矢嶋武弘の部屋

人生は欲して成らず、成りて欲せず。 足りるを知る

年を取り無精なので、人との付き合いは「必要最小限」にする

2016年の日記① (1月1日~4月15日)

2016年04月16日 16時52分56秒 | 日記・日々雑感

4月15日(金)
春爛漫の季節になってきたが、昨夜は熊本で震度7の大地震が起きた。死者9人、負傷者は数百人か。家屋や道路、鉄道など広範囲に被害が出ている。地震列島の宿命、いつどこで起きるか分からない。
近くの医院で肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けた。65歳以上で5年に1回とのこと。接種費用は8460円だが、市の助成額3000円を差し引いて5460円を支払う。接種はあっという間に終った。ワクチン名は「ニューモ」と言う。
金日成誕生日のきょう、北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射したというが、失敗に終ったようだ。

4月14日(木)
久しぶりに日記をつける。散歩をしたら、大好きなハナミズキの花が咲き始めていた。ピンクと白の満開が待ち遠しい。
元航空幕僚長の田母神俊雄が公選法違反容疑で逮捕された。政治資金のセの字も知らないお粗末な男だ。当然の結果である。
喫茶店で馴染みのご婦人と話していたら、75歳のご主人は四国88カ所巡りに出かけたとのこと。約1カ月かかるそうだが元気そのものだ。うらやましい。自分なら3日ももたないか(笑)。
3番目の孫(小学5年)とメールを交換することにした。楽しみである。明日は肺炎球菌ワクチンの予防接種を受ける予定だ。

4月9日(土)
小説「仕事と恋とレジャーの青春」を書き終えたが、半年もかかった。気が進まずに始めたが、途中で田中荘子さんに励まされなんとか続けられた。この場を借りて感謝の意を表したい。ガラクタ小説だったが、まあいいか(笑)。次は何を書こうかまだ決めていない。しばらく休もう。
清原事件のあとスポーツ選手の不祥事が続いているが、今度はバドミントン選手の違法カジノだ。背景にスポーツの「商業化」があると思う。オリンピックももう完全に「商売」だ。やむを得ない面もあるが、考え直す必要があるだろう。このまま行けば商業化はさらに進む。かと言って、良い方策は思い当たらないが・・・
娘と孫が来ているが、一緒に来たワンちゃんに特に癒される。

4月5日(火)
第2次世界大戦の映像記録を見ているが、ドイツでナチスが台頭したのは第一に世界大恐慌の影響、第二に他の政治勢力がバラバラに分裂したまま大同団結できなかったことだ。失業や不況は大きな要因だが、保守派やリベラル派、社民党や共産党などの“分裂”は致命的だった。小異を捨て大同につくことがいかに大切だったか。
NHKの朝ドラ『あさが来た』が終わったが、なかなか面白かった。一方、NHKの気象予報で、女性予報士が「○○なる予定」と言ったが、天気に「予定」などはない!
JCOMの営業担当の女性社員がモデムの件で来たが、フレッシュで感じが良い。前もそうだった。だいたい新入社員か入社2年目だが、こちらが元気をもらう感じだ。
ガソリンが1リットル・106円と急に6円上がった。

4月2日(土)
桜は満開だが、花曇りでちょっと寒い。
午前中、たまたま第2次世界大戦の映像記録を見ていたが、この中で少し驚いたのはアメリカが戦前、既婚女性の就労を(法律で)禁止していたことだ。ところが、日本との戦争が始まるとそれどころではない。男の多くが戦場へ行ったから、人手不足をカバーするために600万人もの“既婚女性”が軍需工場で働いたという。戦争で、女性は嫌でも社会進出せざるを得なかったのだ。 安部が言う「1億総活躍社会」もそういうことか!
田中荘子さんの陶磁器展を写真入りで紹介したら、30件以上もの「いいね」があった。ふだんはせいぜい4~5件なのに・・・田中人気の表れか(笑)。

3月31日(木)
3月もきょうで終わりだが、とても暖かい日よりで桜もどんどん咲いている。
きのうは東京・三軒茶屋へある展示会を見に行った。「海を渡った陶磁器展」というものだが、昭和22年から27年の日本の占領統治時代に、アメリカへ輸出された陶磁器の展示会である。FBの友人・田中荘子さんのコレクションだが、なかなか美しくて可愛い人形などが沢山出品されていた。
この展示会は世田谷区の保坂展人区長が積極的に応援したようで、保坂さんも開会2日目に来場した。展示会は4月17日まで開かれている。

3月28日(月)
埼玉・朝霞市で行方不明になっていた15歳の少女が、2年ぶりに都内で保護された事件がテレビなどで大々的に報道されている。無事に保護されたのは大変良かったが、この少女はSさんと言って顔写真などがいたる所に掲示されていた。ネットでも「拡散」してと大いに流出、自分も拡散に協力したが、あの画像はどうなるのか。千葉大卒の23歳の男に逮捕状、本人は自殺を図り入院中。
田中祥子さんの「海を渡った陶磁器展」にはあさって午後に行く予定だ。
大相撲春場所は白鵬が14勝1敗で36度目の優勝。稀勢の里は13勝2敗の準優勝で、来場所の“綱取り”が楽しみだ。
近所のガソリンは1リットル・101円と安定、自分の血圧も126~68と安定。

