矢嶋武弘の部屋

あらゆる分野の興味や関心のあることを論じ、小説などの創作を行なうブログ

2017年の日記①(1月1日~4月30日)

2017年09月24日 10時47分10秒 | 日記・日々雑感

4月30日(日)
今日は暑い。4月最後の日、素晴らしい天気で“夏日”になったらしい。
北朝鮮情勢を考えると、米朝両国以外の第3国が仲介、斡旋するチャンスは十分にあるだろう。ローマ法王もそう言われた。戦争になったら最悪だとは両国とも熟知しているはずだ。中国やロシアだけでなく、日本も仲介するチャンスがあるのではないか。金魚の糞のように、アメリカについていくだけが能ではない。
ネットでは安倍訪朝のうわさも飛び交っている。大いに結構、緊張関係は逆にチャンスだ。東京五輪までに日朝国交正常化だって? 大いに結構! それぐらいのことをやれば、安部政権を見直すぞ(笑)。日本は“平和国家”だから、東アジアの緊張緩和と日朝国交正常化をぜひ実現してほしい。

4月29日(土)
散歩をすると、ハナミズキがいっぱい咲いていて綺麗だ。見ていると楽しい。
「森友学園問題」は忘れてはいけない。ある人からのコメントだと、学園の辺の土地は「被差別部落」の地区だという。二重価格で評価額は高いが実質は極めて安いから、近畿財務局が知恵を絞って二重価格ながら取引を成立させたという。しかし、部落問題は表に出せないから、交渉の経緯は破棄されたとか・・・
今ごろ部落問題が絡むなんて信じられない。不愉快だ! 大阪はどうなっているのか? 日本人、日本国民は平等なのだ。不愉快だからそういうコメントは削除してやった。こういう話はもうやめよう。
北朝鮮がまた弾道ミサイルを発射して失敗したもよう。いつまで緊張状態が続くのか。

4月26日(水)
昨日、今日と風がよく吹くし強い。春の嵐と言うより初夏の嵐か。
北朝鮮情勢の緊迫(?)で、森友問題も共謀罪法案も影が薄くなった感じだ。しかし、今村復興大臣が失言で辞任したり、どこかのバカ政務官が不倫や重婚疑惑で辞めたりと、安部政権は揺れている。野党の追及が見物だがどうなるか。
昨日はK病院の脳神経外科で定期診察、特に異常はないが、目まいや立ちくらみはたまに起きる。薬が多すぎることも影響しているのか。それとも、単なる老化?
婿さんが“ホールインワン”をやってから今日でちょうど10周年、娘に電話して「おめでとうと伝えろ」と言ったら、大笑いしていた。ヒマな年寄りは昔の日記を丹念に読むのだ!

4月24日(月)
このところ、流行作家・湊かなえがテレビによく出るので、図書館から3冊 小説を借りてきた。しかし、最近は本を読まないので目が疲れる(笑)。ちょうど彼女の原作の映画『北のカナリアたち』をDVDで観ているところだ。前にも観たが、吉永小百合主演の映画でなかなか面白い。
湊かなえは人間の弱さをテーマにしているのか。ミステリーだが人間の“はかなさ”が伝わってくる。しかし、どんな小説もそういうものだろう。いま『告白』を読んでいるが、惨めな人間の救済をテーマにすれば、彼女だってドストエフスキーのようになれるかもしれない。何年か前に、稚内で撮った映画の宣伝を思い出した。

4月22日(土)
昨日は久しぶりに高田馬場へ行き、大学時代の旧友と一杯やる。1人は友人が危篤とかで急に欠席、3人だけの会合になった。3人とも体の不調はあるが、なんとか生きている。話は北朝鮮情勢に集中(笑)。
Y君が北朝鮮の民主化・人権運動に関わっているため、あの国はけしからんと熱弁を振るうが、アメリカもけしからんといった意見が出て、結局こんにゃく問答に終わったか。いずれにしろ、日本も巻き込まれなければ良い。
高田馬場は賑やかだがスッキリした街並みになっていた。昔はずいぶんゴミゴミした感じだったが・・・

4月20日(木)
昨日から早朝の散歩を開始、5時過ぎだと人も車も少なくて歩きやすい。暖かくなったので続けるか。
些細なことだが気になっていることがあり、昨日は所沢市役所へ電話。市民向けのスピーカー放送の文言、文章がどうしてもおかしい。意見と要望を言って納得する。
米空母カール・ビンソンの艦隊が朝鮮半島へ向かったと言われたが、南方へ行ったと聞いてビックリ、国防総省が発表を間違えたって? 一体どうなっているのか。来週には朝鮮半島に近づくそうだが、空母の巨体ぐらい、マスコミでも把握できるのではないか。まるで明治時代、いや江戸時代に戻った感じだ!

