goo

那須 茶臼岳 登山


同期での那須登山、2日目は茶臼岳。
宿 「煙草屋旅館」。
私たちのグループは、渡り廊下を渡って左側の別館。
洗面所、食堂は、右の建物にあります。
外には、白濁した湯の露天風呂がありますが、洗い場はありません。男女、時間で交代入浴。
この宿は、すべて宿側の指示に従い行動します。
ご飯も、標高の高い山宿独特の炊きあがり。
前日のニューおおたかさんのお食事のようなわけにはいきません。



6時15分、林越しに朝日に染まる雲が見えます。お天気は良さそう。



9時35分、「すごく、きれいな池なんだよ」というリーダーの声で、ここにリュックを置いてひょうたん池まで行くことになりました。



9時43分、ひょうたん池に映る茶臼岳。
池の縁は、狭くて次の方たちとすぐに場所を交代しないとなりません。



「雨で、石が浮き上がってきて危険だから」と登山道の整備をしてくださっています。
おかげさまで、登れます。



10時10分、あの広場も通ってきました。



茶臼岳から、噴煙が上がっています。
山頂が見えてはいますが、噴煙の手前の巻き道を左に画面端から回り込んで行きますので、まだまだ、時間はかかります。



10時35分、ここで一人太ももに異変があるとのことでリタイア。
リーダー指示で、右、牛ヶ首側からロープウェイ乗り場へ向かいます。
女性ですが、登山キャリアは別格の方ですので単独行動となりました。
ここで、すでに予定より1時間の遅れが出たとのこと。
残り9名は、左へ。ここにも、緊急時の連絡ナンバーが 「25」 と打ち込まれています。



沸き上がる噴煙の横を通り過ぎたとたんに「ぐわ~ん」と大きな音がして何事かと思ったら、ヘリコプター2機が負傷者の救援に(後で伺った話)向かう音でした。
噴火かと思いました。



11時10分、見覚えのある避難小屋が見えてきました。
前日は小屋の手前を左に行き、朝日岳に登りました。今日は、右に行き茶臼岳です。



向こうに見えるのは、尾瀬、燧岳という方がいらっしゃいましたが、定かではありません。



稜線には大勢の登山者が見えます。



11時50分、山頂です。この日は、次から次へと学童登山が登ってきました。



大きなキノコ型の岩があります。



ガスが、かかり始めました。
さあ、下山しなくては・・。
幹事さん「僕らのコースタイムは、ネットにある1.5倍しないといけないな」



13時13分、ロープウェイ山頂駅に到着。登りは歩きましたが、下りは乗ります。
先に下ってきたメンバーと合流。
彼女は彼女で、ガスがかかってきて「すごく、心配していた」とのこと。
ロープウェイの中からは、ガスに隠れて山は見えませんでした。
ちょうど良い時間に降りてこられたようです。
ヘリコプターのお世話になることも無く、全員無事帰還。



ニューおおたかさんでお風呂をお借りし、高速バス乗り場前のお店でビールを一杯。
ニューおおたかさんの標高は、1,300mとありますが、標高900の我が家では咲かない玉咲きのあじさいが、たくさん花をつけるようです。温泉で地熱が高いのでしょうか?
那須岳(朝日岳、茶臼岳、今回登らなかった三本槍)は、茅野市周辺の山とは違う趣もあり、とても、すてきな山行でした。
幹事さん、ありがとうございました!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 蓼科紅葉 「... 大身ショウガ... »
 
コメント
 
 
 
那須 茶臼岳 登山 (minahiro53)
2016-11-02 15:40:50
良いお仲間との登山素敵ですね。
私は若い頃に八ヶ岳に登っただけです。
もう登る事も出来ませんので、勇壮な山の姿を
yakkoさんのブログで楽しませて頂いています。
 
 
 
minahiro53さんへ (yakko)
2016-11-03 18:13:18
寒くなりましたね。今年の登山も終わりました。これからは、下から眺めるだけです。今朝は、八ヶ岳に雪が積もりました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。