♪大地一人のスカイツリー暮色♪

有料版/運命鑑定
http://lovewind777.web.fc2.com/hit/src/love.html

女の電話、男の電話

2014-07-31 16:42:48 | 日記

 

 

何度も言うけど、

大地一人、

仕事における、女性の電話は苦手だ。

 

理由は、

無知な女性が多いからだ。

 

その点、男性は安心だ。

知識が豊富だ。

 

しかし、女性のいい場合もある。

 

「年金とか、保険などの契約内容」とか

「パソコンの操作」・・・・

 

こういうのは、

女性の方が、ずっと丁寧に教えてくれる。

 

また尋ねやすい。

 

ただ大地一人、

女性が出ると、

冗談を言うクセがある。

 

70%は、冗談を言う。

 

ただし、

乗りのいい子だと、

そのうち、

尋ねたいことが出てくる。

 

年齢とか、

住んでる町とか、

そういうのを聞きたい。

 

でも、なかなか聞けないものだ。

 

面白いのは、

地方の子は、

最初は標準語だが、

こっちがユーモアを言うと、

必ず方言が出てくること。

 

それは面白い。

 

女と話すのは、基本、

好きなのかもしれない。

 

しかし男性の方が、

ザックバランに話せるので、

深い交渉ができる。

 

女性は、「ダメなものはダメ」というところがある。

 

男はダメモトで、

交渉すると、

意外に、OKだったりする。

 

それぞれに、いいところと、

悪いところがあるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

舛添の言うことは、信用できない

2014-07-31 13:21:40 | 日記

 

舛添都知事は、

五輪会場の変更などについて、

いろいろ言っているが、

そもそも彼の言うことなど、

信用できない。

 

彼はソウルに行って、

「都民の90%以上は、韓国好き」

などと、言っている男が、

どうして信用できようか?

 

まずソウル大学の発言を、

取り消し、心からわびて反省し、

「都民の過半は韓国嫌いだ。これ、韓国のせいである」

と言うべきだ。

 

そのあとに、五輪会場の発言してくれ。

 

でないと、

彼の言うことすべてが、

疑心暗鬼で、

どんなに正しいことでも、反対したい気持ちになる都民は多いだろう。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

毎日、水風呂

2014-07-31 11:42:31 | 日記

 

毎日のように水風呂に入っている。

 

最初は冷たいと思ったが、

今は、気持ちいい。

 

東京ガスに電話すると、

基本料金が月800円くらいで、

解約は、いつでもでき、

日割り計算だと言った。

 

800円でも節約になるので、

一時解約した。

 

ワンルームなので、

料理は、もともとガス使用ではないようになっている。

 

いずれにせよ、

貧乏人の小知恵というところか。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

アクメを論じない女権論は、卵のないハムエッグのようなものだ

2014-07-31 10:19:42 | 日記

 

 

女性と生まれて、

彼女たちが、

第一に求めるものが、

アクメだ。

 

もしも出産につながるセックスが、

つまらないものだったら、

どうして、女性たちは、

子供を作ろうとするだろうか?

 

また、たとえ作っても、

どうして、苦労して育てようとするだろうか?

 

俺たちは、

毎日、食事をする。

 

この食事も、基本、

おいしいから食べるのであって、

食事が味気のないものだったら、

人間の肉体的成長はないし、

人類自体が滅びてしまうだろう。

 

女性にとって、

アクメは、

出産育児の苦労と引き換えに、

神様が与えてくださった細大のプレゼントであり、

大地一人は

「女たちよ、どうせなら、存分に楽しめ」

と言いたい。

 

じゃあ、「子供を産まないのに、

アクメだけ、楽しんでいいか?」

ということにもなる。

 

そのときは、

「社会的に、有用な仕事や勉強をせよ」

と言いたい。

 

女権論を見てみると、

このアクメの問題を、

避けて通っているものが多い。

 

まったく滑稽な話だ。

 

つまり、たとえて言えば、

「卵のないハムエッグ」のような議論になっている。

 

女性が一番好きなものを、

外して、論じても、

何の意味もないではないか!

だろ?

