矢嶋武弘の部屋

日一日の命 日々新たなり
あらゆる分野の興味や関心のあることを論じ、小説などの創作を行なうブログ

国民主権の「新憲法」草案・骨子

2017年11月23日 07時12分29秒 | 政治・外交・防衛

新憲法の草案・骨子

第1章
「国民主権」を高らかに謳うこと。
☆ 現行の憲法は第1章で「天皇の地位」「天皇の国事行為」などについて記しているが、これは民主主義、主権在民の精神に反する。天皇に関する条項はもっと下に記す。 日本国の元首は、国民から直接 選ばれた大統領とする。

第2章
「戦争の放棄」 「永久平和主義」・・・現行憲法の第9条を遵守する。 自衛隊は「国土警備隊」「国土防衛隊」とする。

第3章
「基本的人権の尊重」を謳うこと。
☆ 生命の尊厳と生存権、思想、良心、信条、信教、言論、集会・結社、出版など諸々の自由。法の下の平等、請願権、プライバシーの権利、アクセス権など。

第4章
立法権・・・国権の最高機関である「国民議会」の創設。 一院制とする(参議院の廃止)。 小選挙区制を廃止、全国を道州別、ブロック別にして大選挙区制を導入、比例代表制を主体とする選挙制度に改める。 議員定数は600人ぐらいとするが、歳費等は今より低く抑える。 政党交付金の廃止、供託金の縮小・廃止など。

第5章
行政権の最高責任者は、国民の直接投票で選ばれる「大統領」とすること(大統領制の導入)。つまり、議院内閣制を廃止する。 

第6章
司法権・・・基本的に現行憲法と同じ。 ただし「憲法裁判所」を設けること。
なお、刑法では終身刑制度を新設。

第7章
天皇・・・「象徴天皇」であること。天皇は一切の国事から離れ、祭事・神事に専念する。皇位の継承など。

第8章
地方自治・・・地方分権の確立・道州制の導入。 税源移譲、補助金、交付税などのあり方を検討すること。

第9章
「国民投票制度」の積極的な導入。

第10章・・・憲法は国の最高法規であり、これを遵守しなければならない。

☆ その他・・・日米安保条約を廃棄し、日米平和友好条約に改める。在日米軍基地の縮小、廃絶へ。 沖縄は「自治共和国」になる。 新しい国立追悼施設の建立。 皇居を国民に開放し、皇室は「京都御所」に戻る。 国旗「日の丸」は素晴らしいが、国歌「君が代」に代わる新国歌を制定。「君が代」は皇室を敬愛する歌として存続。 

(なお、自民党の憲法改正草案には断固 反対する。)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無駄の象徴「参議院」を廃止... | トップ | <詩> 幸せな自転車  »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流石です〓 (ブル)
2012-02-27 15:40:09
矢嶋さん、早速の力作ですね。概ね賛成で~す
Unknown (矢嶋武弘)
2012-02-27 18:41:14
ブルさん、まだコメントの仕方がよく分かりませんが、いずれにしろ有難うございます。
届きますか? (country-gentleman)
2012-03-05 15:17:21
矢嶋さん
以前コメントしたのですが、後から見たら消えていました。

「タイトル」という意味が分からず、取りあえず、届きますか?と入れてみましたがどうなんでしょう。

yahooと違って、ファイルに入れてクリックし、またそのあと、矢嶋 武弘の部屋をクリックし最新の記事が表示される。
これは結構忘れてしまい、後からそうそう矢嶋さんのブログを覗こうとやる始末です。
数字を入れるのも辛気臭いです。(笑)
届きました。 (矢嶋武弘)
2012-03-05 15:48:33
ジェントルマンさん、ありがとうございます。
私もまだこのブログに慣れていません。ヤフーとかなり違いますね。一長一短があります。
4桁の数字を入れるのも面倒くさいですね。この前、数字を間違えました(笑)。
じきに慣れると思いますが、これからも宜しくお願いいたします。
国民的議論で (SUM)
2012-04-25 05:59:45
そうです。とにかく誰でもわかりやすく平易な言葉であらわさないと。時の権力者によって解釈が変わらないようにしなければなりません。
第10章 最高法規
現行のまま通用するのではないかと思います。
新憲法 (矢嶋武弘)
2012-04-25 06:50:01
新憲法や憲法改正は必要でしょうが、中身が「反動的」にならないように気をつけるべきだと思います。国民的議論が求められます。

第10章の「最高法規」の条文は、当然とはいえ大切ですね。次に草案を書く時は考えたいと思います。
仰せの通り改正ではなく新憲法で (眞)
2012-04-29 08:59:48
 自民党の憲法感性草案の醜さと言ったら、到底、容認できるものではありません。条文の大半が、矛盾だらけで、曖昧、抽象論です。つまり、権力側が、如何にでも拡大解釈できる余地を残している。これでは憲法と言う存在意味を否定しているも同然、先生の、基本的な骨子は、正にその当たりを充分に考慮された内容だと思います。さすが慧眼であります。
新憲法で (矢嶋武弘)
2012-04-29 09:53:05
眞さん、「君主制」の下で軍事色が濃厚になるような危惧を覚えます。国防軍規定の他に緊急事態、事実上の軍法会議などいろいろ出ていますね。非常に保守的な内容になっています。
これでは相手にされないでしょうが、一部の右翼は賛同すると思います。
民主的、進歩的な新憲法なら賛成しますが、こんな反動的な憲法改正草案には反対せざるを得ません。
制度 (bb)
2012-04-29 12:13:41
実は君主制より共和制民主制の方が
内乱戦争の方が多い。

新憲法 (矢嶋武弘)
2012-05-01 11:11:26
bbへ
天皇制の日本が、共和制・民主制のアメリカに惨敗したじゃないか! これこそアメリカに見習えと言いたい。

コメントを投稿

政治・外交・防衛」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事