矢嶋武弘の部屋

われ「記す者」なり
言葉は命、そして弾丸にもなる
もし勇気去らば、全てのもの汝より去る(ゲーテ)

決して怒らなかった政治家・竹下登氏

2017年04月26日 10時14分37秒 | 政治・外交・防衛
<以下の文を復刻します。> ある人のブログにお邪魔したら、「怒らない人になる禅の習慣」についての記事があった。しばらく読むうちに、決して怒らない温厚な人になるのは自分ではとても無理だと思ったが、ふと、昔の政治家で決して怒らなかった人を思い出した。それは、元総理大臣の竹下登氏(以下、敬称略)である。そのころ自民党担当の記者をしていた私は、たしか竹下本人から「自分は決して怒らない」と聞いたことがある . . . 本文を読む
コメント (4)

まず、個人が幸福であれ!

2017年04月25日 04時55分16秒 | 人生
<以下の文を復刻します。> 1) 幸福のとらえ方は、個人によって様々な違いがある。 しかし、人間が幸福であると思う(感じる)心境はそれほど違わない。 人間は幸福を追い求めてきたし、現に追い求めているだろう。そして、幸福であるか否かということが、人間にとって最大の命題であることに変わりはないと思う。ところが、この幸福を論じることが、往々にして軽視されているきらいがある。 幸福というものが、卑近で浅 . . . 本文を読む
コメント

フランスとフランス人

2017年04月24日 11時07分31秒 | 外国の話
<以下の文を復刻します。> 若い人はあまり知らないだろうが、フランスと言えば、戦後日本のいわば“憧れの的”だった。それは芸術や思想、学問だけでなくファッション、映画、シャンソン、グルメに至るあらゆる分野において憧れの的だったと思う。そして、多くの精神的分野において、日本と日本人に大きな影響を与えたはずだ。そのフランスがいま、イスラム過激派との“戦争状態&rdq . . . 本文を読む
コメント (4)

少子化、人手不足などで「移民受け入れ」は不可避に?

2017年04月24日 05時15分47秒 | 社会・事件・事故
<以下の記事を一部修正して復刻します。> 日本の少子化は避けられないし、人口は少しずつ減っていく。ちょっとやそっとの少子化対策をとっても、それで人口が増えるわけではない。本気で少子化に歯止めをかけたいのなら、国家予算の半分ぐらいを出産、育児対策などに使わなければならないが、そんなことをする政治家はいないだろう。前にも言ったが、文明が発達し社会が高度化すれば、子育てにはどうしても金がかかる。一人の . . . 本文を読む
コメント

『この子を残して』

2017年04月23日 09時28分46秒 | 映画・芸能・音楽
<以下の記事を復刻します。> 長崎原爆の悲惨さを描いた著作であり映画だ。木下恵介監督の映画・DVDがいまリリースされているが、その中でも最も印象に残る作品。著者は原爆で被爆した長崎医大の永井隆博士で、戦後、子供だった私が初めて読んだ著作である。母が教えてくれなかったら理解できなかったが、子供心に分かったと思う。そういう意味で『この子を残して』は、忘れられない作品である。 映画は1983年に公開さ . . . 本文を読む
コメント

私が最も焦った時

2017年04月21日 07時07分03秒 | フジテレビ関係
もう40年以上も昔のことだが、当時勤めていたテレビ局の朝のニュース番組に「記者席」というコーナーがあった。ここでは毎日、記者が取材したものを話すことになっていたが、ある日、私がそのコーナーで話しをする番になった。早朝なのでいつものように車で局に駆けつけるのだが、その日は、首都高速道に乗ると間もなく大渋滞に巻き込まれてしまった。どうやら交通事故が起きたらしく、車はにっちもさっちも進まない。時間に余裕 . . . 本文を読む
コメント

<まとめ> 世紀の大誤報・天皇狙撃!

2017年04月20日 02時46分38秒 | 文学・小説・エッセー
過去の作品をまとめる必要が出てきたので、この場を借ります。ご了承ください。 http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/148c8bb674bb436d9788ff1253078efahttp://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/9b7ec1cf0950c3155fa62e1789b4c195 . . . 本文を読む
コメント

世紀の大誤報・天皇狙撃!(後編)

2017年04月20日 02時45分32秒 | 文学・小説・エッセー
「いま、確認中です。待ってください!」応対した報道部員は忙しそうに答えた。奥山は待つしかなかったが、嫌な予感がしたのである。何人かの報道部員が手分けをして、警察庁や和歌山県庁、和歌山県警や和歌山市役所などに問い合わせをしている。それとは別に、天皇狙撃のニュースにびっくりした視聴者から、数多くの電話がかかってきたらしい。他の報道部員と電話交換手らとの間で、どうなっているのかとか、いま調べているといっ . . . 本文を読む
コメント

