goo

硫黄岳山荘から赤岳、そして美濃戸へ下山


今日は、久しぶりで良いお天気だが、今夏はなかなか登山日に晴とならない。
硫黄岳でストップしていた、7月27日登山の赤岳レポート。

硫黄岳山荘を7時スタート。



横岳の稜線沿いに、駒草がびっしり群生しています。
前を行く大学生パーティーとは、追いつ追われつ。



8時前までは、なんとか晴れ間もありました。



7時半。



鎖場、階段を経て、7時48分、横岳山頂着。



7時50分、赤岳へ向かいます。



8時10分、三叉峠。



鎖場が続きます。



8時45分。



9時20分。



9時35分、地蔵の頭。



9時40分、赤岳天望荘。コーヒーで一休み。



ごえもん風呂があるようですが・・。



10時45分、頂上が見えてきました。



10時47分、赤岳山頂着。赤岳天望荘が、かすかに見えます。



山頂では、テントウムシもロッククライミング。
下の緑の虫は、アオハムシダマシ。



下山です。

11時4分。中岳との分かれ道。
行ってもこれでは何も見えないからとのリーダーの判断で当初行く予定だった中岳はパス。
ところが途中で振り返ったら、中岳が見えてきました。



下山道。



何に見えますか?足下の石になにやら表情が。



12時50分、行者小屋着。
ここで、硫黄岳山荘製昼食弁当をいただきます。



小屋の裏から、今歩いてきた稜線が見えます。左が、大同心。右、横岳。



16時45分、駐車場着。
ここまで来れば安心、ゆっくり、かき氷をいただきました。



今回のルート。美濃戸から赤岳鉱泉、右回りで硫黄岳、横岳、赤岳、赤岳鉱泉、美濃戸へ。



次回は、ずっと行きたかった常念岳へ連れて行ってくださるそうで楽しみ!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 我が家の農作物 奥蓼科より涼... »
 
コメント
 
 
 
高山は大変ですね ()
2017-08-22 21:57:11
八ヶ岳の山々は私は登る元気なし。
大変すぎます。
気をつけてね。年々体力が落ちていますから。
 
 
 
鷹様へ (yakko)
2017-08-23 08:16:01
ご心配いただきありがとうございます。もう、無理はできない年になりました。できる範囲で楽しみたいと思います。
 
 
 
払い過ぎました ()
2017-08-23 21:13:48
8月分の会費はすでに7月下旬に支払いスミで、二重払いとの連絡あり、マイッタです。
 払ったこと忘れていました。
 
 
 
鷹様へ (yakko)
2017-08-24 14:00:04
あらら。お金持ち!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。