 

アクメを体験してこそ、

女たちは思うのだ。

 

「ああ、そうか。

今まで、女は、立ちションもできないし、

損だと思ってきたけれど、

女に生まれてよかったんだ」

と思えるものなのだ。

 

ただしアクメを得る方法は・・・

 

  1. セックスによるもの
  2. オナニーによるもの
  3. 精神的な深い満足によるもの

 

・・・の3種類がある。

 

1・・・は、すばらしいものであるが、

また「わずらわしい人間関係」も、

ある程度覚悟せねばならない。

 

2・・・は、お手軽であるが、

ちょっとばかり、むなしい気持ちにもなるときもある。

 

3・・・も、すばらしいものであるが、

真の満足かどうかは、

その女性の精神レベルの高さによって、

変わってくる。

精神レベルの高い女性は、

善行などでも、十分な満足感を得るだろう。

 

 

そして、重要な問題がある!

 

それは・・・

女性は、他の女性のアクメについては、

論じたくない・・・という真実だ。

 

理由?

嫉妬心が沸いてくるからだ。

 

でもさ!

 

アクメを論じない女権論は、

「卵のないハムエッグ」であり、

何の意味もない・・・ということだけは、

どんな女性も、覚えてほしいと思う。

 

 

そして!

 

あなたたちが、

3種類のどのアクメを求めるにせよ、

これを神様のプレゼントとして、

肯定的に捉え、

明るく健康的な一生を過ごしてほしいと思う。

 

アクメは、健康にとって、とてもいいものなのだ。

 

大地一人は思う。

 

アクメに達した女性の顔は、

本当に美しい・・・と。

 

アクメ、バンザイ!

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

不感症を、簡単に治す方法

2014-07-31 09:24:54 | 日記

 

有料版に書いたので、

見てほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

総合すると、テレビは見ない方がいい・・・って思う

2014-07-31 06:19:21 | 日記

 

大地一人の部屋には、

テレビはない。

 

でも、なんら、不自由はない。

 

実は、これは経験済みだ。

 

というのも・・・

40代のころは、

もちろん家にテレビはあったが、

ほとんど見なかった。

 

あのころは、「単行本こそが命!」

・・・と思って、

告白系の秘密本などを、

次から次へと、よく読んでいた。

 

今でも、

信じられないくらい、

すごく役立っている。

 

今はネットがあるので、

秘密情報を多数得られるが、

でも、ウソも多く、

やはり40代に読んだ

単行本が非常になつかしい。

 

また当時は、

アメリカの雑誌もよく読んでいた。

 

船便で取り寄せて、

アメリカの秘密情報を、

バンバン仕入れることができた。

 

雑誌には、

さらに「***X」のような、

怪しげな本が並び、

それも買い求めた。

 

内容は、昔のドラマでやっていた

「Xファイル」のようなことだ。

(「Xファイル」は、貴重なSFドラマであり、知らない人は、

こちらを見てほしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/X%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB

 

 

大地一人、

この中の女主人公を演じたGillian Andersonに

ゾッコンになった。

(そっちかよ(笑))

 

話は戻るが、

今でも、

ネットで、テレビでやっていることを見ると、

「遅れてるな」

と、つくづく思う。

 

 

本当に、すっごく遅れている!

10年は遅れている!

・・・これが実感だ。

 

多くのテレビ視聴者は、

支那のものすごい地獄を知らないし、

韓国のとんでもない過去も知らない。

(「酒をウンチの中に漬けていた人糞酒・トンスル」とか、

オッパイを出していた「乳だしチマチョゴリ」とか・・・

父親が、娘を犯してから結婚させた「試し腹」とか・・・)

 

テレビの内容は、まるっきり甘い甘い甘い・・・

 

そう!

そもそもパチンコマネーで汚染されたテレビには、

未来などあるはずはないし、

TBSやテレ朝は、とくに、

ウソばっか放映している。

 

NHKもひどい!

