♪大地一人のスカイツリー暮色♪

有料版/運命鑑定
http://lovewind777.web.fc2.com/hit/src/love.html

真の日本人なら、パチンコはするな!

2014-01-31 20:44:37 | 日記

 

パチンコは亡国の行為!

・・・な~んて言うと、

「コイツ、何、言ってるの?」

「いくら何でも、大げさだろ!」

と思うだろう。

 

でも、本当だぜ!

 

そのメカゴジラ・・・失礼、

メカニズムを教えよう!

 

 

まずパチンコは、

明らかに賭博なのに、

まともに租税の徴収がされていない。

 

だから、俺の知ってるパチンコ屋の小娘の小遣いが、

月50万だ。(小娘=短大生)

 

その結果、全体では、

日本のGDPの1割・・・

つまり20兆円という巨大産業になっている!

 

しかもだ!

 

パチンコ屋のほとんどは、

朝鮮・韓国系が牛耳っている。

 

だから、そのマネーは、

半島に流れるわけだ!

 

その金で、テポドンが作られ、

拉致問題が起き、

日本の脅威となっている!

 

また、日本の裏社会であるヤクザとも、

ざっくりと結びついている。

(そもそもヤクザも、朝鮮・韓国系がメチャ多い)

 

 

じゃあ、当然、そんなパチンコ屋に対して、

政治家は、厳しい目を向けているかと言うと、

トンでもハップン、おサルのオケツだ!

 

 

政治家は、パチンコ屋から「政治献金」を

オッパイ、いやイッパイもらってるんだ!

 

たとえば・・・

自民党は遊技業振興議員連盟、

民主党は娯楽産業健全育成研究会・・・なるものを作って、

そこに所属する議員は、

金をバンバンもらえるシクミになっておる。

 

そればっかじゃねえぜ!

 

パチンコ屋は「日本は、官僚国家」と言うことがわかっているから、

官僚たちにも金が流れ、また「官僚の天下り先」になっている。

 

信じられないことだが、

警察とも深~く、結びついていて、

パチンコの換金システムにも、

警察から、

便宜を取り計らってもらうようにしているんだ。

 

 

考えてみよう!

 

パチンコをする人間のほとんどは、

金儲けのためだ。

だろ?

つまり賭博だ。

 

しかも、その金儲けのシステムは、

昔から、きちんと存在している。

 

俺たちの若いころは、

ゴルフボールを受け取り、

それをパチンコ屋の裏にある小屋のようなところで、

金に換えてくれた。

 

「これ、違法だよ」

と言われながら、ずっと続いている。

 

警察官僚も、

パチンコ業界が、

自分たちの天下り先になっているので、

大きなことは言わんわけだ。

 

そればっかじゃねえぜ!

 

パチンコマネーは、

ジャブジャブ、

マスコミにも流れる!

 

だからマスコミは

偏向報道される!

 

どんどん反朝鮮、反韓国の報道は、

自粛する傾向になるわけだ。

 

逆に言えば、

親朝鮮、親韓国の報道がされるわけだ。

 

それが慰安婦問題のニセ報道であり、

靖国問題の虚構報道なわけだ。

 

つまり以上の話をまとめると・・・

 

パチンコは賭博なのにも関わらず、

税金は安く抑えられ、

その余ったお金は、

政治家、官僚、暴力団、マスコミ・・・・と流れ、

日本の国益がどんどん損なわれ、

テレビや新聞で、ウソの報道がされっぱなし・・・・ってわけだ。

 

そればっかじゃねえぞ!

 

最近は、3万5万の金はアッという間になくなるから、

「パチンコ売春」の女性たちの多いこと、多いこと。

 

「パチンコ代」を稼ぐために、

女たちは、平気で売春をするわけだ。

 

彼女たちは、パチンコで負けて、

自己嫌悪に陥っているから、

自分の体を痛めつけたい。

 

だから裸になることなんか、

ヘッチャラ、チャラチャラ、チャウチャウ犬なわけだ。

 

むろん売春ばかりでない。

 

AV出演やその他の危険な仕事も、

平気でするようになる。

 

つまりパチンコは、

市民レベルから、

日本人のモラルを、

どんどん破壊していくわけだ。

 

以上を読むと、

いかにパチンコが、

日本にとって、害毒の多い産業であるかが、

やっとわかってくれただろう。

(よかった、よかった!)

 

 

たとえば、テポドン怖い!拉致被害者返せ!