3月26日(土)
北朝鮮との「国交正常化」を急に主張するようになった。関係が最悪の時こそ、それを言い出す必要があるのではないか。アメリカだってキューバと国交を回復したのだ! 相手をクソ味噌に非難するのはたやすいが、その時こそ、本当の関係改善が求められるのだ。
田中荘子さんが今日から東京・三軒茶屋で「Occupied Japan Collection」を開始した。4月17日までやっている。見に行こうっと!
久しぶりに孫たちとメール、来週ようやく会えそうだ。爺はヒマだが、孫は忙しすぎて会うのが大変だ(笑)。
結婚45周年で、これから老妻とささやかな夕食をとりに行く。

3月24日(木)
けっこう肌寒い。花冷えの天候だ。
「五体不満足」の乙武洋匡(おとたけひろただ)氏は不倫相手が50人近くいたとかで、週刊誌などで叩かれている。本人は公式サイトで謝罪しているが、ちょっとひど過ぎないか。夏の参院選で自民党が擁立する方針だったがもう無理だろう。あの乙武氏だけに、世間に衝撃を与えている。
大相撲春場所は白鵬が稀勢の里を破り、豪栄道と共に3人が1敗で並んだ。きょうは白鵬が豪栄道と対戦、稀勢の里は日馬富士と当たる。
ブリュッセルでのISによる同時多発テロ事件は死者が30人以上となり、各国に衝撃が走っている。日本人2人も重軽傷で、わが国も要警戒か。

3月23日(水)
暖かく春らしい好天気で、近くの桜も咲き始めた。
陽気にさそわれ車で新所沢へ行く。スーパーで買い物、喫茶店に寄り珍しく禁煙席に座る。喫煙席は何人も客がいたが、禁煙席は自分一人(笑)、たまにはこういうのも良いだろう。書店で立ち読みをしてきた。昼間の裏道は閑散としている。
腰が痛いので坂道の散歩は控え、当分は平坦な道を歩こう。
小説は意外とスムーズに進んでいる。フィクションの方が自由に書けるからいいか。無責任なのだ(笑)。
大相撲は稀勢の里が10戦全勝でトップだが、きょうは1敗の白鵬と決戦だ。逸ノ城は8勝2敗で勝ち越し、どこまで星を伸ばすかだ。豪栄道が1敗で稀勢の里を追っている。

3月21日(月)
書くことが沢山ある。アメリカのオバマ大統領がキューバを訪問した。あの“キューバ危機”を思うとなんだったのだろうか。歴史は劇的に変わる。
消費税増税の見送りが強まり、衆参ダブル選挙の公算が高まってきた。安部首相は大勝を目論んでいるが、今度はそうはいかない。野党共闘が進み“流れ”が変わる兆しが出てきた。それは強まるこそすれ、弱まることはないだろう。共産党も共闘にきわめて積極的だ。
結婚45周年を迎えたが、ワイフは覚えていなかった。「仲がそんなに良くないのに、よく続いたわね」と言うが、子供がいるから続いたのだろう。「あと5年大丈夫かしら」と言うが、なんとか生きているか・・・
小説は俳優・蔵原圭一の「自殺騒動」を入れる予定。小休止だ。
大相撲春場所は稀勢の里が8戦全勝でトップ、きょう1敗の琴奨菊と対戦する。稀勢の里が勝てば初優勝へ弾みがつくだろう。
広い墓苑のそばを散歩していたら、墓に参る人や沢山の供花が目立つ。線香の匂いが散歩道まで漂ってきた。
ガソリンは1リットル・102円とやや安定している。

3月18日(金)
すっかり春らしくなる。桜の開花も間もなくとか。午前中 大いに散歩をするが、午後になって風が強まってきた。春の天候は変わりやすい。
覚せい剤で逮捕された清原被告がきのう保釈になった。テレビは一日中放送していたが、本人は「必ず更生する」と誓っている。必ず更生することを見届けよう。
近所のガソリンが1リットル・96円から104円に8円も急上昇した。何があったのか。
大相撲春場所は大混戦になりそうだが、先場所大きく負け越した逸ノ城が幕尻に近い所で目下5連勝だ。上位陣が星のつぶし合いをしていると、優勝戦線に入ってくる可能性が大。稀勢の里も好調で5連勝だが、逸ノ城が台風の目になるかもしれない。

3月15日(火)
きのうは一日中雨で寒かったが、きょうは朝から好天気、車でスーパーなどを巡る。ツタヤではDVD2本をレンタル、書店で渡辺淳訳の『ピエールとリュース』を買う。ロマン・ロランのことなどその解説が素晴らしい。渡辺淳さんは93歳でご健在だという。
朝、テレビを見ながら食事をしていたら、長いフォークにうっかり噛みつく。前歯を少し痛めたが、老妻は「子供みたいだ」と笑った。子供はよくハシに噛みつくものだが、長いフォークには用心、用心。
ガソリンは1リットル・96円のまま。血圧は123~68と安定。きょうは北風が少し強かったが、天気が良いので1万歩以上歩く。

