ

オオバンが土手に上がり餌をついばむ


その翌日から一転、お天気の気まぐれが始まり寒いのなんの!




蝶がいる砂留

キタキチョウは今日も耐えている


堂々川の遅れている堤防の草刈り。
これを実施しないとポイ捨ては減らない。


ルリビタキが出てくるか待つが
お愛想なしだった


代わりに出てきた小鳥の集団
エナガが15羽、メジロが10羽、シジュウガラ1羽
動きが早いので数は適当


シジュウガラ

エナガ


カラスの空巣が上から見てる




6番砂留から下流を見る

鳶が迫砂留群


いずれも2年ぶりの整備だから立ち木やススキがなければ景観はよい。
これで雪が降れば
春夏冬とあきの来ない堂々川の姿だ。
イベントをしなくても堂々川の四季が楽しめる。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

甌穴か

2018-01-24 14:57:46 | Weblog
空は晴れているがいつもは見える山が見えないほど雪が舞う。
今日は1月24日だが、今月はもう18日も堂々川へ勤務している。
何を目的に!   
テレビと炬燵の守はまだ早いと決めている退屈男のする仕事。
ごみ退治と新発見、甌穴の確認に(おまけの蝶と鳥等自然系も)

甌穴(=ウイキヘディア)を調べると国や県の天然記念物がたくさんある。
近くでは三原市にもある。
先日から砂留の作る甌穴は写真を載せたが、今回は不法投棄の場のものだ。
(おさらい。堂々川の砂留を流れる水と砂が作る穴を約60個発見)


砂留を通る水、砂を含む

長い年月をかけて川底にあいた穴


石の弱いところに小さな穴ができそれを水が渦巻いて
水に含む砂が穴を大きくしていく。この確認で日参。
もう少し時間を貰い、まとめてみたい。

今日のテーマのもう一つは相変わらずの不法投棄対策。
川の土手、川の中にごみを捨てる人間のカスが相変わらず横行する。
警察もパトカーが巡視してくださる。



道に少しの広いところや笹・葛が茂ったところにごみは多く捨てられる。






甌穴見たさに川に降りるが簡単ではない


ロープを使い葛の弦や草を刈り降りる場所を整備した。
川の中のごみを拾いながら自然を見つめる。


ガガンボ(大蚊)は人に危害は加えないそうだ


こちら夏なら大変なことになる。


蜂の巣



里山で人の住む近くに居るヘビトンボ
珍しいそうだ

判断はできないが
アメリカザリガニではなく手長エビみたい


土手の木をふと見ると
メジロが集団でやってくる。



最初1羽、続いて5羽、また2羽
エート今何羽。
そうです8羽です。この集団最終的には40羽ぐらいが目の前を通る。
あれよあれよと思ううちに、カメラは動かず通り過ぎられ、証拠なし。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

町おこし

2018-01-22 11:11:14 | Weblog
今日22日は9時過ぎから小雨、広島は雪が降っているそうだ。
昨日までの4日間気温も高めで暖かく山へ上る途中で上着を脱ぐ人が多い。


アジサイの芽が急に膨らんだ感じ

秋の虫ウマオイが飛び出してきた


御野のまちづくりを再構築するため委員長の旗振り?で公民館、
福山市神辺支所トップの方や福山市立大学の学生さん15人、
地域の古墳発掘発起人やホタルの関係者
井原放送さんも含め土曜日公民館に24人が集まった。