なんて言っても、

そんな北朝鮮を支えているもののひとつが

パチンコマネーなわけだから、笑っちゃうよな。

 

それを政治家も官僚もマスコミも、

金欲しさに、

沈黙しているわけだから、

彼らの罪は、もはや大罪に属すると言ってもいいだろうな。

 

そもそもパチンコなんて、どこが面白いんだろう?え?

そりゃ、球が出るときは面白いだろう。

そりゃ、換金するときは面白いだろう。

 

でも、おまえら、冷静になれよ!

おまえらは、ほぼ必ず負けるようになってんだぜ!

 

なのに、たまに儲かるからと思って、

ついつい「今度も」と思って、

ふと気がつけば・・・スッカラカンのカンカン娘!

 

スッカリ破産して、アタシ、バカなのね!・・・ってことになるわけだ。

 

でも破産しちゃ、生きていけねえから、

売春でも、危険な仕事でも、何でもやっちゃう!

・・・この繰り返しだ。

 

このように見ていくと、

パチンコはそもそも害毒であると同時に、

朝鮮、韓国、政治家、官僚、暴力団、マスコミ・・・・

が、よってたかって、国民を搾取していく・・・

という構図が見えてくるだろう。

 

俺たちは、

そんなもんに負けちゃいけないよ!

 

俺たちは、

もっと利巧にならなきゃいけないよ!

 

 

そう!

パチンコは止めよう!

 

今日から止めよう!

 

今すぐ、止めよう!

 

君なら、きっと止められる!

 

君が、日本を救うんだ!

 

パチンコをしないことが、

日本を救うことにつながるんだ!

 

Say Yes!

 

Say Yes!

 

Say Yes!

 


この記事をはてなブックマークに追加

笑え

2014-01-31 16:06:32 | 日記

 

笑え

 

苦しいときは

笑え

 

笑えば

何とかなる

 

何とか、ならなくても

心が軽くなる

 

だから笑え

 

苦しいときは

笑え

 

笑えば

何とか

なる

 

 

笑えば

 

何とか

 

なる


この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮、そのうち、潰れること、間違いなし

2014-01-31 12:05:54 | 日記

 

前回も述べたが、

ライバルを処刑するのは、

破滅する国の大特徴だ。

 

その理由は、

「処刑された者は、死後も生きて、怨念をはらす」

からだ。

 

つまり

「正当な理由なく、人を殺すことは、

自分を殺すこと」

なのだ。

 

北朝鮮の金正恩政権は、

2014年1月上旬、

朝鮮労働党幹部ら16人を処刑。

 

そのリストを

中国やヨーロッパ、東南アジアなどの、

主要な在外公館に送付していた。

 

これはアカン。

 

金正恩はまだ子供なので、

何もわかっていないと思うが、

死んだ人たちの復讐は怖いもんだ。

 

当然、金正恩の死後も、

たいしたことはなく、

むしろ大いに苦しむだろう。

 

可愛そうなもんよのぉ。

 

何も知らず、

現世の権力だけを求めている・・・

 

しかも彼を「えらい」と従っている人も、

本当に彼の人格や才能を尊敬しているんじゃなくて、

金のため、または皆が従っているから、

自分も従っているだけだ。

 

そういうことも、

まだ子供なんで、

サッパリわかんないんだろうな。

 

でもさ、もっと広い視野で見ると、

これは「北朝鮮よ、さっさと滅べ」

という神様の配剤なんだろうな。

 

人の愚かさは、

果てしない。

 

神様、神様と言っても、

宗教戦争も怖い。

 

どうすりゃいんだ?え?

 

答え:常に内省をすることじゃ。

 

神がなければ

自分は、アリンコのワキ毛1本半の価値もないことを

知るべきだ。

 

 

北朝鮮、そのうち、潰れること、間違いなし

 

自分の身は、自分で守るしかない・・・ってことさ。

 

権力者って、どんなに奢っても、

賢者から見れば、

一介の悲しいピエロにすぎない。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今日は祖父の誕生日

2014-01-31 07:48:02 | 日記

 

今日1月31日は、

亡き祖父の誕生日だ。

 

母方の祖父であり、

名前を竹林與三平(よそへい)と言った。

 

自慢は、近衛兵だったことだ。

 

また北海道の旭川市で、

竹林堂(ちくりんどう)という菓子屋をやっていて、

有名な旭豆(あさひまめ)の発明した人の一人と言われている。

 