3月13日(日)
きょうも寒い一日。午前中、大いに散歩をする。春はあさってから来るという。
午後1時5分前になると、パソコンが自動的に起動することを発見。システムがそうなってしまったのか? 電源コードを抜いておく以外に手はないようだ。いずれ息子たちに聞いてみよう。
テレビなどマスコミは東日本大震災5周年の特集をずっとやっていたが、5年が1つの区切りだろう。本当の復興には何十年もかかるかもしれない。原発事故など大震災の影響は半永久的だ。
血圧が104~59と低い。薬の効きすぎか。
きょうはある有名女優の誕生日だが、ノーコメントにしよう。

3月9日(水)
きょうは一日中雨、気温もだんだん下がり冬に逆戻りした感じだ。いつもの散歩も取りやめる。
夢にまで小説を書くようになり、文章を手直ししている。夢の中では文章はうまく書けない!(笑)。いらいらしているうちに目が覚めるが、いよいよ乗ってきたか。
「徹子の部屋」に吉行和子さんが出ていたが、母親のあぐりさんが1月に107歳で死去したという。知らなかった。
テニスのシャラポワ選手がドーピング検査で陽性と分かり、当分出場停止になりそうだ。ダウンロードした彼女の写真を何枚か消したが、小説『サハリン物語』のマリア・シャラポワは消さない。主人公・リューバ姫の親友だから消すに消せない。

3月7日(月)
春眠 暁を覚えず・・・ ゆうべは12時間ぐらい寝てしまった。いつも7時半ごろに寝るので、夜中の2時~3時には必ず目を覚ますが、けさ起きたらなんと7時半! 12時間の睡眠だ。さらに昼寝、小説を書いている夢を見る。いくらでも眠れそうだ。
オリンピックの「聖火台」の場所が決まっていないとテレビで議論になっているが、どこでもいいだろう。それより、今は何事も“後出しジャンケン”で決まるようだ。早く出すと潰されるから、出すべきものは後から出そうということだ。それまでは閉まっておく。もうどうでもいいやと皆が思った時に出せば、だいたいそれに決まる。民主主義とはそういうものだろう。
今日は一日中 雨、それでも傘をさして少し散歩をする。

3月6日(日)
すっかり暖かくなった。午前中 大いに散歩。
昨日は一番下の孫が6歳になり、家でお祝いをする。もうすぐ小学1年生、小遣いをあげて励ましたが上の空、分かっただろうか?(笑)。
久しぶりにNHKの囲碁選手権を1時間ぐらい見たが、半目差の大勝負。よくあんな戦いをするものだと感心した。当たり前だが、どんな道にもすごい才能があるものだ。
去年はガソリン1リットル・128円ぐらいで安いと言っていたが、今年はいま96円、ものすごく安くなったと言ってよい。
散歩をして気がついたが、車のナンバーが「8888」とか「7272」「3636」など揃っているのが多い。いろいろ工夫しているようだ。
小説は最終コーナーに、頑張るしかない。

3月2日(水)
明日から暖かい陽気になるとのこと、今日はまだ肌寒かった。
アメリカの大統領選はスーパーチューズデイで民主党のクリントン、共和党のトランプ両氏が優位に立った。トランプはテレビ戦術が実に上手なようだ。好き嫌いは別にしてラジオはヒトラー、テレビはトランプといったところか。
本音でずけずけと感情的にしゃべるところが受けているのだろう。ヒトラーや田中角栄もずけずけと大げさに演説していた。アメリカ国民の潜在的な“不満”に訴えているのか。しかし、本選挙になればクリントンの方が有利になると思うが・・・ 
ガソリンは1リットル・96円にまで下がった。血圧は127~74で安定、ジェネリックの薬が効いているようだ。

2月29日(月)
2月最後の日、暖かくなったり寒くなったりの日本的三寒四温か。
このところブログの小説「青春流転」にコメントを寄せてくれる人がいて嬉しい。熊本の人だという。 ブログは昨日めずらしくアクセスが342人(2228位)だった。何が良かったのか。
消費が低迷している。2人以上の世帯における実質消費支出は、何と21カ月連続の前月割れだそうだ。エンゲル係数も昨年5月以降、毎月25%を超えている。
小説はとうとう完全“フィクション”の段階に入った。客観的事実は大切にするが、思いっきりフィクションを広げよう。想像力の勝負だ。