世紀の大誤報・天皇狙撃!(前編)

2017年04月20日 02時36分06秒 | 文学・小説・エッセー
その日は秋晴れの清々しい一日だった(1971年10月のある日)。 山村秀樹は結婚ホヤホヤの新妻に車で送られ、いつものように国鉄(今のJR)の北浦和駅から国電に乗り込んだ。通勤・通学のラッシュ時よりやや遅めであったが、電車の中は通勤客などでまだかなり混んでいた。秀樹は某民放テレビ・Fテレビの政治記者をしていたので、いつも本社には行かず、取材先の国会の「野党クラブ」へ直接通っていた。野党クラブというの . . . 本文を読む
コメント

メディアの栄枯盛衰

2017年04月17日 14時10分21秒 | メディア
☆ 以下の記事(2011年9月17日付)を復刻します。 <記者クラブは特権組織ではない> 福島原発の周辺地域を「死の町」と呼んで鉢呂経産大臣がクビになったが、これはマスコミの言葉狩りが功を奏したのである。ここで、「死の町」発言が失言かどうかはもう論じない。再三論じてきたからだ。この発言は“客観的事実”をはっきり述べたものだと高く評価しておこう。 それよりもまず . . . 本文を読む
コメント

徘徊老人は「名札」ぐらい付けろ!

2017年04月15日 15時37分49秒 | 社会・事件・事故
<徘徊老人が多いので、以下の文を復刻します。> 認知症にもいろいろあるようだが、NHKによれば全国で800万人はいるそうだ。特に“徘徊老人”は深刻な問題で、行方不明者が1万人もいるという。高齢化社会の日本、これからますます大きな問題になっていくだろう。私はまだ認知症ではないが、70歳を過ぎたからいつそうなってもおかしくはない。妻によく言っていることだが、徘徊老人になったら . . . 本文を読む
コメント (2)

世界4大悪妻

2017年04月09日 13時30分57秒 | 人生
先日、S・スピルバーグ監督の映画『リンカーン』をDVDで見ていたら、いかにも“悪妻”といった雰囲気のリンカーン夫人が出てきた。それでふと思い出したが、昔、リンカーン夫人のメアリー・トッドの伝記が評判になったことがあるが、それも彼女が稀に見る悪妻という話であった。メアリー・トッドはたしか嫉妬深くヒステリーな女だという話だったが、映画『リンカーン』でもそういう感じだった。しかし . . . 本文を読む
コメント

坂崎出羽守直盛

2017年04月08日 09時08分10秒 | 歴史
<以下の文を復刻します。> 友人の作家・山元泰生氏から『明石掃部』(あかし・かもん)という本が贈られてきたので、パソコンが故障中にじっくりと読むことができた。私は全く知らなかったが、明石掃部というのは戦国時代のクリスチャン(キリシタン)武将である。彼は中国地方の大々名・宇喜多秀家の筆頭家老で、関ヶ原の戦いや大坂の陣で徳川家康軍を相手に獅子奮迅の活躍をした武将だ。ご承知のように、関ヶ原でも大坂の陣 . . . 本文を読む
コメント

1円も出さない金持

2017年04月08日 09時07分10秒 | 人生
<以下の記事を復刻します。> 東日本大震災が起きた直後、ある人から聞いた話だが、金持の友人Aに高級中華料理をご馳走になった時、Aは義援金など1円も出さないと言ったというのだ。この話を聞いた時、それはあんまりではないかと思った。金のない庶民でも100円や200円ぐらい被災地へカンパしただろう。私も金はないが、ささやかにカンパをした。話によると、金持のAは非常に「自立心」が強い人らしい。自分の事は全 . . . 本文を読む
コメント (2)

松永安左エ門 「官僚は人間のクズだ!」

2017年04月05日 05時23分35秒 | 経済・エネルギー・原発
<以下の記事を原文のまま復刻します。> タイトルの「官僚は人間のクズだ!」というのは、私が言っているのではない。しかし、内心そう思っているかもしれないが(笑)。この言葉を吐いたのは(年配の方なら知っていると思うが)、かつて日本の『電力王』 『電力の鬼』と言われた松永安左エ門である。先日、ある記事を書いた時に松永翁を紹介したことがあるが、よくぞ言ってくれたと今さらながら思うのである。今の日本は「政 . . . 本文を読む
コメント