矢嶋武弘の部屋

日一日の命 日々新たなり
あらゆる分野の興味や関心のあることを論じ、小説などの創作を行なうブログ

2014年の日記(4)

2014年12月31日 15時53分49秒 | 日記・日々雑感
11月22日(土) Gooのブログを始めてから、今日でちょうど1000日になる。ヤフーのブログを全面削除されたからグーに移ったのだが、早いものである。これまで、1日約245件の訪問を受けた。有難いものだ。感謝している。これからも、グーのブログを続けていきたい。このところ安部晋三を批判する記事を熱心に書いているが、板垣英憲氏が面白いことを述べておられる。安部は「結果主義者」で、何事もプロセスよりも結 . . . 本文を読む
コメント

2014年の日記(3)

2014年12月31日 07時29分37秒 | 日記・日々雑感
9月3日(水)安部内閣の改造で「女性活躍」担当大臣というのは可笑しかった。○○担当大臣がどんどんできる。谷垣前総裁が党幹事長というのは重厚ではないか。改造にはほとんど関心がないが。宮沢賢治の“手紙”の中で、彼が岩波文庫にいろいろ働きかけをしたことが分かったが、まったく相手にされなかったようだ。当時の岩波茂雄への手紙は面白い。宮沢賢治は生前、まったく無名のまま終わったようだ。 . . . 本文を読む
コメント

2014年の日記(2)

2014年12月31日 07時29分03秒 | 日記・日々雑感
5月4日(日)野口英世の伝記小説「遠き落日」(渡辺淳一著)を読了、3週間もかかった。目が疲れるし老眼鏡をかけての読書だから仕方がない。昔だったら1~2日で読むものを、集中力も持久力もなくなっているから時間がかかるのだ。読書は大の苦手になった。それにしても面白かった。野口英世は身長153センチの小さな巨人、超人的なエネルギーを持つ。疲れを知らず大変な努力家だ。語学の天才。立志伝中の偉人だが、その一方 . . . 本文を読む
コメント

2014年の日記(1)

2014年12月31日 07時28分43秒 | 日記・日々雑感
2014年1月2日(木)元日は息子夫婦や娘夫婦、孫達が全員そろい賑やかな一日となったが、自分は疲れからか血圧が上がってふらふらする。体重が増えたので少しタバコを吸ったのが良くなかったか。夜になって復調、160を超えた血圧も治まる。今日は年賀ハガキの返事を書いたり、箱根駅伝をテレビで見るなどいつものパターンに戻った。今年はまず東京都知事選が焦点になるだろう。徳洲会マネーの捜査も注目。大事になれば面白 . . . 本文を読む
コメント

2013年の日記(2)

2014年12月31日 07時28分19秒 | 日記・日々雑感
8月9日(金)またまた猛暑! 35度以上いったか。高知県の四万十市では39,3度とか、メチャクチャに暑い。また各地でゲリラ豪雨が起きているというのに、水不足だとか。 “第2次猛暑”も1週間以上続くらしいが、最近の気候は全く変だ。黒潮の進路が変わったというが、日本は今や温帯ではなく、亜熱帯に完全に入ったようだ。うだるように暑い!昨日は娘が孫3人を連れて来たが、中2の孫娘が母親 . . . 本文を読む
コメント

2013年の日記(1)

2014年12月31日 07時27分55秒 | 日記・日々雑感
2013年1月9日(水)ぎっくり腰になる。寒さとストレスのせいか。いや、歳のせいか。それとも、ロシア人女性の誕生日祝いに何を贈るかでいろいろ迷ったせいか(笑)。だいたい、日本の男性は贈り物などあまりしない。普段は中元や歳暮ぐらいだろう。その点、外国の男性は贈り物に慣れているようだ。誕生日だとか記念日などによくやっている。自分も外国風(欧米風)になってきたか。1つ勉強になったのは、国際郵便で「香水」 . . . 本文を読む
コメント

2012年の日記(2)

2014年12月31日 07時27分34秒 | 日記・日々雑感
8月1日(水)今月下旬にサハリン・樺太へ旅行する日程が決まる。18、19両日 稚内に泊まり日本の最北端・宗谷岬などを観光。20日にフェリーでサハリンへ渡る。州都ユジノサハリンスク(豊原)に3泊。その間、旧真岡郵便電信局などがあったホルムスク(真岡)へ慰霊訪問。ユジノを見物した後、23日にアエロフロート機で成田に帰着。 稚内からサハリンまではたったの43キロ、日本に最も近い外国(ロシア領)ということ . . . 本文を読む
コメント