2月27日(土)
久しぶりにバイクで散策。なじみの喫茶店に寄ったら、客もママもみんな花粉症だって(笑)。
アメリカの大統領選は非常に面白い。異色のトランプ、サンダース両氏に勢いがありまったく見当がつかない。識者もお手上げといった状態。スーパーチューズデイに向けて大激戦だ。エスタブリッシュメント・既成勢力が打破されるか。
一方、日本では民主、維新の両党が合流して新党結成へ。共産党も選挙共闘で大きく変貌する。安保法制の廃止、集団的自衛権の撤回要求で自民党は守勢にまわりそう。
gooのブログはこのところ利用者が急増、目下241万人だ。このためか平均順位が5000~6000位台へ後退、やむをえない。
自伝的小説はストーリーが混迷中。妄想が湧いて、どうまとめるか分からなくなった。なるようになるさ!(笑)

2月25日(木)
ゆうべは小雪が降る。今日も真冬の寒さだ。
最近、書痙(しょけい)に苦しむ人からブログにご意見があったので返事を書いたが、書痙を病む人は案外と多い。手が震えるとどうしようもなくなる。大作家・松本清張も書痙に悩んだというが、まずその「記憶」を忘れることだ。忘れることが最も大切だと思う。精神的な病いは、過去の失敗を引きずっていることに起因することが多い。自分もいつ書痙が再発するとも限らない。
昨日は家の“水漏れ事故”を直す工事で日中ほとんど外出、おかげで『ピエールとリュース』をだいたい読んだ。ロマン・ロランの原作が『また逢う日まで』に化けるとは心外だが、大作家の宿命だろう。窓ガラス越しのキスが日本で大受けするとは、文豪もあの世で苦笑いしているはずだ。
ガソリンは1リットル・98円で安定している。血圧も120~62で安定。

2月23日(火)
午前中、病院で定期検査。血圧など異常なしで、5月にMRI検査を受けることになった。
民主党と維新の党が3月中の「新党結成」で合意し、野党再編が一気に進むことになった。また、共産党なども選挙協力で共闘することが決まっており、政局に大きな影響が出てくるのは必至だ。当面は参院選だが、ダブル選挙の可能性も否定できない。焦点は安保法制(戦争法制)の廃棄だ。政局は非常に面白くなってきた。
小説は最終コーナーに入ってきた。ここからは完全に創作だ。
昨日のテレビ朝日「徹子の部屋」に高田みづえが出ていた。懐かしくなって観ていると『潮騒のメロディー』が聞こえてきた。
https://www.youtube.com/watch?v=S7_HYcQ9Hfo

2月18日(木)
閣僚や自民党議員の不祥事が目立つ。マスコミもよく追及しているが、安倍体制に“ほころび”が出てきたか。そうは言っても、野党が弱すぎる。政府・与党を増長させた結果だ。できれば民主党と維新の党は合体し、新党を結成して参院選に臨むべきだ。そうすれば流れが変わり、勝つ可能性は十分にあるだろう。誰が音頭を取るか。
中小企業は大変だ。長男がつい先頃までいたIT企業が倒産したが、跡継ぎのいない企業も多いとか。人手不足も深刻だ。
小説を書いているが、昔のテレビドラマを調べていると、よくもまあやってこれたなと思ってしまう。電気紙芝居から粗製乱造・・・しかし、ハードが進化・発展するとおのずとレベルが上がってくるものだ。フジテレビの古い資料を調査中。
今日の血圧は129~69、脈拍62。 ガソリンは1リットル・99円。

2月15日(月)
昨日と打って変って寒い一日になる。初夏の陽気だった昨日は久しぶりにバイクで散策、マフラーも手袋も要らなかったが今日は寒さに震えそう。風が冷たい。
北朝鮮のミサイル発射に激怒して関連記事をいくつか閉鎖・削除したが、1週間ぶりに「北朝鮮訪問記」だけを復活させる。米韓も日本もあの国との緊張関係が必要だろうが、相互理解も必要だろう。最高指導者に対するデブ野郎、ブタ野郎の罵言は撤回する。
元上司・白川文造さんのフェイスブックで芸能リポーターの前田忠明さんに出会う。懐かしくなって友だち登録を申請、認可される。友だちにテレビ局の旧友が沢山いそうだ。
DVDで映画『砂の器』を観ているが、野村芳太郎監督のものは何度観てもすばらしい。日本の“原風景”が至る所に出てくるのだ。
近所のガソリンは1リットル・102円と97円を行ったり来たり・・・

2月14日(日)
春一番、春の嵐が吹く。散歩をしたら汗をかいた。まるで初夏の陽気だ。ある所に梅がみごとに咲いていた。思わず見とれる。
歌が自然と口からこぼれてくるが、明日は一転して冬の寒さにもどるとか。気温の乱高下は決して体によくないが、ひとたび春の息吹を感じると命がよみがえるようだ。花粉が飛び、株価も乱高下か(笑)。文章を書いていても支離滅裂になる。
こういう時は詩が湧いてきそうだが、いまのところない。昔の詩を思い出しながら、しばらく“世の憂い”を忘れてくつろごう。すばらしい一時。