4月18日(火)
朝鮮半島の危機はどうやら回避されたか。識者がテレビで語っているのを聞くと、キム・ジョンウンは軍事パレードだというのに、白ネクタイの背広姿で登場した。父のキム・ジョンイルはそういうことは絶対にしなかったという。必ず軍服姿だった。
それに弾道ミサイルを発射したが、5秒ぐらいで爆発して失敗、不良ミサイルでわざと失敗したのか。テレビは盛んに危機を煽っているが、どうやら“第一幕”が終わりそうだ。危機は今までに何回もあったのだ。
今日は午後から気温が急上昇するという。28度になる予想、まるで初夏の陽気だ。

4月16日(日)
急に暑くなった。25度を超えたもよう。まるで初夏の陽気だ。体が暑さに慣れていないので、やたらに眠い。年寄りは特にだるくなる感じだ。
塀のペンキ塗り替えが完了、天井の修復も終わってやっとホッとする。これで当分は大丈夫だろう。
北朝鮮の弾道ミサイル発射は失敗に終わったもよう。アメリカの軍事行動は特にない。

おもしろい話・・・日露戦争の海軍の名参謀・秋山真之は兵学校時代に、試験に出る問題がだいたい分かったという。それは教官の説明ぶりや態度、表情などから読み取ったそうだ。だから、ガリ勉をしなくてもほとんど首席だったが、さすが名参謀である。

4月15日(土)
たまには日記を書かねば。すっかり春らしく暖かくなったが、今日は風が強い。桜の花もだいぶ散っている。
今週はいろいろあった。アメリカが空母艦隊を派遣し米朝関係が緊迫、今日はキム・イルソン生誕105周年だが、今のところ特段のことは起きていない。が、緊張は続きそう。
浅田真央選手の引退に続き、ペギー葉山さんが亡くなった。83歳。少し寂しい。国会はテロ等準備罪法案が審議入り、難航するのは必至だ。熊本地震から1年がたったが、復旧は困難を極めている。
松戸市のベトナム人小学生が殺されたが、容疑者は保護者会の会長とのこと、周辺に衝撃が走っている。今週はいろいろあったが、わが家は平穏だ。また、東京へでも遊びに行こう。

4月12日(水)
昨日は真冬のような寒さだったが、今日は一転して暖かい春の陽気だ。桜の花もそろそろ散り始めるか。
テレビは昨日から浅田真央選手引退の話で持ち切りだ。彼女はたしかに“国民的アイドル”だったし、スケーティングに華があった。26歳で引退だからちょうど良いのだろう。
白洲次郎を少し知ったが、型破りの人物で戦後の日本復興に貢献したのは間違いない。旧通産省をわずか4カ月でつくり、日本を貿易立国としてスタートさせた。「風の男」と呼ばれたそうだが、終戦直後に現われた“坂本龍馬”のようだ。快男児である。
近所のガソリン(セルフ)は1リットル・122円がずっと続いている。

4月8日(土)
桜の花が満開、しかし、風や雨でもう散り始めている。
小説『第2部・啓太がゆく』がようやく完結した。去年の7月スタートだから、9カ月もかかった。やれやれだ!
めずらしく2人の旧友(YとE)から電話が入る。会合の打ち合わせなどだが、1人はヘルニアの手術を終えたばかり、年を取ると健康問題ばかりだ。
タバコは1日13本ぐらい吸っているが、体重は逆に2~3キロ太った。甘いものも好きだからか。最近よくなめるアメ玉は2種類、100円ショップで買ってくる。

4月5日(水)
春本番、気温が20度ほどあるかとても暖かい。桜も7分咲きぐらいか。
陽気に誘われ外出、久しぶりに東京へ行く。西武線に乗りひばりヶ丘で下車、街中を散歩する。昔、会社帰りにここでよく一杯やったものだ。馴染みの居酒屋らしき店があったが、もうよく覚えていない。街の風情がずいぶん変わっている。西友などに寄って帰宅。やはり東京は賑やかでいい。これからも行こう。
DVDで『八甲田山』を観ているがまことに悲惨、40年前の映画だが実に迫力がある。最近、那須岳の雪崩事故で高校生ら8人が死亡したが、八甲田山の雪中行軍遭難事件は参加者210人のうち199人が死亡した。いまだに語り継がれているが、冬山など自然の恐怖は想像を絶する。
わがボロ家の雨漏り事故は原因が判明、ようやく修繕に取りかかる。やれやれ

4月3日(月)
早大フランス文学科の同窓生Y君に電話をし、今月中に一杯やろうと言ったら快諾してくれた。去年暮れにやるはずだったが、自分が目がくらんで昏倒したから延期になっていたものだ。ようやく体調が回復し良い季節になったのでOK。生きているうちに多くの友人と会わねば!
テレビ朝日の帯ドラマ『やすらぎの郷』が今日から始まったが面白そうだ。倉本聰さんの原作で石坂浩二主演、昭和の名優や大女優がたくさん出てくるので楽しみだ。年寄りには必見のドラマだろう。
金光教のK教会長が今日退院、妻が世話をしに行っている。

