八川小ブログ本舗

島根県奥出雲町立八川小学校のブログです!子どもたちの活動や職員の活躍の様子を情報発信しています!

12月20日(火)の子ども達の様子

2016-12-20 18:48:25 | 学校の活動

12月20日(火)

 クリスマスを迎え、2年生が作ってくれたツリーが昇降口に飾ってあります。

 今朝は八川子ども文庫読み語りの日でした。1年生は「あとかくしの雪」を、2年生は「おばあさんの新聞」を、3・4年生は「浦島太郎再話」を、5年生は「100万回生きたねこ」を、6年生は「おはなしのもうふ」を読んでいただきました。ありがとうございました。

<1年生>

 2時間目の学級活動の時間に、やかわっこ農場で収穫したサツマイモを使って、サツマイモの焼き菓子「サツマガレット」を作りました。①サツマイモを濡れたままラップに包みレンジで5分チン。②サツマイモを厚さ8㎜くらいに切る。③切ったサツマイモにグラニュー糖をまぶしてホットプレートで焼く。バターも使わないのに甘い香りが教室一杯に広がりました。その後、3時間目にクリスマス会をしました。「カンパーイ!!」という声が廊下まで聞こえました。楽しいひと時を過ごしました。

<2年生>

 2時間目の体育の時間は、体育館で長縄跳びをしました。外を思いっきり走り回れない冬は、縄跳びが大切な体力作りになります。2年生みんなで「ハイ」「ハイ」「ハイ」「ハイ」…と掛け声をかけて長縄を跳びました。引っかかってしまった友達には、「〇〇ちゃん、おしいよ!」これが2年生のすばらしいところです。

<3・4年生>

 3時間目の理科の時間は、磁石を使って「つく物」と「つかない物」を探しました。画鋲はつく。ガラスはつかない。クリップはつく。アルミ缶はつかない。でも、スチール缶はついた…。磁石がつく物とつかない物があることに気づきました。これから、どんな物が磁石につくのか学習を深めていきます。

<5年生>

 春の訪れを告げてくれるパンジーの苗植えをしました。校務技師さんが種から育ててくださった苗を鉢に植えました。卒業式の時に飾る鉢です。寒い冬の間は教室近くに置いて世話をします。その後、やかわっこ農場の片づけをしました。冬には珍しい暖かい日でした。来年の春に向けてマルチの片づけをみんなで協力してしました。みんながよく働く、5年生のすばらしいところです。

<6年生>

 3時間目の理科の時間は、「水に溶けた食塩の重さはどうなるか?」という学習でした。子ども達の予想は「少し重さが減る」。溶けているから…、消えているから…、混ざって目に見えなくなっているから…食塩の時の重さ丸ごとはないのでは?というのが予想の理由だそうです。さて、実験の結果はどうだったでしょうか…。

           (文責 岸本)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月19日(月)の子ども... | トップ | 12月21日(水)の子ども... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学校の活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。