2月12日(金)
自民党の宮崎謙介衆院議員が不倫騒動で辞職を表明した。育休を悪用して妻(国会議員)の出産入院中に女性タレントと密通したわけだが、辞職は当然である。自民党は議員が多いから、不逞の輩も自然に多くなる。今後、厳重注意だ。老妻が冗談で「あなたも気をつけてね」と言うが、自分は一民間人だぞ!(笑)。
東証の株が大幅に下落、終値は1万4952円と1万5000円を割り込んだ(前日比760円安)。アベノミクスも危なくなってきたか。
映画『紙の月』をDVDで観たが、まったく面白くなかった。いろいろ賞を取ったというが、さっぱり分からない。老妻もまったく面白くないと言う。偽善者の心理劇なのか。宮沢りえは良かったが・・・
血圧・118~65。脈拍は58。安定している。

2月11日(木)
今日はだいぶ暖かくなった。風は冷たいが、春がすぐそこまでやって来た感じだ。冬を越えると、今年もなんとか生き延びたという気分になる(笑)。若い人には分かるまい。
自民党の宮崎謙介という国会議員が有名になった。育児休暇を取ると公言していたが、妻(国会議員)の入院中に女性タレントを自宅に引き込み“不倫”をしていたという。ゲスの極みだ。また、島尻沖縄北方担当大臣は記者会見で、歯舞(はぼまい)諸島の名前が言えず「ハボ・・・ええと何だっけ?」と言葉を詰まらせた。ハボマイ、シコタンは常識じゃないか! とても担当大臣とは言えない。こんな連中が国政を担っているとは日本も哀れである。
NHKの朝ドラ『あさが来た』が絶好調だ(視聴率も)。面白いので毎朝観ている。

2月8日(月)
相変わらず寒い。空気が冷たく乾燥している。少し風邪をひいたのか体調が良くない。股引きに厚い靴下を2枚はいて、ちょうど良いくらいだ。昨日は散歩ができなかったが、今日は7000歩以上歩く。
甘利にベッキー、清原問題と続いたが、北朝鮮が核実験に続いてまたミサイルを発射し大騒ぎだ。米中韓も決して良くないが、北朝鮮ももちろん悪い。腹が立って「北朝鮮訪問」などの記事を閉鎖した。閉鎖は当分続ける。あの「日朝平壌宣言」は死文と化したのか。二度と北朝鮮に行くことはないだろう。 
金正日のころはまだ話が通じたが、息子の金正恩になってまったく駄目だ。あのデブ野郎ブタ野郎! と怒鳴りたくなる。

2月5日(金)
今日は春の到来を思わせるような暖かい陽気だ。またあとで散歩をしよう。
小説『仕事と恋とレジャーの青春』はなんとか続けているが、今までの分の表現や字句の修正を行なっている。アメリカ在住の田中荘子さんの励ましがあったから、続けてこられた。この場を借りて感謝の意を表したい。
清原・覚せい剤事件が起きて甘利問題やベッキー騒動が隠れてしまったが、甘利問題はもちろん根が深い。「あっせん利得疑惑」の追及はこれからが本番だ!
散歩をしていると、新しいルートを発見する。これが楽しみだ。道は思わぬ所につながっている。
近所のガソリンは1リットル・98円まで下がった。まだまだ値下がりするのか。

2月3日(水)
西武ライオンズの元選手・清原和博氏が覚せい剤所持容疑で逮捕された。悪い噂があったから驚かないが、まことに残念である。清原氏(容疑者)は正に“無冠の帝王”で、地元のライオンズ優勝に多大の貢献をした。ライオンズ黄金時代を支えた輝けるスター選手で、数えきれないぐらい応援に行ったことがある。こうなればあとは立派に更生して、一日も早く社会に“つぐない”をして欲しい。まだ48歳だからできるはずだ。
アメリカの大統領選は予備選挙が始まったが、アイオワ州で民主党のサンダース候補が大善戦、クリントン候補との熾烈な戦いが必至となった。また、共和党も指名争いが混沌としてどうなるかまったく分からない。事前の「世論調査」がこんなにも外れるのか。世界一の大国だけに、解せない面もある。
昨日は娘と孫娘2人が来たのでホッとする。今度は春休みに来るらしい。

2月1日(月)
きょうから2月、寒い一日だ。平年より気温が低いとか。滅多にしないカイロを背中にしている。
ベッキーの不倫騒動が賑やかだが、昔はもっと“おおらか”ではなかったのか。もっとも、相手にもよる。大義や理想に燃える相手なら少しは同情的になるが、ゲスの何とかという男だとどうも・・・ 今は過度に集中的に叩かれるから哀れな面もある。「自分の傷は自分で治す」と言ってるから、もうよいのでは。
たまたま、世界の歌姫マリア・カラスと海運王オナシスの不倫の映画(DVD)を観たが、あんな超セレブの不倫だと、次元が違いすぎて「勝手にしろ!」と言いたくなった。われわれ普通の人間は、永く連れ添ったジジイやババアを大切にするしかない。とにかく、こういう話はもうやめよう(笑)。

