詰将棋劇場blog

平井康雄の詰将棋など、あれこれ

詰備会

2017-05-04 16:34:07 | 詰将棋
昨日は詰備会を開催しました。3連休初日の開催としたのですが、いつもなら世話役をやってくださる赤畠さんの都合が悪く、私一人で運営することになってしまった。

参加メンバーはいつもの方がほとんどですが、特記すべき参加者は下記の通り。

横浜市の小池正浩氏。
 パラ誌上ではあまり見かけないお名前ですが、ネット上ではいろいろ活躍されているそうです。
 ブログはこちら。  →詰将棋の欠片

柳原祐司氏。
 看寿賞作家にして前詰パラ編集長。創棋会や全国大会では何度もお目にかかっていますが、詰備会は初参加です。

川崎幸太郎氏。
 岡山市在住の古くからの会員で詰パラ・将棋世界に入選あり。数年前の解答選手権・一般戦にも参加されています。
 足がかなり悪いようで、両手杖歩行で歩いてこられたらしく、恐縮するばかりです。
 年上かと思いましたが、私の方が3歳ほど上でした。

山路大輔・上谷直希両氏
 鳥取大学医学部6年の同級生。ここ数年の活躍は言うまでもないところです。
 翌日、大学の対抗戦が広島であるので、本日は岡山で宿泊されるとのこと。
 山路氏は2度目、上谷氏は初参加です。

植田吉則氏
 長谷川氏の友人で赤畠さんの後輩とのこと。終了間際に顔を出されました。


 総勢18名と大盛況でした。それぞれグループに分かれていろいろやられていました。

 上谷・則内主体のグループではフェアリー論議が盛ん。川崎さんは話について行けてたのかどうか心配でした。

 斎藤さんは変別の正解or不正解論議で盛り上がっていたようです。

 私は作品展用の作品集めに奔走です。自分で用意できなかったので4作集めないといけません。
 1つは2年前に投稿してもらったまま積み残しだった、松重作。

 上谷氏から1作、「是非、詰備会で・・・・」ということでいただきました。

 山路氏からは数作呈示がありましたが、完成度の相当高い作品は遠慮して、「投稿先に困っている作品」ということで1作いただきました。
 それでも十分すぎるくらいの好作と思いましたけど・・・

 あと1作足りません。
 そこで片山氏に提案。実は数年前に投稿しただいたものの、余詰のために保留していた作品があったのです。
 この場で話し合って修正。柿木先生にお伺いを立てて完成としました。
 これを「行き詰まり」の入選100回目とすることに決定しました。

 ということで、作品展はかなり豪華な顔ぶれになりました。

<全国大会握り詰について>
 小駒だけで10枚というのはいくら何でもひどいのではないか、という意見が大多数。

 かくいう私も前日に少し考えてみましたが、飛合を発生させる機構をつくるだけで精一杯。収束に使う駒が不足して、グダグダのまま収束させるのが精一杯で、作品とは言えない代物しかできなかったのです。誰でもこんなものだろうと思っていました。ところが・・・・

 X氏とY氏が既に完成されておりました。(匿名発表なのでここでも匿名にしておきます)

 X氏のは角中合からキレイな収束がついた25手詰。
 Y氏のは角・角・桂の限定合入りの35手詰。

 2作ともほぼ完璧にできていました。しかもY氏は、少し不満があるので、できれば創り直したい、とか言われていました。
 恐れ入るばかりでありました。

 ともかく、全国大会アマレン杯握り詰でトップ3に入るためには、上記の作品に匹敵するか、それ以上の内容の作品を、あの貧弱な使用駒の中で創らなければならない、ということです。ハードルはかなり高いです。


 記念撮影の後、二次会・三次会へと続きます。

 
 植田氏にカメラマンをしてもらいました。
 上段左から来嶋・松重・中村・柳原・川崎・小池・斎藤
 中段   竹村・小林・平井・上谷
 下段   岩本・則内・片山・吉松・長谷川・山路 (敬称略)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰将棋解答選手権 | トップ | 詰備会 続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詰将棋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。