4月2日(日)
ようやく春らしく暖かくなる。桜の花もここで3分咲きか。
背中が凝ったので、久しぶりに家でマッサージ機にかかる。だいぶ効いた。
最近は電車に乗り遅れたり、エレベーターに間違って乗る変な夢を見る。悪夢ではないが、もどかしい夢だ。駅のホームを間違える夢も見るが、これも老化現象か。どうせなら美人と2人でどっかへ行く夢を見たいが(笑)
誰にも読まれない小説がもうすぐ完成だ。ここで少し休憩を取って、今度はエッセーでも書くか。その方が気楽そうだ。

3月31日(金)
年度末の日、曇り空で気温は低くなにか憂鬱になってくる。
板垣英憲氏の話によると、厚労省の麻薬Gメンが自民党の衆議院議員Nを麻薬取締法違反容疑で摘発したという。尿検査でクロだというが、Nは安倍首相も所属する「清和会」のメンバーだ。調べたら大阪出身の議員で、6月の国会明けに逮捕でもされたら安部自民党にとって大打撃だろう。板垣氏によれば、衆議院解散も近くあり得るという。
韓国ではパク・クネが逮捕された。あれほど期待された彼女なのに、末路は哀れなものだ。

3月29日(水)
今週、栃木県那須町のスキー場で高校生ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した。安全登山の講習会だったが、雪崩注意報が出ていたのに事前に中止にできなかったのか。映画『八甲田山』を思い出す。 勇気の中でも『止める勇気』というのが最もむずかしい。君子 危うきに 近寄らず・・・
久しぶりにユーチューブでクラシックを聴く。心が洗われる気がして、森友学園も安部もどうでもいい感じだ。
大相撲春場所は新横綱・稀勢の里が大怪我をしながら奇跡の逆転優勝、相撲ファンを大いに沸かせた。今年は“稀勢の里イアー”になるか。
歴史が大好きだから日本史・世界史図録(山川出版社)を買ってきたが、カラフルでとても素晴らしい。読むより眺めている感じだ(笑)。

3月26日(日)
一日中雨、それに寒い。花冷えどころか、冬に逆戻りした感じだ。
森友学園疑惑は重大なものだが、それだけでなく最近の日本の右傾化、戦前回帰の風潮を真剣に検証しなければならない。自分も現象面に少しとらわれ過ぎた。今後は右傾化や「日本会議」の問題などを大いに考えていきたい。
妻は娘や孫と一緒に、神戸へ法事に行っている。真光寺と言って一遍上人ゆかりの時宗の寺だ。法事は妻の実家のもの。それより孫は昨日、北野異人館を見たのだろうか。神戸にはいろいろの観光地がある。
今日はまた雨漏りがする。早くボロ家を修復しなければ・・・

3月23日(木)
今日はずっと国会の証人喚問のやり取りを聞いていた。森友学園の籠池理事長が証人だが、なかなか落ち着いて答えていた。新たに国会議員3人の名前が出たり、安部昭恵夫人と籠池夫人のメールのやり取り、松井大阪府知事や財務省担当者のおかしな対応などが問題視された。
財務省の官僚がいずれ参考人招致されるが、昭恵夫人の100万円寄付の有無など疑問点は山積している。本格的な疑問解明が今日から始まったに過ぎない。昭恵夫人らの国会招致も今後 当然議論になるだろう。 がぜん、面白くなったぞ!

3月21日(火)
東京で桜が開花。全国で最も早いというが、今日は一日じゅう雨だ。
娘から妻に「結婚記念日、おめでとう」というメールが届いたが、老妻も自分もすっかり忘れていた(笑)。子供の方がずっとしっかりしている。46周年になるか。
書斎の雨漏りが続くので、業者に見てもらう。原因がなかなか分からないので、ついに天井を一部を切り取った。ようやく雨漏りの個所が判明。近いうちに補修してもらうが、ボロ家には困ったものだ。

3月20日(月)
とても暖かくて正に春の陽気だ。
急に衆議院解散説が浮上してきた。安部だから何をやるか分からない。国会は23日の籠池氏証人喚問を控えているが、その結果次第では、安倍内閣が窮地に追い込まれる可能性もある。内閣支持率はだいたい7%前後落ちているが、放っておくとさらに下がってジリ貧になる恐れもある。
だが、支持率の方がまだ相当に高い。したがって、今のうちに総選挙をやれば勝てると見ているのか。4月23日総選挙の話が浮上している。ヨーロッパ外遊中の安部首相が帰国後、どう決断するかに注目だ。

3月17日(金)
森友学園問題は、23日に国会で籠池氏の証人喚問を行なうことになった。ある評論家が「籠池の乱」だと言ったが、安部首相から100万円の寄付があったかなどが焦点だ。安部と籠池は完全に仲間割れし、これから泥仕合になる。
親戚のご婦人Hさんが脳出血で手術をしたが、今のところ術後の症状は安定しているようだ。しかし後遺症が心配、今日も妻が順天堂病院へ行っている。
大相撲大阪場所は新横綱・稀勢の里が順調に5連勝、照ノ富士や高安も全勝で続いているが、白鵬がケガで早くも休場した。照ノ富士と高安は今日 全勝で対決する。