2012年の日記(1)

2014年12月31日 07時27分04秒 | 日記・日々雑感
2012年2月27日(月)青森県の大間原発に断固反対する「あさこハウス」に、きょう9通目の“ラブレター”を出した。大間はまだまだ冬の寒さだろう。郵便物をどんどん送れば良いので、以下に宛先を書いておこう。「〒039-4601 青森県 下北郡 大間町 字小奥戸 396 あさこハウス 小笠原厚子様」宛てだ。 郵便屋さんが行けば行くほど通行量が増え、大間原発の通行量調査が無意味にな . . . 本文を読む
コメント

今年の個人的な出来事

2014年12月30日 08時39分02秒 | 日記・日々雑感
1。左肩などの痛みを鍼灸で約4ヶ月かかって治す。脳梗塞後の体調はいちおう順調に回復 2。サハリン旅行を“ドタキャン”で中止 3。義理の姉や仲人、親友らを相次いで亡くす 4。小説『新・安珍と清姫』を完成 5。総選挙の投票を初めてボイコット! 「安部の安部による安部のための解散」に断固反対し、みんなも投票をボイコットすべきだった。そうすれば投票率も極端に下がり、マスコミ . . . 本文を読む
コメント

土居裕子さんと御夫君のこと

2014年12月27日 14時55分49秒 | フジテレビ関係
ソプラノ歌手の土居裕子さんと言っても知らない人が多いかもしれないが、私は彼女の歌声が大好きである。土居さんの声は明るく澄んでいて、聴いているといつも心が洗われる感じがする。私にとって、土井さんは歌う“やまとなでしこ”といった存在だろうか。土居さんは東京芸大の声楽科を卒業しているから、もちろんその道のプロである。私は顔見知りでもなんでもないが、20年ぐらい前に、ふとした切っ掛 . . . 本文を読む
コメント

村の娘(土居裕子)

2014年12月25日 11時32分09秒 | 映画・芸能・音楽
『村の娘』は1939年に発表された歌。イタリア高原地方の元気な娘さんたちを描いているという。土居裕子さんが歌う。https://www.youtube.com/watch?v=Gcc5l-MFuPo . . . 本文を読む
コメント

ロンドンデリーの歌(土居裕子)

2014年12月24日 06時01分41秒 | 映画・芸能・音楽
多くの訳詞がある歌の中で、この『ロンドンデリーの歌』ほど様々な歌詞があるのは珍しいだろう。それだけ皆に愛され、歌い継がれてきたと思う。歌詞は野上彰、土居裕子さんの歌声でお届けする。https://www.youtube.com/watch?v=VMWbXEtjz0Q . . . 本文を読む
コメント

旅愁(土居裕子)

2014年12月23日 14時09分57秒 | 映画・芸能・音楽
 土居裕子さんの歌声を紹介したくて載せた。『旅愁』は原曲がジョン・P・オードウェイと言うアメリカの作曲家によるものだが、日本では犬童球渓(いんどう きゅうけい)の訳詞によって歌われるようになった。1907年(明治40年)に発表されたからもう1世紀以上もたつ。日本の歌百選にも選ばれている。https://www.youtube.com/watch?v=z1Ux7mi078U . . . 本文を読む
コメント

若い女性は“やせ過ぎ”

2014年12月21日 16時36分41秒 | 生活一般、衣食住など
<以下の記事を復刻します。> インターネットのニュースを読んでいたら、若い女性のやせ過ぎは「国民健康の脅威」だという記事が目に留まった。 これは日本成人病(生活習慣病)学会の学術集会で、筑波大学大学院の曽根博仁教授が、「日本の若年女性のやせ過ぎは、肥満と同様に、国民の健康に対する脅威となりつつある」と警鐘を鳴らしたのを記事にしたものだ。 それによると、やせ過ぎは本人の健康障害 . . . 本文を読む
コメント

懐かしのヴァージニア

2014年12月20日 11時56分44秒 | 映画・芸能・音楽
<アメリカとキューバの国交回復への動きを祝して> アメリカの歌で好きなものは幾つかあるが、一番ほのぼのとするのが『懐かしのヴァージニア』だ。もう30年以上も前になるが、仕事(G7・サミットの取材)でヴァージニア州のウィリアムズバーグへ行ったことを思い出す。そこはイギリス植民地時代の風情を保つとてものどかな所だった。『懐かしのヴァージニア』はそういう時代や場所を背景にして生まれたのだろう。日本では . . . 本文を読む
コメント