~~ あまくさ ~~  スコタコ ブログ

Ama-Biz 天草松島 津教会 大江天主堂 イルカ ハイヤ 気嵐
切支丹館 殉教公園 島原の乱

10月29日 スコタコの呟き

2016-10-29 05:53:00 | 日記
下のキーワードを検索して下さい。
1 読売 9月有効求人1・38倍 県内、統計開始以降で最高
2 KKT 有効求人倍率 初めて全国に並ぶ
   KKT動画ニュースが有ります。
3 くまにち 県内求人、過去最高1.38倍 復興需要後押し

4 NHK熊本県のニュース
景気判断を上方修正
九州財務局は、今月までの3か月の県内の景気について、熊本地震の影響は残るものの、個人消費や生産活動が上向いているなどとして、「緩やかに回復しつつある」と景気判断を上方修正しました。

九州財務局がまとめた今月までの3か月間の熊本県内経済情報性報告によりますと、個人消費は、観光で弱さが残るものの、復旧需要などを背景に緩やかに回復しつつあるとしています。
企業の生産活動は、地震の影響がなお残るものの、電子部品などがスマートフォン向け部品の受注が堅調で、生産用機械も海外向けの受注が好調だなどとして、着実な回復の動きがみられるとしています。
一方、住宅建設は、持ち直しの動きが続いているなかで、地震の影響による着工遅延もみられるとして、判断を据え置きました。
こうしたことから、九州財務局は、県内の景気について「全体としては緩やかに回復しつつある」として、景気判断を去年4月以来1年半ぶりに上方修正しました。
今回の景気判断と先行きについて、九州財務局の辻秀夫局長は「上方修正と判断したが、立ち直っていない中小企業や仮設住宅に暮らし生活再建途上の住民も多く、全体的には地震前の水準に戻ったわけではない。全体が回復するためには官民がそれぞれの役割を果たしていく必要がある」と話しています。
10月28日 05時31分

5 NHK熊本県のニュース
有効求人倍率 全国平均と並ぶ
先月の熊本県内の有効求人倍率は、復旧した製造業などで新規の求人数が増えたことなどから1点38倍となり、過去最高を更新したほか、統計を取り始めて以来初めて全国平均に並びました。

熊本労働局によりますと、県内で仕事を求めている人は先月2万8255人で、前の月より928人減り、2か月連続で減少しました。
これに対し、企業からの求人は3万9032人で、こちらは前の月より147人増えました。
この結果、有効求人倍率は1点38倍となり、前の月を0点05ポイント上回り、昭和38年に統計を取り始めて以来最も高くなったほか、初めて全国平均に並びました。
これについて熊本労働局は製造ラインが復旧した製造業や派遣を含むサービス業など復興関連で新規の求人が増えていることなどが要因ではないかとみています。
今後の見通しについては「県内の多くの企業は上向いているが、一部では再開できていない企業もあるほか、道路などのインフラが復旧していないことで影響を受けているケースもある。こうした地震の影響を注視しながら、雇用の維持に努めていきたい」としています。
10月29日 10時49分
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村木 嵐 地上の星 & 天... | トップ | 旅客船で防災訓練  »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。