3月16日(木)
ようやく春らしい暖かさだ。このままいってほしい。
森友学園疑惑はさらに混迷の度を深める。やはり、国会での参考人招致となるだろう。
親戚のご婦人が昨日 脳出血で緊急入院、妻がすっ飛んで行ったが、今のところどの程度の病状か分からない。気になるところだ。
俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全で死去した。72歳。彼の声と話し方が好きだった。ご冥福を祈る。
雨漏りがするので業者に見てもらったが、原因がよく分からない。オンボロ家には困ったものだ。
1年前、近所のガソリン(セルフ)は1リットル・96円と安かったが、今は123円だ。ずいぶん差がある。

3月13日(月)
今日は空気が冷たく寒い。冬に逆戻りした感じだ。
共同通信の電話世論調査(11、12日)によると、森友学園疑惑があるにも関わらず、安倍内閣支持率は6ポイントしか減っていない。55,7%だ。ちょっと意外だが、疑惑が深まればさらに減っていくだろう。共謀罪の法案については反対が45・5%と、賛成の33%を大きく上回った。
今日はある有名な女優さんの誕生日、御年72歳になる。100歳、いや120歳まで永らえるよう祈ろう。
大相撲大阪場所が始まったが、横綱の白鵬と日馬富士に早くも土がつく。さすがの白鵬も少し衰えてきたか。

3月12日(日)
穏やかで暖かい一日になった。春らしい陽気なので、バイクで書店などへ行く。
山川出版の「日本史図録」を買ったが、とても分かりやすくて面白い。絵柄が豊かで、美術品などの紹介も充実している。これ一冊あれば日本史がだいたい分かる感じ。こういう図録を見ていると幸福になるが、文字が小さいので老眼鏡は必須だ。目が疲れるがそれは仕方がない。
森友学園疑惑は今日は一休みだが、今週はまた話題になるだろう。それより、安部内閣支持率の方が気になる。明日、マスコミ各社が発表するか。
先週の「徹子の部屋」は面白かった。特に佐藤愛子さんと小林亜星さんは味がある。80~90代だからか。

3月10日(金)
韓国のパク・クネ大統領が憲法裁判所への弾劾訴追で罷免された。8人の裁判官全員が罷免に賛成したが、韓国では弾劾による大統領の失職は初めてだそうだ。これほど期待された大統領はなかったと思うが、まことに哀れである。もっとも、親友チェ・スンシルの国政介入を思えば当然かもしれない。
韓国に比べれば、日本は“大甘”だ。政治家が甘やかされている。森友学園疑惑はA首相夫妻の関与が濃厚だというのに、国会での解明は遅々として進んでいない。国有財産をタダ同然で売却したというのに、参考人招致も証人喚問も不透明だ。検察も模様眺めか。このままで終わるとは思わないが、韓国に比べると悪徳政治家の“天国”だ! しかし、必ず天罰が下るだろう。
老妻が旅行に行っているから開放された気分だ。どんどん旅行すればいい(笑)。

3月8日(水) 安倍内閣の支持率が急落しているのは間違いない。
そんなことを考えていたら、昨夜は岸信介(元首相)の夢を見た。飲み屋で会っているから非現実的だが、戦前の話をいろいろ取材したら正直に答えていたような気がする。夢とはいえ、安部をどう思うか聞けばよかったのに(笑)。
森友学園疑惑は結局、証人喚問まで行くだろう。ただし、一説には3~4月解散という見方もある。予算成立の後だが、内閣支持率がそれほど落ちなければ、あり得る話だ。
とにかく眠い。年寄りだから仕方がないが、春眠 暁を覚えずか。

3月4日(土)
今日は日差しは暖かいが、風が冷たい。春はまだそこに。
森友学園に続いて「加計学園」の疑惑も発覚、これも大きな問題に発展しそうだ。結局、安部首相は退陣に追い込まれるだろう。都議選が7月にあるから、野党はそれに合わせてじっくりやればいい。ところで、安倍内閣支持率はどうなっているのか。大幅にダウンしていると思うが。
妻が遠縁の娘の結婚披露宴に出るというので、数キロ先の武蔵野線新秋津駅まで車に同乗、帰りに独りで運転したが緊張した。まだ遠出は不安だ。家に着いたらホッとする。まるで長距離爆撃に出たパイロットが無事に帰還した気分だ。ちょっと大げさか(笑)。運転もあと数年で終わりか。