1月29日(金)
今日は雨で一転して寒く、夜には雪に変わりそう。今こそ真冬だ。
近所のガソリンはついに1リットル・99円! 大台割れである。
甘利大臣(経済再生担当)が昨夜 辞任した。後任は石原伸晃氏。しかし、現金授受疑惑は今後も尾を引きそう。天皇がフィリッピンを訪問されているので、皇太子が代わりに認証式を行なった。国事行為も簡単なものだな~(笑)。
朝寝をしたらもの凄い悪夢を見る。どこへ行ってもみんなから邪魔にされ、嫌がらせを受けるのだ。参った。テレビで石坂浩二が『なんでも鑑定団』を降ろされる報道を見たからだろう。彼はプロデューサーから凄い嫌がらせを受けているそうだ。それより、朝寝の前に老妻と口喧嘩したのが災いしたか!?(爆)

1月27日(水)
きょうは春の陽気みたいで暖かい。12~3度に上がったか。午前中、4000歩以上散歩をする。公園には幼児を連れた若いママが何人もいて、楽しそうに遊んでいた。このところ、小川にいる20匹ほどのコイに餌をやる癖がついてパン切れをやった。少しぐらいならいいだろう。
ビデオリサーチの週間視聴率表で、先週18日の「SMAP×SMAP」の視聴率が31,2%と分かる。31,2%! 異常な数字だ。例の解散騒ぎで高い数字と聞いていたが、18日の視聴率が今ごろ分かるなんてどうかしている。テレビ局にいたころは翌日分かったが、9日もたって知るなんて元テレビ局員として落第だ!(笑)。その間、世の中はどんどん進んでいる。
ガソリンがまた1リットル・100円に戻った。大台割れ寸前。

1月26日(火)
わりと穏やかな日でホッとする。気温も10度に届いたらしく、厳しい寒さもつかの間の休み。
大相撲初場所は大関・琴奨菊が14勝1敗で初優勝、日本生まれの力士が10年ぶりの賜杯だ。今度は稀勢の里に期待する。逸ノ城は2勝13敗で見るも無残な成績で終わる。デブデブと太っているだけで腰高、粘りもなくまったく精彩を欠いた。遠藤もケガの休場で十両落ちが確実、来場所は2人の真価が問われよう。
甘利大臣の献金受領疑惑、辞任は必至の情勢だ。
近所のガソリンは珍しく1リットル・2円あがり、102円に。いろいろ操作しているのか、一服という状況だ。

1月24日(日)
まさに真冬の寒さだ。ここでは幸い雪は降っていないが、九州や四国などでも雪が降り、奄美大島でも115年ぶりに雪が降ったという。40年に一度の寒波だそうで、日本列島は至る所で雪害、吹雪などで混乱している。 散歩をしたが寒風が冷たく、早めに切り上げる。
大相撲初場所は大関・琴奨菊が13勝1敗でリード、初優勝の可能性が出てきた。優勝すれば、日本出身の力士としては10年ぶりの快挙となる。
「皇室は京都御所に移る方がよい」という記事を書いているが、なかなか難しい。問題提起だ、なんとか続けていこう。
近所のガソリンが1リットル・100円ちょうどに下がった。大台を切るのも目前か。

1月22日(金)
きょうは脳梗塞で倒れてからちょうど3周年だ。医師の先生や療法士さん、老妻らのお陰でほとんど完璧に治った。薬は毎日飲むが、自由に歩けるし小走りもできるようになった。ありがたいと感謝している。ただ、あまり調子に乗らないように(笑)。
甘利大臣の「違法献金受領」の疑惑は重大だ。たぶん、辞任に追い込まれるだろう。TPPもこれあり、安倍政権にとっては深刻な打撃になる。何カ月ぶりかで週刊誌を買う。文春はベッキー騒動に次ぐスクープの連続だ。新潮も頑張らねば! 自分も記者OBだから血が騒ぐ。
これから老妻を連れて食事に行く。脳梗塞征圧感謝デーだ。

1月21日(木)
きょうも寒い。晴れてはいるが風が冷たく、週末にはまた降雪の天気予報だ。
観光バスの事故が相次いでいる。碓氷バイパスで起きたスキーバス転落事故は15人が死亡、ケガ人も多数出た。大型バスの運転手が不足気味で、そうとう無理(?)に運転する人もいるとか。
甘利経済再生相が「違法献金」を受けたという疑惑が急浮上。週刊誌報道だが、これが事実なら安倍内閣はピンチに陥るだろう。なにせ最重要閣僚だ。今後の展開に注目!
大相撲初場所は大関・琴奨菊が白鵬を破り11連勝、きょうの日馬富士戦が大きなヤマ場に。それにしても、逸ノ城の無様な相撲は見るに堪えない。あれほど期待されたのに1勝10敗とは・・・精神的におかしい。
散髪をしたら頭が寒くて寒くて、家の中でも帽子をかぶる(笑)。

1月19日(火)
昨日と打って変わって快晴だが、残雪が多く滑るので歩きづらい。散歩をしたが、3000歩あまりで打ち止め。
SMAPの解散話はひとまず終息したようだ。国内だけでなく国外でも話題になるとは大変なものだ。とにかく「ジャニーズ」の影響力は凄い。平和な日本。
大相撲はいま初場所だが、期待の若手がほとんど駄目で気が抜けた感じだ。大関・照ノ富士と遠藤はケガで休場、逸ノ城は早くも1勝8敗で負け越し。遠藤は来場所 十両に陥落ことが確実だ。とにかくケガが多すぎる。抜本的な対策が必要なのでは・・・琴奨菊が9連勝で頑張っているが。