9時30分スタート


御領山の古墳、昭和の時代まで栄えた山の消えかけた集落を見学した。


江戸時代の石積み民家跡、敷地が5反歩もあったとか

今は月数回この家に来て野菜作りをされている人の家


平成の代になってもまだこの家では神楽を舞い、県境のお月さんでは
冬至の日かぼちゃ汁の接待を行っていたそうだ。

神辺地区の6小学校が遠足には訪れていた八丈岩(カメラを忘れて証拠なし)
この地は確か第12回広島県景観会議の優秀賞を受賞されている


御領山のPRポイント古墳の丘





どのような形で町起こしとか観光地にするか
学生さんの提案を期待する


広島県でも5本の指に入る古墳


今回は女学生がほとんど
でもかの女たちは男顔負けの行動力がある

お昼は一旦公民館まで帰りお弁当を食べて
午後は堂々川の案内を筆者が行う。


ご存知の1番砂留
ここでも高いところにモデルがいる


1673年当時の備後国分寺の周辺に居を構え住んでいた人が150人強
そして大原池決壊で起きた土石流により63人が亡くなった。
その大原池がいつ頃作られたか(今研究中の一部を話す)

5番砂留、現在砂留が壊れ始めている現状を見てもらう。
この場所を中心に堂々川の景観も
広島県景観会議第16回最優秀賞をいただいている。
堂々川ホタル同好会はイベントとしてPRはしていないが
自然保護、景観づくりには力を入れている。
自然の美が春夏秋冬イベントを実施してくれる。



堂々公園、水鏡のきれいな淀ケ池、その周辺の砂留を見てもらい
四季の森迄



平成になって作られた堰堤、作る必要があったかなかったか?
しかしこの場は福山市有数の桜の名所として徐々に名前が浸透している。
賑わい創設の一つとなっている。要するにPR・PR。

ここでも元気のよい学生さんが一気に岩場を登ったが
降りる時には下を見るため怖くてすぐには降りられない。
世の中こんなものだとわかってくれればうれしいが!
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

急ぎ仕事

2018-01-17 11:33:21 | Weblog
鬼平犯科帳には盗人のことを急ぎ仕事人とも呼ぶ。
今日の記事は数日をまとめてUPしている。

キタキチョウ6日目は元気か?


元居た場所から1mほど下方で草にしっかりつかまっている


この日は靄がお昼ごろまで続いていた。


雲海とは言えないが似たような景色
/


ジョウビ姫がやって来た。




1月14日日曜日
井原線の開業記念イベントが開催され、大きな駅では
各種のサービスやイベントがある。
神辺駅では生姜湯サービス、商店街ではぜんざいサービス
みかんの無料つかみ取りサービスなどがあったがお客様が少なく感じた。


井原線気動車

駅前観光看板前


なぜ少ないか調べることにした退屈男
十数キロ東の沿線最大の井原駅まで行ってみた。
この日の井原線は何回乗ってもどこまで行っても500円

鉄道を利用せずに井原駅まで


この駅はイベント用広場があり、駅中にはジーパンなどの
織物や製品を販売している



キャラクター「田中君」
 平櫛デンチュウの出身地?


駅の中には


この日は
ごんぼうラーメン500円


今どき500円のラーメンは珍しく安価
ごぼうがこの地の名産、ごぼうが好き嫌いで食べる価値は決まるが
他所の地区のPRをしても仕方ないがうまい部類だ

今日は3日分の記事をまとめてUPしているので次へ急ぐ

今砂留のレポートを書くための資料集めをしている。

堂々川最上流の自然


大きな水音がしたので池を見るとヌートリアが飛び込んでいた

対岸目の前の3本の木が真っ白
早晩、鵜の糞害で木は枯れるだろう
ブラックバスが増えると鵜も増える


この池の下方の池淀ケ池
水かがみが綺麗なところ


ここでは水鏡を鴨が壊した


堂々公園まで下ると


烏の巣が2つ


なぜお客様が減った!かの原因調査から
自然環境まで話は飛んだが
結論の1つ
井原線に乗車した人は老人とお孫さんがほとんどであった。
日曜日だったが20代から50代の人が少なかった。
神辺駅では無料の生姜湯サービス
うどんとコロッケ、ドーナッの販売これは有料。
賑わいの創造と若者が好むイベントが必要か。

何処か他の地区で盗めるものがないか探してみた。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加