3月1日(水)
今日から3月、しかし、まだ肌寒い。
森友学園の疑惑はますます深まるばかりだ。大阪府も疑惑に大きく関与しているもよう。安部首相の答弁も信ぴょう性に欠け、虚偽の疑いが濃厚。
けさの民放ワイドショーは、各局ともこの問題を大々的に取り上げていた。こうなると会計検査院の調査結果を待たず、不正や出鱈目が暴露されるだろう。安部は窮地に立たされ政権を投げ出す可能性が大だ。政変。そして「日本会議」も叩かれ、前途はまったく不透明だ。
石破茂などはウズウズしているだろうが、彼も日本会議議員懇のメンバーだ。そう簡単に次期総理・総裁とはいかないだろう。石原伸晃は日本会議に入っていない。小池百合子は都知事になったから、議員懇を自動失職している。河野太郎はもちろん日本会議に入っていない。まだ、どうでもいい話だが。

2月27日(月)
gooのブログに移ってからちょうど5年になる。5年前に「ヤフーのブログを全面削除されたので、gooに来ました。」というのが最初の挨拶だったが、月日がたつのは早いものだ。ブログを全面削除された時はもの凄いショックだった(笑)。ヤフーをずいぶん恨んだものだが、音楽著作権を侵害したのは自分である。自業自得か。
安部さんも自業自得だろう。少しいい気になり過ぎたようだ。ネットでは“アッキード事件”などと揶揄されているが、脇が甘かったのは確かだ。森友学園の疑惑はますます深まっている。政局にも波乱か。それにしても、あの「日本会議」というのは奇々怪々である。自民党議員の大半が加入しているのは信じられない。必ず問題化するだろう。

2月25日(土)
森友学園をめぐる疑惑で、安部は退陣に追い込まれるだろう。検察が動き事件化する可能性も大。自殺者も出るか。 安部は辞めるが、あまり早く辞めるのは困る。以前のように「僕ちゃん、お腹が痛いよ」なんて早く辞められては、それで全て終わりとなってしまう。
日本人は忘れっぽいから、真綿で首を締めるようにじっくりと安部を痛めつけ、その間に事件を拡大化し、できれば「日本会議」の問題にまで切り込むようにした方が良い。しかし、安部はあっさりと辞めるか。 都議選もあるから、政府・自民党はそれへの影響を最小限に食い止めたいだろう。政変が起きれば、世間の耳目はほとんど新政権の方へ移ってしまうのだ。

2月24日(金)
森友学園への国有地払い下げ問題は、ようやく大きな関心を集めてきた。豊洲移転問題と同じぐらいだろう。マイブログに「日本会議」系の人か、嫌がらせのコメントを寄越したからすぐに削除した。
日本会議を“極右・反動”と呼んだからか、私のことを“極左”と言ったが、そう呼ばれたのは56年ぶりだ。しかし、大学1年の時以来だから、かえって元気になる(笑)。極左で結構! もう一度、極左になりたいぐらいだ。それほど、森友学園問題には腹が立つ。
散歩をしたが、日差しは暖かいものの風は冷たかった。近所のガソリン(セルフ)は1リットル・119円に落ち着いている。

2月22日(水)
森友学園への国有地払い下げ問題は、今日、テレビ朝日が「モーニングショー」などで大々的に報道したため、一般にだいぶ知られるようになったろう。こうなると、他のメディアも黙っていられないはずだ。
国がタダ同然で国有地を払い下げるなんて、まず聞いたことがない。大疑獄事件に発展するか。安部首相夫妻も絡んでいるだけに、政局の大きな焦点になる。近畿財務局が一番問題か。それと、極右・反動の「日本会議」の存在も大きくクローズアップされるだろう。この問題は徹底的に究明されるべきだ。今年最大の、いや近年にないスキャンダルに発展する可能性がある。ロッキード事件やリクルート事件に匹敵するものだ。

2月20日(月)
春が近いのかようやく暖かくなってきた。三寒四温だ。
アベノミクスは大失敗だ。もう回復できないだろう。 息子の話では、ビットコインが将来 銀行を駆逐するとのこと。仮想通貨・・・しかし、データや記録は残る。それが残っていれば問題はないではないか。銀行がやる「送金業務」なんか要らない。コストはゼロ! 銀行を利用するのは年寄りだけになるのか。
政治の構造は「日本会議対アンチ・日本会議」になりそうだ。そういう方向に持っていくのが分かりやすい。民主主義や人権、自由を重んじる人たちはアンチ・日本会議に結集することだ。そうすれば反動右翼と進歩陣営の違いがはっきりするだろう。既得権益を守るのか、それともそれを再整理するのかの戦いだ。

2月18日(土)
昨日は“春一番”だったが、今日はまた冬に逆戻りといった感じだ。風邪をひかないように注意しよう。
「日本会議」のことを少し調べたら、安倍内閣の大半の閣僚がその会員だと知って驚いた。今頃そんなことを知るとは怠慢だったが、以後、心して日本会議に対処したい。自民党の大部分の国会議員もそのメンバーだが、まるで現代の“大政翼賛会”ではないか。なにか全体主義の臭いがする。手ごわい団体だが、戦う相手として不足はない!
去年のエンゲル係数が25,8%と4年連続で上昇、逆に消費支出は3年連続で減少し、国民の生活水準は徐々に低下していることが分かった。
近所のガソリン(セルフ)は1リットル・122円で、去年の99円より大幅に上がっている。