1月18日(月)
昨夜から雪が降り続き、ようやく雨に変わった。かなりの積雪だ。
屋上の樋の雪水が凍ったのか、突然 部屋に雨漏りがしてきて参った。直したものの、小説の資料などが水浸しになり参った! しかし、それほど大した被害ではない。わが家が老朽化した証だろう。
門を出ようとしたら雪ですべってすってんころりん、危ないところだ(笑)。きょうは1日、家にこもって散歩をしないで過ごそう。

1月15日(金)
朝から、長野県・軽井沢町で起きたバス事故のニュースで一杯だ。国道18号碓氷バイパスでスキーツアー・バスが崖下に転落、14人が死亡、27人が重軽傷を負うという大惨事になっている。犠牲者は若者ばかりで、運転手2人も死亡した。まことに恐ろしい事故で、原因究明が急がれている。また、シートベルトをしていない人が多かったという。しかし、こんな大事故は滅多に起きるものではない。今日はSMAP解散話は影を潜めたようだ(笑)。
このところ足の不自由な人が目につく。女性が多いようだ。転倒した人、杖をついている人・・・自分もいつそうなるかもしれない。

1月14日(木)
今日は春を思わせるような穏やかな天気だ。とりあえず4700歩ぐらい散歩したが、公園には幼児を連れた若いママさんがかなりいた。いつもの微笑ましい光景だ。2~3歳の幼児は本当に可愛い。80年後にはこの子たちはどうなっているだろうかと、ついどうでもいいことを空想してしまう(笑)。
小説「仕事と恋とレジャーの青春」は自分の懺悔、告白のようになってきたが、それでよいと思う。とことん自白してしまえば気が済むだろう。やるからには徹底的にやる。
昨日は近くのウナギ店でうな重をたっぷり食べる。国産ウナギで美味しかった。たまにはウナギ三昧もいい。日本酒「久保田」も良かった。
竹下元首相に関する記事にアクセスが異常に増えたが、ようやく収まってきた。人は有名人の内輪話に興味を持つのだろう。SMAPの解散話が浮上し、大きな関心を集めている。

1月13日(水)
昨日とは打って変わって好天になったが、空気は冷たい。早朝に起きたら、0~1度くらいだった。
昨日のブログアクセスは625件(658位)、竹下元首相の記事に529件も集中した。

1月12日(火)
寒い。雪が降りそうな天気だ。 昼ごろ 公園に散歩に行ったが、いつもと違って人っ子一人いない。数羽のハトがわが物顔に歩き回っていた。
昨日はブログのアクセス数が普段の倍以上の463になり、竹下元首相の記事に328も集中した。これは孫のDAIGOが北川景子と結婚したので急増したのだろう。芸能ネタでも増えるのは結構だ。
ジャーナリストの竹田圭吾さんがすい臓癌で亡くなった。51歳。以前、フジテレビで「とくダネ!」のアルバイトをしていた時に彼のコメントをじっくり聞いたが、実に的確なコメンテーターだと思っていた。息子の結婚式の時、たまたま都内の某所で彼に出会ったことがある。若すぎる死だった。ご冥福を祈る。
https://www.youtube.com/watch?v=HBvSiRrAIBI

1月10日(日)
安倍政権は本気で「憲法改悪」に乗り出してきた。参院選で改憲勢力・3分の2以上を目指すとしているが、衆院選とのダブルになる可能性が高い。自民党の某幹部もダブル選を否定していない。
こうなれば、野党勢力は「憲法改悪」阻止と戦争法廃棄で大同団結し、春までに選挙共闘の『国民共同戦線』を結成しなければならない。これは、かつてのヨーロッパ型『人民戦線』と同じで、最近は“オリーブの木”とも呼ばれている。その萌芽はすでに出てきており、今後 大きく成長することが予想される。春から夏にかけて、政局は一挙に盛り上がるだろう。
近所に美味いウナギ店があるので行くことにしている。早い方がいい。
小説は、自分の恥をさらす決意と覚悟ができた。

1月9日(土)
肌寒く散歩をしていても風が気になる。真冬の到来だ。近所のガソリンは1リットル・102円まで下がる。100円を切るのも目前か。
ワルツ所沢に昨夜、何年ぶりかに老妻と行った。西武デパートが思ったより綺麗。和食店で自分はウナギ、老妻は天ぷらなどを食べたがまあまあ美味かった。早い時間は老人ばかりだ(笑)。フロアにお雛さまが飾ってある。値段を見たら○○万円でビックリ。しかし、綺麗だった。思わずカメラを向けたが、うまく撮れず。

