矢嶋武弘の部屋

日一日の命 日々新たなり
あらゆる分野の興味や関心のあることを論じ、小説などの創作を行なうブログ

雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと(田捨女)

2017年12月11日 05時25分59秒 | 芸術・文化・教育
<以下の記事を復刻します。> 以前、表題の句をもとに「俳句は芸術なのか?」という一文を書いたことがある。そこで、一部修正を加えながらもう一度書き直してみたい。 「雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと」 この俳句に接すると実に爽やかな気分になる。雪の朝の情景がすぐに目に浮かんでくるのだ。私も子供の頃はよく下駄をはいて、雪が積もった庭を歩いたことがある。その時のことが思い出されて懐かしさが . . . 本文を読む
コメント (2)

大天才のミケランジェロと葛飾北斎は満88歳まで長生きしたぞ!

2017年12月10日 12時11分07秒 | 芸術・文化・教育
<以下の文を復刻します。> 美術にまったく素人の自分が、あえて有名な芸術家を論評するので、戯言(ざれごと)として聞いて欲しい。世界のアーティストの中で、最も好きなのはミケランジェロと葛飾北斎だ。この2人を論評するのが夢だった。この2人は造形美の天才ではないのか。天才である以上に、その生き方や人間性に魅力を感じる。ミケランジェロの作品はいくつか観たことがある。10年以上前にイタリアへ行った時だが、 . . . 本文を読む
コメント

gooの方がヤフーよりずっと素晴らしい!

2017年05月26日 09時21分31秒 | 芸術・文化・教育
<2012年4月に書いた以下の記事を一部修正して復刻します。> 私はいまgooのブログを使っているが、実は2月23日にヤフー(Yahoo!)のマイブログを「全面削除」されたのでこちらに移ってきたのである。ヤフーのブログを全面削除されたのは、私の記事が音楽著作権を侵害したという理由からだ。この件について、Yahoo!ブログカスタマーサービスより以下のようなメールが届いた。参考になると思うので、紹介 . . . 本文を読む
コメント (7)

モナ・リザ

2017年05月16日 07時24分57秒 | 芸術・文化・教育
<以下の文は、2002年7月5日に書いたものです。> 1) 8年ほど前にフランスへ旅行したことがある。 パリでルーヴル美術館を観覧することができた。 この大美術館は30万点に及ぶ美術品を抱えているだけあって、とても半日では見切れるものではない。 当然、お目当ての絵画や彫刻に絞って見て回るだけだった。必ず見ようと思った作品の中に、レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な『モナ・リザ』がある。 『モナ・リザ . . . 本文を読む
コメント

外国語と日本語と私

2017年01月16日 06時59分20秒 | 芸術・文化・教育
<過去の記事を、一部修正して復刻します。> 1) 日本人は外国語に弱いと言われる。それは特に、話し方(スピーキング)と聞き方(ヒアリング)においてと言われる。 私は自分の頭(センス)の悪さを棚に上げてそう述べているので、お許し願いたい。 例えば、英語については、中学1年から大学4年まで10年間も勉強したのに、一向に会話(カンバセーション)が上手にならない。日本人の中には勿論、英会話の上手な人もい . . . 本文を読む
コメント

管理社会と感性の衰退

2016年07月15日 16時58分04秒 | 芸術・文化・教育
<以下の文を復刻します。> 成熟した社会は「管理社会」になると先に書いたのだが、これには世の中がコンピュータ化したことが大いに寄与している。言ってみれば、コンピュータに管理されているようなものだ。 それが良いとか悪いとかという問題でなく、現実がそうなってしまった。しかし、それによって人間の実感とか体感というものが劣化したのは間違いない。 例えば、私の会社員時代に最も大きなショ . . . 本文を読む
コメント (2)

海を渡った陶磁器展・Occupied Japan Collection

2016年04月02日 07時01分00秒 | 芸術・文化・教育
先日、東京・三軒茶屋へある展示会を見に行った。「海を渡った陶磁器展」というものだが、昭和22年から27年の日本の占領統治時代に、アメリカへ輸出された陶磁器の展示会である。FBの友人・田中荘子さんのコレクションだが、美しくて可愛い人形などが沢山出品されていた。この展示会は世田谷区の保坂展人区長が積極的に応援したようで、保坂さんも開会2日目に来場したという。展示会は4月17日まで開かれている。 ht . . . 本文を読む
コメント

教科書がなくなる日

2015年05月21日 13時44分07秒 | 芸術・文化・教育
テレビを見ていたら「デジタル教科書」のことをやっていた。詳しくは見なかったが、近いうちにそういう時代が来るという。教科書というのはあくまでも「図書」だから、デジタル教科書というのは少し語弊がある。要するに「タブレット」などを使った“教科書”のことである。断っておくが、私はITやメカに詳しくない。そういうものに素人の老人だ(笑)。しかし、そういう者でも確実にITが進んでいくと . . . 本文を読む
コメント

表現の自由について

2015年02月17日 16時33分24秒 | 芸術・文化・教育
「表現の自由」が欧米で言われているが、イエス・キリストのペニス(陰茎)がちょん切られ、犬に食われる諷刺画が出たらキリスト教徒はどう思うだろうか。きっと、ほとんどの人が不快に感じるだろう。同様にフランスなどで、ムハンマドを諷刺する低俗・俗悪な絵が出まわれば、イスラム教徒も不快に感じて当然である。そんなことは分かりきっているのに、「表現の自由」を良いことに俗悪な諷刺画が出まわってきた。それを欧米諸国は . . . 本文を読む
コメント

松島や ああ松島や 松島や

2014年02月06日 15時33分00秒 | 芸術・文化・教育
以前、俳句のことでいろいろ話したことがあるが、日本人はどうも「権威」に弱い。今は民主主義社会だから、昔のように「お上」にひれ伏すことは少なくなったが、権威に弱い風習は未だに残っているようだ。 そこで、以前取り上げた俳句の話を、もう一度書き直しながら論じていきたい。 「松島や ああ松島や 松島や」という句がある。素人や俳句を始めたばかりの人がこういう句を作ったら、俳句の専門家や批評家は何と . . . 本文を読む
コメント (12)

(復刻)著作権と言う化け物が文化を衰退させる

2013年12月14日 10時40分26秒 | 芸術・文化・教育
<以下は『公平さん』という方の記事をコピペさせてもらったものです。小生が昨年2月、ヤフーのマイブログを“全面削除”されたことに関して述べられたもので、大いに参考になると思います。> 事件と言えるかどうか?ただ個人的には、事件なのだが、小生が大変に勉強させていただいたブログが、管理者の判断で一方的に削除された、その原因が、著作権法違反で、著作権協会からのクレームだそうだ。確 . . . 本文を読む
コメント

“現代風美人”に一言

2013年09月14日 12時13分19秒 | 芸術・文化・教育
たまたま「食べて、祈って、恋をして」というDVD・映画を見たが、ジュリア・ロバーツというのはやたらに口が大きくて少しも美人ではない。こういう個性派の女優がもてるのか。そう言えば、キャメロン・ディアスとかアンジェリーナ・ジョリーというのもやたらに口が大きくて、少しも美人とは思えない。 口が大きくないと、現代風美人ではないのか。美人と言うよりも“個性的”と言った方がいいだろう . . . 本文を読む
コメント