2月16日(木)
今週は月、火と病院の泌尿器科、脳神経外科で診察を受ける。特に異常はない。
昨日は妻と一緒に都内の病院へ金光教のK教会長(70歳・女性)のお見舞いに行く。Kさんは大腿骨の骨折で手術を受けたが、思ったより元気が良さそうで安心した。早く退院してほしい。
北朝鮮の金正男氏(45歳)がマレーシアで暗殺され、大きな波紋を投げかけている。金正恩委員長の異母兄で“邪魔者”扱いされたのだろう。それにしても北朝鮮は怖い国だ。権力のためなら誰でも殺す。まるで18世紀の国のようだ。今後もテロは続くだろう。

2月12日(日)
鳥取県地方など日本海側は大雪だが、関東は寒いだけで好天だ。午前中、けっこう散歩をする。
安部・トランプの日米首脳会談の最中に北朝鮮が弾道ミサイルを発射、日米関係はかえって強固になっていくのではないか。
gooのブログには5年ほど前に移ったが、Yahoo時代の人から今日温かいコメントが届いた(愛知県の人)。励ましの内容だったが嬉しく思う。早速 返事を書いたが、今でも覚えていてくれるのはありがたい。gooブログは5年前に利用者が168万人だったが、今は267万人余りだ。5年間で約100万人増えたことになる。今後も大いに頑張っていこう。

2月9日(木)
小説に兼高かおるのことを書いたら、今日の「徹子の部屋」に兼高さんが出ていたのでびっくりした。タイミングがあまりにも良すぎる(笑)。彼女は88歳ながらお元気そうだった。黒柳の先輩(香蘭女学校)というのも初めて知る。
築地市場の豊洲移転問題は、小池知事が熱心に応援した千代田区長の石川雅己氏が、都の港湾局長時代に東京ガスに「移転」を提案した話(?)が伝わり、がぜん面白くなってきた。もしそれが事実なら、大混乱になる可能性も・・・注目。

2月7日(火)
風が強くて寒い。あさっては雪になる可能性も・・・
戦後、アメリカでマッカーシズム・赤狩りが吹き荒れたが、「トランピズム」は移民狩りか、イスラム教徒狩りか。                                                   
瀬戸内寂聴の新刊「伊藤野枝と大杉栄」の案内がアマゾンからあったが、どうして個人の趣向が分かるのだろうか。つい本を予約してしまったが、本当にびっくりするご時世だ。
金光教のK教会長がきょう手術とあって、家内は東京の病院へ行った。大腿骨の骨折によるものだが心配である。
最近、食べると眠くなる。血液が胃へ向かうのだろうが、だんだん「子供」に戻る感じだ。

2月5日(日)
コンビニで週刊誌を“立ち読み”していたら、フジテレビは将来、日本テレビに吸収合併されるのではという記事があった。フジでも日テレでもどこでもいいが、企業年金だけはちゃんと払って欲しいな!(笑) 経営者諸君、大いに頑張れ!
放送業界はどうなるのか? あまりにも多チャンネルで訳が分からない。それにSNSの登場で、先行きはまったく不透明なのか。そのうち、誰かに聞いてみよう。
ブログの訪問者が昨日40万人を超えた。まもなく満5年だから1年で約8万人、1日で平均221人だ。付き合ってくれた人々に感謝、感謝である。
昨日は久しぶりにバイクに乗ったが、運転はまあまあだった。気をつけて乗ろう。
去年の今日、近所のガソリン(セルフ)は1リットル・98円だったから、ずいぶん安かったのだ。

2月3日(金)
去年の今日の記事に「アメリカの大統領選は予備選挙が始まったが、アイオワ州で民主党のサンダース候補が大善戦、クリントン候補との熾烈な戦いが必至となった。また、共和党も指名争いが混沌としてどうなるかまったく分からない」とある。 1年前のトランプ氏は“泡沫候補”と見られていたが、こんなにも事態が劇的に変わるのか。毎日、これほどニュースを提供する男はいない。
おととい、昨日と久しぶりに車を運転してすぐ近くのスーパーへ行く。ふらつきや目まいはほぼなくなったが“超安全運転”で無事に終わった。強い日光にはサングラスが一番だ。

2月1日(水)
今日から2月、気象予報士がいよいよ「花粉」の季節だと言う。そこで初めて知ったが、北海道と沖縄にはスギ花粉がないそうだ。そのピークに、北海道や沖縄へ避難する人がけっこういる。花粉症の人たちは大変だと思う。
昨日の明け方だったが、人生で最も怖い夢を見る。刃物を持った強盗に襲われ、胸やら腹を刺されて出血、どうしようもなくギャー!っと叫んで目が覚めた。こんな悪夢は初めてだが、体調はかえって良くなった感じだ(笑)。抵抗力がついたのか。
朝からなつかしいフォークソングを聴いている。『若者たち』『風』『空よ』『花嫁』などなど

