祐喜子のひとりごと

日々のつれづれを書いていこうと思っています。

今日は雛祭り。

2017-03-05 21:42:06 | 日記



 今日は、長男家族と 雛祭りのお祝いをしました。
可愛いお雛様は 転勤族の長男だからと サイドボードの上に飾れる、小さな お雛様にしました。 母と私と半分ずつ出して求めたものです。
お顔が愛らしい木目込みのお雛様。本当は大きな女雛と男雛にしたいと思ったのですが、三人官女も五人囃子も揃った方が、賑やかで
幸せそうな気がして 決めました。ちょうど 友人が桃の花と菜の花を持ってきてくれたので、ささやかな雛祭りが華やかになりました。
昔からの 日本の行事には、ひとつ ひとつに深い意味があると聞いています。
桃の花は現世の子供達の幸せを祈り活けた花。菜の花は(昔、お灯明の小さな灯りに菜種油を使っていた)故人を雛祭りにお迎えする
事を意味しているという。日本人は いつも あの世に おられる故人の魂と共に生きてきたのでしょう。
飾ってある菱餅は 健康、清浄、魔除けを表し、蛤をいただくのは、ふたつに分けた蛤の殻は決して片割れの殻以外とは合わないところから
女性の貞操を、又、蛤は汚れた水を嫌い、水が汚れると一夜にして移動することからも 純潔の象徴とされたようです。
改めて 日本人の優しさ、奥ゆかしさを 誇りに思います。
 
お料理は お父さんのお散歩の日でしたから、遅く帰宅したので 大急ぎで作り、特に雛ちらしの型の小さなセルクルが 迷子に
なり、小型のケーキ型を代用したのでアンバランスでした。後で牛乳パックを高さ5センチに切り、それを型にすると良いと
新聞にのっていて、「なるほど」と感心した。こんど、やってみようかな。(^_^.)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しいポロネーゼです。 | トップ | 霞しぼりの緑川をいただきま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事