goo

歩いて旅する会 甲州街道2 「新宿御苑」



18日、歩いて旅する会の皆様と「甲州街道」の一部、新宿から初台までを歩いた。
7時40分諏訪インター近くの「おぎのや諏訪店」駐車場で、会で利用のアルピコバスに乗る。
私が最後の乗車で、最初の大町からのメンバーは5時30分にスタートしている。
中央道が工事中で渋滞のため、途中、中央道を出て海老名周りで行く。
11時00分、新宿御苑(←クリック)「大木戸門」着。
中央道を直進する当初の予定より、20分ほどの遅れで済んだようです。



昔の管理棟でしょうか?
我が家は、このくらいの広さで良いのですが・・。
真ん中が玄関。右側がリビング。左側が、主人と私それぞれの個室。
平屋のこんな家、欲しい!



バラ園では、満開のバラがお出迎えでした。



神代植物園のバラ園を見慣れていると、かなり小規模ですが、友人が「イングリッドバーグマンを好きだから、買ったの」と言っていた深紅の大ぶりなバラ「イングリッドバーグマン」も満開過ぎ。



池面には木々の緑が映り、まさに晩春です。



秋に、黄葉が素晴らしいプラタナスの並木を通り、
11月11日



11時40分、歴史建造物 旧「御凉亭」へ。
この池には、冬は水鳥が沢山いるのですが、この日は一羽もいませんでした。





中央休憩所で、会からのお弁当の昼食。
パンフレットの見頃情報に「ユリノキ」が出ていましたので、「ユリノキを見に行きましょうか」と言ったら、「ユリノキなんて地元に沢山あるよ」との声。私は、まだ、地元で見たことがない。
検索したら、信州大学農学部(←クリック)にあるようです。そのうち行ってみましょう。



「じゃ、ラクウショウの気根にしましょうか?」ということになり、こちらは皆様初見のようで変わったものを見ていただけたようです。



御苑の木の中で、太さランキング第2位の巨木「モミジバスズカケ」



12時40分、「新宿門」から出て西口へ回り、都庁展望台へ向かいます。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 農事の知恵 ... 諏訪湖 »
 
コメント
 
 
 
ユリノキ ()
2017-05-21 22:00:13
ユリノキは、葉っぱがハンテン(冬の着物)に似ているので、ハンテンの木とも言います。
松本空港内にいっぱいあります。塩尻の短歌館。塩尻免許更新センター等沢山あります。
 
 
 
鷹様へ (yakko)
2017-05-23 22:11:31
6月に、短歌館へ行くのでそのときに見てきます。葉が半天に似ているというのは、初めて聞きましたので、その点をよく見てこようと思います。ありがとう。
 
 
 
ユリノキの花 ()
2017-05-25 21:20:23
ユリノキの花は、今(5月25日)盛んに咲いています。
 チューッリップの花に似ているのです。花の形も有名です。
 
 
 
鷹様へ (yakko)
2017-05-26 18:55:37
私はユリノキを新宿御苑や神代植物園で見ています。
ただ、花の時に行ってますので、葉はよく観察していません。なので今度は、袢纏を連想する葉かどうかをよく見てこようと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。