~~ あまくさ ~~  スコタコ ブログ

Ama-Biz 天草松島 津教会 大江天主堂 イルカ ハイヤ 気嵐
切支丹館 殉教公園 島原の乱

午前の呟き

2017-07-13 10:21:46 | 日記
下のキーワードを検索して下さい。
1 キリシタン博物館、来春開館 カトリック大司教区、大浦天主堂敷地内に [長崎県]

キリシタン博物館、来春開館 カトリック大司教区、大浦天主堂敷地内に [長崎県]
2017年07月13日 06時00分
カトリック長崎大司教区(長崎市)は、世界遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ、大浦天主堂(同市)の敷地内に来年4月、キリシタン博物館を開設することを明らかにした。大司教区は博物館の運営を委託する業者を、14日まで募集している。

 国内で現存する最古の教会の大浦天主堂は、1865年に潜伏キリシタンがフランス人神父に信仰を打ち明けた「信徒発見」の舞台でもある。大司教区によると、隣接する国指定重要文化財「旧羅典(らてん)神学校」と、県有形文化財「旧長崎大司教館」を博物館として活用するという。

 展示内容は検討中だが、禁教期における信仰の在り方など、キリスト教伝来以降の日本独自のキリスト教史を中心に紹介する方針。大司教区は「世界遺産登録も控え、多くの人に理解を深めてほしい」としている。

 博物館を運営する業者の、条件は長崎市に拠点を置く法人。同市上野町の長崎大司教区事務所で、募集要項を配布している。審査を踏まえ、9月までに業者を選定する予定。問い合わせはファクス=095(842)4460、メール=cnkh45@nagasaki.catholic.jp

=2017/07/13付 西日本新聞朝刊=

2 NHK 熊本県のニュース|NHK NEWS WEB
www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto

県内企業の景気判断4期連続改善
07月13日 05時49分
日銀熊本支店が発表した短観・企業短期経済観測調査で、県内企業の景気判断は、前回を1ポイント上回り4期連続で改善しました。

日銀の短観は3か月ごとに行われ、今回は5月下旬から先月末まで、県内の151社を対象に調査しました。
それによりますと、景気が「良い」と答えた企業の割合から、「悪い」と答えた割合を差し引いた値は「プラス32」で、前回・4月の結果を1ポイント上回り、4期連続で改善しました。
業種別に見ますと、製造業は前回より7ポイント下がったものの「プラス14」、非製造業は、日本を訪れた外国人によるいわゆるインバウンド需要や飲食業が持ち直していることなどから、「プラス25」と前回より6ポイント改善しました。
一方、従業員の人数を、「過剰」とした割合から「不足」とした割合を差し引いた指数は、全産業で「マイナス37」で、3か月後の見通しも「マイナス43」と復旧・復興需要などによる人手不足が続いています。
3か月後の景気の見通しについては、製造業は「改善」(+10)、非製造業は「悪化」すると(-15)しています。
日銀熊本支店は「熊本地震後の力強い復興需要を背景に、県内の景気は着実に回復してきているが、人手不足が最大の制約となっている」としています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本の陶磁器イイネ! | トップ | サンドアートフェスティバル »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。