 

悪魔の国・支那を応援してるんだから、

話にならないよな。

 

もちろん、テレビには、

いいところもたくさんある。

 

健康情報とか、スポーツ番組とか。

 

でも健康情報だって、

もう聞き飽きたものばかりを、

エンドレステープのように、

放映しているだけ。

 

バラエティは、

ネットの方が、ずっと面白いし、

強いて言えば、

スポーツの生中継くらいが、

今のテレビの役割か・・・

 

でも、それだけのためにテレビを置いておくと、

結局、ニュースとかワイドショーも、見てしまい、

ついつい、ウソの情報で、洗脳されてしまうし、

どうでもいい事件を、

繰り返し、見させられる。

 

結局、トータルすると、

テレビは見ないほうがいい・・・って思うんだ。

 

ま、人生を、のんべんだらりと生きている主婦たちは、

見てもいいが、

志をもった人間は、

テレビは捨て、

ネットを調べ、単行本を読むべきなのだ。

 

今は、いいネット動画も、

たくさん出ているぞ。

 

それらをブラウズするだけでも、

確実に、利巧になれるだろう。

 

たとえば!

 

 

支那のウソは、

「新唐人テレビ」

が見事に、暴いてくれる。

 

「新唐人テレビ」

で検索し、「動画」を押せばいい。

 

ものすごい真実の情報が、

どんどん出てくるだろう!

 

あっと驚くとは、このことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

杉田水脈を応援しよう!

2014-07-30 23:20:28 | 日記

女性衆議院議員の杉田水脈(すぎたみお)は、

ホンマモンの女性だと思う。

 

彼女は敢然と、

「慰安婦問題の虚構」

を国会で暴いている。

 

しかも、論理的に、

何の「落ち度」もなく、

「慰安婦問題のウソ」

追い詰めている。

 

これを読んでいる女性たちは、

慰安婦問題を

軽く考えていないだろうか?

 

このニセの慰安婦問題のせいで、

アメリカ在住の日本人の子供たちは、

学校で、ひどく、いじめられているのだ!

(知ってた?)

 

また、このニセの慰安婦問題のせいで、

韓国人たちは、

対馬の不動産を買占め、

ここに住み着き、

対馬を韓国領にしようと企んでいるのだ!

(知ってた?)

 

 

また、このニセの慰安婦問題のせいで、

支那も、調子付いて、

尖閣問題や沖縄の領有まで、

将来、視野に入れているのだ。

(知ってた?)

 

 

そして、このニセの慰安婦問題のせいで、

支那国内の、少数民族の虐殺も、

どんどん続くし、

環境汚染も続き、

汚い空気が、日本にまで流れてきているのだ。

(知ってた?)

 

そもそも、

国内の在日がデカイ態度をしているのも、

ニセの慰安婦問題で、

日本人を攻めることができる・・・と、

アホはアホなりに考えているからだ。

(最近は、「シバキ隊」などという集団もできている)

 

 

何度も言うが、

「慰安婦問題」は、そもそも存在しないのだ!

 

 

これをでっち上げたのは、

朝日新聞と河野談話であり、

その他、吉田清治、吉見義明、千田夏光など・・・

不良ジャーナリストや有毒大学教授や、

パープリン**政党関係者たちだ。

 

慰安婦問題に関するあらゆる数字は、

いまや、精確に調べられていて、

全部、ウソだということがわかっているのだ!

 

強制などなかったことも、

今や明白だ。

(証明できるものは何もない!)

 

そういうことを知っている、

数少ない女性国会議員が、

杉田水脈だ。

 

彼女は、40代後半で、

既婚で、子供もいる。

 

だから女の性やセックスについても、

きちんと知っているわけだ。

 

他方、田島陽子のように、

女性の性を知らない女とは違う!

 

たいていの女性たちは口では、

きれいごとを言っているが、

内心では、

セックスが何よりも大好きだ。

 

だから、どんな女性も、

レイプを夢想したり、

売春婦にも、なりたい気持ちは、

皆無ではないはずだ。

 

女性は、自分の性欲が怖くて怖くてたまらない。

 

だから慰安婦と聞くと、

反射的に否定したがるだけなのだ。

 

強制・・となると、さらに、

否定したくなる。

(実際は、強制ではなかった!)

 

そういう女性の本当の性に対する感情・・・

そういうものを正面から見つめられる女性・・・が、

数は少ないが、

杉田水脈もその一人だ。

 

いいか!

 

慰安婦は、自由志願で、高給をもらっていた。

今の金で、毎月130万だ。

 

なんで、自由志願で、130万もらっている女性が、奴隷なんだ?え?

 

親に売られるケースでは、

年季奉公(=年単位の契約)なので、

明日、明後日、自由に辞めるということは、

無理にせよ、

親と話し合えば、

それも可能だったのである。

 

慰安婦をしたあと、

結婚した女性もたくさんいるし、

一日30人の兵士とのセックスと言っても、

前戯とか、あるわけでもなく、

馴れれば、大したことではない。

 

若い兵士は早漏なので、

一回一回のセックスは、

すぐに終わったことであろう。

 

年取った遅漏の兵士も、

久しぶりのセックスなので、

これも、すぐに終わったことだろう。

 

一丁あがり・・・って感じだ。

 

また彼女たちは、

一般兵士たちからも、

しばしば敬語を使われ、

大切に扱われていた。

 

もし慰安婦制度がなければ、

日本軍の間で、性病が蔓延したかもしれないし、

そうなると、兵士は使いモンにならない。

 

また、一兵士でも、

他国の一般女性をレイプすれば、

軍隊全体が、

その国の市民に、忌み嫌われるであろう。

 

これは由々しき事態である!

 

というわけで、

慰安婦の役割は、

きわめて大きかった!

 

そして、ソ連以外は、

兵士のための公娼制度は、存在していたのである!

 

ベトナム戦争のときや朝鮮戦争のときの米軍だって、

沖縄、ベトナム、朝鮮・・・に、

米軍用慰安所は存在したのである。

 

イラク戦争のときも、

実質的には、そうだった。

 

そして戦後の日本にも、

米軍用慰安所は存在した!

 

終戦直後、

日本女性たちは、

われもわれもと、

慰安婦募集に、応募したのである。

 

厳しいことを言うようであるが、

ほとんどアクメを知らなそうなパクルナ大統領や田島陽子に、

女性のセックス問題を語る資格はないと思っている。

 

いつも言っているが、

大地一人は、

慰安婦たちに、

心より、感謝したいと思っている。

 

彼女たちは、日本のために

重要な任務を、働いたのである。

 

まずは感謝、感謝・・・だ!

だろ?

 

杉田水脈、がんばれ!

 

杉田水脈を、応援しよう!

 


この記事をはてなブックマークに追加

牛乳は危ない・・・は、妄説なり

2014-07-30 11:14:34 | 日記

 

ネットなどで、たまに、

「牛乳は危ない」

というのを見かける。

 

たとえば、以下のもの。

 

http://shokutenlife.com/2014/02/22/1980.html

 

 

しかし、読んでみると、

あきれることばかり書いてある。

 

牛乳を飲むと、

骨折するし、心臓病や脳卒中やガンの元・・・とも書かれている。

大笑いだ。

 

そして「自分は、200cc飲んだだけで、下痢をする」

と書いてあった。

 

「牛乳は子牛の飲み物」とも書いてある。

 

大地一人は、子供のころから、ずっと牛乳を飲み続けている。

 

昨日も一日で2リットル飲んだ。

(正確には、昨日から今日にかけて24時間で2リットル・・・)

 

きわめて健康で、骨折になったこともないし、

心臓病や脳卒中やガンとも無縁だ。

 

確かに、どんな食物も、

100%健康にいいかと言うと、

それは間違いだ。

 

卵だって、食べすぎはコレステロールが増えて、危険だ。

肉も食べすぎると、大腸がんの元だ。

ご飯も、糖尿病の元だ。

 

ビタミンもミネラルも、

摂りすぎは危険だ。

 

また他の食べ物との複合効果もある。

 

しかし!

 

無数の食物の中で、

牛乳は、優等生の方だ。

 

食物アレルギーの人や下痢する人も、飲まなきゃいい。

 

それだけの話だ。

 

以下のサイトでは、

牛乳のプラス面が書かれているし、

「牛乳危険説」への反論も書かれている。

 

http://www.foocom.net/column/answer/9316/

 

こっちの方が、ずっとノーマルだ。

 

俺の場合、牛乳を飲めば、すぐに元気が出る。

 

しかも長年、健康だ・・・

 

どこが、危険なのだろう?

 

俺は自信を持って言う!

 

一部の人を除いて、

牛乳は、健康にいい!!!

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日で牛乳2リットル飲んだ

2014-07-30 10:48:13 | 日記

 

ますます、牛乳を飲み放題の大地一人。

 

気づいたら、

一日で牛乳2リットル飲んでいた。

 

なんで、こんなにおいしいんだろう!


この記事をはてなブックマークに追加

大地一人が、女性から受けた「セクハラ」

2014-07-30 10:36:12 | 日記

 

大地一人、短大で教えているころだった。

 

その女性教員は、

「二人部屋」の教員室で、

職務をしていた。

 

その部屋は、

かなり広く、

椅子、机、本棚があり、

二人の席も、

3・5メートルくらい、

離れていた。

 

大地一人は、

その日、ある女性教員の代講として、

その部屋に向かった。

 

本棚の本を参考にしながら、

授業の準備をし、

女性教員の代講をしようと思った。

 

ところが!

 

その部屋は、二人部屋なので、

もう一人女性教員がいた。

 

40歳くらいの女性だったと思う。

 

俺は彼女に

ていねいな挨拶をして、

事情を話し、

「よろしくお願いします」

と言った。

 

しかし、彼女は、見るからに、

すごく不機嫌だった。

 

つまり、男と二人、同じ部屋にいる・・・というんが、

気になって仕様がないようだった。

 

逆に俺は、

まったく気にならず、

わが道を行くという感じで、

椅子に座って、

授業の準備を始めた。

 

しばらくして、

彼女は言った。

 

「あの・・・、*階に臨時講師専用の

部屋があるですけれども・・・」

 

つまり、彼女は、

俺が目障りなので、

臨時講師専用の部屋に行ってくれ・・・

というわけだった。

 

俺は「なぜ?」と思った。

 

彼女と同じ部屋にいると言っても、

せいぜい授業前の

25分くらいだ。

 

なんで、わざわざ、

うるさいであろう臨時講師の部屋に

行かなくちゃならないんだろう?

 

それとも、俺は、

彼女に、何かをするとでも言うんだろうか?

 

まさか、

授業の前に、

レイプでもする?

 

・・・(彼女はブスなので)100%ありないことだし、

互いが静かに授業の準備をすればいいだけの話で、

ブスな彼女が気にしなければ、

何でもないことだ。

(むろん美人でも、するはずがない)

 

くりかえすが、

たった20分くらいだ。

 

最初は、無視していたが、

彼女があんまり何度もしつこく言うので、

俺は部屋を出た。

 

このときのことを思い出すと、

俺は、すごく不快になるし、

女の勝手な神経過敏さこそが、

セクハラの主原因だって思うんだ。

 

一見マジメな女ほど、

男の言動に、勝手に超過敏に反応して、

「いやらしい」と言う。

 

妄想しすぎだ・・・つうの!

 

それでいて、

女は、無視されると、

すごく不機嫌になる。

 

また静かにしていると、緊張感も高まる。

 

そこで、適当にリップサービスをする。

肉体や服装の一部を褒めることもあるだろう。

(注:この女性教員には、最初、天気の話をしただけだった)

 

すると、それがセクハラ・・・ということになる。

 

俺の知っているおばあさん(72歳)は、

アパートに住んでいたが、

ある日、隣に引っ越してきた「若い二人の男のこと」が気になって仕様がなく、

ついには、十二指腸潰瘍になって、

入院した。

 

「なんで気になるの?」

と俺が聞くと、彼女は答えた。

「二人はタバコを吸うんで、

夜、火事でも起こしやしないかって、心配でたまらなかった」

 

俺は笑った。

 

このおばあさん、

ある日、

45歳の俺に、オデンを持ってきてくれた。

 

女って、いつまでも、

となりの男のことが気になるもんらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加