子供の頃は、よく旭豆を食べたので、

それが祖父と関係があったとは、

面白い。

 

祖父は巨体の持ち主で、

酒と女が大好きだったそうだ。

 

またワンマンな性格でもあったようだ。

 

そのせいで、大金持ちだったのに、

家が傾いたと言われている。

 

実は、祖父と俺は、

それほど深い関係はない。

 

なぜなら俺が生まれたのは、九州佐賀。

祖父が住んでいたのは北海道なので、

なかなか会えなくて当然なのだ。

 

しかも祖父は、俺が4歳頃、病死している。

 

でも祖父と俺は、

生前、何回か会っていると思われる。

(正確な回数はわからない)

 

 

母の回顧談によると

祖父が俺を初めて見たとき、うれしそうに

「こいつ、親分みたいな顔をしてるな」

と言ったそうだ。

俺が1歳ころのことだ。

 

きっと祖父は、とても愉快だったに違いない。

 

なぜなら祖父には、男の子供がなく、

ずっとそれを待ち望んでいたからだ。

 

祖父は3度結婚したが、

ついに男の子には恵まれず、

あきらめていた頃、

自分の娘が男の子を生んだわけだ。

 

「トキ子、よくやった。おまえは偉い!」

満面の笑顔で、母に語りかけたそうだ。

 

実は、祖父と母も、生前は、

あまりいい関係ではなかった。

 

母は、祖父の一人娘であった。

 

でも酒と女が大好きな父親を、

好きになれなかったということらしい。

 

しかも祖父は、ワンマン。

 

母は女学校の成績が首席だったので、

そういう意味でも、

うまくいかなかったようだ。

 

だからこそ、

母も、「トキ子、よくやった。おまえは偉い!」

という祖父のセリフを、

いい思い出として、いつまでも覚えていたのだろう。

 

 

祖父と俺は似ているか?

 

似ているとことがところどころある。

 

俺は同級生の中では、巨体で背が高かった。

 

また女好きでもある(笑)。

 

そういうところは祖父似のようだ。

 

でも俺は酒をあまり飲めない。

 

こちらは完全に、父親似だ。

 

父は、一杯のビールで、首まで真っ赤になった。

 

俺の父母は、俺が4歳のとき離婚したが、

巨視的な目で見ると、

お似合いの夫婦だったかもしれないと思うときがある。

 

互いの欠点を補うような遺伝子を持っていたからだ。

 

しかし、子供の俺は大変だ。

 

俺の心の中には、雑多な遺伝子が住んでいるような気がする。

 

器用貧乏・・・

何でもできるんだけど・・・・???・・・という感じだ。

 

占いを始めてから

祖父の心が、はっきりわかるような気がしてきた。

 

祖父も、与えられた運命の中、

一生懸命頑張ったんだよね!

 

・・・最後はそう思わざるをえない。

 

その人の人生は、人間には、判定できない。

 

神様しか判定できない。

 

だから祖父の人生を愛したい・・・そう思っている今の俺だ。

 

 

冬空の 下に生まれし わが祖父は

 

酒を愛して 女も愛す

 

・・・一人


この記事をはてなブックマークに追加

NHK会長が参考人として、国会に招致

2014-01-31 02:51:13 | 日記

2014年1月31日、

籾井勝人NHK会長が参考人として

衆院予算委員会に出席することが、

2014年1月30日に、決まった。

 

民主党が同日の予算委理事会で要求したものだ。

 

相変わらず、アホな民主党やな。

 

国賊だ。

 

それから韓国マネーをもらっているマスコミも、

信用できんぞ。

 

国益に反することばかりしておる。

 

ネットを見ると、

75%が、「籾井発言、問題なし」。

 

国民の方が、ずっと利巧だ。

 

ただし、籾井勝人という名前は問題ありだ(笑)。

 

普通の人は読めない(笑)。

 

籾井は「もみい」だ。

勝人は「かつひと?」「かつんど?」ノー!

「かつと」だ。

 

でも、「もみいかつと」、

NHK職員に謝罪したそうな。

 

大昔、下重暁子というNHK女性アナがいた。

すごい美人だった。

 

彼女、上司によく叱られ、

「すみません。もうしません」と

素直に謝った。

 

しかし、そのあと、

自分のやりたいように、

やった。

 

そういうことを、

何度も、繰り返した。

 

そのうち、上司は、何も言わなくなったとか。

 

籾井勝人にも、下重方式、

やってみてほしい。

 

だって、籾井勝人の発言、100%、真実なんだもんなあ。

 

「大変反省しております。

でも、やっぱり、どこの国にも、

慰安婦制度のようなことはあったんですよね。

ま、大変反省しておりますが」

ってね、ハハハハハ。

 

民主党の子守は、疲れまっせ。

 

だから、うんと楽しまなくっちゃ!

 

人生、楽しんだモンが勝ちさ!

だろ?

 

今日も、明るく行こうぜ!

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

満月の夜になると、ガラリと性格の変わる女の話

2014-01-30 17:30:46 | 日記

 

以下の話は実話である。

 

昭和30年代のある夏の日のこと、

千葉県千葉市役所失対事業の職員だった井谷清造(52.仮名)は、

除草と清掃をするために、

千葉公園に向かった。

 

この日は月曜日であったが、

週明けの千葉公園は、

ゴミだらけだ。

 

「日曜日の翌朝は、除草どころじゃないですよ。

日曜はどうしても人が出るし、

夕方からは、アベック天国ですからね。

 

新聞紙やら、ビニール袋やら、

食い散らかしたもの、ジュースやビール缶、

その他妙なものまで出てきますよ。

その掃除で、陽が暮れちゃいますね」

 

と言いながら、井谷は、女性物の下着まで、

落ちていることもあると付け加えるのだった。

 

そして、ある日のことだった。

井谷はとんでもないものを発見した。

 

赤く塗った爪の女の足が、

低木の茂みの中から、

スッとのぞいているのを見つけたのだった。

 

すでに生色を失っていて、

つっぱっていた。

 

「それはもう、ビックリしましたよ。

あわてて、茂みを押し開けてみると、

若い女があおむけになって、死んでいたんですよ」

 

女の顔は小顔で、額が広く、

頤が少し尖っていた。

 

身長は155センチくらい。

 

服はピンクのブラウスに、真紅の春物セーター。

 

下は、濃いグレーのタイトスカートで、

そのスカートはまくられていて、

しかもパンティはずり下ろされていて、

下半身がそっくり露出していた。

 

驚いた井谷は、

弾けるように潅木の茂みを飛び出て、

最寄りの交番に駆け込んだ。

 

千葉県警本部捜査一課の取調べが始まった。

 

被害者は、千葉市吾妻町の

Hデパートに勤務する米原恵津子(21仮名)。

 

実家は、外房の大原町で漁師をしているが、

恵津子は高校を卒業すると、千葉市に出て、

Hデパートに就職した。

 

最初は、松波町のアパートに女友達と住んでいた。

 

ところが半年ばかり前のこと、

女友達の河合澄江は、美容師になるために、

住み込みの内弟子になった。

 

以来、恵津子は一人暮らしをするようになったのである。

 

「勤務ぶりはマジメでしたね。

浮いた話は、聞いたことがないですね』

デパートの売り場主任は、そう語る。

 

同輩の女店員は語る。

「仕事が終わるとまっすぐに帰る方で、

遊びに誘っても、あまり気乗りしないほうでしたね」

 

アパートの管理人は、言う。

「うちには呼び出し電話があるんですが、

外から掛かったことは一度もないです。

でも男の客がたまに来たこともあるようですが」

 

男の客?・・・微妙な表現だ。

 

実は、警察でいろいろ調べてみると、

恵津子は、デパートのほかに、

「まあぶる」というバーで、誰にも内緒で、

アルバイトをしていることがわかった。

 

捜査本部では、女一人の公園の夜歩きは考えられないので、

痴情が半分、流しの犯行が半分と見ていたが、

まずバーに出入りする客筋を洗ってみた。

 

ところが、客のアリバイを調べると、

いずれも確かなものがあり、

捜査は最初から難航を思わせた。

 

そのうち自殺説が出てきた。

暴行は受けているものの、

死因となる外傷も、絞殺のあともない。

 

しかも解剖所見によると、意外にも、胃の中から、

0.037グラムの青酸が検出され、

これが自殺説につながった。

 

しかし青酸は劇薬だ。

一般人は簡単に手に入らない。

 

そこで、入手経路を調べた。

だが、これが、なかなか特定できなかった。

 

彼女が家を出たのは午後9時。

これはアパート居住者が確認している。

 

ところが彼女の部屋を見ると、布団がちゃんと敷いてあり、

米も研いであるので、

状況証拠からは、自殺とは、どうしても思えない。

 

となると、別に男がいて、

偽装心中と見せかけて、

殺害したなどということも考えられる。

(以下、有料版)


この記事をはてなブックマークに追加

東京都知事選のポスターは、6枚だけだった

2014-01-30 17:10:39 | 日記

 

16人が立候補した東京都知事選。

 

選挙用掲示板を見ると、

ポスターは、6枚だけだった。

 

他の掲示板も見たが、

やっぱり6枚。

 

全部を見たわけじゃないが、

なんか、寂しいね。

 

有力4候補の他に、

ドクター中松と、鈴木某だ。

 

何のために、立候補したんだろう?

 

供託金、

あまってるなら、

こっちへ回せ(笑)。

 

うんと有効利用してあげるよ!

 

世の中には、いろんな人がいるもんだ。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

大地式、新しい英語教育

2014-01-30 08:21:48 | 日記

 

何度も言っているが、

日本人は、英語が不得意だ。

 

大地一人も、子供たちに英語を教え、

それは痛感した。

 

その大きな理由のひとつは、

「英語教育が厳密すぎる」

と言うところにあると思う。

 

かつてコント55号の欽ちゃんが言っていたが、

「人間は、注文をたくさんつけると、何も話せなくなる」

 

大地一人は、なるほどと思った。

 

英語教育も、細かい文法をいろいろ注意すると、

話せなくなる。

 

そこで、俺の提案だが、

子供たちの書いた英作文を、

文法の観点よりも、

「通じるかどうか」

・・・という点から、点数をつけるべきだと思う。

 

たとえば、「空はなんて美しいんだろう」は、

正解は、

「How beautiful the sky is!」

であるが、

「How beautiful sky is!」

「What a beautiful sky is!」

「Sky is very beautiful!」

でも通じる。

 

従来は、「×」だったので、

生徒は、やる気をなくした。

 

しかし、文法的に不正解でも、

通じる英語には、70%~80%くらいの点数をあげれば、

「ヨシ、今度は、満点目指して、がんばるぞ!」

という気持ちになれると思う。

 

そしてまた、生徒は、

「通じる英語を話そう」という努力をするようになり、

結局、英語が上手になると思う。

 

逆に文法中心だと、

「文法は正しいが、

何を言ってるのか、チンプンカンプン、おサルのおケツはマッカッカ」

という変な英語が出来上がってしまう。

 

これじゃ、折角英語を習ったのに、役に立たない。

 

そのうち英語嫌いになってしまうだけだ。

 

英字新聞見出しの英語は、

「冠詞=aとかthe」

は抜けている。

 

それでも、皆、理解している。

 

満点は挙げられないが、

通じる英語には、

できるだけ「温かい目」で、

見守ることが必要だと思う。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

苦労は幸福への導き

2014-01-30 08:00:10 | 日記

 

世の中には、

ちょっとした不幸に、

腹を立てる人が多い。

 

わが身を嘆く人が多い。

 

「もったいない」

と俺は思う。

 

なぜなら「不幸は幸福のタネ」だからだ。

 

そう。

不幸から、幸福が生まれるのである。

 

苦労は幸福への導き・・・

なのである。

 

だいたい、

この世に生まれて、

いいことばかりあるはずがないじゃないか。

 

もし何不自由なく暮らしていたら、

その生活が当たり前になる。

 

湯水のように金を使っても、

「それが当たり前」になってしまう。

 

そう。

不幸があるから、

幸福があるのだ。

 

ということは、

むしろ不幸を喜べということになる。

 

不幸はなくさないで、

残しておいたほうがいい。

 

そういうことがわかれば、

君の人生、

もう大丈夫だよ!

 

今日も、むろん、

DOTISだ!

 


この記事をはてなブックマークに追加

神と私

2014-01-29 16:31:30 | 日記

 

神の恩寵を得るためには、

神に近づかないとダメだ。

 

これをしないと、

話にならない。

 

何も始まらない。

 

しかし近づいただけではダメだ。

 

神の呼吸を知らないとダメだ。

 

神が「これ」とおっしゃったとき、

「ハイ」と応えないといかん。

 

そういうことを何度もして、

呼吸を掴むと、

今度は、自分の方から、

「これをください」

と言ってみる。

 

すると、神は「わかったよ」とおっしゃる。

 

そして、それを下さる。

 

でも主導権は、やはり神だ。

 

神に近づき、

神の呼吸を知らないと、

何も手に入れることはできない。


この記事をはてなブックマークに追加