温泉漫遊記

国内の温泉施設、特に共同浴場や日帰り温泉施設を中心にした入湯記です。

下北&三陸の湯巡り旅(2回)

2017-06-14 14:23:57 | 日記

平成29年6月 5日(月)

・むつ矢立温泉 
  むつ市郊外の少し山深い場所にあり、ゴルフ練習場やロッジも併設されている日帰り温泉
である。浴槽はタイル貼り、内風呂のみで十数人用と広く、浴室の真ん中に配置されている。
湯は激熱で数分しか入れない程である。湯色は白緑色でスベスベ感がかなり有る。洗い場に
はシャワー付カランはあるが、アメニティ類は無い。脱衣所には棚と籠、50円有料の鍵付ロッ
カーが有る。屋外に無料の足湯があり、誰でも利用することが出来る。平日の午前中にも拘ら
ず、かなりのお客で賑わっていた。

  1.住 所         青森県むつ市矢立山49-1
   2.電 話         0175-22-8211
  3.大人料金        450円

  4.営業時間       6時~22時       
  5.定休日         無休        
  6.泉 質          ナトリウム・塩化物泉(高張性中性高温泉)

  7.源泉名         立山温泉                                  
 
  8.湧量         毎分300リットル(掘削、動力揚湯)                                 
   9.源泉温度       浴槽温度43.0~44.4度         
 
10.PH値                                                                              
 11.知覚等             
 12.温泉利用状況     加温有、源泉掛け流し、注入量毎分10リットル、注入温度50度、入換毎日                          
 13.その他         パイプによる引き湯50メートル
      
         外観               男湯暖簾      内風呂(観光協会HPより転載)         足湯
   
        足湯の湯面


・恐山温泉

 恐山には4ヵ所の入浴施設がある。何時もそうなのか不明だが、私が訪れた時は「小滝の湯」
と「冷抜の湯」の2ヶ所が女性専用、さらに「花染の湯」が混浴、そして「薬師の湯」のみが男性用
となっていた。そのため入浴出来たのは後者の2施設のみだった。ただ温泉分析書は各施設と
も掲示されていたので、未入湯施設についても外観や泉質はご紹介いたします。なお、入浴料は
必要なく、代わりに入山料500円を支払えば誰でも入浴出来ます。外観は何れも木造の鄙び系、
入浴した2施設は内部、浴槽共にオール木造です。内部は管理が行き届いており、清潔でゴミ一
つ無かった。脱衣所は浴室と一体化しており、浴槽から丸見えてある。なお、各施設の場所はパ
ンフレットに載っており、分り易いです。

  1.住 所         青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
   2.電 話         0175-22-3825(社務所)
  3.大人料金        500円(入山料)

  4.営業時間       6時~18時(但し5月1日~10月31日)       
  5.定休日         不定休(但し11月 1日~4月30日は営業休止)
  
       恐山山門

 


①薬師の湯
 山門の直ぐ近くで、参道の右側にある。浴槽は仕切板で2箇所に区分けされ、湯は乳白色、適
温だが湯口近くの方が若干熱め、スベスベ感がかなり有り、硫黄臭がする。湯面には菖蒲と
蓬らしき植物が浮いていた。勿論洗い場、アメニティ類は無い。また、浴槽の底には湯の花が
付着していた。
  6.泉 質     酸性・含硫黄・鉄(Ⅱ、Ⅲ)・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)
           (低張性酸性高温泉)
  7.源泉名     恐山12号泉(薬師の湯)                                  
 
  8.湧量                                      
    9.源泉温度     74.2度         
 
10.PH値     1.89                                                                      

 11.知覚等             
 12.温泉利用状況   掛け流し                          
 13.その他      貴重品保管場所無
    
     外観           脱衣所          内風呂        内風呂→前面
  
     湯口            湯面

②花染の湯
 恐山の一番右端にあり、入口からかなり離れている。混浴のため入口で恐る恐る内部に声
をかけたが、何の応答もなかっので安心して入浴出来た。
浴槽は仕切板で3ヵ所に区分けされ、
湯口から遠くなるに従って湯温は低くなっている。しかし、3ヵ所ともそれほど熱くなく、適温であった。
湯色は薬師の湯と同じ乳白色、湯感等も同じである。
   6.泉 質      酸性・含硫黄・ナトリウム-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)
               (低張性酸性高温泉)
  7.源泉名      恐山5
号泉(花染の湯)                                  
 
  8.湧量                                      
    9.源泉温度    61.5度         
 
10.PH値       2.71                                                                      
 11.知覚等             
 12.温泉利用状況   掛け流し                          
 13.その他      貴重品保管場所無

    
        外観              脱衣所                内風呂               湯口
   
 
  湯面に浮かぶ菖蒲と蓬        内風呂→前面


③小滝の湯(女性専用・未入湯)
  
6.泉 質         酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)・ナトリウム-塩化物泉(低張性酸性高温泉)
   7.源泉名         恐山4
号泉と11号泉の混合泉                                  
  
  8.湧量                                      
     9.源泉温度      51.7度         
  
10.PH値         2.03                                                                      
  11.知覚等             
  12.温泉利用状況    掛け流し                          
  13.その他        貴重品保管場所無か
      
 小滝の湯と冷抜の湯の案内板          外観
   


④冷抜の湯
 
 6.泉 質         酸性・含硫黄・ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)(低張性酸性高温泉)
   7.源泉名         恐山10
号泉(古滝の湯)と11号泉の混合泉                                  
  
  8.湧量                                      
     9.源泉温度      65.5度         
  
10.PH値         2.20                                                                      
  11.知覚等             
  12.温泉利用状況    掛け流し                          
  13.その他        貴重品保管場所無か
  
        外観







  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下北&三陸の湯巡り旅(1回... | トップ | 下北&三陸の湯巡り旅(3回) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。