1月7日(木)
今日は良い天気で暖かいが、時おり吹く北風が寒い。夜はだいぶ冷えるだろう。昨日、今日と続けて小手指、新所沢のセイユーへ行ったが、人出も少なくずいぶん落ち着いてきた。
青山学院OBの先輩の記事を書いたが、けっこう時間がかかった。マスメディアでは、青学卒は上智大学やICU・国際基督教大学に比べて極端に少ない。マスメディアを忌避しているのか。それに比べて、上智などは石を投げると当たるぐらいいる(笑)。
北朝鮮が水爆(?)の核実験をした。各国がこれを非難しているのは当然だろう。しかし、北朝鮮の肩を持つわけではないが、これまでさんざん核実験をした国が、少しも核軍縮をせずに新保有国を非難する資格はない! そんなことは当たり前なのに、マスコミは何も触れない。北朝鮮を非難する資格があるのは、日本のような非核保有国だけである。もし非難したいなら、まず自分の国の核廃絶に取り組め!

1月5日(火)
このところ毎日、午前中にタイケの行進曲『旧友』を2~3度聴く。そうすると元気が出てくるような気がする。
https://www.youtube.com/watch?v=r2RJRbL-4DQ
正月休み明けで小説を再開。自分の懺悔・告解のようになってきたが、なんとしても続ける。
皇室は「京都御所」に移るべきだと思うが、機会があれば何か書きたい。天皇は神事に専念して国事を離れるべきだ。
青山学院で思い出したが、わが先輩に青学のOBが1人いた。その人・Aさんは牧師の息子だが女性関係が複雑だったりしていろいろ面白かった。世渡りの名人か。最後は外信部長のまま49歳で早世する。食道癌だった。忘れられない先輩だから、これも機会があれば何か書きたい。
今日も暖かくおだやかな一日、明日から寒くなるそうだ。

1月4日(月)
暖かかった正月3が日が終わり、世間は今日から仕事始めだ。短い正月休みだった。東京の渋谷で若者たちが騒いだとテレビで言っていたが、大したことはない。今の日本はおとなし過ぎるぐらいだ。
箱根大学駅伝は去年に続いて青山学院の圧勝だった。あまりに強くてレースは面白くなかったが、それだけ青山学院が飛び抜けていたのだろう。青学と言えば昔はバタ臭くて軟弱なイメージだったが、だいぶ変わってきたのか。かつて渋谷のキャンパスに行ったことがあるが、広々として素晴らしいところだった。キリスト教系の学校は恵まれているのだろう。
キャメロン・ディアス主演のDVD『私の中のあなた』を観ているが、医学の発展・進歩は人間関係をますます複雑にするようだ。腎臓の提供をめぐって娘が母親を訴えるなんて、昔はまったく考えられないことだった。
吉永小百合主演の『ふしぎな岬の物語』が今夜9時から放送されるが、なにせ8時には寝るから無理だ(笑)。いずれDVDを借りてこよう。
国会も今日から始まった。異常に早い。このまま参院選へ・・・いや、ダブル選挙か。

1月2日(土)
今日も快晴で暖かくおだやかな正月だ。年賀状を出す。
箱根大学駅伝は往路で青山学院が圧勝した。青学といえば昔は“ナンパ”の代表格みたいだったが、このところ駅伝などで力を発揮している。明日の復路でも強さを示すだろう。
箱根駅伝は完全に正月の看板番組になったが、テレビの正月番組はずいぶん静かで落ち着いてきたと思う。予告や再放送をけっこうやっている。ということは、テレビ局の経営がだいぶ悪くなったか。無駄な金は使わず、平常番組と同じような放送をしているということだ。それで良いではないか。無駄な金を使っても視聴率は取れない。
昨日は子供や孫が来てにぎわったが、今日ももう1人の息子が来るという。心の準備を。

1月1日(金)
快晴で暖かくすばらしい正月になった。午前中、散歩をしたり年賀状に目を通す。凧揚げ風景がないのが寂しい。
兄と電話、目が悪いが元気な声を出していた。86歳だが、正月なので気が張っているのだろう。90~100歳までお互いに生きようと言っておいた。
明け方、テレ朝の『朝まで生テレビ!』を少し見る。田原総一朗さんはまだ元気だ。少し耳が遠くなったか(笑)。昔、田原さんがこの番組の苦労話をしていたのを思い出す。フジの番組に出てもらった時だが。
去年の日記を読んだら、ある女優にファンレターを出すのが夢だと書いてあったが、年賀状で夢は実現した。50年来の“夢”だ。ただし、読んでくれるかどうかは不明(笑)。これから子供や孫たちが来るので心の準備を。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民主権の「新憲法」草案・骨子 | トップ | 過去の記事(1) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正論 (shubou)
2016-01-08 11:28:03
核廃絶に関するあなたのご意見はその通りです。
キリストの痛切な一言にも通じます。
1月7日の記事 (矢嶋武弘)
2016-01-08 13:10:47
昨日、北朝鮮の核実験について書いていたら、キリストの言葉を思い出しました。正にその通りだと思います。
NPT・核拡散防止条約についても以前 書きましたが、機会があればまた書きたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL