♪大地一人のスカイツリー暮色♪

有料版/運命鑑定
http://lovewind777.web.fc2.com/hit/src/love.html

いつも思うけど、日本の外交は、常に受動的なものだった

2017-06-16 04:15:10 | 日記

 

 

日本は風光明媚、

気候にも恵まれている。

 

そういう国は、

自存の国であり、

ほっておいても、皆、幸福に暮らせる。

 

ところが、海外から、

いろんな人がやってきて、

日本の平和を邪魔する。

 

弥生時代から始まった、

そういう海外からの迷惑な輩たち・・・

そういう人たちをいかに制御するか?

・・・それが日本史の基本テーゼだったと思う。

 

もちろん海外から来たものから、

多くのことを学んだが、

でも、それは日本から留学しても得られるものであり、

迷惑な害国人はできるなら、来てほしくないんだよな。

 

日本が関係した戦争は、基本的にすべては「自衛戦争」であり、

マッカーサーも、そのように言っている。

 

1960年に大騒ぎした安保条約だって、

ソ連や隣国の嫌がらせを憂慮して、

「やむなく」発効したものだ。

 

今回の共謀罪も同様だ。

 

「しかたなく」「やむなく」作らざるをえない!

・・・これだよ。

 

警察や検察だって、余計な仕事が増えるんだから、

こんな法律、作ってほしくないよな(笑)。

 

いつも思うけど、日本の外交は、常に受動的なものだった!

 

できうるなら、

「ほっといてくれ」

「俺たち、平和に暮らしているんだから」

「俺たちの生活を乱さないでくれ」

・・・というのが、日本人の基本姿勢だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女の立ち話は長い(笑) | トップ | 東京は店が多すぎる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。