1月30日(月)
今日は3月~4月並みの陽気、とにかく暖かい。ほっとする。
「有言実行100%、トランプ氏はすごい!」という記事を書いたが、周りは「よくもこんな男がアメリカ大統領になれるもんだ!」というネット記事で一杯だ(笑)。呆れたり嘲笑したり、アメリカはもう駄目だという論調ばかりだ! それが本当だろうが、まあ、もう少し長い目で見ていこう。
妻(運転手)と一緒に眼科医院へ行く。これで脳神経外科、泌尿器科、耳鼻科と一通りの受診が終わる。左目が少し緑内障の気配はあるが、今のところ大丈夫とのこと。ふらつきや目まいは老化が原因か。
ちょうど1年前のガソリン(セルフ)は1リットル・99円だった。今は120円だ。

1月25日(水)
今日も真冬の寒さだが、明日から少し暖かくなるとのこと。本当かな・・・
稀勢の里がついに横綱に昇進した。3代目若乃花以来19年ぶりの日本人横綱の誕生だが、早くも来場所が楽しみである。
目まいがするので昨日は妻と一緒に眼科、耳鼻科の医院へ行く。特に異常はないが、左目に緑内障の気配が少しあるとか。精密検査の要あり。耳鼻科で薬をもらったら、目まいはほとんど治った。老化と疲れ、寒さなどが原因だろう。年寄りはあちこちが悪くなる。

1月22日(日)
今日は少し暖かい。所によっては3月並みの陽気とか。昼過ぎに散歩をした。
大相撲初場所は稀勢の里の初優勝が決まり、あとは横綱昇進が成るかどうかである。白鵬は昨日 平幕の貴ノ岩にまさかの敗退、あっけなく稀勢の里の優勝が決まった。今日は両者が対決するが、稀勢の里が勝てば横綱昇進は確定的だろう。
脳梗塞で倒れてからちょうど4年になるが、特に変わったことはない。
有名な俳優がテレビでよく「ナレーション」をしているが、西田敏行や中井貴一は上手いと思う。昨日は薬師丸ひろ子があるグルメ番組を担当していたが、抑揚が効いていて面白かった。彼女のさわやかな笑顔が目に浮かぶ。

1月21日(土)
ここは雪は降らなかったが、相変わらず風が冷たくて寒い。
夜中に目が覚めたから、トランプ米新大統領の就任式の模様をテレビで観る。NHK,TBS、フジテレビの3局が中継していた。「アメリカ第1主義」をずっと訴えていたが、徹底的な保護主義になるだろう。あのTPPはなんだったのか。長い交渉をしていたのに、本当に空しくなる。
昨日書き忘れたが、日本テレビの解説委員・小栗泉さんはすばらしい。信頼感と説得力がある。
大相撲は1敗の稀勢の里と2敗の白鵬との対決に。明日の千秋楽決戦に持ち込まれるだろう。

1月20日(金)
「大寒」の今日はこれから雪が降るらしいが、とにかく寒い。暦どおりだ。
ミケランジェロと葛飾北斎のことを書こうとしたが、未完。2人は偉大すぎて小生には無理だ(笑)。未完でも記事にするか? 「未完の記事」なんて初めてだ。要するに、2人の偉大な天才は満88歳まで長生きしたということだ。
大相撲初場所は稀勢の里が11勝1敗でトップを走る。念願の初優勝が成るか。白鵬が2敗で追っているが、同じく2敗の逸ノ城も好調だ。スリムになって相撲が早くなった。

1月17日(火)
安部(首相)がフィリピンのドゥテルテ大統領に対し、ミサイルの供与を申し出たが断られたという話が伝わっている。これは現地の新聞が報じたものでどこまで本当か分からないが、事実だったら大問題だ! 日本政府は「承知していない」と言っているが、あの“戦争屋”ならミサイルの話が少しは出たかもしれない。今後、要注意!
けっこう暖かかったので昼間に散歩をする。公園では若い母親と幼児が戯れていた。
大相撲は全勝の稀勢の里に土がつき、白鵬も連敗して混戦模様になってきた。1敗の貴ノ岩、2敗の逸ノ城らが続いている。

1月16日(月)
この2~3日、日本列島は強烈な寒波だ。関東の平地は降雪がほとんどないが、とにかく寒い。まさに真冬である。午前中、病院の泌尿器科で診察、特に異常はない。
昨日は約40年ぶりに昔の知人が遊びに来てくれた。昔、浦和(さいたま市)で向かいの家に住んでいた幼女のMちゃんが、今やすっかり“熟女”になっている(笑)。妻や娘が応対していたが、懐かしさで話に夢中だった。これからも長く付き合っていくだろう。
大相撲初場所は全勝の白鵬が不覚の1敗、これで無傷の稀勢の里がトップに躍り出る。順調に行けば“初優勝”となるが、稀勢の里はこれまで再三チャンスを逃してきた。まだまだ分からない。

