あるいて健康 奈良県歩け歩け協会 例会情報

ウォーキング愛好グループ「奈良県歩け歩け協会」の例会に参加し、コースマップを中心に訪問地の写真で綴ります。

奈良盆地のまん中で

2017年04月23日 | 日記

ウォーキングの愛好者グループ「奈良県歩け歩け協会」で、『奈良盆地のまん中で』をテーマにした例会が、5月14日(日)に予定されています。 近鉄橿原神宮前駅に9時に集合して 「橿原神宮・深田池 - 軽樹村坐神社 - 忌部山(八王子神社) - 奥田ハス池公園 - 西願寺 - 大和高田総合公園 - 名稱寺 - 高田城跡 - 馬齢池公園 」を辿り、近鉄大和高田駅へ至る約12kmのウオークです。


例会の当日は天候他の事情により、コースが変更される場合もあります。 ウォーキングは野外を歩き自然と親しむ機会です。雨も自然ですから、原則として雨天でも例会は実施されます。


例会当日の朝7時に目的地に気象警報が発令された場合は、例会は中止されますのでご注意下さい。



コースマップ



橿原神宮・深田池







天照大神が天孫・瓊瓊杵尊に言われた「豊葦原の瑞穂とよあしはらのみずほ国はわが子孫の君たるべき国なり」のお言葉通り、神武天皇が国内を統一し、畝傍山の東南・橿原の地に皇居を造り、即位しました。明治時代に入り、天皇の聖徳を永遠に尊び敬いたいという思いから、この地に神宮創建をという請願が民間有志より出されました。明治天皇がこれを深くほめたたえ、元京都御所の賢所(かしこどころと)神嘉殿を下げ渡され、明治23年4月2日、官幣大社・橿原神宮として鎮座しました。深田池は、南神門広場の南方に明るい静かな水面が広がっています。面積は約4万9500㎡(約1万5000坪)。対岸までの遊歩道が整備されています。


軽樹村坐神社





軽樹村坐神社は、誉田別命を祀り近世 まで八幡宮と称ました。天安三年(859)一月二七日従五位下より従五位上を授けられました。「延喜式」神名帳高市郡に 「軽樹村坐神社二座並大、月次新嘗」がみえ、ながく所在が不明でしたが、「大和志」が「在池尻属 軽子邑(中略)社今廃」と記して以来復興して式内社に治定され、旧村社・社名について軽樹の村とす る説や、軽の樹叢とする説があります。軽の地名は橿原市大軽町に軽寺・軽池などがあり、当地も中世に「軽家」「軽部」などと記され「万葉集」巻一一に「天飛ぶや軽の社の斎槻(いはいつき)幾世まであらむ隠妻そも」の歌があります。


忌部山(八王子神社)









忌部山は108.5mの小さな山で、山中に八王子神社が祭られています。八王子神社は近江の日吉大社の背後にある八王子山から勧請したものといわれます。八王子社の祭神は出雲系の神です。


奥田ハス池公園







役行者の母トラメ(刀良売)が奥田の蓮池で病気を養っていて、夏のある朝トラメが池の中に祭られている捨篠(すてしの)神社に詣でると、白い蓮の花が咲いていて葉には金色に光った蛙がいました。トラメは1本の篠萱(しのかや)を引き抜いて蛙に投げると、蛙の目にあたって片目になってしまいました。池の中に逃げた蛙は、もとの土色の蛙となって浮いてきて、五色の露も消えてなくなり、一茎二花の蓮も元の蓮になってしまいました。それ以後この池の蛙は全て一つ目になってしまったとの伝承があります。


名稱寺







本願寺第三代覚如宗主(かくにょそうしゅ)が百済大寺の跡に和州百済二條道場として建武2年(1335)に建立し、康正元年(1445)百済から現在の曽大根(そおね)に移築しました。石山合戦には織田方の軍勢とも戦っており、当時の掘割が今も残っています。また、春にはつつじの花が美しいことでも知られています。


高田城跡



戦国時代に大和高田市にも、高田城、万歳城、そして土を重ねて築いた小城の土庫塁城、松塚塁城、有井塁城、北角塁城がありました。高田城は、永享4年(1432)室町幕府六代将軍・足利義教の命により、当麻氏が城主に任じられています。その後、約150年間にわたり戦国武士が群雄割拠した時代に重要な砦としての役割を果たしました。


馬齢池公園



当麻為長(とうまためなが)が、戦場の往来に走り疲れた馬の体を冷やした池といわれています。この池の所在地として「ムマヒヤシ」という小字名(こあざめい)が残っています。 南隣にさざんかホールが建設された時、この池も整備され、現在市民の憩いの場になっています。






最後までご覧いただきありがとうございました。




昭和61年に設立された歴史と実績のあるウォーキング愛好者のグループ「奈良県歩け歩け協会」は、歩いて健康の維持や人と人の触れ合いの場を提供することを目的に活動しています。

「奈良県歩け歩け協会」では新規会員を募集しています。例会に無料体験参加や入会を希望される方は、例会当日に集合場所に直接お越し頂くかyakuoji@gmail.comまでメールして下さい。










『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢田丘陵・矢田寺から松尾寺へ | トップ | 神戸の背山を山歩き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事