1月12日(木)
“ふらつき”がようやく治ってきた。まだ完全には回復していないが、歩いているとよく分かる。酔っ払いやペンギンのような歩き方がなくなった。グー!
トランプ米次期大統領の記者会見は面白かった。CNNなど既存の大手マスコミに対して、断固たる対決姿勢を示している。日本では考えられないことだ。日本だと、権力側と大手マスコミはどうしても“癒着”が疑われるが、それがまったく感じられない。むしろ対決姿勢を示して、一般市民の共感と支持を得ようというのか。「強い大統領」のイメージづくりか。
大相撲は鶴竜がついに1敗、白鵬と稀勢の里が全勝で優勝争いのトップに立つ。

1月11日(水)
昨日は病院で脳のMRI検査、まったく異常はないとのこと。では、この“ふらつき”はなんなのか(救急車を使わなかったことを医師に叱られる。血圧が正常でも万全ではないとのこと)。前立腺手術後の薬の服用が影響しているのか。ともかく、老いの疲れがいろいろ出ているようだ。MRI検査は20分ぐらいで終わったが、音が相当うるさかった。
田崎史郎氏の「竹下派 死闘の七十日」を電子通販で取り寄せる。懐かしい時代の話だ。
日本国民が“拉致問題”を忘れないように、韓国国民は“慰安婦問題”を決して忘れないだろう。しかし、日本政府にもメンツはある。
大相撲初場所は鶴竜、白鵬、稀勢の里が3連勝で、優勝はどうやらこの3人に絞られてくるか。

1月9日(月)
今日は「成人の日」で休み。午後、雨が上がり暖かくなったので近所を散歩する。少しふらつくがまあまあだ。サングラスをかけたがまだ慣れない。
近所のガソリン(セルフ)は1リットル・122円で安定しているが、1年前の102円より20円も上がっている。
大相撲初場所は新関脇の玉鷲が好調のようだ。稀勢の里や逸ノ城も初日は快勝で好スタート。昨日の初日は天皇・皇后両陛下がご観戦、お元気な様子であった。
韓国の慰安婦像設置問題は、日本政府のメンツもある。駐韓国大使の一時帰国で、日韓関係の“こじれ”は相当に長引くだろう。それ以上はノーコメント。
今年は中国東北部へ旅行したいと思っていたが、体調がいまいち不安である。体調が回復するかどうか。

1月6日(金)
素晴らしい天気だが寒い。冬本番だ。
来週10日に病院(脳神経外科)で診察を受ける。ふらつきが治らないので仕方がない。今日、妻の運転で久しぶりにスーパーへ行ったが、車の運転は当分無理だろう。
田崎史郎君が「御用ジャーナリスト」のナンバーワンだと叩かれているが、彼とは昔、一緒の現場にいたことがある。しかし、あれだけテレビに出て稼いでいるとは羨ましい(笑)。いい男だったが、今は安部サマの後見人か?
元日から娘夫婦一家の愛犬を預かっていたが、昨日、スキー帰りに引き取ってもらう。9歳のトイプードルだがもう老犬か。眠る時間が長くなったようだ。

1月4日(水)
正月三が日はほとんど外出せず、テレビを見たりしていた。追加の年賀状を出しに行っただけだ。
体調があまり良くないので、いずれ医者に診てもらおう。
箱根駅伝は青山学院大の圧勝、3連覇だ。昨夜は大リーグのイチロー選手の夢を見た。今年も大いに頑張ってもらおう。いろいろな記録がかかっている。
大相撲初場所が8日から始まるが、先場所負け越した遠藤と逸ノ城の奮起に期待。特に逸ノ城は幕尻近くで低迷しており、まったく精彩がない。今年ダメなら、もうモンゴルへ帰った方がいい。
今年は“トランプ・イアー”になるだろう。注目。 小説『啓太がゆく』はなんとしても春までには終わらせたい。その後の予定がいろいろある。

1月2日(月)
元日、今日と好天続きで良い正月だ。昨日は子供や孫たち、それに親戚の親子も来てくれて楽しく過ごした。(ただし、自分の体調は決して良くない。近く医者に診てもらうつもりだ。)リビングの照明を婿さんに直してもらった。ありがたや~
今日は次男が来る。なんとかやっているようだ。
元旦はピコ太郎の夢を見た。初夢は若い頃の有名な女優とデートする素晴らしいものだったが、約束の電車に乗り遅れたり、すれ違いになるなど途中からおかしくなった。前途多難か。今年も支離滅裂な1年が始まろうとしている(笑)。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2島でも3島でも、返還され... | トップ | 2017年の日記②(5月2日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・日々雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL